ロバート・ダウニー・Jr映画一覧

「ゾディアック」のネタバレあらすじ結末

ゾディアックの紹介:2006年アメリカ映画。「セブン」や「ファイト・クラブ」で有名なデヴィッド・フィンチャー監督による本格サスペンス。実際にアメリカで起きた連続殺人、ゾディアック事件を原題としている。
監督:デヴィッド・フィンチャー 出演:ジェイク・ギレンホール(ロバート・グレイスミス)、マーク・ラファロ(デイブ・トースキー刑事)、ロバート・ダウニー・Jr(ポール・エイブリー)、アンソニー・エドワーズ(ウィリアム・アームストロング刑事)、ほか

「オンリー・ユー」のネタバレあらすじ結末

オンリー・ユーの紹介:1994年アメリカ映画。1992年の映画「いとこのビニー」でアカデミー助演女優賞を獲得した、マリサ・トメイ主演のラブ・コメディ。子供の頃の占いを信じて、運命の人を待ちわびるフェイス。そんな彼女の前に、謎の男性が現れる。彼こそ運命の相手だと信じたフェイスは…。共演は、「アイアンマン」や「アベンジャーズ」で知られるロバート・ダウニー・Jr。
監督:ノーマン・ジュイソン 出演者:マリサ・トメイ(フェイス)、ロバート・ダウニー・Jr(ピーター)、ボニー・ハント(ケイト)、ジョアキム・デ・アルメイダ(ジョヴァンニ)、ビリー・ゼイン(ハリー)、フィッシャー・スティーヴンス(ラリー)ほか

「シャーロックホームズ シャドウ ゲーム」のネタバレあらすじ結末

シャーロックホームズ シャドウ ゲームの紹介:2011年アメリカ映画。ホームズが世界で唯一人愛する女性アイリーンの死亡。それはイギリス全土で起こる爆発事件と関与していた。さらに調査を進めると浮上した容疑者は一人の男。その頭脳はホームズと肩を並べるほどのものだった。ホームズは相棒ワトスン、そして兄であるマイクロフト共に再び世界を狙う闇の存在と闘うことになる。ロバート・ダウニー・Jrが主演を務める名探偵シャーロック・ホームズシリーズの第二弾。今度の敵は宿敵モリアーティ。
監督:ガイ・リッチー 出演:シャーロック・ホームズ(ロバート・ダウニー・Jr) ジョン・H・ワトスン(ジュード・ロウ) マダム・シムザ・ヘロン(ノオミ・ラパス) ジェームズ・モリアーティ(ジャレッド・ハリス) メアリー・モースタン・ワトスン(ケリー・ライリー) ほか

「シャーロック・ホームズ」のネタバレあらすじ結末

シャーロック・ホームズの紹介:2009年アメリカ映画。コナン・ドイルの傑作ミステリー小説「シャーロック・ホームズ」の再映画化作品。ある日、名探偵シャーロック・ホームズと助手のジョン・ワトソン博士の元に一人の警官が現れる。慌てた様子の彼はホームズ達に同行を求めた。墓地。そこにいたレストレード警部から衝撃の話を聞かされる。先日逮捕し処刑されたブラックウッド卿の墓が今朝破壊されたという。そして彼の眠るはずの棺からは別の男の死体が出てきた。主演に「アイアンマン」シリーズのロバート・ダウニー・Jr。
監督:ガイ・リッチー 出演:ロバート・ダウニー・Jr(シャーロック・ホームズ)、ジュード・ロウ(ジョン・ワトソン)、レイチェル・マクアダムス(アイリーン・アドラー)、マーク・ストロング(ブラックウッド卿)、ケリー・ライリー(メアリー)、エディ・マーサン(レストレード警部)、ジェームズ・フォックス(トマス卿)、ハンス・マシソン(カワード卿)、ほか

「ゴシカ」のネタバレあらすじ結末

ゴシカの紹介:2003年アメリカ映画。アメリカの人気女優、ハル・ベリーが出演するホラー映画で、ある日を境に囚人となった主人公が、真相を探るうちに驚愕の真相が浮かび上がるというストーリーが展開されます。
監督:マチュー・カソヴィッツ 出演:ハリー・ベリー(ミランダ・グレイ医師)、ロバート・ダウニー・Jr(ピート・グレアム博士)、ペネロペ・クルス(クロエ・サバ)、チャールズ・S・ダットン(ダグラス・グレイ博士)、ジョン・キャロル・リンチ(ボブ・ライアン保安官)、バーナード・ヒル(フィル・パーソンズ)、ほか

「トロピック・サンダー 史上最低の作戦」のネタバレあらすじ結末

トロピック・サンダー/史上最低の作戦の紹介:2008年アメリカ映画。ある映画の撮影のためわがまま放題な豪華俳優陣を無理やりジャングルの奥地へと連れてきた監督。半ば強引にいざ撮影を開始したところで監督が地雷を踏み吹っ飛んでしまう。それも演出だと考える主演俳優であるタグはそのまま撮影を続行。しかしそこは謎のアジア人の集団がいる麻薬の密造所だった。コメディー俳優ベン・スティラーが主演と監督を務めるアクション・コメディ。
監督:ベン・スティラー 出演:ベン・スティラー(タグ・スピードマン)、ジャック・ブラック(ジェフ・ポートノイ)、ロバート・ダウニー・Jr(カーク・ラザラス)、ブランドン・T・ジャクソン(アルパ・チーノ)、ジェイ・バルシェル(ケヴィン・サンダスキー)、ダニー・マクブライド(コディ)、ほか

「マーベル・スタジオの世界」のネタバレあらすじ結末

マーベル・スタジオの世界の紹介:2014年アメリカ映画。今や世界中で大ヒットしているプロジェクト「マーベル・シネマティック・ユニバース」。「アイアンマン」「インクレディブル・ハルク」から始まり多岐に渡る作品、そしてそこで描かれるキャラクター、さらに映画のクロスオーバー。その製作の裏側にスポットを当てたドキュメンタリー映画となっている。
出演:ケヴィン・ファイギ、ロバート・ダウニー・Jr、クリス・エヴァンス、ジョン・ファブロー、サミュエル・L・ジャクソン、スカーレット・ヨハンソンほか

「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」のネタバレあらすじ結末

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカの紹介:2016年アメリカ映画。「アベンジャーズ2/エイジ・オブ・ウルトロン」の1年後、協力して地球を守っていたアベンジャーズの内戦やヒーロー同士の戦いを描くというショッキングな内容の作品です。シビル・ウォーは、キャプテン・アメリカシリーズ3作目で、マーベル・シネマティック・ユニバースの13作目となります。アベンジャーズシリーズ同様の登場人物の多さを誇り、これまでの物語に重要な展開をもたらす作品といえます。
監督:アンソニー・ルッソ、ジョー・ルッソ 出演者:クリス・エヴァンス(スティーブ・ロジャース/キャプテン・アメリカ)、ロバート・ダウニー・Jr.(トニー・スターク/アイアンマン)、セバスチャン・スタン(バッキー・バーンズ/ウインター・ソルジャー)、スカーレット・ヨハンソン(ナターシャ・ロマノフ/ブラック・ウィドウ)、チャドウィック・ボーズマン(ティ・チャラ/ブラックパンサー)ほか

「ワンダー・ボーイズ」のネタバレあらすじ結末

ワンダー・ボーイズの紹介:2000年アメリカ映画。大学教授でもあり、さらに作家として成功した男がどのようにスランプを乗り越えていくかを描いたストーリーで、ユーモラスな表現がされています。
監督:カーティス・ハンソン 出演:マイケル・ダグラス、トビー・マグワイア、ロバート・ダウニー・Jr、フランシス・マクドーマンド、ケイティ・ホームズほか

「アイアンマン1」のネタバレあらすじ結末

アイアンマンの紹介:2008年アメリカ映画。マーベルコミックスの人気ヒーロー「アイアンマン」の実写化で、現在も続くマーベル・シネマティック・ユニバース初期の名作。主人公のトニー・スタークは、本作以降もさまざまな作品に登場し、シリーズ全体に原作同様の強い影響力を発揮している。
トニー・スターク/アイアンマン/ロバート・ダウニー・Jr、ジェームズ・ローズ/テレンス・ハワード、オバディア・ステイン/ジェフ・ブリッジス、ペッパー・ポッツ/グウィネス・パルトローほか

「アイアンマン(2008)」のネタバレあらすじ結末

アイアンマン の紹介:2008年アメリカ映画。マーベル・コミックが刊行している同名のアメリカン・コミックの実写化作品で、別々の作品のマーベルヒーロー達をクロスオーバー(共演)させる一大企画『マーベル・シネマティック・ユニバース』の記念すべきシリーズ1作目。
監督・脇役は同じくマーベル・コミック原作映画『デアデビル』に俳優として出演した(縁から)ジョン・ファヴロー、主演はロバート・ダウニー・ジュニア、ヒロインはグウィネス・パルトロー。

「アベンジャーズ2/エイジ・オブ・ウルトロン」のネタバレあらすじ結末

アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロンの紹介:2015年アメリカ映画。愛を知る全人類に捧ぐ――。マーベル・コミックが誇るスーパーヒーローたちが一同に集結した夢のクロスオーバー・SFアクション巨編“アベンジャーズ”シリーズ第2作であり、“マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)”第11作です。今回はこれまでのシリーズで共闘してきた仲間たちに加えて新たなヒーローもアベンジャーズに合流、人類絶滅を目論む究極の機械生命体ウルトロンとの壮絶な戦争に挑んでいきます。
監督:ジョス・ウェドン 出演者:ロバート・ダウニー・Jr(トニー・スターク/アイアンマン/ハルクバスター)、クリス・ヘムズワース(ソー)、マーク・ラファロ(ブルース・バナー/ハルク)、クリス・エヴァンス(スティーブ・ロジャース/キャプテン・アメリカ)、スカーレット・ヨハンソン(ナターシャ・ロマノフ/ブラック・ウィドウ)、ジェレミー・レナー(クリント・バートン/ホークアイ)、ドン・チードル(ジェームズ・“ローディ”・ローズ/ウォーマシン)、アンソニー・マッキー(サム・ウィルソン/ファルコン)、ポール・ベタニー(ヴィジョン/J.A.R.V.I.S.の声)、エリザベス・オルセン(ワンダ・マキシモフ/スカーレット・ウィッチ)、アーロン・テイラー=ジョンソン(ピエトロ・マキシモフ/クイックシルバー)、コビー・スマルダーズ(マリア・ヒル)、リンダ・カーデリーニ(ローラ・バートン)、ステラン・スカルスガルド(エリック・セルヴィグ)、キム・スヒョン(ヘレン・チョ)、トーマス・クレッチマン(バロン・ストラッカー)、アンディ・サーキス(ユリシーズ・クロウ)、スタン・リー(本人役)、ジェームズ・スペイダー(ウルトロン)、サミュエル・L・ジャクソン(ニック・フューリー)、ジョシュ・ブローリン(サノス)ほか

「アイアンマン3」のネタバレあらすじ結末

アイアンマン3の紹介:2013年アメリカ作品。マーベル・コミックの人気ヒーローで、“アベンジャーズ”の一員でもあるアイアンマンの単独主演シリーズ第3作、アベンジャーズを擁する一大シリーズ“マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)”第7作です。『アベンジャーズ』(2012年公開)から7ヶ月後を舞台に、アイアンマンことトニー・スタークが自らの過去に起因する事件に挑んでいきます。
監督:シェーン・ブラック 出演者:ロバート・ダウニー・Jr(トニー・スターク/アイアンマン)、グウィネス・パルトロー(ペッパー・ポッツ)、ドン・チードル(ジェームズ・“ローディ”・ローズ/アイアン・パトリオット)、ジョン・ファヴロー(ハロルド・“ハッピー”・ホーガン)、ポール・ベタニー(J.A.R.V.I.S.の声)、タイ・シンプキンス(ハーレー・キーナー)、レベッカ・ホール(マヤ・ハンセン)、ステファニー・ショスタク(エレン・ブラント)、ジェームズ・バッジ・デール(エリック・サヴィン)、ウィリアム・サドラー(マシュー・エリス大統領)、スタン・リー(審査員)、ベン・キングズレー(マンダリン/トレヴァー・スラッテリー)、ガイ・ピアース(アルドリッチ・キリアン)、マーク・ラファロ(ブルース・バナー)ほか

「アイアンマン2」のネタバレあらすじ結末

アイアンマン2の紹介:2010年アメリカ作品。自らアイアンマンであると公表したトニースタークは、世界の不安要素であるテロリストと戦い続け、人々を守るヒーローとして活躍していた。しかし、あるとき、彼を逆恨みする人物が強力な兵器でもって彼を襲撃する。アイアンマン2は「マーベル・シネマティック・ユニバース」の第3弾です。
監督:ジョン・ファヴロー 出演:ロバート・ダウニー・Jr(トニー・スターク / アイアンマン)、グウィネス・パルトロー(ヴァージニア・“ペッパー”・ポッツ)、ドン・チードル(ジェームズ・“ローディ”・ローズ / ウォーマシン)、スカーレット・ヨハンソン(ブラック・ウィドー)、サム・ロックウェル(ジャスティン・ハマー)、ミッキー・ローク(ウィップラッシュ)、サミュエル・L・ジャクソン(ニック・フューリー / S.H.I.E.L.D.長官)、クラーク・グレッグ(フィル・コールソン / S.H.I.E.L.D.エージェント)、ジョン・スラッテリー(ハワード・スターク)、ジョン・ファヴロー(ハロルド・“ハッピー”・ホーガン)、レスリー・ビブ(クリスティン・エヴァーハート)、ギャリー・シャンドリング(スターン)、ほか

「アイアンマン」のネタバレあらすじ結末

アイアンマンの紹介:2008年アメリカ映画。マーベルコミックス原作の人気ヒーロー「アイアンマン」の実写化映画で、現在も続くマーベル・シネマティック・ユニバース初期の名作。軍需産業の社長トニースタークはアフガニスタンで囚われの身となり、自らパワードスーツ「マーク1」を作り出し脱出。その後パワードスーツを改良し世の中のヒーロー、アイアンマンとして行動していく。主人公のトニー・スタークは、本作以降もさまざまな作品に登場し、シリーズ全体に原作同様の強い影響力を発揮している。
監督:ジョン・ファヴロー キャスト:ロバート・ダウニー・Jr(トニー・スターク)、ジェフ・ブリッジス(オバディア・ステイン)、テレンス・ハワード(ローディ)、グウィネス・パルトロー(ペッパー・ポッツ)、ショーン・トーブ(インセン)、レスリー・ビブ(クリスティン)、クラーク・グレッグ(コールソン)、サミュエル・L・ジャクソン(ニック・フューリー)、ファラン・タヒール(ラザ)、ほか

1 2 3

キーワードから探す

TOP↑