ロバート・ダウニー・Jr映画一覧

ロバート・ダウニー・Jrが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「追跡者(1998年)」のネタバレあらすじ結末

追跡者の紹介:1998年アメリカ映画。1993年公開の映画『逃亡者』の登場人物であるサミュエル・ジェラード連邦保安官を主人公としたスピンオフとなるサスペンス・アクションで、前作でもジェラードを演じたトミー・リー・ジョーンズが引き続き演じています。
監督:スチュアート・ベアード 出演者:トミー・リー・ジョーンズ(サミュエル・ジェラード)、ウェズリー・スナイプス(マーク・J・シェリダン/マーク・ウォーレン/マーク・ロバーツ)、ロバート・ダウニーJr.(ジョン・ロイス)、イレーヌ・ジャコブ(マリー・ビニューク)、ジョー・パントリアーノ(コズモ・レンフロ)ほか

「毛皮のエロス」のネタバレあらすじ結末

毛皮のエロス/ダイアン・アーバス 幻想のポートレイトの紹介:2006年アメリカ映画。ドキュメンタリー写真の異才、ダイアン・アーバスを題材にしたオマージュであるこの作品はフリークスに引かれた女性写真家の内面をミステリアスに描いた作品です。
監督:スティーヴン・シャインバーグ 出演:ニコール・キッドマン(ダイアン・アーバス)、ロバート・ダウニー・Jr(ライオネル)、タイ・バーレル(アラン・アーバス)、ハリス・ユーリン(デヴィッド・メネノフ)、ジェーン・アレクサンダー(ガートルード)、ほか

「ジャッジ 裁かれる判事」のネタバレあらすじ結末

ジャッジ 裁かれる判事の紹介:2014年アメリカ映画。「父は犯人なのか。」というキャッチコピーで、地元で長年敬愛されてきた判事で殺人事件の容疑者となった父と、その弁護を引き受けることになった絶縁状態の敏腕弁護士で息子が、事件の真相に迫ってゆく中で、これまでの確執と葛藤を抱えつつも次第に心を通わせていく、感動の法廷サスペンスドラマです。
監督:デヴィッド・ドブキン キャスト:ロバート・ダウニー・Jr(ハンク・パーマー)、ロバート・デュヴァル(ジョセフ・パーマー)、ヴェラ・ファーミガ(サマンサ・パウエル)、ヴィンセント・ドノフリオ(グレン・パーマー)、ジェレミー・ストロング(デイル・パーマー)、ダックス・シェパード(C・P・ケネディ)、ビリー・ボブ・ソーントン(ドワイト・ディッカム)、ほか

「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のネタバレあらすじ結末

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォーの紹介:2018年アメリカ映画。人類を守るために、最強ヒーローたちが集結した究極のチーム、アベンジャーズ。今回の敵は絶大なるパワーで銀河に破滅と恐怖をもたらそうとするサノス。宇宙に散らばる究極の力を持つ石、インフィニティ・ストーンを集め宇宙を支配しようとする。6つのストーン全てを手にした者は無限大の力が与えられることとなる。サノスを倒すために、アベンジャーズに加え、銀河一の落ちこぼれチーム”ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー”、魔術を操るドクター・ストレンジ、そしてワカンダの王ブラックパンサーが集結。アベンジャーズの究極の戦いが始まる。2008年の『アイアンマン』公開以来、18本のヒーロー映画を展開してきたマーベルの記念すべき10周年目の作品。
監督:アンソニー&ジョー・ルッソ 出演:ロバート・ダウニーJr.(アイアンマン/トニー・スターク )、クリス・ヘムズワース(ソー)、 マーク・ラファロ(ハルク/ブルース・バナー)、クリス・エヴァンス(キャプテン・アメリカ/スティーブ・ロジャース)、スカーレット・ヨハンソン(ブラック・ウィドウ/ナターシャ・ロマノフ)、ベネディクト・カンバーバッチ(ドクター・ストレンジ/スティーヴン・ストレンジ)、ドン・チードル(ウォーマシン/ジェームズ・ローズ)、トム・ホランド(アイアン・スパイダー/ピーター・パーカー)、チャドウィック・ボーズマン(ブラック・パンサー/ティ・チャラ)、ポール・ベタニー(ヴィジョン)、エリザベス・オルセン(スカーレット・ウィッチ/ワンダ・マキシモフ)、アンソニー・マッキー(ファルコン/サム・ウィルソン)、クリス・プラット(スター・ロード/ピーター・クイル)ほか

「スキャナー・ダークリー」のネタバレあらすじ結末

スキャナー・ダークリーの紹介:2006年アメリカ映画。現在から7年後の世界。麻薬中毒者が町々にあふれる中、物質Dというドラッグの大物薬物仲介者を挙げるため、ある男がおとり捜査の真っ直中にあった。フレッドはボブ・アークターなる人物になり、ジャンキー達と生活を共にするのだった…。
監督:リチャード・リンクレイター 出演:キアヌ・リーヴス(ボブ・アークター)、ロバート・ダウニー・Jr(ジム・バリス)、ウディ・ハレルソン(アーニー・ラックマン)、ウィノナ・ライダー(ドナ・ホーソーン)、ロリー・コクレイン(チャールズ・フレック)、ほか

「IN DREAMS 殺意の森」のネタバレあらすじ結末

IN DREAMS/殺意の森の紹介:1998年アメリカ映画。バリ・ウッドの『Doll’s Eye』を原作としたサスペンススリラー作品です。ひとつの町が沈んで出来た人工湖の湖畔で夫や娘と暮らしていた女性が、自らの予知能力により町を揺るがす凶悪犯罪に巻き込まれていきます。
監督:ニール・ジョーダン 出演者:アネット・ベニング(クレア・クーパー)、エイダン・クイン(ポール・クーパー)、ロバート・ダウニー・Jr(ヴィヴィアン・トンプソン)、スティーヴン・レイ(シルバーマン博士)、ポール・ギルフォイル(ジャック・ケイ刑事)ほか

「路上のソリスト」のネタバレあらすじ結末

路上のソリストの紹介:2009年アメリカ映画。『ロサンゼルス・タイムズ』紙の記者スティーヴ・ロペスがホームレスの路上ミュウジシャン、ナサニエル・エアーズとの交流を記した連載コラムを映画化したヒューマンドラマです。ナサニエルの才能に惚れ込んだスティーヴは彼をホームレスから脱出させようとするのですが…。
監督:ジョー・ライト 出演者:ジェイミー・フォックス(ナサニエル・エアーズ)、ロバート・ダウニー・Jr(スティーヴ・ロペス)、キャサリン・キーナー(メアリー・ウェストン)、トム・ホランダー(グラハム・クレイドン)、リサ・ゲイ・ハミルトン(ジェニファー・エアーズ・ムーア)ほか

「ショート・カッツ」のネタバレあらすじ結末

ショート・カッツの紹介:1993年アメリカ映画。“アメリカで最も愛された作家”のひとり、レイモンド・カーヴァーの9編の短編小説と1編の詩を原作に映画化された群像劇です。ロサンゼルスのありふれた住宅街を舞台に、22人の主要登場人物からなる9組の家族とその友人たちのエピソードが綴られていきます。
監督:ロバート・アルトマン 出演者:アンディ・マクドウェル(アン・フィニガン)、ブルース・デイヴィソン(ハワード・フィニガン)、ジャック・レモン(ポール・フィニガン)、ジュリアン・ムーア(マリアン・ワイマン)、マシュー・モディーン(ラルフ・ワイマン)、アン・アーチャー(クレア・ケイン)、フレッド・ウォード(スチュアート・ケイン)、ロバート・ダウニー・Jr(ビル・ブッシュ)、ほか

「キスキス,バンバン」のネタバレあらすじ結末

キスキス,バンバンの紹介:2005年アメリカ映画。ロバート・ダウニー・Jr.の復活作とも言われている一作。そんなロバートが演じるのは、巻き込まれ型の泥棒!?テンポよく進んでいくストーリーも爽快感がある良作。
監督:シェーン・ブラック 出演:ロバート・ダウニー・Jr(ハリー・ロックハート)、ヴァル・キルマー(ペリー)、ミシェル・モナハン(ハーモニー・フェイス・レイン)、コービン・バーンセン(ハーラン・デクスター)、ほか

「ナチュラル・ボーン・キラーズ」のネタバレあらすじ結末

ナチュラル・ボーン・キラーズの紹介:1994年アメリカ映画。クエンティン・タランティーノが原案に加わったバイオレンスムービーで、行く先々で狂ったように殺人を繰り返すカップルの逃避行を、彼らを追うテレビキャスターらの姿も交えて描き、物議を巻き起こした問題作です。
監督:オリバー・ストーン 出演者:ウディ・ハレルソン(ミッキー・ノックス)、ジュリエット・ルイス(マロリー・ノックス)、ロバート・ダウニー・Jr(ウェイン・ゲール)、トミー・リー・ジョーンズ(ドワイト・マクラスキー)、トム・サイズモア(ジャック・スキャグネッティ)ほか

「スパイダーマン:ホームカミング」のネタバレあらすじ結末

スパイダーマン:ホームカミングの紹介:2017年アメリカ映画。スパイダーマンシリーズでは初のマーベルコミックのクロスオーバー作品。トニーから子ども扱いされていることに嫌気がさし、アベンジャーズの仲間入りを目指して強くなろうとするピーターがたくましく描かれる。シビル・ウォー後、トニー・スタークより贈られたスパイダーマンのハイテクスーツも見所。アベンジャーズとチタウリの戦いで破壊されたニューヨーク。解体工事を委託されていたエイドリアンの会社は当局より仕事を取り上げられる。腹を立てたエイドリアンはチタウリが残した兵器の残骸から密かに兵器を開発。一方、ピーターはトニー・スタークよりアベンジャーズへの再招集がかかる日を待ち、街のパトロールを続けていた。ある日、ATM強盗に遭遇したピーターは果敢に立ち向かうが、これまでに見たこともない強力な武器を目にする。トニーに認めてもらいたいピーターはこの兵器をめぐり1人で追跡を開始する。
監督:ジョン・ワッツ 出演:トム・ホランド(ピーター・パーカー / スパイダーマン)、マイケル・キートン(エイドリアン・トゥームス / バルチャー)、ロバート・ダウニー・Jr(トニー・スターク / アイアンマン)、マリサ・トメイ(メイ・パーカー)ほか

「ゾディアック」のネタバレあらすじ結末

ゾディアックの紹介:2006年アメリカ映画。「セブン」や「ファイト・クラブ」で有名なデヴィッド・フィンチャー監督による本格サスペンス。実際にアメリカで起きた連続殺人、ゾディアック事件を原題としている。
監督:デヴィッド・フィンチャー 出演:ジェイク・ギレンホール(ロバート・グレイスミス)、マーク・ラファロ(デイブ・トースキー刑事)、ロバート・ダウニー・Jr(ポール・エイブリー)、アンソニー・エドワーズ(ウィリアム・アームストロング刑事)、ほか

「オンリー・ユー」のネタバレあらすじ結末

オンリー・ユーの紹介:1994年アメリカ映画。1992年の映画「いとこのビニー」でアカデミー助演女優賞を獲得した、マリサ・トメイ主演のラブ・コメディ。子供の頃の占いを信じて、運命の人を待ちわびるフェイス。そんな彼女の前に、謎の男性が現れる。彼こそ運命の相手だと信じたフェイスは…。共演は、「アイアンマン」や「アベンジャーズ」で知られるロバート・ダウニー・Jr。
監督:ノーマン・ジュイソン 出演者:マリサ・トメイ(フェイス)、ロバート・ダウニー・Jr(ピーター)、ボニー・ハント(ケイト)、ジョアキム・デ・アルメイダ(ジョヴァンニ)、ビリー・ゼイン(ハリー)、フィッシャー・スティーヴンス(ラリー)ほか

「シャーロックホームズ シャドウ ゲーム」のネタバレあらすじ結末

シャーロックホームズ シャドウ ゲームの紹介:2011年アメリカ映画。ホームズが世界で唯一人愛する女性アイリーンの死亡。それはイギリス全土で起こる爆発事件と関与していた。さらに調査を進めると浮上した容疑者は一人の男。その頭脳はホームズと肩を並べるほどのものだった。ホームズは相棒ワトスン、そして兄であるマイクロフト共に再び世界を狙う闇の存在と闘うことになる。ロバート・ダウニー・Jrが主演を務める名探偵シャーロック・ホームズシリーズの第二弾。今度の敵は宿敵モリアーティ。
監督:ガイ・リッチー 出演:シャーロック・ホームズ(ロバート・ダウニー・Jr) ジョン・H・ワトスン(ジュード・ロウ) マダム・シムザ・ヘロン(ノオミ・ラパス) ジェームズ・モリアーティ(ジャレッド・ハリス) メアリー・モースタン・ワトスン(ケリー・ライリー) ほか

「シャーロック・ホームズ」のネタバレあらすじ結末

シャーロック・ホームズの紹介:2009年アメリカ映画。コナン・ドイルの傑作ミステリー小説「シャーロック・ホームズ」の再映画化作品。ある日、名探偵シャーロック・ホームズと助手のジョン・ワトソン博士の元に一人の警官が現れる。慌てた様子の彼はホームズ達に同行を求めた。墓地。そこにいたレストレード警部から衝撃の話を聞かされる。先日逮捕し処刑されたブラックウッド卿の墓が今朝破壊されたという。そして彼の眠るはずの棺からは別の男の死体が出てきた。主演に「アイアンマン」シリーズのロバート・ダウニー・Jr。
監督:ガイ・リッチー 出演:ロバート・ダウニー・Jr(シャーロック・ホームズ)、ジュード・ロウ(ジョン・ワトソン)、レイチェル・マクアダムス(アイリーン・アドラー)、マーク・ストロング(ブラックウッド卿)、ケリー・ライリー(メアリー)、エディ・マーサン(レストレード警部)、ジェームズ・フォックス(トマス卿)、ハンス・マシソン(カワード卿)、ほか

1 2
TOP↑