サム・ワーシントン映画一覧

サム・ワーシントンが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「フラクチャード」のネタバレあらすじ結末

フラクチャードの紹介:2019年アメリカ映画。レイは妻の実家から帰る途中に、娘のペリが転落して怪我をし、病院に向かいました。妻の付添いで医師の診察を受ける間、一人で待合室にいたレイは眠りこけていました。目覚めると妻と娘のいなくなったレイは、必死で病院内を探しますが、この病院にはレイしか来ていないとい言われます。レイの妻と娘はどこにいったのか?というスリラー映画です。この手の作品をよく見ている人には、パターンの読める内容ですが、見ていない人にはとても面白い作品でしょう。
監督:ブラッド・アンダーソン 出演者:サム・ワーシントン(レイ・モンロー)、リリー・レーブ(ジョアン・モンロー)、スティーヴン・トボロウスキー(ベルスラム医師)、アッジョア・アンドー(ジェイコブス医師)ほか

「タイタンの逆襲」のネタバレあらすじ結末

タイタンの逆襲の紹介:2012年アメリカ映画。ギリシャ神話を基にしたアドベンチャー・ファンタジー映画『タイタンの戦い』(2010年公開)の続編です。前作の戦いから10年、全知全能の神ゼウスと人間との間に生まれた半神の英雄ペルセウスが、捕えられたゼウスを救い出しタイタンの王クロノスの復活を阻止するため新たな戦いに突入していきます。
監督:ジョナサン・リーベスマン 出演者:サム・ワーシントン(ペルセウス)、リーアム・ニーソン(ゼウス)、レイフ・ファインズ(ハデス)、トビー・ケベル(アゲノール)、ロザムンド・パイク(アンドロメダ)、ビル・ナイ(ヘパイストス)、ダニー・ヒューストン(ポセイドン)、エドガー・ラミレス(アレス)、ジョン・ベル(ヘレイオス)、リリー・ジェームズ(コリーナ)、アレハンドロ・ナランホ(マンティウス)、フレディー・ドラブル(アポロ)、キャスリン・カーペンター(アテナ)、シニード・キューザック(クレア)、アシエル・マカザガ(セロン)、スペンサー・ウィルディング(ミノタウロス)、マーティン・ベイフィール(サイクロプス)ほか

「タイタン」のネタバレあらすじ結末

タイタンの紹介:2018年アメリカ, イギリス, スペイン映画。人類滅亡の危機を迎えた2048年、人類は木星の衛星であるタイタンへの移住計画を立てていました。選抜されたリックらは、窒素の多いタイタンの大気に人体を適合させるための人体実験に参加していました。しかしその人体実験は想像を絶するものでした・・・というSF映画です。
監督:レナート・ルフ 出演者:サム・ワーシントン(リック・ジャンセン中尉)、テイラー・シリング(アビゲイル・ジャンセン博士)、トム・ウィルキンソン(マーティン・コリンウッド教授)、アギネス・ディーン(フライア・アプトン博士)、ナタリー・エマニュエル(タリー・ラザフォード)、ノア・ジュペ(ルーカス・ジャンセン)、コーリイ・ジョンソン(ジム・ペーターセン大佐)ほか

「サボタージュ」のネタバレあらすじ結末

サボタージュの紹介:2014年アメリカ映画。アガサ・クリスティの『そして誰もいなくなった』をモチーフとしたクライム・サスペンス作品です。アーノルド・シュワルツェネッガー扮する麻薬捜査官の部下たちが次々と殺害されていき、やがて捜査官の隠し持つ裏の一面が明らかになっていきます。
監督:デヴィッド・エアー 出演者:アーノルド・シュワルツェネッガー(ジョン・“ブリーチャー”・ウォートン)、サム・ワーシントン(ジェームズ・“モンスター”・マレー)、ミレイユ・イーノス(リジー・マレー)、オリヴィア・ウィリアムズ(キャロライン・ブレントウッド)、テレンス・ハワード(ジュリアス・“シュガー”・エドモンズ)ほか

「ハクソー・リッジ」のネタバレあらすじ結末

ハクソー・リッジの紹介:2016年オーストラリア,アメリカ映画。第二次大戦中、沖縄の前田高地(ハクソーリッジ)で銃を持たずに衛生兵として働き、多くの兵士を救った実在の二等兵の半生を描く。メル・ギブソンが「アポカリプト」以来10年ぶりにメガホンを取り、アカデミー賞では6部門でノミネート。編集賞と録音賞の2つのオスカーを獲得した。
監督:メル・ギブソン 出演:アンドリュー・ガーフィールド(デズモンド・ドス)、サム・ワーシントン(グローヴァー大尉)、テリーサ・パーマー(ドロシー・シュッテ)、ヴィンス・ヴォーン(ハウエル軍曹)、ヒューゴ・ウィーヴィング(トム・ドス)、ほか

「キリング・フィールズ 失踪地帯」のネタバレあらすじ結末

キリング・フィールズ 失踪地帯の紹介:2011年アメリカ映画。テキサスに実在する犯罪多発地域、通称「キリング・フィールズ」で起きた実話を基に、連続して発生した少女の失踪事件を追う2人の刑事を描いたクライムサスペンスです。
監督:アミ・カナーン・マン 出演者:サム・ワーシントン(マイク・サウンダー)、クロエ・グレース・モレッツ(リトル・アン・スライガー)、ジェフリー・ディーン・モーガン(ブライアン・ヘイ)、ジェシカ・チャステイン(パム・ストール)、ジェイソン・クラーク(ルール・バリー)ほか

「タイタンの戦い」のネタバレあらすじ結末

タイタンの戦いの紹介:2010年アメリカ映画。人々が神への祈りを忘れ始めたのは神への不信感が現れたからだった。そしてアルゴスの兵士達がゼウスの像を倒したことにより神々と人間との戦争が始まる。神に対応する王ケーペウスの元に現れたのハデスは数日後クラーケンを放すことを伝える。それを止めるためには王の娘アンドロメダの血が必要となる。それを阻止するため神殺しの旅に遣わされたのは一人の半神、ペルセウスだった。1981年に製作された同名映画のリメイク。主演は「アバター」でも主演を務めたサム・ワーシントン。
監督:ルイ・ルテリエ 出演:サム・ワーシントン(ペルセウス)、ジェマ・アータートン(イオ)、マッツ・ミケルセン(ドラコ)、アレクサ・ダヴァロス(アンドロメダ)、ジェイソン・フレミング(カリボス/アクリシオス王)、ほか

「マンイーター」のネタバレあらすじ結末

マンイーターの紹介:2007年アメリカ,オーストラリア映画。動物パニック映画。オーストラリアの奥地でワニの鑑賞ツアーに参加していた旅行客が、巨大なワニに襲われる。孤立無援で刻々とタイムリミットが近づく中、旅行客は生還することが出来るのか。
監督:グレッグ・マクリーン 出演:ラダ・ミッチェル(ケイト)、マイケル・ヴァルタン(ピート)、サム・ワーシントン(ニール)、バリー・オットー(マーヴ)、ミア・ワシコウスカ(シェリー)、ほか

「崖っぷちの男」のネタバレあらすじ結末

崖っぷちの男の紹介:2011年アメリカ映画。濡れ衣を着せられた元警察官が無実を証明するため組織に立ち向かっていくサスペンスムービー。ニューヨークの高級ホテルの21階。1人の男が窓の縁に立ち、投身自殺を図ろうとしていた。彼を巡りホテル周辺は大混乱に陥るが、それこそが男の計画の始まりだった。
監督:アスガー・レス 出演者:サム・ワーシントン(ニック・キャシディ)、エリザベス・バンクス(リディア・マーサー)、ジェイミー・ベル(ジョーイ・キャシディ)、アンソニー・マッキー(マイク・アッカーマン)、エド・ハリス(デイヴィッド・イングランダー)ほか

「アバター」のネタバレあらすじ結末

アバターの紹介:2009年アメリカ映画。アバターとは人造生命体に人の神経を繋いで操作できるようになった存在。「観るのではない、そこにいるのだ」 地球の理解を越える神秘を秘めた星、パンドラ。そこでは希少な鉱物アンオブタニウムを狙う地球人と原住民ナヴィたちの争いが行われていた。
監督:ジェームズ・キャメロン 出演:サム・ワーシントン(ジェイク・サリー)、ゾーイ・サルダナ(ネイティリ)、シガーニー・ウィーヴァー(グレース・オーガスティン)、スティーヴン・ラング(マイルズ・クオリッチ大佐)、ミシェル・ロドリゲス(トゥルーディ・チャコン)、ほか

「ハイネケン誘拐の代償」のネタバレあらすじ結末

ハイネケン誘拐の代償の紹介:2015年ベルギー、アメリカ、オランダ合作。ビール企業ハイネケンの経営者が誘拐された実際の事件を映画化した。素人が犯罪に手を染めるその先の代償とは?アンソニー・ホプキンス演じるハイネケン氏が誘拐犯を翻弄する。
監督:ダニエル・アルフレッドソン 出演:アンソニー・ホプキンス、ジム・スタージェス、サム・ワーシントン、ライアン・クワンテン、マーク・ファン・イーフェンほか

「ターミネーター4」のネタバレあらすじ結末

ターミネーター4(原題: Terminator Salvation)の紹介:2009年アメリカ作品。ターミネーターシリーズ第4作。スカイネットが世界を滅ぼした審判の日(ジャッジメント・デイ)後の荒廃した世界で、人類は抵抗軍となりマシンと戦っていた。そこでジョン・コナーがマシンとの戦いに身を投じていく姿を圧倒的なスケールで描く。カリフォルニア州知事として俳優業から遠ざかっていたアーノルド・シュワルツェネッガーが、ターミネーターシリーズの中で唯一主演していない作品となった。
監督:マックG 出演:クリスチャン・ベイル(ジョン・コナー)、サム・ワーシントン(マーカス・ライト)、アントン・イェルチン(カイル・リース)、ムーン・ブラッドグッド(ブレア・ウィリアムズ)、コモン(バーンズ)、ブライス・ダラス・ハワード(ケイト・コナー)、ジェーン・アレクサンダー(ヴァージニア)、ジェイダグレイス(スター)、ヘレナ・ボナム・カーター(セレナ・コーガン)、ほか

TOP↑