Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ショーン・ペン映画一覧

ショーン・ペンが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「カリートの道」のネタバレあらすじ結末

カリートの道の紹介:1993年アメリカ映画。ニューヨーク州最高裁元判事エドウィン・トレスの同名小説および続編『それから』を基に製作された犯罪ドラマです。愛する女性と余生を過ごすために犯罪の世界から足を洗おうとした元麻薬王が、親友の暴走を機に思わぬ抗争に巻き込まれていく姿を描きます。
監督:ブライアン・デ・パルマ 出演者:アル・パチーノ(カリート・“チャーリー”・ブリガンテ)、ショーン・ペン(デヴィッド・クラインフェルド)、ペネロープ・アン・ミラー(ゲイル)、ジェームズ・レブホーン(ノーウォーク)、ルイス・ガスマン(パチャンガ)ほか

「Uターン」のネタバレあらすじ結末

Uターンの紹介:1997年アメリカ映画。ジョン・リドリーの小説『Stray Dogs』をリドリー自ら脚本を手掛けて映画化したクライム・サスペンス作品です。マフィアの金を横領して田舎町に逃れた男が、そこに住む美女ら住民たちに振り回されたあげくに殺し合いの愛憎劇に巻き込まれていく様子をユーモア交えて描いています
監督:オリヴァー・ストーン 出演者:ショーン・ペン(ボビー・クーパー)、ジェニファー・ロペス(グレース・マッケンナ)、ニック・ノルティ(ジェイク・マッケンナ)、ホアキン・フェニックス(トビー・N・タッカー)、ビリー・ボブ・ソーントン(ダレル)ほか

「きっと ここが帰る場所」のネタバレあらすじ結末

きっと ここが帰る場所の紹介:2011年イタリア,フランス,アイルランド映画。傷ついた心を抱える元ロックスターの男。疎遠のまま死去した父親の秘密を知ったことで、過去を探し求める旅に出る。本人役で出演しているデヴィッド・バーン率いるトーキング・ヘッズの名曲「This Must Be The Place」が原題となっている。フランシス・マクドーマンドやハリー・ディーン・スタントンなどの名優をはじめ、U2のボノの娘イヴ・ヒューソンがロック少女役で出演していることも話題となった。笑いの中にも切なさ溢れるロードムービー。
監督:パオロ・ソレンティーノ 出演者:ショーン・ペン(シャイアン)、フランシス・マクドーマンド(ジェーン)、イヴ・ヒューソン(メアリー)、ジャド・ハーシュ(モーデカイ・ミドラー)、ハインツ・リーフェン(アロイス・ランゲ)、ケリー・コンドン(レイチェル)、ハリー・ディーン・スタントン(ロバート・プラス)ほか

「L.A. ギャングストーリー」のネタバレあらすじ結末

L.A. ギャング ストーリーの紹介:2012年アメリカ映画。1940年代~1950年代のロサンゼルスで実際にあった出来事を記したポール・リーバーマンの実録ルポを基に、ロス市警と実在のギャング、ミッキー・コーエンとの壮絶な抗争を描いたクライム・アクションです。
監督:ルーベン・フライシャー 出演者:ジョシュ・ブローリン(ジョン・オマラ)、ライアン・ゴズリング(ジェリー・ウーターズ)、ニック・ノルティ(ビル・パーカー)、エマ・ストーン(グレイス・ファラデー)、ショーン・ペン(ミッキー・コーエン)ほか

「フェアゲーム」のネタバレあらすじ結末

フェア・ゲームの紹介:2010年アメリカ映画。米CIAのエージェントだったヴァレリー・プレイムとその夫ジョゼフ・ウィルソンが国家の策略に巻き込まれた実際の事件「プレイム事件」を、二人の回顧録を基に映画化した伝記サスペンスです。
監督:ダグ・リーマン 出演者:ナオミ・ワッツ(ヴァレリー・プレイム)、ショーン・ペン(ジョゼフ・ウィルソン)、サム・シェパード(サム・プレイム)、デヴィッド・アンドリュース(ルイス・”スクーター”・リビー)、ブルック・スミス(ダイアナ)ほか

「トラブル・イン・ハリウッド」のネタバレあらすじ結末

トラブル・イン・ハリウッドの紹介:2008年アメリカ映画。映画プロデューサーとして知られるアート・リンソンの著書「What Just Happened? Bitter Hollywood Tales from the Front Line」を原作とする映画作品。映画を制作する側に焦点が当てられています。敏腕映画プロデューサーである主人公が、カンヌ映画祭に出品する映画作品の試写会をきっかけに騒動に巻き込まれるストーリーです。試写会で上映された作品の観客の反応が良くなく、確かにあんなラストの映画は嫌だなと思える作品で、試写会の観客の反応で実際このようなトラブルが起こるんだなと納得させられる映画です。作り手側の苦労が伝わります。
監督:バリー・レヴィンソン 出演者:ロバート・デ・ニーロ(ベン)、ショーン・ペン(本人)、キャサリン・キーナー(ルー)、ジョン・タートゥーロ(ディック)、ロビン・ライト・ペン(ケリー)、スタンリー・トゥッチ(スコット)、クリステン・スチュワート(ゾーイ)、ほか

「シン・レッド・ライン」のネタバレあらすじ結末

シン・レッド・ラインの紹介:1998年アメリカ映画。ジェームズ・ジョーンズ原作の同名小説を映画化した戦争ドラマです。太平洋戦争の激戦地のひとつソロモン諸島ガダルカナル島を舞台に、若きアメリカ兵たちの戦いの日々と人間模様を豪華キャストの共演で描いています。
監督:テレンス・マリック 出演者:ショーン・ペン(エドワード・ウェルシュ)、ジム・カヴィーゼル(ロバート・ウィット)、エイドリアン・ブロディ(ジェフリー・ファイフ)、ジョン・キューザック(ジョン・ガフ)、ニック・ノルティ(ゴードン・トール)、ジョン・C・ライリー(ポール・ストーム)、ジョージ・クルーニー(チャールズ・ボッシュ)、ジョン・トラボルタ(デヴィッド・クインタード)ほか

「ザ・ガンマン」のネタバレあらすじ結末

ザ・ガンマンの紹介:2015年アメリカ,スペイン,イギリス,フランス映画。1981年に発表されたジャン=パトリック・マンシェットによるサスペンス小説「眠りなき狙撃者」の映画化。類まれな身体能力を持つ元特殊部隊の兵士、ジム・テリア。現在はコンゴ民主共和国で、市民の安全を守る仕事に従事している。しかし、その裏で大企業と契約を結び、武器の取引にも関わっていた。そんなジムに下された指令は、コンゴの鉱物資源相の暗殺。恋人のアニーに真実を打ち明けることもできず、任務を追行するジムに思わぬ結末が待ち受ける。主演にショーン・ペン、その恋敵役にハビエル・バルデムと、2大スターの共演が注目されたアクション作品。
監督:ピエール・モレル 出演者:ショーン・ペン(ジム・テリア)、ジャスミン・トリンカ(アニー)、ハビエル・バルデム(フェリックス)、レイ・ウィンストン(スタンリー)、マーク・ライランス(コックス)、イドリス・エルバ(ジャッキー・バーンズ)、ペーテル・フランツェーン(レーニンガー)ほか

「21グラム」のネタバレあらすじ結末

21グラムの紹介:2003年アメリカ映画。1人の男が起こした事故がきっかけで、出会うはずのなかった3人が絡み合い、時間軸が交差しながら展開する衝撃の作品。
監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ 出演: ナオミ・ワッツ(クリスティーナ)、ショーン・ペン(ポール)、ベニチオ・デル・トロ(ジャック)、シャルロット・ゲンスブール(メアリー)、メリッサ・レオ(マリアンヌ)

「ミルク (2008年)」のネタバレあらすじ結末

ミルクの紹介:2008年アメリカ映画。タイムズ紙『20世紀の英雄100人』にも選ばれた、ゲイを告白したはじめての政治家ハーヴィ・ミルクの伝記映画。ゲイであることを隠しながら生きていかなければならない世の中を変えるために立ち上がるハーヴィを見事に演じ切っているショーン・ペンは本作品でアカデミー賞主演男優賞を受賞しました。
監督:ガス・ヴァン・サント 出演者:ショーン・ペン(ハーヴィ・ミルク)、ジェームズ・ブランコ(スコット・スミス)、ジャック・ライラ(ディエゴ・ルナ)、ヴィクター・ガーバー(モスコーニ市長)、ジョシュ・ブローリン(ダン・ホワイト)

「ギター弾きの恋」のネタバレあらすじ結末

ギター弾きの恋の紹介:1999年アメリカ映画。天才ギタリスト、エメット・レイの恋の行方を描いたコメディ&ラブストーリー。エメットは奔放で自堕落な男だったが、ギターの腕前だけは誰もが認めていた。ある日ハッティという口のきけない女性と出会い、彼女の素朴な優しさに惹かれていく。ドキュメンタリー風の演出が施されているが、主人公エメット・レイは架空の人物である。
監督:ウディ・アレン 出演者:ショーン・ペン(エメット・レイ)、サマンサ・モートン(ハッティ)、ユマ・サーマン(ブランチ・ウィリアムズ)、アンソニー・ラパーリア(アル・トリオ)、ブライアン・マーキンソン(ビル・シールズ)ほか

「ツリー・オブ・ライフ」のネタバレあらすじ結末

ツリー・オブ・ライフの紹介:2011年アメリカ映画。テレンス・マリック監督による、ある家族の40年を描いた人間ドラマ。撮影に使用された巨木は、映画のために移植されたというエピソードもあります。聖書の『ヨブ記』の一節から始まる本作は、登場人物のセリフは少なく、作品の途中で大自然のカットが挿入される特徴的な手法で、評価は賛否両論に分かれました。
監督:テレンス・マリック 出演:ブラッド・ピット(オブライエン)、ショーン・ペン(ジャック)、ジェシカ・チャステイン(オブライエン夫人)、フィオナ・ショウ(祖母)、ほか

「デッドマン・ウォーキング」のネタバレあらすじ結末

デッドマン・ウォーキングの紹介:1995年アメリカ映画。アカデミー賞俳優ティム・ロビンスが監督・脚本を担当。当時彼の私生活でのパートナーだったスーザン・サランドンが主演し、アカデミー主演女優賞を受賞した。ショーン・ペンにとっても代表作のひとつ。
監督:ティム・ロビンス・出演:スーザン・サランドン(シスター・ヘレン・プレイジョーン)、ショーン・ペン(マシュー・ポンスレット)、ロバート・プロスキー(ヒルトン・バーバー)、レイモンド・J・バリー(アール・デラクロア)、ほか

「俺たちは天使じゃない」のネタバレあらすじ結末

俺たちは天使じゃないの紹介:1989年アメリカ映画。なりゆきで神父になりすました脱獄囚が騒動を起こしていくコメディ作品。1935年、窃盗犯ネッドとジムは収監されていた刑務所から脱走してしまう。小さな町にたどり着いた彼らは、いくつもの偶然が重なり神父として身を潜めることになった。逃げる機会を窺う2人に思わぬ事態が次々襲いかかる。
監督:ニール・ジョーダン 出演者:ロバート・デ・ニーロ(ネッド)、ショーン・ペン(ジム)、デミ・ムーア(モリー)、ジェームズ・ルッソ(ボビー)、ホイト・アクストン(レヴェスク神父)ほか

「カジュアリティーズ」のネタバレあらすじ結末

カジュアリティーズの紹介:1989年アメリカ映画。「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズで知られたマイケル・J・フォックスが初めてシリアスな役柄に挑戦した戦争映画。ベトナム戦争で実際に起こった事件を強烈なタッチで映像化している。ショーン・ペンが冷血漢の軍曹を演じて出色。
監督:ブライアン・デ・パルマ 出演:マックス・エリクソン(マイケル・J・フォックス)、ミザーブ軍曹(ショーン・ペン)ほか

1 2
TOP↑