清水崇監督映画一覧

清水崇監督映画のネタバレあらすじ一覧です。清水崇監督のおすすめ映画、人気映画や最新作まで、清水崇監督作品の一覧です。

「呪怨(ビデオ版)」のネタバレあらすじ結末

呪怨(ビデオ版)の紹介:2000年日本作品。強い怨念を持って死んだ伽椰子の呪いが続く家に住んだ住人の不幸を綴った、オムニバス風のビデオ作品です。発売当時は全く人気のなかった作品でしたが、口コミで怖さがじわりじわりと広がり、気がつけが名作と呼ばれるようになった清水崇監督の出世作です。その後、劇場版が公開されることになりますが、この映画に登場させた伽椰子と俊雄は海外でパロディにまでされるほどの世界的なホラーキャラクターになっています。
監督:清水崇 出演者:栗山千明(田村瑞穂)、三輪ひとみ(由紀)、三輪明日美(村上柑菜)、洞口依子(中村先生)、柳憂怜(小林俊介)、吉行由実(村上典子)、大家由祐子(鈴木響子)、でんでん(吉川刑事)、松山鷹志(佐伯剛雄)ほか

「犬鳴村」のネタバレあらすじ結末

犬鳴村の紹介:2019年日本映画。日本最凶の心霊スポットといわれる福岡県の旧犬鳴トンネルの先に位置するとされ、立ち入った者は生きて出られないという都市伝説「犬鳴村伝説」を題材とし、ホラー映画の巨匠・清水崇監督が映画化したホラー映画です。幼い頃から心霊を見ることのできる特集な能力を有する臨床心理士と周囲の人々が犬鳴村伝説にまつわる怪事件に巻き込まれていきます。
監督:清水崇 出演者:三吉彩花(森田奏)、坂東龍汰(森田悠真)、大谷凜香(西田明菜)、古川毅(成宮健司)、宮野陽名(籠井摩耶)、奥菜恵(優子)、須賀貴匡(圭祐)、寺田農(山野辺)、石橋蓮司(中村隼人)、高嶋政伸(森田晃)、高島礼子(森田綾乃)ほか

「ユメ十夜」のネタバレあらすじ結末

ユメ十夜の紹介:2007年日本映画。夏目漱石の幻想短編小説集「夢十夜」を映像化。日本を代表する11人の監督が、独自の解釈で漱石の夢の世界を描き出す。ファンタジー、コメディ、ホラーなど、多彩な表現で紡がれる不可思議なオムニバス・ムービー。
監督:実相寺昭雄(「第一夜」)、市川崑(「第二夜」)、清水崇(「第三夜」)、清水厚(「第四夜」、OP&ED)、豊島圭介(「第五夜」)、松尾スズキ(「第六夜」)、天野喜孝(「第七夜」)、河原真明(「第七夜」)、山下敦弘(「第八夜」)、西川美和(「第九夜」)、山口雄大(「第十夜」) 出演者:小泉今日子(「第一夜」ツグミ)、うじきつよし(「第二夜」男)、堀部圭亮(「第三夜」夏目漱石)、山本耕史(「第四夜」漱石)、市川実日子(「第五夜」麻砂子)、阿部サダヲ(「第六夜」わたし)、Sascha(「第七夜」ソウセキ)、藤岡弘、(「第八夜」漱石(正造))、緒川たまき(「第九夜」母)、松山ケンイチ(「第十夜」庄太郎)ほか

「戦慄迷宮3D」のネタバレあらすじ結末

戦慄迷宮3D THE SHOCK LABYRINTHの紹介:2009年日本映画。10年前、子供だった頃、閉園した遊園地のお化け屋敷に忍び込んだケンたち5人は、迷って出られなくなり、ユキを残して救出されました。10年後、5人の中の一人のリンの部屋にユキが帰って来たことから、当時の友達が集まることになり真相を究明することになる・・という迷宮ホラー映画です。時間軸が現代と10年前が入り乱れ不思議な世界をかもしだしています。
監督:清水崇 出演者:柳楽優弥(川島賢(ケン))、蓮佛美沙子 (遠山由紀(ユキ))、勝地涼 (林元樹(モトキ))、前田愛 (高嶋凛(リン))、水野絵梨奈(遠山美由(ミユ))、中村久美 (ユキとミユの母)、松尾スズキ(丹波刑事)、山中崇(藤野刑事) ほか

「キョンシー」のネタバレあらすじ結末

キョンシー(別題:リゴル・モルティス/死後硬直)の紹介:2013年香港映画。80年代から90年代にかけて大ヒットしたキョンシーが長い眠りを経て帰ってきた。プロデューサーにホラー映画の巨匠清水崇を迎え、純度100%のホラー映画として生まれ変わったキョンシー。この恐怖を皆は体験したか。
監督:ジュノ・マック 出演:チン・シュウホウ(チン・シュウホウ)、クララ・ウェイ(フン)、パウ・ヘイチン(ムイ)、アンソニー・チェン(ヤウ)、ほか

「ラビット・ホラー3D」のネタバレあらすじ結末

ラビット・ホラー3Dの紹介:2011年日本映画。弟・大悟が映画館から持ち帰った白ウサギのぬいぐるみが真夜中、彼を別世界にいざなう。口がきけない腹違いの姉・キリコまでもがそれを目撃。絵本作家の父・公平は全く気にとめない様子だったが、キリコの勤める学校に白ウサギが現れ、大悟を映画の中に連れ去ってしまったことで彼女はついにある事実を認めるようになる、弟など存在しないということを…。
監督:清水崇 出演:満島ひかり(キリコ)、澁谷武尊(大悟)、香川照之(公平)、ほか

「輪廻」のネタバレあらすじ結末

輪廻の紹介:2005年日本映画。転生をテーマにした泣けるホラー映画だ。あまりに壮絶で生々しく、心が締め付けられる。優香が期待の新人女優を演じるが、悍ましい事件と被害者の霊魂の無念の舞台が幕を開けた。
監督:清水崇 出演者:優香(杉浦渚)、椎名桔平(映画監督、松村郁夫)、杉本哲太(渚のマネージャー、村田忠司)、香里奈(木下弥生)、小栗旬(尾西和也)、松本まりか(女優の卵、森田由香)、佐々木麻緒(子役)(大森千里)、ほか

「THE JUON/呪怨」のネタバレあらすじ結末

THE JUON/呪怨の紹介:2004年アメリカ,日本映画。『呪怨』の清水崇監督がハリウッドでリメイク。和の空間での恐怖というジャパニーズホラーの恐さをコンセプトにした清水監督の希望で、日本での撮影が行われ、伽椰子・俊雄もオリジナル版の呪怨と同じく藤貴子と尾関優哉が演じる。
監督:清水崇 出演者:サラ・ミシェル・ゲラー(カレン)、ジェイソン・ベア(ダグ)、クレア・ヴァル(ジェニファー)、ウィリアム・メイ・ポーザー(マシュー)、ビル・プルマン(ピーター)、石橋凌(中川秀人刑事)、松永博史(五十嵐陽介刑事)、真木よう子(関根洋子)

「呪怨2」のネタバレあらすじ結末

呪怨2の紹介:2003年日本映画。呪怨シリーズ2作目。後味が悪いラストに注意!呪怨(劇場版)の続編で、ビデオ版の呪怨と登場人物がリンクしているのも特徴。ホラー映画への出演する女優、原瀬京子はその日、“呪われた家”をレポートするテレビ特番にゲストとして出演。その家に関わる人間が悲惨な死や行方不明が後を絶たなかった。
監督:清水崇 出演者:酒井法子(原瀬京子)、新山千春(三浦朋香)、堀江慶(山下典孝)、市川由衣(千春)、葛山慎吾(大国圭介)、斎藤歩(石倉将志)、山本恵美(大林恵)水木薫(原瀬亜紀)、結城しのぶ(石黒薫)、尾関優哉(子役)(佐伯俊雄)、藤貴子(佐伯伽耶子)

「呪怨」のネタバレあらすじ結末

呪怨の紹介:2002年日本映画。呪怨の一番最初の映画作品。奥菜恵など当時の出演俳優陣が若い。俊雄や伽耶子、佐伯家にまつわる最初のビギニングストーリーといえる。
監督:清水崇 出演者:奥菜恵(仁科理佳)、伊東美咲(徳永仁美)、上原美佐(遠山いづみ)、津田寛治(徳永勝也)、松田珠里(徳永和美)、田中要次(徳永雄治)、松山タカシ(子役)(佐伯俊雄)、藤貴子(佐伯伽耶子)

「富江re-birth」のネタバレあらすじ結末

富江re-birth(リバース)の紹介:2001年日本映画。富江、それは不死身の麻薬といっても過言ではない。何度命を奪っても僅かな細胞や血液によって甦り、元の絶世の美女となる。反社会的性格で人を傷付けても男を狂わせる彼女とその中毒になった男の危険なラブサスペンスホラー。
監督: 清水崇 出演者: 酒井美紀(富江)、妻夫木聡(青山巧)、芭野未亜(青山理恵)、遠藤久美子(北村ひとみ)、黄川田将太(細田俊一)、蜂巣友里(佐野由美子)、忍成修吾(木俣英雄)ほか

「7500」のネタバレあらすじ結末

7500の紹介:2014年アメリカ映画。LA発東京行きのビスタパシフィック航空7500便は様々な事情を抱えた乗客達を乗せて離陸しますが、怪しげな乗客の死を発端に不可思議なことが起こり始め・・・。「呪怨」シリーズの清水崇監督がハリウッドで製作したホラー映画。
監督:清水崇 出演者:レスリー・ビブ(ローラ)、ジェイミー・チャン(スージー・リー)、ライアン・クワンテン(ブラッド)、エイミー・スマート(ピア)、ニッキー・ウィーラン(リズ)ほか

「魔女の宅急便(実写版)」のネタバレあらすじ結末

魔女の宅急便(実写版)の紹介:2014年日本映画。魔女として生きることを決めたキキは13歳の満月の夜、両親の元を離れ故郷を旅立った。辿り着いたある港街は自然も美しくたくさんの人で賑わっている。キキは相棒の黒猫ジジと共にこの街での生活を決めることにした。そこで出会った一人の女性おソノに住む場所を紹介してもらいキキは空飛ぶ「宅急便」を始めることにする。しかし上手くは事は運ばなかった。角野栄子原作「魔女の宅急便」を実写映画化。監督はホラー映画「呪怨」などを製作した清水崇。
監督:清水崇 出演:キキ(小芝風花) とんぼ(広田亮平) ジジ(寿美菜子)  おソノ(尾野真千子) フクオ(山本浩司) すみれ(吉田羊) ナヅル(新井浩文) タカミ・カラ(YURI) ラジオDJ(LiLiCo) イシ先生(浅野忠信) オキノ(筒井道隆) コキリ(宮沢りえ) 

「こどもつかい」のネタバレあらすじ結末

こどもつかいの紹介:2016年日本映画。こどもつかいの紹介:行方不明になり帰ってきた子供と接触すると3日後に死ぬという噂が広がる。呪いをかけられてしまった尚美と恋人の駿也は呪いを解くために奮闘する。「呪怨」を手がけた清水崇監督の2017年公開のホラー作品。こどもつかいを演じる滝沢秀明の17年ぶりの映画出演も話題。
監督:清水崇 出演:滝沢秀明(こどもつかい)、有岡大貴(新聞記者・江崎駿也)、門脇麦(保育士・原田尚美)、尾上寛之(近藤創)、中野遥斗(笠原蓮)、西田尚美(小松洋子)、ほか

「呪怨 パンデミック」のネタバレあらすじ結末

呪怨 パンデミックの紹介:2006年アメリカ映画。ハリウッド版の呪怨シリーズ2作目。東京のインターナショナルスクールに通うアリソンは友人と共に日本で有名な幽霊屋敷へと足を踏み入れる。そこで世にも恐ろしい体験をする。そしてその後も、何かがアリソンたちに憑いてまわるのだった。
監督:清水崇 出演:アンバー・タンブリン(オーブリー)、アリエル・ケベル(アリソン)、ジェニファー・ビールス(トリッシュ)、エディソン・チャン(イーソン)、宇野実彩子(ミユキ)、ほか

キーワードから探す

TOP↑