シャーリー・マクレーン映画一覧

シャーリー・マクレーンが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「奥さまは魔女」のネタバレあらすじ結末

奥さまは魔女の紹介:2005年アメリカ映画。60年代アメリカで放送されたTVドラマ「奥さまは魔女」をベースにリメイクされたラブコメディ。本物の魔女がテレビドラマの魔女役に!?落ち目の映画スターと普通の恋に憧れる魔女のドキドキラブストーリー。
監督:ノーラ・エフロン 出演:ニコール・キッドマン(イザベル/サマンサ)、ウィル・フェレル(ジャック/ダーリン)、シャーリー・マクレーン(アイリス)、マイケル・ケイン(ナイジェル)、ジェイソン・シュワルツマン(リッチー)、ヘザー・バーンズ(ニーナ)、ほか

「愛と喝采の日々」のネタバレあらすじ結末

愛と喝采の日々の紹介:1977年アメリカ映画。バレリーナとして成功を収めた女性と、将来を有望視されながらも結婚してバレエから引退した女性。かつてライバル関係にあった二人の対照的な生き方を母娘の情愛を盛り込みながら描き、女性の幸せとは何かを問いかける人生ドラマです。
監督:ハーバート・ロス 出演者:シャーリー・マクレーン(ディーディー・ロジャース)、アン・バンクロフト(エマ・ジャクリン)、ミハイル・バリシニコフ(ユーリ・コペイキン)、レスリー・ブラウン(エミリア・ロジャース)、トム・スケリット(ウェイン・ロジャース)、ジェームズ・ミッチェル(マイケル・クック)、マーサ・スコット(アデレイド)、アンソニー・ザーブ(ロージー)、マーシャル・トンプソン(カーター)、ドナルド・ペトリ(バーニー・ジョー)ほか

「バレンタインデー」のネタバレあらすじ結末

バレンタインデーの紹介:2010年アメリカ映画。2月14日ロサンゼルスのバレンタイン。さまざまな年齢や職業の人達の過ごし方を描いた愛がいっぱいの作品。また、恋人同士でじっくり鑑賞するとそのいろんな愛の形に感動し観る人もまた愛が深まると思われる名作です。
監督:ゲイリー・マーシャル 出演:ジェシカ・アルバ(モーリー)、キャシー・ベイツ(スーザン)、ジェシカ・ビール(カーラ)、ブラッドリー・クーパー(ホールデン)、エリック・デイン(ショーン)、パトリック・デンプシー(ハリソン)、ヘクター・エリゾンド(エドガー)、ジェイミー・フォックス(ケルビン)、ジェニファー・ガーナー(ジュリア)、トファー・グレイス(ジェイソン)、アン・ハサウェイ(リズ)、アシュトン・カッチャー(リード)、クイーン・ラティファ(ポーラ)、テイラー・ロートナー(ウィリー)、ジョージ・ロペス(アルフォンソ)、シャーリー・マクレーン(エステル)、エマ・ロバーツ(グレース)、ジュリア・ロバーツ(ケイト)、テイラー・スウィフト(フェリシア)、ほか

「あの日の指輪を待つきみへ」のネタバレあらすじ結末

あの日の指輪を待つきみへの紹介:2007年イギリス,カナダ,アメリカ映画。空軍の兵士だった恋人を亡くし、彼の親友と結婚したアメリカ人女性。恋人との思い出の指輪が50年ぶりに見つかったと知らされた女性は、長く胸に秘めてきた青春期を回想し始めます。アメリカと北アイルランドを舞台に指輪に秘められた悲恋をドラマチックに描きあげた恋愛映画です。
監督:リチャード・アッテンボロー 出演者:シャーリー・マクレーン(老年期のエセル・アン)、クリストファー・プラマー(ジャック・エッティ)、 ピート・ポスルスウェイト(マイケル・クィンラン)、ミーシャ・バートン(若き日のエセル・アン)、 スティーヴン・アメル(テディ・ゴードン)、ネーヴ・キャンベル(マリー・ハリス)ほか

「マグノリアの花たち」のネタバレあらすじ結末

マグノリアの花たちの紹介:1989年アメリカ映画。町の美容室を舞台に、女たちの関係性と絆を描いた作品。原作者の実体験(妹の死)を元に戯曲化された。結婚式のシーンでは原作者ロバート・ハーリングが牧師に、シェルビー入院のシーンでは実際に妹スーザンの治療・看護にあたった医師、看護師達が出演した。
監督:ハーバート・ロス 出演:サリー・フィールド(マリン)、ドリー・パーマン(トルーヴィ)、シャーリー・マクレーン(ウィザー)、ダリル・ハンナ(アネル)、オリンピア・デュカキス(クレリー)、ジュリア・ロバーツ(シェルビー)、ほか

「ハリーの災難」のネタバレあらすじ結末

ハリーの災難の紹介:1955年アメリカ映画。森の中で見つかった死体を巡って巻き起こる騒動を描いたブラックコメディ。監督はサスペンス映画の神様と称される巨匠アルフレッド・ヒッチコック、「アパートの鍵貸します」などで知られる名女優シャーリー・マクレーンの映画デビュー作としても有名です。
監督:アルフレッド・ヒッチコック 出演者:エドマンド・グウェン(アルバート・ワイル)、ミルドレッド・ナトウィック(アイビー・グレブリー)、ジョン・フォーサイス(サム・マーロウ)、シャーリー・マクレーン(ジェニファー・ロジャーズ)、ロイヤル・ダノ(カルビン・ウィッグス)ほか

「チャンス」のネタバレあらすじ結末

チャンスの紹介:1979年アメリカ映画。ポーランド出身の小説家ジャージ・コジンスキー原作、脚本の作品。愚直な庭師チャンスがひょんなことから英雄として祭り上げられていく様を、現代社会や政治への痛烈な風刺を込めて描いた異色のコメディ映画です。
監督:ハル・アシュビー 出演者:ピーター・セラーズ(チャンス)、シャーリー・マクレーン(イブ・ランド)、メルヴィン・ダグラス(ベンジャミン・ターンブル・ランド)、ジャック・ウォーデン(大統領)、リチャード・ダイサート(ロバート・アレンビー)、ほか

「あなたの旅立ち、綴ります」のネタバレあらすじ結末

あなたの旅立ち、綴りますの紹介:2017年アメリカ映画。高齢化社会で離婚が多く子供と暮らす習慣のないアメリカでは、孤独に死を迎える人が多いのが現実です。80歳を過ぎた孤独な老婦人は自分勝手で嫌われ者、なんでも自分でコントロールしたいために自分の訃報記事まで生前に用意しようとします。訃報記事担当に示された若い女性、ひどい評判の彼女をなんとか死の間際まで素晴らしい女性に変えようとし、老婦人も80を越えての過去と決別し、素晴らしい訃報記事作成のため新しい人生を始めます。『あなたの旅立ち、綴ります』は、人生は最後まで素晴らしく楽しく、人のために生きるのだということを教えてくれるような映画です。
監督:マーク・ペリントン 出演:シャーリー・マクレーン(ハリエット・ローラー)、アマンダ・セイフライド(アン・シャーマン)、アン・ヘッシュ(エリザベス)、トーマス・サドスキー(ロビン・サンズ)、フィリップ・ベイカー・ホール(エドワード)、トム・エヴェレット・スコット(ロナルド・オドム)、ほか

「くちづけはタンゴの後で」のネタバレあらすじ結末

くちづけはタンゴの後での紹介:1996年アメリカ映画。都会に憧れて田舎から出てきた娘が、列車事故に巻き込まれたことをきっかけに大富豪の家族のもとで幸せを手に入れるまでを描いたラブストーリー。
監督:リチャード・ベンジャミン 出演:シャーリー・マクレーン、リッキー・レイク、ブレンダン・フレイザー、ミゲル・サンドヴァル、ローレン・ディーン、ほか

「潮風とベーコンサンドとヘミングウェイ」のネタバレあらすじ結末

潮風とベーコンサンドとヘミングウェイの紹介:1993年アメリカ映画。元船乗りで破天荒な男と、パズル好きでまじめな男。全く正反対ながら孤独を抱えた2人の老人が出会い、友情を深めていくヒューマンドラマ。
監督:ランダ・ヘインズ 出演:ロバート・デュヴァル、リチャード・ハリス、シャーリー・マクレーン、サンドラ・ブロック、ほか

「80日間世界一周」のネタバレあらすじ結末

80日間世界一周の紹介:1956年アメリカ映画。1873年に書かれたジュール・ヴェルヌの同名小説を映像化したアドベンチャー映画。名プロデューサーのマイケル・トッドが製作として参加し、大物俳優が端役で出演する「カメオ出演」が初めて登場。大ヒットし、アカデミー賞最優秀作品賞を受賞するなど、多くの栄冠に輝いた。
監督:マイケル・アンダーソン 出演:デヴィッド・ニーヴン(フィリアス・フォグ)、カンティンフラス(パスパトゥ)、シャーリー・マクレーン(アウーダ)、ロバート・ニュートン(フィクス刑事)、ギルバート・ローランド(アフメッド) ほか

「噂の二人」のネタバレあらすじ結末

噂の二人の紹介:1961年アメリカ映画。巨匠ワイラー監督がかつて「この三人」のタイトルで映画化したリリアン・ヘルマンの戯曲「子供の時間」を自らリメイクした作品。前作ではぼかされていた同性愛の問題がハッキリした形で描かれている。
監督:ウィリアム・ワイラー 出演:オードリー・ヘプバーン(カレン・ライト)、シャーリー・マクレーン(マーサ・ドビー)、ジェームズ・ガーナー(ジョー・カーディン)、ミリアム・ホプキンス(リリー・モーター)

「トレヴィの泉で二度目の恋を」のネタバレあらすじ結末

トレヴィの泉で二度目の恋をの紹介:2014年アメリカ映画。アパートで隣同士となったシルバーエイジの男女。性格は正反対ながらも互いに惹かれあい、愛をはぐくんでいく姿をベテラン、オスカー俳優2人が演じたハートフルコメディ。
監督:マイケル・ラドフォード 出演:シャーリー・マクレーン(エルサ)、クリストファー・プラマー(フレッド)、マーシャ・ゲイ・ハーデン(リディア)、ウェンデル・ピアース(アルマンデ)、ほか

「不機嫌な赤いバラ」のネタバレあらすじ結末

不機嫌な赤いバラの紹介:1994年アメリカ映画。シークレットサービスのダグは、その華々しい経歴とは裏腹に、元大統領未亡人テスの警護を任じられていました。そのテスは気が強くわがままで、いつもダグ達を困らせていました。しかし、彼女は自分の余命幾ばくもないと知ると、護衛が家族より近しい存在だと気付きます。規則重視の堅物ダグも、彼女の寂しさに触れその態度が軟化して来た頃、彼女に大事件が降り掛かります。シャーリー・マクレーン、ニコラス・ケイジ競演で贈るハートフルコメディ映画。

「アパートの鍵貸します」のネタバレあらすじ結末

アパートの鍵貸しますの紹介:1960年アメリカ映画。60年代のニューヨークを舞台。出世意欲の強いサラリーマンのバドは、自分のアパートの一室を上司に貸し出すにより、勤務評価を上げて貰っている。ある日、恋心を抱いていた会社の女性が、上司の浮気相手だと知り、大慌て。自分の部屋で上司と好きな子が一線を越えるのを止めるのか止めないのかで葛藤する物語。ビリー・ワイルダーの傑作コメディ映画。
監督:ビリー・ワイルダー 出演者:ジャック・レモン(C・C・バクスター(バド))、シャーリー・マクレーン(フラン・キューブリック)、フレッド・マクマレイ(ジェフ・D・シェルドレイク)ほか

1 2
TOP↑