ソフィー・マルソー映画一覧

ソフィー・マルソーが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「愛のめぐりあい」のネタバレあらすじ結末

愛のめぐりあいの紹介:1995年フランス,イタリア,ドイツ映画。作品の構想を練る旅をする映画監督を案内役とした4話からなるオムニバス映画。病気で再起を危ぶまれていたミケランジェロ・アントニオーニがヴィム・ヴェンダースの補佐を得て久々に送り出した作品。本編4つをアントニオーニが、プロローグ、各話のつなぎ部分、エピローグをヴェンダースが演出した。日曜画家とその友人という役でマルチェロ・マストロヤンニとジャンヌ・モローが友情出演。R-15指定。
監督:ミケランジェロ・アントニオーニ 出演者:ジョン・マルコヴィッチ(映画監督)、キム・ロッシ=スチュアート(シルヴァーノ)、イネス・サストル(カルメン)、ソフィー・マルソー(港町の女)、キアラ・カゼッリ(イタリア人の女)、ピーター・ウェラー(アメリカ人の男)、ファニー・アルダン(パトリツィア)、ジャン・レノ(妻に逃げられた男)、ヴァンサン・ベレーズ(青年)、イレーヌ・ジャコブ(教会に行く女)ほか

「ルーヴルの怪人」のネタバレあらすじ結末

ルーヴルの怪人の紹介:2001年フランス映画。ルーヴル美術館の怪奇伝説を基に、亡霊にとり憑かれた女性の恐怖と運命を描くホラー&ミステリー。実際にルーヴル美術館で長期の撮影が行われたことでも話題を呼んだ。ルーヴル美術館の地下収蔵室から謎のミイラが発見されて以降、館内では不気味な現象が起こるようになる。美術館正面のアパートに住む女性リザは、偶然そのミイラに接触した際宿っていた亡霊にとり憑かれてしまった。その後リザは奇行を繰り返し、時を同じくしてルーヴル美術館に黒衣と仮面を纏った「ルーヴルの怪人」が現れる。リザに惹かれる電気技師マルタンは、どうにかして彼女を救おうとするのだが…。
監督:ジャン=ポール・サロメ 出演者:ソフィー・マルソー(リザ)、ミシェル・セロー(刑事ヴェルラック)、フレデリック・ディファンタール(マルタン)、ジュリー・クリスティ(グレンダ・スペンサー博士)ほか

「ダブルフェイス 秘めた女」のネタバレあらすじ結末

ダブルフェイス 秘めた女の紹介:2009年フランス映画。ある時突然自分や家族が別人に変わってしまい、その原因を突き止めるべく失った幼少時の記憶を取り戻そうとする女性を描いたサスペンス。S・マルソー、M・ベルッチの仏・伊2大女優が共演。
監督:マリナ・ドゥ・ヴァン 出演:ソフィー・マルソー(ジャンヌ)、モニカ・ベルッチ(ローザマリア)、ブリジット・カティヨン(ナディア)、アンドレア・ディ・ステファノ(テオ / ジャンニ)、ティエリー・ヌーヴィック(テオ)、ほか

「真夏の夜の夢」のネタバレあらすじ結末

真夏の夜の夢の紹介:1999年アメリカ映画。イタズラ好きの妖精がホレ薬を間違った相手に使ったがために、2組の恋人たちが大騒動を繰り広げる。シェイクスピアの戯曲を豪華俳優人で映画化したファンタジック・コメディ。
監督:マイケル・ホフマン 出演:ケヴィン・クライン(ニック・ボトム)、ミシェル・ファイファー(タイタニア )、ルパート・エヴェレット(オベロン)、キャリスタ・フロックハート(ヘレナ)、スタンリー・トゥッチ(パック)、アンナ・フリエル(ハーミア)、クリスチャン・ベイル(ディミトリアス)、ソフィー・マルソー(ヒポリタ)、ドミニク・ウェスト(ライサンダー)、デヴィッド・ストラザーン(シーシアス)、サム・ロックウェル(フランシス・フルート)、ほか

「ラ・ブーム」のネタバレあらすじ結末

ラ・ブームの紹介:1980年フランス映画。10代の少女の淡い恋物語を描いた青春ロマンス作品。13歳のヴィックは、初めて参加した「ブーム(パーティー)」で同じ学校の少年マチューと親密な仲になった。初めての恋に夢中になるヴィックだが、父の浮気が発覚し両親は別居状態に。その上マチューにも浮気疑惑が持ち上がり、ヴィックの心は激しくかき乱されていく。ソフィー・マルソーのデビュー作であり、公開当時フランスで社会現象を巻き起こしたヒット作。主題歌「愛のファンタジー」も話題を呼んだ。
監督:クロード・ピノトー 出演者:ソフィー・マルソー(ヴィック・ベレトン)、ブリジット・フォッセー(フランソワーズ・ベレトン)、クロード・ブラッスール(フランソワ・ベレトン)、ドニーズ・グレイ(プペット・ヴァラディエ)、リシャール・ボーランジェ(アントワーヌ)ほか

「カルタヘナ 陽だまりの絆」のネタバレあらすじ結末

カルタヘナ ~陽だまりの絆~の紹介:2009年フランス映画。事故のため寝たきりとなったフランス人女性と彼女の介護人を務めることになった元ボクサーの心の交流を描いた作品。コロンビアの美しい港町カルタヘナを舞台に孤独を抱えた中年の男女の恋愛模様が叙情的に綴られていきます。
監督:アラン・モネ 出演者:ソフィー・マルソー(ミュリエル)、クリストファー・ランバート(レオ)、マルガリッタ・ロサ・デ・フランシスコ(ルシア)、ルドルフォ・デ・ソーザ(ヴァルデス)ほか

「ブレイブハート」のネタバレあらすじ結末

ブレイブハートの紹介:1995年アメリカ映画。歴史的に伝説として語り継がれるスコットランド人、ウィリアム・ウォレスが主人公の歴史映画です。イングランド統制下にあるイングランドで、自由を歌いスコットランドをまとめ上げイングランドへ攻め込んだウォレスの一生が描かれます。
監督:メル・ギブソン 出演者:メル・ギブソン(ウィリアム・ウォレス)、ソフィー・マルソー(イザベラ)、パトリック・マククーハン(エドワード1世)、キャサリン・マコーマック(ミューロン)、ブレンダン・グリーソン(ハミッシュ・キャンベル)ほか

「女優マルキーズ」のネタバレあらすじ結末

女優マルキーズの紹介:1997年フランス,イタリア,スイス,スペイン映画。17世紀フランス。貧困の中、体目当ての客たち相手に踊り続けるマルキーズ。有名劇団の看板役者グロ・ルネとの結婚を境に、女優を夢見ていたマルキーズの波乱万丈な女優人生がスタートします。実在した伝説的女優マルキーズ・デュ・パルクの半生をS・マルソーが熱演します。
監督:ヴェラ・ベルモン 出演者:ソフィー・マルソー(マルキーズ)、ベルナール・ジロドー(モリエール)、ランベール・ウィルソン(ラシーヌ)、パトリック・ティムシット(グロ・ルネ)、ティエリー・レルミット(ルイ14世)ほか

「007 ワールド・イズ・ノット・イナフ」のネタバレあらすじ結末

007 ワールド・イズ・ノット・イナフの紹介:1999年イギリス作品。スパイ映画の金字塔「007」シリーズの第19作にして5代目ジェームズ・ボンドのピアース・ブロスナンの3作目です。ボンドガールにソフィー・マルソーを迎え、石油パイプラインを巡るボンドとテロリストとの死闘を描きます。
監督:マイケル・アプテッド 出演者:ピアース・ブロスナン(ジェームズ・ボンド)、ソフィー・マルソー(エレクトラ・キング)、デニス・リチャーズ(クリスマス・ジョーンズ)、ロバート・カーライル(ヴィクター・”レナード”・ゾーカス)、ロビー・コルトレーン(ヴァレンティン・ズコフスキー)、ジュディ・デンチ(M)、デスモンド・リュウェリン(Q)、ジョン・クリーズ(R)ほか

「愛の記念に」のネタバレあらすじ結末

愛の記念に(原題:A Nos Amours)の紹介:1983年フランス映画。16歳の少女シュザンヌは、恋人がいながらも確かな愛を求め奔放に恋愛を重ねていく。1983年ルイ・デュリュック賞受賞、1984年セザール賞作品賞、有望若手女優賞。
監督:モーリス・ピアラ 出演:サンドリーヌ・ボネール、ドミニク・ベアネール、ほか

キーワードから探す

TOP↑