Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

スティーブン・ソダーバーグ監督映画一覧

スティーヴン・ソダーバーグ監督の映画ネタバレあらすじ一覧です。スティーヴン・ソダーバーグ監督のおすすめ映画、プロデュース映画、人気映画や最新作まで、スティーヴン・ソダーバーグ監督作品の一覧です。

「アンセイン 狂気の真実」のネタバレあらすじ結末

アンセイン ~狂気の真実~の紹介:2018年アメリカ映画。ストーカー行為のためにカウンセリング施設に入院させられた女性の様を描く。「トラフィック」のスティーブン・ソダーバーグ監督が手掛けたスリラーです。全編をiPhoneで撮影されているのがとても新鮮に感じます。迫り来るストーカーが妄想なのか現実なのかがハッキリしないところがまた恐怖を掻き立てます。
監督:スティーヴン・ソダーバーグ 出演:クレア・フォイ(ソーヤー)、ジョシュア・レナード(デヴィッド)、ジェイ・フェイロー(ネイト)、ジュノー・テンプル(ヴァイオレット)、エイミー・マリンズ(アシュリー)、エイミー・アーヴィング(アンジェラ)、ほか

「恋するリベラーチェ」のネタバレあらすじ結末

恋するリベラーチェの紹介:2013年アメリカ映画。煌びやかな衣装を身に着け、巧みな話術とピアノの演奏で”ミスター・ショウマンシップ”の愛称で知られるリベラーチェと、犬の訓練士として働く青年スコット・ソーソンが出会って恋に落ち、共に暮らす様子を描いた実話に基づいた作品です。マイケル・ダグラスがあの若かりし日の面影を残しながらも、最後は死を目前にした老人を演じるは姿は感動します。
監督:スティーヴン・ソダーバーグ 出演:マイケル・ダグラス(リベラーチェ)、マット・デイモン(スコット・ソーソン)、ダン・エイクロイド(シーモア・ヘラー)、スコット・バクラ(ボブ・ブラック)、ロブ・ロウ(ジャック・スターツ医師)、トム・パパ(レイ・アーネット)、ポール・ライザー(フェルダー)、デビー・レイノルズ(フランシス・リベラーチェ)、ほか

「ガールフレンド・エクスペリエンス」のネタバレあらすじ結末

ガールフレンド・エクスペリエンスの紹介:2009年アメリカ映画。アメリカNYで高級エスコートとして一時間に2000ドルを稼ぐチェルシー。ビジネスも順調で理解のある恋人もいる彼女はある日デビッドという客と知り合う。運命的なものをデビッドに感じるチェルシーだったが・・。当時トップのポルノ女優だったサーシャ・グレイを主演に迎え、性と金についてソダーバーグがドキュメンタリータッチで描いた作品。
監督:スティーヴン・ソダーバーグ 出演:サーシャ・グレイ(チェルシー)、クリス・サントス(クリス)、マーク・ジェイコブソン(インタビュアー)、ピーター・ジッゾ(ジッゾ)、グレン・ケニー(エロティック鑑定家)、ほか

「オーシャンズ8」のネタバレあらすじ結末

オーシャンズ8の紹介:2018年アメリカ映画。全世界で社会現象を巻き起こした”オーシャンズ”がスケールアップして帰ってきた。新生”オーシャンズ”を率いる司令塔はあのダニー・オーシャンの妹、デビー・オーシャン。彼女が声をかけたのはいずれも才能と個性の溢れる犯罪のプロたち。彼女らのターゲットとなるのは世界最大のファッションの祭典”メットガラ”に登場するダイヤモンド。カルティエのクリエイティブ・ディレクターの名前からトゥーサンと名付けられた3キロのダイヤモンドを擁する総額1億5000万ドルの宝石。世界中から600人以上のセレブが集い、世界一の最高難度のセキュリティに守られた宝石を奪うことができるのか?『オーシャンズ』前3作の監督、スティーブン・ソダーバーグをプロティーサーに迎え、ゲイリー・ロスがメガホンを取った。たった1秒の狂いが命取りというゴージャスな作戦と豪華キャストのチームワークは必見。
監督:ゲイリー・ロス 出演:サンドラ・ブロック(デビー・オーシャン)、ケイト・ブランシェット(ルー)、アン・ハサウェイ(ダフネ・クルーガー)、ミンディ・カリング(アミーダ)、オークワフィナ(コンスタンス)、サラ・ポールソン(タミー)、リアーナ(ナインボール)、ヘレナ・ボナム=カーター(ローズ・ワイル)、ジェームズ・コーデン(ジョン・フレイジャー)、リチャード・アーミティッジ(クロード・ベッカー)ほか

「さらば、ベルリン」のネタバレあらすじ結末

さらば、ベルリンの紹介:2006年アメリカ映画。『オーシャンズ』シリーズでタッグを組んできたジョージ・クルーニーとスティーブン・ソダーバーグ監督が贈る歴史ミステリーです。第二次世界大戦終戦後のドイツ・ベルリンを舞台に、ポツダム会談の裏で動く国家間の陰謀に遭遇するアメリカ人記者の姿を、全編モノクロという往年のノワール映画風に描いています。
監督:スティーブン・ソダーバーグ 出演者:ジョージ・クルーニー(ヤコブ・“ジェイク”・ゲイスメール)、ケイト・ブランシェット(レーナ・ブラント)、トビー・マグワイア(パトリック・タリー)、ボー・ブリッジス(ミュラー大佐)、トニー・カラン(ダニー)、クリスチャン・オリヴァー(エミール・ブラント)ほか

「夜空に星のあるように」のネタバレあらすじ結末

夜空に星のあるようにの紹介:1968年イギリス映画。ケン・ローチ監督の最初の劇場用映画。貧困の中でささやかな幸福を願う若い母親の生活を通してイギリス庶民の姿が提示される。ドノヴァンが音楽を担当し主題歌を歌う。32年後にテレンス・スタンプが主演するスティーヴン・ソダーバーグ監督の『イギリスから来た男』では、本作品のいくつかのシーンが主人公の若き日を物語るために引用される。
監督:ケン・ローチ 出演者:キャロル・ホワイト(ジョイ)、テレンス・スタンプ(デイヴ)、ジョン・ビンドン(トム)、クィーニー・ワッツ(エムおば)、ケイト・ウィリアムス(ベリル)

「エージェント・マロリー」のネタバレあらすじ結末

エージェント・マロリーの紹介:2011年アメリカ映画。女性スパイのマロリーが、元恋人の民会企業経営者のケネスから依頼された仕事を受け任務を遂行したことにより、罠にはめられてしまうという内容のアクション映画です。展開もさることながらマロリーを演じるジーナ・カラーノの美貌と柔術アクションも見ものです。
監督:スティーブン・ソダーバーグ 出演者:ジーナ・カラーノ(マロリー・ケイン)、ユアン・マクレガー(ケネス)、ビル・パクストン(ジョン・ケイン)、チャニング・テイタム(アーロン)、マイケル・ファスベンダー(ポール)、アントニオ・バンデラス(ロドリーゴ)、マイケル・ダグラス(コブレンツ)、マイケル・アンガラノ(スコット)、マチュー・カソヴィッツ(スチューダー)、アンソニー・ウォン(ジャン)ほか

「ローガン・ラッキー」のネタバレあらすじ結末

ローガン・ラッキーの紹介:2017年アメリカ映画。仕事を失い、離婚、最愛の娘とも別れる駄目男、戦争の英雄ながら、馬鹿にされるバーテンダーの弟と大犯罪を計画します。元妻を見返してやりたい、娘にも会いたい男は、犯罪チームを結成、FBIと対決します。ローガン・ラッキーは大スター、実力派のキャストで固めた、批評家から絶賛された犯罪コメディ映画です。
監督:スティーヴン・ソダーバーグ 出演:チャニング・テイタム(ジミー・ローガン)、アダム・ドライヴァー(クライド・ローガン)、ライリー・キーオ(メリー・ローガン )、ヒラリー・スワンク(サラ・グレイソン)、ダニエル・クレイグ(ジョー・バング)、ほか

「コンフェッション」のネタバレあらすじ結末

コンフェッションの紹介:2002年アメリカ映画。1960年代~1980年代にかけて活躍したアメリカのテレビプロデューサー、チャック・バリスの衝撃的な自伝を、ジョージ・クルーニーが初監督作品として映画化したサスペンス・コメディです。駆け出しのテレビ局臨時職員が謎の男と出会い、やがて辣腕プロデューサーとCIA工作員という二つの顔を持つことになるのですが…。
監督:ジョージ・クルーニー 出演者:サム・ロックウェル(チャック・バリス)、ドリュー・バリモア(ペニー・パチーノ)、ジョージ・クルーニー(ジム・バード)、ジュリア・ロバーツ(パトリシア・ワトソン)、ルトガー・ハウアー(キーラー)ほか

「アウト・オブ・サイト」のネタバレあらすじ結末

アウト・オブ・サイトの紹介:1998年アメリカ映画。エルモア・レナードの同名小説「アウト・オブ・サイト」を映画化したラブサスペンスです。銃を持たずに銀行を襲うプロの銀行強盗と女連邦保安官の恋愛をスタイリッシュに描きます。
監督:スティーヴン・ソダーバーグ 出演者:ジョージ・クルーニー(ジャック・フォーリー)、ジェニファー・ロペス(カレン・シスコ)、ドン・チードル(モーリス・”スヌーピー”・ミラー)、ヴィング・レイムス(バディ・ブラッグ)、デニス・ファリーナ(マーシャル・シスコ)ほか

「インソムニア」のネタバレあらすじ結末

インソムニアの紹介:2002年アメリカ映画。事件の応援で白夜のアラスカを訪れたロス市警のベテラン刑事が捜査中に誤って相棒を射殺したことから不眠症に陥り、事件の犯人からも追い詰められていくサスペンス。
監督:クリストファー・ノーラン 出演:アル・パチーノ(ウィル・ドーマー)、ロビン・ウィリアムズ(ウォルター・フィンチ)、ヒラリー・スワンク(エリー・バー)、モーラ・ティアニー(レイチェル・クレメント)、マーティン・ドノヴァン(ハップ・エクハート)、ほか

「エリン・ブロコビッチ」のネタバレあらすじ結末

エリン・ブロコビッチの紹介:2000年アメリカ映画。大手企業PG&Eの水質汚染について訴訟を起こし、法律関係に素人にもかかわらず、史上最高額の和解金を勝ち取った実在の人物エリン・ブロコビッチの奮闘を描いた映画。
監督:スティーヴン・ソダーバーグ 出演:ジュリア・ロバーツ(エリン・ブロコビッチ)、アルバート・フィニー(エドワード・L・マスリー)、アーロン・エッカート(ジョージ)、マージ・ヘルゲンバーカー(ドナ・ジェンセン) 、トレイシー・ウォルター(チャールズ・エンブリー)、ほか

「サイド・エフェクト」のネタバレあらすじ結末

サイド・エフェクトの紹介:2013年アメリカ映画。担当するうつ病患者が殺人を犯したことで窮地に立たされた精神科医が、その裏に隠されていた陰謀を知り、全てを失いながらも真実を突き止めようともがく様を描く。
監督:スティーヴン・ソダーバーグ 出演:ジュード・ロウ(ジョナサン・バンクス博士)、ルーニー・マーラ(エミリー・テイラー)、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ(ヴィクトリア・シーバート博士)、チャニング・テイタム(マーティン・テイラー)、ほか

「マジック・マイク」のネタバレあらすじ結末

マジック・マイクの紹介:2012年アメリカ映画。行くあてもなく目的もなくふらふらと生きているアダムはある日一人の男と出会う。マイケルと名乗る彼はアダムに不思議な魅力を感じ自分の仕事場へと誘った。そこは夜な夜な半裸の男性達が踊り明かす男性ストリップ、マイケルはそこで踊るダンサーだった。そしてあるきっかけでそのステージに上がることになったアダム。しかしアダムの姉は唯一の肉親である弟を心配する一方だった。主演のチャニング・テイタムの実体験を基に映画化。製作にも携わる。
監督:スティーヴン・ソダーバーグ 出演:チャニング・テイタム(マジック・マイク)、アレックス・ペティファー(アダム)、マット・ボマー(ケン)、マシュー・マコノヒー(ダラス)、ジョー・マンガニエロ(ビッグ・ディック・リッチー)、ほか

「セックスと嘘とビデオテープ」のネタバレあらすじ結末

セックスと嘘とビデオテープの紹介:1989年アメリカ映画。「トラフィック」や「オーシャンズ」シリーズで知られたソダーバーグ監督の処女作。26歳でカンヌ国際映画祭パルム・ドールを受賞。これは今も破られない最年少記録となっている。
監督:スティーヴン・ソダーバーグ 出演:アンディ・マクダウェル(アン)、ジェームズ・スペイダー(グラハム)、ピーター・ギャラガー(ジョン)、ローラ・サン・ジャコモ(シンシア)、ほか

1 2
TOP↑