菅原文太映画一覧

菅原文太が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「木枯し紋次郎 関わりござんせん」のネタバレあらすじ結末

木枯し紋次郎 関わりござんせんの紹介:1972年日本映画。『木枯し紋次郎』(1972年)の後、立て続けに再び中島貞夫監督菅原文太主演で作られた続編。「関わりござんせん」と言いながら関わってしまう男である紋次郎の生い立ちにまつわる物語は、脚本野上龍雄のオリジナル。
監督:中島貞夫 出演者:菅原文太 (紋次郎)、市原悦子(お光)、中村英子 (お駒)、田中邦衛(八幡の常平)、大木実(下滝の巳之吉)、山本麟一(今市の金蔵)

「木枯し紋次郎」のネタバレあらすじ結末

木枯し紋次郎の紹介:1972年日本映画。「あっしにはかかわりあいのないことでこざんす」という流行語を生んだ笹沢左保原作、中村敦夫主演のテレビ時代劇の成功を受けて製作された。孤独な渡世人を映画版では菅原文太が演じる。江波杏子が二人のお夕を演じている。
監督:中島貞夫 出演者:菅原文太(木枯し紋次郎)、伊吹吾郎(清五郎)、渡瀬恒彦(源太)、山本麟一(拾吉)、賀川雪絵(お花)、小池朝雄(左文治)、江波杏子(お夕)

「トラック野郎 故郷特急便」のネタバレあらすじ結末

トラック野郎 故郷(ふるさと)特急便の紹介:1979年日本映画。一番星の桃次郎とやもめのジョナサンのトラック野郎コンビを描いたシリーズも第10弾にして遂に完結。シリーズ初のダブルマドンナ役として石川さゆりと森下愛子、ライバル役に原田大二郎を迎え、四国などを舞台に駆け回ります。
監督:鈴木則文 出演者:菅原文太(星桃次郎)、愛川欽也(松下金造(ジョナサン))、石川さゆり(小野川結花)、森下愛子(西尾風美子)、原田大二郎(垣内竜次)ほか

「トラック野郎 熱風5000キロ」のネタバレあらすじ結末

トラック野郎 熱風5000キロの紹介:1979年日本映画。一番星の桃次郎とやもめのジョナサンのトラック野郎コンビを描いたシリーズ第9弾は、マドンナ役に小野みゆき、ライバル役に地井武男を迎え、長野県を舞台に恋に友情に駆け回ります。
監督:鈴木則文 出演者:菅原文太(星桃次郎)、愛川欽也(松下金造(ジョナサン))、せんだみつお(桶川玉三郎(三番星))、小野みゆき(西沢夏(山猫お夏))、地井武男(黒田勝也(黒部勝次、ノサップ))ほか

「トラック野郎 一番星北へ帰る」のネタバレあらすじ結末

トラック野郎 一番星北へ帰るの紹介:1978年日本映画。桃次郎とジョナサンのトラック野郎コンビを描いたシリーズ第8弾は、マドンナ役に大谷直子、ライバル役に黒沢年男を迎え、東北を舞台に駆け回ります。桃次郎の隠された過去も明らかになります。
監督:鈴木則文 出演者:菅原文太(星桃次郎)、愛川欽也(松下金造(ジョナサン))、せんだみつお(桶川玉三郎(三番星))、大谷直子(北見静代)、黒沢年男(九十九譲次(BIG99))ほか

「トラック野郎 突撃一番星」のネタバレあらすじ結末

トラック野郎 突撃一番星の紹介:1978年日本映画。桃次郎とジョナサンのトラック野郎コンビを描いたシリーズ第7弾は、マドンナ役に原田美枝子、ライバル役に川谷拓三を迎え、三重県・鳥羽や岐阜県・下呂を舞台に駆け回ります。
監督:鈴木則文 出演者:菅原文太(星桃次郎)、愛川欽也(松下金造(ジョナサン))、せんだみつお(桶川玉三郎(三番星))、原田美枝子(月田えり子)、川谷拓三(矢野駿介)ほか

「トラック野郎 男一匹桃次郎」のネタバレあらすじ結末

トラック野郎 男一匹桃次郎の紹介:1977年日本映画。桃次郎とジョナサンのトラック野郎コンビが全国を駆け巡るシリーズ第6弾は、マドンナ役に夏目雅子、ライバル役に若山富三郎を迎え、熊本や鹿児島など九州全土を股にかけて暴れ回ります。
監督:鈴木則文 出演者:菅原文太(星桃次郎)、愛川欽也(松下金造(ジョナサン))、夏目雅子(小早川雅子)、浜木綿子(袴田由紀/和代)、若山富三郎(袴田太一(子連れ狼))ほか

「トラック野郎 度胸一番星」のネタバレあらすじ結末

トラック野郎 度胸一番星の紹介:1977年日本映画。桃次郎とジョナサンのトラック野郎コンビが大暴れするシリーズ第5弾は、マドンナ役に片平なぎさ、ライバル役に千葉真一を迎え、新潟・佐渡を舞台に恋に仕事にバトルにと駆け回ります。
監督:鈴木則文 出演者:菅原文太(星桃次郎)、愛川欽也(松下金造(ジョナサン))、片平なぎさ(乙羽水名子)、千葉真一(新村譲治(ジョーズ))、夏樹陽子(江波マヤ)ほか

「トラック野郎 天下御免」のネタバレあらすじ結末

トラック野郎 天下御免の紹介:1976年日本映画。一番星の桃次郎と相棒のジョナサンのトラック野郎コンビが全国各地で騒動を巻き起こすシリーズ第4弾は、マドンナ役に由美かおる、ライバル・コリーダ役に杉浦直樹を迎え、中国・四国・京都を舞台に暴れ回ります。
監督:鈴木則文 出演者:菅原文太(星桃次郎)、愛川欽也(松下金造(ジョナサン))、春川ますみ(松下君江)、由美かおる(我妻和歌子)、杉浦直樹(須田勘太(コリーダ))ほか

「トラック野郎 望郷一番星」のネタバレあらすじ結末

トラック野郎 望郷一番星の紹介:1976年日本映画。『トラック野郎』シリーズ第3弾です。北海道が舞台でマドンナ役は島田陽子さんです。釧路で桃二郎は一大騒動を巻き起こし、そして恋をするお決まりのパターンです。ライバルには梅宮辰夫さんが登場します。
監督:鈴木則文 出演者:菅原文太(星桃次郎)、愛川欣也(やもめのジョナサン)、島田陽子(三上亜希子)、春川ますみ(松下君江)、土田早苗(浜村涼子)、梅宮辰夫(カムチャッカ)、小倉一郎(浜村紅夫)、由利徹(トラックショップ店主)、南利明(支配人)、笑福亭鶴光(加山)、海原千里(港食堂「はきだめの鶴」の女主人)、海原万里(港食堂「はきだめの鶴」の女主人)ほか

「トラック野郎 爆走一番星」のネタバレあらすじ結末

トラック野郎 爆走一番星の紹介:1975年日本映画。桃次郎とジョナサンのトラック野郎コンビが全国を股にかけるシリーズ第2弾は、マドンナ役にあべ静江、ライバルのボルサリーノ2役に田中邦衛を迎え、新潟や姫路、長崎などで騒動を巻き起こします。
監督:鈴木則文 出演者:菅原文太(星桃次郎)、愛川欽也(松下金造(ジョナサン))、春川ますみ(松下君江)、あべ静江(高見沢瑛子)、田中邦衛(ボルサリーノ2)ほか

「トラック野郎 御意見無用」のネタバレあらすじ結末

トラック野郎 御意見無用の紹介:1975年日本映画。記念すべきトラック野郎シリーズ第1作です。デコトラ「一番星号」を駆るトラック野郎、一番星の異名を持つ桃次郎とその相棒やもめのジョナサンが全国津々浦々と駆け回り、恋や人情のために奮闘します。
監督:鈴木則文 出演者:菅原文太(星桃次郎)、愛川欽也(松下金造(ジョナサン))、春川ますみ(松下君江)、夏純子(竜崎京子)、佐藤允(竜崎勝)ほか

「太陽を盗んだ男」のネタバレあらすじ結末

太陽を盗んだ男の紹介:1979年日本映画。原子爆弾を作った男、城戸誠。彼の目的は政府に自分の要求を満たさせることだった。しかし、山下警部がそれを阻止しようとする。原子爆弾のために、城戸と山下の死闘が始まる。
監督:長谷川和彦 出演:沢田研二(城戸誠)、菅原文太(山下満州男警部)、池上季実子(沢井零子(ゼロ))、北村和夫(田中警察庁長官)、神山繁(仲山総理大臣秘書)、水谷豊(交番の警官)、西田敏行(サラ金の取り立て屋)、ほか

「ビルマの竪琴」のネタバレあらすじ結末

ビルマの竪琴の紹介:1985年日本映画。ビルマ(現在のミャンマー)で亡くなった日本兵を鎮魂するために現地の僧侶となった、竪琴の名手である日本兵の物語。1956年に作られた映画の脚本を元にしており、同じ監督によって製作されている。原作は評論家の竹山道雄が執筆した児童向けの文学作品で、彼は毎日出版文化賞と、芸術選奨文部大臣賞を受賞した。
監督:市川崑 出演者:石坂浩二(井上隊長)、中井貴一(水島上等兵)、岡田上等兵(小林稔侍)、北林谷栄(物売りの老婆)、菅原文太(三角山守備隊隊長) ほか

「ゲド戦記」のネタバレあらすじ結末

ゲド戦記の紹介:2006年日本映画。スタジオジブリ作品。一国の王子であるアレンが、魔法使いのハイタカ(ゲド)と出会い旅をする。その道中、ある少女と出会うことで、闇に覆われていたアレンの心が救われていく物語。V6の岡田准一や、新人の手嶌葵らをキャストに迎え、アニメーション作家の宮崎駿を父に持つ宮崎吾郎監督の記念すべき処女作である。ゲド戦記の原作はアーシュラ・K・ル=グウィンの同名小説『ゲド戦記』。
監督・脚本:宮崎吾郎 声の出演:岡田准一(アレン)、手嶌葵(テルー)、菅原文太(ハイタカ)、香川照之(ウサギ)、風吹ジュン(テナー)、田中裕子(クモ) ほか

1 2
TOP↑