Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

鈴木光司原作映画一覧

鈴木光司原作映画のネタバレあらすじ一覧です。鈴木光司原作のおすすめ映画、人気映画から、題材として扱われた作品まで、鈴木光司原作映画のネタバレあらすじ一覧です。

「ザ・リング2」のネタバレあらすじ結末

ザ・リング2の紹介:2005年アメリカ映画。鈴木光司の小説を映画化して大ヒットした日本映画『リング』(1998年)をハリウッドでリメイクしたホラー映画『ザ・リング』のヒットを受けて製作された続編です。オリジナルの『リング』の監督を務めた中田秀夫が本作も自らメガホンを執り、前作から半年後の事件を描きます。2017年には続編『ザ・リング/リバース』(日本公開は2018年)が公開されています。
監督:中田秀夫 出演者:ナオミ・ワッツ(レイチェル・ケラー)、デヴィッド・ドーフマン(エイダン・ケラー)、ダヴェイ・チェイス(サマラ・モーガン)、サイモン・ベイカー(マックス・ローク)、シシー・スペイセク(エヴリン)、エミリー・ヴァンキャンプ(エミリー)、エリザベス・パーキンス(エマ・テンプル)ほか

「ザ・リング」のネタバレあらすじ結末

ザ・リングの紹介:2002年アメリカ映画。鈴木光司の小説を映画化し大ヒットした日本映画『リング』(1998年)をハリウッドでリメイクしたホラー作品です。見ると7日後に死ぬという呪いのビデオ見てしまったシングルマザーの記者は真相を突き止めようとしますが、今度は息子がそのビデオを見てしまい・・・。本作のヒットを受け、2005年には続編『ザ・リング2』が公開されています。
監督:ゴア・ヴァービンスキー 出演者:ナオミ・ワッツ(レイチェル・ケラー)、マーティン・ヘンダーソン(ノア)、デヴィッド・ドーフマン(エイダン・ケラー)、ブライアン・コックス(リチャード・モーガン)、ダヴェイ・チェイス(サマラ・モーガン)、リンゼイ・フロスト(ルース)ほか

「貞子」のネタバレあらすじ結末

貞子の紹介:2019年日本映画。鈴木光司のホラー小説『リング』を原作とする同名映画シリーズの登場キャラクターであり、今や国民的ホラーアイコンとなった“貞子”をメインに据えたシリーズ最新作(2019年時点)です。映画シリーズの生みの親である中田秀夫監督が『リング2』以来となるシリーズ復帰を果たし、ビデオや動画を見たら呪われるというこれまでの貞子像から進化した“動画を撮っただけで呪われる”新たな貞子が描かれます。
監督:中田秀夫 出演者:池田エライザ(秋川茉優)、塚本高史(石田祐介)、清水尋也(秋川和真)、桐山漣(藤井稔)、姫嶋ひめか(少女)、ともさかりえ(祖父江初子)、佐藤仁美(倉橋雅美)ほか

「ザ・リング/リバース」のネタバレあらすじ結末

ザ・リング/リバースの紹介:2017年アメリカ映画。日本が誇る名作ホラーの『リング』をアメリカ風に忠実に再現したリメイク作品です。呪いのビデオを見ると7日後に死亡、コピー(ダビング)して誰かに見せる、そして根源の究明とオリジナルを見た人にはわかりやすい内容になっています。
監督:F・ハビエル・グティエレス 出演者:マチルダ・ルッツ(ジュリア)、アレックス・ロー(ホルト)、ジョニー・ガレッキ(ガブリエル教授)、ヴィンセント・ドノフリオ(バーク)、ボニー・モーガン(サマラ)、エイミー・ティーガーデン(スカ)、ザック・ローリグ(カーター)ほか

「貞子3D2」のネタバレあらすじ結末

貞子3D2の紹介:2013年日本映画。これまで、日本のホラー映画界を牽引してきた貞子シリーズ。前作で死んだと思われていた貞子だが、なんと彼女は生きていた!ホラーの恐怖から、人類は逃げ切ることができるのか。
監督:英勉 出演:瀧本美織(安藤楓子)、瀬戸康史(安藤孝則)、大沢逸美(上村文香)、平澤宏々路(安藤凪)、大西武志(垣内貢)、石原さとみ(鮎川茜)、山本裕典(柏田清司)、田山涼成(小磯勇吾)、ほか

「リング2」のネタバレあらすじ結末

リング2の紹介:1999年日本映画。貞子の呪いは解けていなかった!恋人の不審な死に疑問を抱く高野舞は、調査をするうちに呪いのビデオが原因だと突き止める。果たして、舞は貞子の呪いを解くことができるのか、そして貞子に襲われた人々を助けることができるのか。
監督:中田秀夫 出演者:中谷美紀(高野舞)、深田恭子(沢口早苗)、松嶋菜々子(浅川玲子))、真田広之(高山竜司)、柳ユーレイ(岡崎)

「リング0 バースデイ」のネタバレあらすじ結末

リング0 バースデイの紹介:2000年日本映画。『リング』『らせん』『リング2』に続くシリーズ完結作。不思議な力を持った劇団員 山村貞子。貞子が劇団に入ってから不可解なことが起こり始める。記者の宮地彰子は婚約者が死んだ超能力公開実験のことを調べていた。公開実験は貞子の母、志津子が行った実験だ。母のトラウマを抱えた貞子をそばで支える遠山博。二人は次第に惹かれ合うが、劇団員の突然の死、舞台上に鳴り響く謎のノイズ、もう一人の貞子・・・不可解な事件が次々と起こり、恐怖の連鎖が始まります。貞子出生の秘密がついに明らかになる。
監督:鶴田法男 出演:仲間由紀恵(山村貞子)、田辺誠一(遠山博)、田中好子(宮地彰子)、麻生久美子(立原悦子)、若松武史(重森勇作)、ほか

「アイズ (2015年)」のネタバレあらすじ結末

アイズ の紹介:2015年日本映画。「リング」などの“貞子”シリーズで知られる鈴木光司の同名短編集を、乃木坂46の伊藤万理華の主演で映画化した作品です。平凡なはずの女子高生が不可解な事件や出来事に巻き込まれていく姿を描いています。
監督:福田陽平 出演者:伊藤万理華(山本由佳里)、おぞねせいこ(山本由布子)、山田太一(山本和弘)、中川慶二(山本翔太)、遠藤耕介(遠藤宗介)ほか

「らせん」のネタバレあらすじ結末

らせんの紹介:1998年日本映画。鈴木光司の小説を映画化した「リング」の続編にあたるホラー映画です。息子を失った男の周りの人間が、見た者を一週間後に呪い殺すという「呪いのビデオ」による謎の死を遂げていきます。やがて男はビデオの主「貞子」の目論む計画に巻き込まれていきます。
監督:飯田譲治 出演者:佐藤浩市(安藤満男)、中谷美紀(高野舞)、真田広之(高山竜司)、鶴見辰吾(宮下)、佐伯日菜子(山村貞子)ほか

「リング」のネタバレあらすじ結末

リングの紹介:1998年日本映画。巷で噂される呪いのビデオ、そのビデオ見た者は1週間以内に死んでしまうという。呪いのビデオは解く方法とは?ジャーナリストの浅川玲子と元夫の高山竜二は、ビデオを見てしまった息子を救うために、ビデオの呪いを解く方法を探す。
監督:中田秀夫 出演:松嶋菜々子(浅川玲子)、真田広之(高山竜司)、中谷美紀(高野舞)、沼田曜一(山村敬)、雅子(山村志津子)、竹内結子(大石智子)、ほか

「ダーク・ウォーター」のネタバレあらすじ結末

ダーク・ウォーターの紹介:2004年アメリカ映画。鈴木光司原作の日本映画、仄暗い水の底からをハリウッドでリメイクした本作では、原作と多少相違がありながらも、ストーリーはアメリカ特有の雰囲気を醸し出しながら進んでいきます。
監督:ウォルター・サレス 出演:ジェニファー・コネリー(ダリア)、アリエル・ゲイド(セシリア)、ジョン・C・ライリー、ティム・ロスほか

「仄暗い水の底から」のネタバレあらすじ結末

映画仄暗い水の底からの紹介:2001年日本映画。離婚調停中で娘・郁子の親権を争っている最中の主人公・淑美は、生活の安定を調停で主張するため古びた中古マンションへ引っ越しすが入居当初から不可解な現象に悩まされる。何度も戻ってくる赤い子供用バッグ。誰もいない空間に話しかける我が子。淑美親子を追うように広がって行く天井の雨漏り…。やがて淑美は過去に行方不明になったという少女『美津子』にたどり着きます。
監督:中田秀夫 原作:鈴木光司 出演:黒木瞳、小日向文世、小木茂光、徳井優、水川あさみ、

TOP↑