高倉健映画一覧

高倉健が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「顔役」のネタバレあらすじ結末

顔役の紹介:1965年日本映画。高度成長期の中、東京、大阪に次ぐ埋め立て地の利権をめぐって『関東城政会』と『関西同志会』が睨みあっていた。『関東城政会』の会長から現場を任された中神は舎弟の早見らを連れ、現地に事務所を開くが、早速『関西同志会』の嫌がらせが始まり…という内容の任侠アクション映画です。鶴田浩二主演で、脇を高倉健、佐久間良子、三田佳子、富司純子、長門裕之らが固める豪華キャストの作品です。
監督:石井輝男 出演者:鶴田浩二(中神正治)、高倉健(早見恭一)、待田京介(染谷勇)、江原真二郎(宮田哲男)、アイ・ジョージ(桑原次郎)、佐久間良子(中神玲子)、三田佳子(柏田真弓)、富司純子(民子)、長門裕之(秋田吾郎)ほか

「飢餓海峡」のネタバレあらすじ結末

飢餓海峡の紹介:1965年日本映画。テレビドラマ化や舞台化もされた水上勉の代表作のひとつである同名推理小説を初めて映像化したサスペンスドラマです。戦後の混乱の最中に発生した強盗殺人事件と青函連絡船遭難事故。10年の歳月をかけた捜査から浮かんできたのは、貧困にあえぐ者たちの悲哀の人生でした…。
監督:内田吐夢 出演者:三國連太郎(犬飼多吉/樽見京一郎)、左幸子(杉戸八重)、伴淳三郎(弓坂吉太郎)、高倉健(味村時雄)、加藤嘉(杉戸長左衛門)、三井弘次(本島進市)、沢村貞子(本島妙子)、藤田進(荻村利吉)、風見章子(樽見敏子)、亀石征一郎(小川)、曽根秀介(朝日館主人)、安藤三男(木島忠吉)、ほか

「緋牡丹博徒」のネタバレあらすじ結末

緋牡丹博徒(ひぼたんばくと)の紹介:1968年日本映画。明治時代を舞台に、背中に緋牡丹の刺青を持つ女博徒“緋牡丹のお竜”の生きざまを描いた任侠映画シリーズ『緋牡丹博徒』のシリーズ第1作です。何者かに暗殺された父の仇を探すお竜は、旅先である渡世人の男と出会うのですが…。
監督:山下耕作 出演者:富司純子(矢野竜子(緋牡丹のお竜))、若山富三郎(熊坂虎吉(熊虎))、山本麟一(フグ新)、待田京介(不死身の富士松)、金子信雄(岩津源蔵)、清川虹子(お神楽のおたか)、山城新伍(吉太郎)、三島ゆり子(君香)、大木実(加倉井)、高倉健(片桐直治)ほか

「捨て身のならず者」のネタバレあらすじ結末

捨て身のならず者の紹介:1970年日本映画。警察も他の記者も全く関わらない組織暴力団「大和会」の記事を書くために調査していた矢島が、大和会の組員殺しに仕立て上げられ、収監されました。その後、矢島の妻も殺され、復讐を誓う矢島は控訴せず服役します。獄中で大和会会長の死を知った矢島は、出所後目的を失い酒を飲む毎日が続いていましたが、大和会に追われる、死んだ会長の娘だという真佐子を助け…という内容の高倉健主演のアクション映画です。
監督:降旗康男 出演者:高倉健(矢島)、浜美枝(真佐子)、宍戸錠(野沢)、室田日出男(関根)、水島道太郎(大和田)、山本麟一(唐沢)ほか

「獄中の顔役」のネタバレあらすじ結末

獄中の顔役の紹介:1968年日本映画。一匹狼の速水は、義理を大事にする男で、人の為に手を下し服役するという人生を送っていました。田島の親分に世話になった速水は、対立する本間組に若頭を殺された報復をして再び刑務所に舞い戻ります。そして服役中、田島の親分と、昔からの親友の黒崎が本間組によって殺されます。出所した速水は一人ドスをもって歩きはじめ…という高倉健主演のアウトロー映画です。
監督:降旗康男 出演者:高倉健(速水恭)、龍崎一郎(田島大三郎)、藤純子(田島敏子)、室田日出男(南靖男)、天津敏(本間勇)、宇佐美淳也(鳥越市長)、遠藤辰雄(本間猛)、山岡徹也(徳丸市議)、池部良(黒島勉)ほか

「地獄の掟に明日はない」のネタバレあらすじ結末

地獄の掟に明日はないの紹介:1966年日本映画。長崎では山崎組の舎弟だった権藤が勢力を伸ばし、縄張り争いで、山崎組と権藤組の抗争が続いていました。山崎組の代貸の滝田は、組長に仕えて組を守っていました。しかし弁護士の郡司により和解し、共同で政治結社をつくった頃から雲行きが怪しくなり…という内容の高倉健主演のヤクザ映画です。
監督:降旗康男 出演者:高倉健(滝田一郎)、十朱幸代(岩城由紀)、三國連太郎(郡司源一郎)、串田和美(岩城明)、佐藤慶(権藤勇造)、南田洋子(あけみ)、河津清三郎(山崎武雄)ほか

「海峡」のネタバレあらすじ結末

海峡の紹介:1982年日本映画。東宝創立50周年を記念し、北海道と本州を結ぶ「青函トンネル」の着工から完成までの壮絶なドラマを『八甲田山』でタッグを組んだ監督・森谷司郎と主演・高倉健により映画化したヒューマンドラマです。高倉健演じる国鉄の地質調査員の視点から、約30年近くにも及んだ壮大なプロジェクトとそれに関わる人々のドラマが描かれていきます。
監督:森谷司郎 出演者:高倉健(阿久津剛)、吉永小百合(牧村多恵)、三浦友和(成瀬仙太)、森繁久彌(岸田源助)、大谷直子(阿久津佳代子)、伊佐山ひろ子(おれん)、新田昌玄(江藤滝蔵)、大滝秀治(岡部)、山谷初男(石谷音太郎)、笠智衆(阿久津才次)、中川勝彦(阿久津修)、小林稔侍(金丸五郎)、阿藤海(古川亘)ほか

「ごろつき」のネタバレあらすじ結末

ごろつきの紹介:1968年日本映画。北九州から東京へ出稼ぎに来た幼馴染の勇と一郎。勇はキックボクシングジムに住み込み、一郎は金持ちの家に住み込みます。二人が世話になった流しの親方がヤクザの唐沢に絡まれていることから、唐沢の子分たちも二人に絡み始め…という内容の高倉健と菅原文太が出演するアウトロー映画です。劇中にはキックボクシングの当時のチャンピオン沢村忠ら数人が出ています。
監督:マキノ雅弘 出演者:高倉健(大場勇)、吉村実子(沢田友子)、菅原文太(山川一郎)、金子信雄(須山)、大木実(沢田健三)、石山健二郎(浅川正義)、渡辺文雄(唐沢重吉)ほか

「ゴルゴ13」のネタバレあらすじ結末

ゴルゴ13の紹介:1973年日本映画。国籍、年齢、住所も不詳の狙撃の名手で殺し屋のデューク・東郷はゴルゴ13と呼ばれ、恐れられていました。中東の秘密警察から、犯罪組織のボスを射殺する仕事を依頼されたゴルゴは、イランのテヘランに飛びました…。”さいとうたかお”の人気ハードボイルド劇画、ゴルゴ13の実写映画版です。
監督:佐藤純彌 出演者:高倉健(ゴルゴ13/デューク・東郷)、モセネ・ソーラビ(アマン警部)、ジャレ・サム(シーラ)、プリ・バナイ(キャサリン)、アレズゥ(イボンヌ)、ガダキチアン(マックス・ボア)、ヤドロ・シーランダミ(ワルター)ほか

「大脱獄(1975年)」のネタバレあらすじ結末

大脱獄の紹介:1975年日本映画。銀行強盗をやった仲間達から、職員殺しの罪を着せられ、網走刑務所に死刑囚として服役していた梢は、同じ死刑囚たちと脱獄することに成功しました。梢の目的はあくまで自分を落としいれた元仲間たちへの復讐でした・・という内容のサスペンスアクション映画です。高倉健と菅原文太の共演が光る作品です。
監督:石井輝男 出演者:高倉健(梢一郎)、木の実ナナ(あき)、室田日出男(大地浅吉)、加藤嘉(風見寅吉)、須賀不二男(松井田)、田中浩(友成)、檜よしえ(室町時子)、田中邦衛(剛田)、小池朝雄(佐川)、菅原文太(国岩邦造)ほか

「健さん」のネタバレあらすじ結末

健さんの紹介:2016年日本映画。昭和を代表する映画俳優、高倉健。親交のあった関係者の話とともに貴重な映像を交えながら知られざる高倉健の素顔に迫ったドキュメンタリー映画です。第40回モントリオール世界映画祭ワールドドキュメンタリー部門にて最優秀作品賞を受賞しました。
監督:日比遊一 出演者:高倉健、邱林、川本三郎、降旗康男、山田洋次、八名信夫、梅宮辰夫、中野良子、ユ・オソン、ジョン・ウー、マーティン・スコセッシ、ヤン・デ・ボン、マイケル・ダグラス、中井貴一(語り)、ほか

「冬の華」のネタバレあらすじ結末

冬の華の紹介:1978年日本映画。兄弟分を殺害した罪を償い、15年ぶりに横浜に戻ってきた幹部のヤクザ。しかし堅気となる覚悟を決めた矢先に暴力団の抗争に巻き込まれていく。高倉健主演、倉本聰脚本による異色のヤクザ映画です。
監督:降旗康男 出演者:高倉健(加納秀次)、坂田道郎(北大路欣也)、松岡洋子(池上季実子)、南幸吉(田中邦衛)、竹田乙彦(三浦洋一)、大滝秀治(一郎)、倍賞美津子(メリー)、藤田進(坂田良吉)ほか

「刑事物語」のネタバレあらすじ結末

刑事物語の紹介:1982年日本映画。武田鉄也が主演の刑事ものアクション映画です。脇を豪華俳優が固め、武田鉄也がドジでマヌケな刑事を演じます。そして一旦怒ると、ジャッキー・チェンばりのカンフーで相手を打ちのめすと言う、カンフーアクションも見どころです。
監督:渡邊祐介 出演者:武田鉄矢(片山元)、有賀久代(三沢ひさ子)、仲谷昇(九鬼刑事課長)、小林昭二(藤堂一課係長)、三上真一郎(田沢刑事)、岡本富士太(沢木刑事)、樹木希林(矢代スミ刑事課庶務)、花沢徳衛(工藤卓)、草薙幸二郎(秋吉一人(クリーニング会社社長))、河原裕昌(三木本伸吉)、田中邦衛(村上努)、西田敏行(種井(詐欺師))、高倉健(三上英次)ほか

「日本女侠伝 侠客芸者」のネタバレあらすじ結末

日本女侠伝 侠客芸者の紹介:1969年日本映画。藤純子主演「日本女侠伝」シリーズの一本。芸者にも人としての意地も誇りもある。博多芸者の心意気で悪徳炭鉱家と卑劣なやくざに抵抗する。相手役は高倉健。監督は『博奕打ち 総長賭博』等の山下耕作。藤純子の舞踊も楽しめる。
監督:山下耕作 出演者:藤純子(信次)、高倉健(島田清吉)、若山富三郎(坂田)、金子信雄(大須賀)、藤山寛美(豆六)、桜町弘子(粂八)、土田早苗(弥生)その他

「遙かなる山の呼び声」のネタバレあらすじ結末

遙かなる山の呼び声の紹介:1980年日本映画。山田洋次監督が贈る、『家族』(1970年)、『故郷』(1972年)に続く“民子三部作”の第3作です。北海道の東にある中標津町を舞台に、訳ありの男と酪農を営む母子家庭との心の交流を描いています。
監督:山田洋次 出演者:高倉健(田島耕作)、倍賞千恵子(風見民子)、武田鉄矢(勝男)、吉岡秀隆(風見武志)、ハナ肇(虻田太郎)、渥美清(近藤)ほか

1 2 3

キーワードから探す

TOP↑