ティム・ロス映画一覧

ティム・ロスが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「リトル・オデッサ」のネタバレあらすじ結末

リトル・オデッサの紹介:1994年アメリカ映画。ニューヨーク、ブルックリンのブライトン・ビーチは、ロシアやウクライナからの移民が多く住んでいるため「リトル・オデッサ」と呼ばれる。ある冬、ティム・ロス演じる殺し屋ジョシュアがそこに帰ってきた。その日から彼の家族を襲う悲劇が、忘れがたく端正な映画となって語られる。第51回ヴェネツィア国際映画祭で助演女優賞(ヴァネッサ・レッドグレイヴ)、銀獅子賞を受賞した時、監督のジェームズ・グレイは25歳。
監督:ジェームズ・グレイ 出演者:ティム・ロス(ジョシュア・シャピラ)、エドワード・ファーロング(ルーベン・シャピラ)、モイラ・ケリー(アラ・シュスタヴィッチ)、ヴァネッサ・レッドグレイヴ(イリーナ・シャピラ)、マクシミリアン・シェル(アルカディ・シャピラ)その他

「Mr.&Mrs.フォックス」のネタバレあらすじ結末

Mr.&Mrs.フォックスの紹介:2018年アメリカ,イギリス映画。天才詐欺師夫妻とかつての仕事仲間、夫の元妻とその再婚相手などが巻き起こす騒動を描いたクライム・コメディです。かつての仕事仲間から横取りした大金をギャンブルでスッてしまった詐欺師夫婦は高飛びを試みますが、冷酷な仕事仲間は夫妻を追ってロサンゼルスへ・・・。
監督:ジェームズ・オークリー 出演者:ユマ・サーマン(ハリー・フォックス)、ティム・ロス(ピーター・フォックス)、マギー・Q(イリーナ)、アリス・イブ(ジャッキー)、パーカー・ポージー(ジーナ)、クリスピン・グローバー(ガブリエル・アンダーソン)、ソフィア・ベルガラ(ヴィヴィアン)、スティーブン・フライ(シドニー)ほか

「ファニーゲーム U.S.A.」のネタバレあらすじ結末

ファニーゲーム U.S.A.の紹介:2007年アメリカ映画。鬼才ミヒャエル・ハネケ監督が1997年に製作した同名作品をハリウッドでセルフリメイクした衝撃作。裕福な一家に降りかかる悪夢のような一日を描いたストーリーです。嫌気がするほどの挑発的な演出に注目です。
監督:ミヒャエル・ハネケ 出演:ナオミ・ワッツ(アン)、ティム・ロス(ジョージ)、マイケル・ピット(ポール)、ブラディ・コーベット(ピーター)、デヴォン・ギアハート(ジョージー)、ほか

「ヴィヴィアン・マイヤーを探して」のネタバレあらすじ結末

ヴィヴィアン・マイヤーを探しての紹介:2013年アメリカ映画。生前撮り溜めた写真を公表することのなかったヴィヴィアン・マイヤー。謎に包まれた彼女の素顔に迫り見えてくるものとは。15万点を越える作品を撮りながら、1枚も発表しないまま亡くなったヴィヴィアン・マイヤーの秘密、彼女の知られざる素顔や歩んだ軌跡を追うドキュメンタリー。
監督:ジョン・マルーフチャーリー・シスケル 出演:ヴィヴィアン・マイヤー、ジョン・マルーフ、ティム・ロス、ジョエル・マイロウィッツ、メアリー・エレン・マーク、ほか

「フォー・ルームス」のネタバレあらすじ結末

フォー・ルームスの紹介:1995年アメリカ映画。物語は、大晦日ロサンゼルスのホテル、モンシニョールの4部屋で起きる珍事に、ベルボーイのテッド(ティム・ロス)が巻き込まれてゆく。各部屋によって担当監督が変わるオムニバス作品で、クエンティン・タランティーノやロバート・ロドリゲス等が名を連ね、全編にわたってティム・ロスのコミカルな演技が楽しめる。
監督:アリソン・アンダース、アレクサンダー・ロックウェル、ロバート・ロドリゲス、クエンティン・タランティーノ 出演:テッド(ティム・ロス)、エルスぺス(マドンナ)、シグフリード(デヴィッド・ブローヴァル)、アンジェラ(ジェニファー・ビールス)、男(アントニオ・バンデラス)、チェスター・ラッシュ(クエンティン・タランティーノ)、レオ(ブルース・ウィルス)、ほか

「バッドバディ!私とカレの暗殺デート」のネタバレあらすじ結末

バッド・バディ!私とカレの暗殺デートの紹介:2016年アメリカ映画。2012年に全米大ヒットを記録したSFスリラー「クロニクル」。この作品の脚本で注目を浴びたマック・ランディスが、制作・脚本を手掛けたアクションコメディ。男運に恵まれないアラサー女性のマーサが、偶然に出会った殺し屋と恋に落ちる。おかげで怪しい組織に命を狙われるハメになるものの、実はマーサにも秘めたる殺しの才能があった…。「ピッチ・パーフェクト」シリーズでお馴染みのアナ・ケンドリック主演。共演には、サム・ロックウェルやティム・ロスなどの曲者役者が並ぶ。音楽とアクションが盛りだくさんの、胸がスカッとする痛快な一作。
監督:マック・ランディス 出演者:アナ・ケンドリック(マーサ)、サム・ロックウェル(フランシス)、ティム・ロス(ホッパー)、リチャード・カーティガン(リッチー)、ジェームス・ランソン(ヴォン)、ケイティ・ネイラ(ソフィ)、RZA(スティーヴ)ほか

「宮廷料理人ヴァテール」のネタバレあらすじ結末

宮廷料理人ヴァテールの紹介:2000年フランス,イギリス映画。フランスの天才料理人フランソワ・ヴァテールの実話をもとに作られたドラマ作品。1671年4月、コンデ公の居城シャンティイにルイ14世が3日間滞在することになった。王の信頼を回復したいコンデ公は、最高のもてなしを料理長ヴァテールに命令する。目が回るような忙しさの中、ヴァテールは王妃の女官アンヌへの愛に目覚め、そして宮廷社会の理不尽に苦悩していくのだった。
監督:ローランド・ジョフィ 出演者:ジェラール・ドパルデュー(フランソワ・ヴァテール)、ユマ・サーマン(アンヌ・ド・モントージェ)、ティム・ロス(ローザン公爵)、ジュリアン・グローヴァー(コンデ公ルイ2世)、ジュリアン・サンズ(ルイ14世)ほか

「ハードコア」のネタバレあらすじ結末

ハードコアの紹介:2016年ロシア,アメリカ映画。ある日、ヘンリーは近代的な手術台の上で目を覚ます。目の前には美しい科学者らしき女性エステル。妻だと名乗るその女性は、ヘンリーの失った手足をサイボーグ化し蘇生させた。ところがヘンリーはその後、エイカン一味より追われることとなる。エイカンのもくろみは死人をサイボーグとして蘇らせ軍隊を作ることだった。エイカンによって誘拐されたエステルを救出するため、またエイカンの計画を壊すために、仲間のジミーとともに次々とやってくる敵を倒していく。全編を通じて、主人公の視点だけで描かれたスリルあるアクション。
監督:イリヤ・ナイシューラ 出演:セルゲイ・ヴァルヤエフ(ヘンリー)、シャールト・コプリー(ジミー)、ダニーラ・コズロフスキー(エイカン)、ヘイリー・ベネット(エステル)、ティム・ロス(ヘンリーの父)ほか

「ヘイトフル・エイト」のネタバレあらすじ結末

ヘイトフル・エイトの紹介:2015年アメリカ映画。巨匠クエンティン・タランティーノ監督が贈るミステリー・バイオレンス西部劇です。賞金稼ぎの二人の男や賞金首の女など8人の人物が、猛吹雪で閉じ込められた家屋で繰り広げる人間模様を全6章からなるエピソード形式で描いています。
監督:クエンティン・タランティーノ 出演者:サミュエル・L・ジャクソン(マーキス・ウォーレン)、カート・ラッセル(ジョン・ルース)、ジェニファー・ジェイソン・リー(デイジー・ドメルグ)、ウォルトン・ゴギンズ(クリス・マニックス)、デミアン・ビチル(ボブ)、ティム・ロス(オズワルド・モブレー)、マイケル・マドセン(ジョー・ゲージ)、ブルース・ダーン(サンディ・スミザーズ)ほか

「或る終焉」のネタバレあらすじ結末

或る終焉の紹介:2015年メキシコ,フランス映画。終末医療や安楽死という重いテーマ、そして衝撃のエンディングがカンヌ映画祭で反響を呼んだヒューマン・ドラマ。台詞と音楽が最小限に抑えられたストイックな演出も話題となり、同映画祭で脚本賞を受賞した。孤独に暮らす看護師の男。患者の命を繋ぐことにひたすら人生を捧げているように見えるが、離婚した妻と娘に再会したことで過去の深い悲しみが蘇っていく。主演は「ヘイトフル・エイト」(2015)のティム・ロス。共演はキーファー・サザーランドの実娘サラ・サザーランド。
監督:ミシェル・フランコ 出演者:ティム・ロス(デヴィッド)、ロビン・バートレット(マーサ)、マイケル・クリストファー(ジョン)、サラ・サザーランド(ナディア)、レイチェル・ピッカップ(サラ)、ナイレア・ノルビンド(ローラ)ほか

「グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札」のネタバレあらすじ結末

グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札の紹介:2014年フランス,アメリカ,ベルギー,イタリア映画。実話を基に描かれたフィクションである当作は、ハリウッドのスター女優からモナコ公妃へ華麗な転身を遂げたグレース・ケリーが、公国の存亡の危機を救うために一世一代の大勝負に臨む姿を描いています。
監督:オリヴィエ・ダアン 出演者:ニコール・キッドマン(グレース・ケリー)、ティム・ロス(レーニエ3世)、フランク・ランジェラ(フランシス・タッカー神父)、パス・ヴェガ(マリア・カラス)、パーカー・ポージー(マッジ・ティヴィ=フォコン)ほか

「レザボア・ドッグス」のネタバレあらすじ結末

レザボア・ドッグスの紹介:1991年アメリカ映画。クエンティン・タランティーノの監督デビュー作。低予算ながら反響を呼び、次作「パルプ・フィクション」でのブレイクにつながった。カルト監督として知られるモンテ・ヘルマンが製作総指揮を担当している。
監督:クエンティン・タランティーノ 出演:ハーヴェイ・カイテル(ミスター・ホワイト)、ティム・ロス(ミスター・オレンジ)、マイケル・マドセン(ミスター・ブロンド)、クリス・ペン(エディ・キャボット)、スティーヴ・ブシェミ(ミスター・ピンク)

「PLANET OF THE APES 猿の惑星」のネタバレあらすじ結末

PLANET OF THE APES 猿の惑星の紹介:2001年アメリカ映画。猿に支配された惑星に不時着した宇宙飛行士の奮闘と脱出までを描いた作品。1968年の映画『猿の惑星』のリ・イマジネーション作品であり、猿が人間を支配しているという基本設定だけを踏襲し、ストーリーはほぼ書き換えられている。最終的にティム・バートンが監督に起用されたが、他にアダム・リフキン/オリバー・ストーン/クリス・コロンバスの3監督が企画を行っていた。
監督:ティム・バートン 出演:マーク・ウォールバーグ(レオ・デイヴィッドソン大尉)、ティム・ロス(セード)、ヘレナ・ボナム・カーター(アリ)、マイケル・クラーク・ダンカン(アター)、ほか

「インクレディブル・ハルク」のネタバレあらすじ結末

インクレディブル・ハルクの紹介:2008年アメリカ映画。実験により、興奮すると緑の巨人ハルクへと変貌してしまう若き科学者ブルースは、その実験を主導していた軍の手を逃れつつ治療方法を探していた。軍は特殊部隊を編成し彼を追っていたが、その一人が志願しブルースと同じ力を与えられる。しかしその兵士は力に溺れ暴走を始めてしまう。マーベルコミックの実写化でアイアンマンに続くマーベル・シネマティック・ユニバースシリーズ第2弾のSFアクション映画。2003年に製作された映画ハルクとは、原作を同じにしている以外物語の関連性は無い。
監督:ルイ・レテリエ 出演:ブルース・バナー/ハルク(エドワード・ノートン)、エリザベス・“ベティ”・ロス(リヴ・タイラー)、エミル・ブロンスキー/アボミネーション(ティム・ロス)、タディウス・“サンダーボルト”・ロス将軍(ウィリアム・ハート)、サミュエル・スターンズ(ティム・ブレイク・ネルソン)、ハルクの声(ルー・フェリグノ)

「ダーク・ウォーター」のネタバレあらすじ結末

ダーク・ウォーターの紹介:2004年アメリカ映画。鈴木光司原作の日本映画、仄暗い水の底からをハリウッドでリメイクした本作では、原作と多少相違がありながらも、ストーリーはアメリカ特有の雰囲気を醸し出しながら進んでいきます。
監督:ウォルター・サレス 出演:ジェニファー・コネリー(ダリア)、アリエル・ゲイド(セシリア)、ジョン・C・ライリー、ティム・ロスほか

1 2
TOP↑