妻夫木聡映画一覧

妻夫木聡が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「泣き虫しょったんの奇跡」のネタバレあらすじ結末

泣き虫しょったんの奇跡の紹介:2018年日本映画。35歳でプロとなった遅咲きの将棋棋士・瀬川晶司の自伝的小説を映画化したヒューマンドラマです。全国中学生選抜将棋選手権大会で優勝して奨励会に入るも年齢制限で退会、それでも棋士への夢を諦めなかった主人公・瀬川のプロになるまでの半生を描きます。主人公・瀬川役で松田龍平、友人にしてライバルの棋士役でロックバンド「RADWIMPS」の野田洋次郎 が出演しています。
監督:豊田利晃 出演者:松田龍平(瀬川晶司)、野田洋次郎(鈴木悠野)、永山絢斗(新藤和正)、染谷将太(村田康平)、渋川清彦(山川孝)、駒木根隆介(畑中良一)、新井浩文(清又勝)、早乙女太一(加東大介)、妻夫木聡(冬野渡)、上白石萌音(真理子)、石橋静河(南咲子)、板尾創路(山口)、藤原竜也(見知らぬ男性)、大西信満(瀬川靖司)、奥野瑛太(池田学)、遠藤雄弥(山中徹)、山本亨(中堅棋士)、桂三度(関西棋士)、三浦誠己(新條)、渡辺哲(安田師匠)、松たか子(鹿島澤佳子)、美保純(瀬川千香子)、イッセー尾形(工藤一男)、小林薫(藤田守)、國村隼(瀬川敏雄)ほか

「決算!忠臣蔵」のネタバレあらすじ結末

決算!忠臣蔵の紹介:2019年日本映画。「忠臣蔵」の中心人物・大石内蔵助が残した決算書を元に、赤穂浪士の吉良邸討ち入りを金銭面から描いた東京大学史料編纂所教授・山本博文の『「忠臣蔵」の決算書』を映画化したコメディ時代劇です。松の廊下刃傷事件に端を発した赤穂藩お取潰しを経て、吉良邸への討ち入りを計画した赤穂藩筆頭家老の大石内蔵助ですが、その予算には上限があり・・・。
監督:中村義洋 出演者:堤真一(大石内蔵助)、岡村隆史(矢頭長助)、濱田岳(大高源五)、横山裕(不破数右衛門)、荒川良々(堀部安兵衛)、妻夫木聡(菅谷半之丞)、大地康雄(奥野将監)、西村まさ彦(吉田忠左衛門)、木村祐一(原惣右衛門)、小松利昌(貝賀弥左衛門)、沖田裕樹(三村二郎左衛門)、橋本良亮(武林唯七)、寺脇康文(間瀬久太夫)、鈴木福(大石主税)、千葉雄大(磯田武太夫)、鈴鹿央士(矢頭右衛門七)、上島竜兵(早川惣介)、堀部圭亮(長次)、山口良一(井上団右衛門)、桂文珍(祐海和尚)、村上ショージ(前田屋茂兵衛)、板尾創路(戸田権左衛門)、滝藤賢一(戸田采女正)、笹野高史(落合与左衛門)、竹内結子(大石璃玖)、西川きよし(大野九郎兵衛)、石原さとみ(瑤泉院)、阿部サダヲ(浅野内匠頭)ほか

「愛と誠」のネタバレあらすじ結末

愛と誠の紹介:2012年日本映画。梶原一騎の情熱的愛情を炸裂させた、漫画原作。三池崇史監督による、ミュージカル仕立ての、アクションありラブストーリー。今回は、武井咲主演の「角川・東映版」。
監督:三池崇史 出演:妻夫木聡(太賀誠)、武井咲(早乙女愛)、斎藤工(岩清水弘)、大野いと(高原由紀)、安藤サクラ(ガムコ)、前田健(先生)、加藤清史郎(太賀誠(幼少期))、一青窈(早乙女美也子)、ほか

「ノーボーイズ,ノークライ」のネタバレあらすじ結末

ノーボーイズ,ノークライの紹介:2009年日本,韓国映画。日韓の若手俳優共演の青春ドラマ。韓国から日本へと、ボロボロの船で荷物と手作りキムチの壺を定期的に届けているヒョング。キムチの壺には麻薬が隠されていると知ったある日、今度は誘拐した女性を運ぶよう指示されたヒョングは…。
監督:キム・ヨンナム 出演:妻夫木聡(亨)、ハ・ジョンウ(ヒョング)、貫地谷しほり、チャ・スヨン、イ・デヨン、徳永えり、柄本佑、あがた森魚、ほか

「黄金を抱いて翔べ」のネタバレあらすじ結末

黄金を抱いて翔べの紹介:2012年日本映画。過激派や犯罪者のいぇだすけの仕事をしていた幸田が久しぶりに大阪に戻って来ると友人の北川が色々世話をしてくれました。北川は銀行の地下にある240億円の金塊を狙っていました。再び強盗の手助けをすることになった幸田でしたが・・・という井筒和幸監督、妻夫木聡主演のサスペンス映画です。
監督:井筒和幸 出演者:妻夫木聡(幸田弘之)、浅野忠信(北川浩二)、桐谷健太(野田)、溝端淳平(春樹)、チャンミン(モモ)、西田敏行(ジイちゃん)、中村ゆり(北川圭子)、青木崇高(キング)、田口トモロヲ(山岸)、鶴見辰吾(末永)、マツコ・デラックスほか

「TOKYO!」のネタバレあらすじ結末

TOKYO!の紹介:2008年フランス,日本,韓国映画。フランスと韓国の三人の有名監督達による短編オムニバス。東京を舞台に摩訶不思議な物語が繰り広げられていく。
監督:ミシェル・ゴンドリー、レオス・カラックス、ポン・ジュノ 出演者:藤谷文子、加瀬亮、伊藤歩、妻夫木聡、大森南朋、でんでん、ドニ・ラヴァン、ジャン=フランソワ・バルメ、石橋蓮司、北見敏之、嶋田久作、香川照之、蒼井優、竹中直人、荒川良々、山本浩司、松重豊、ほか

「来る」のネタバレあらすじ結末

来る の紹介:2018年日本映画。人間の嫌な部分をこれでもかと見せつける鬼才が岡田准一と妻夫木聡をW主演に迎え、得体の知れないものに迫られる恐さと日常の身近な人間に潜む怖さ、二重の恐怖を突きつける。ただのホラー映画にとどまらない良質な作品を彩るのは黒木華、小松菜奈、松たか子ら女優陣の怪演。彼女たちの演技を観るだけでも一見の価値ありの作品になっている。第22回日本ホラー小説大賞に選ばれた澤村伊智原作「ぼぎわんが、来る」の映画化。選考委員絶賛のこの作品を映画化したのはあの「告白」「渇き。」の監督を務めた中島哲也。
監督:中島哲也 キャスト:岡田准一(野崎和浩)、小松菜奈(比嘉真琴)、妻夫木聡(田原秀樹)、黒木華(田原香奈)、松たか子(比嘉琴子)、青木崇高(津田大吾)、柴田理恵(逢坂セツ子)、太賀(高梨重明)ほか

「スマグラー おまえの未来を運べ」のネタバレあらすじ結末

スマグラー おまえの未来を運べの紹介:2011年日本映画。漫画原作を実写映画化した作品。公開初日の2日間で興行収入約5000万円を記録、映画観客動員ランキング初登場7位を記録した。「ラスト38分の衝撃 それに続く圧倒的な爽快感を体験せよ!」などのキャッチコピーも話題を牽引した。
監督:石井克人 出演:妻夫木聡(砧涼介)、永瀬正敏(ジョー / 花園丈)、松雪泰子(山岡有紀)、満島ひかり(田沼ちはる)、安藤政信(背骨 / 李銀亭 リ・インティン)、津田寛治(アロハ男)、森下能幸(コンビニ店員)、寺島進(漁師)、松田翔太(警官A)、大杉漣(警官B)、阿部力(張福儀 / チャン・フイ)、小日向文世(西尾健治)、ほか

「マイ・バック・ページ」のネタバレあらすじ結末

マイ・バック・ページの紹介:2011年日本映画。妻夫木聡と松山ケンイチを主演に迎えて、1970年前後の学生運動が盛んだった頃を舞台にしたヒューマンドラマ。川本三郎の同名小説を元に映画化。理想を追う記者が左翼思考の学生と出会い、奇妙な絆で繋がっていく社会派映画。
監督:山下敦弘 出演:妻夫木聡(沢田雅巳)、松山ケンイチ(梅山 / 片桐優)、忽那汐里(倉田眞子)、石橋杏奈(安宅重子)、韓英恵(浅井七恵)、中村蒼(柴山洋)、中野英樹(津川 / 週刊東都記者)、山崎一(徳山健三 / 週刊東都デスク)、中村育二(島木武夫 / 週刊東都編集長)、菅原大吉(小林 / 東都ジャーナル編集長)、三浦友和(白石 / 東都新聞社社会部部長)、ほか

「やわらかい生活」のネタバレあらすじ結末

やわらかい生活の紹介:2005年日本映画。芥川賞作家絲山秋子の小説「イッツ・オンリー・トーク」を題材にした作品。蒲田へ引っ越してきた35歳無職の独身女性優子が様々な事情を抱える男達と出会い、奇妙な交流を重ねていく様が描かれた異色の恋愛映画です。
監督:廣木隆一 出演者:寺島しのぶ(橘優子)、豊川悦司(橘祥一)、松岡俊介(本間)、田口トモロヲ(Kさん)、妻夫木聡(安田昇)、大森南朋(バッハ)、柄本明(橘昭夫)ほか

「妻よ薔薇のように 家族はつらいよ III」のネタバレあらすじ結末

妻よ薔薇のように 家族はつらいよ IIIの紹介:2018年日本映画。賑やかな平田家。ある日、平田家に泥棒が入り、史枝さんのへそくりが盗まれてしまう。それを知った幸之助が「俺の稼いだ金をへそくりしていたのか。」と怒る。いつもは穏やかで大人しい史枝さんも日常の多忙さから感謝の言葉すらない夫 幸之助に対して腹が立ち家を出ていってしまう。働き者で平田家の家事をすべてこなし、いつも明るく家族を支えていた史枝さんがいなくなり、平田家は大混乱。孫はこのまま離婚してしまうのではないか、両親は愛し合っていないのではと心配する。家族が集まり、なんとか戻ってもらおうと色々考えるのだが…。
監督:山田洋次 出演:橋爪功(平田周造)、吉行和子(平田富子)、西村まさ彦(平田幸之助)、夏川結衣(平田史枝)、中嶋朋子(金井成子)、林家正蔵(金井泰蔵)、妻夫木聡(平田庄太)、蒼井優(平田憲子)、ほか

「舞妓はレディ」のネタバレあらすじ結末

舞妓はレディの紹介:2014年日本映画。訛りのきつい少女が一人前の舞妓になるべく奮闘する姿を描いた作品。歌は吹き替えなしで出演者が生歌を披露している。
監督:周防正行 出演:上白石萌音(西郷春子)、長谷川博己(京野法嗣)、富司純子(小島千春)、田畑智子(百春)、草刈民代(里春)、渡辺えり(豆春)、竹中直人(富さん)、ほか

「きょうのできごと」のネタバレあらすじ結末

きょうのできごと a day on the planetの紹介:2003年日本映画。柴崎友香の小説を映画化した作品です。友人の引っ越し祝いに集まった、今時の大学生のありふれた1日を、様々なエピソードを織り交ぜて描いた青春群像ストーリーです。
監督:行定勲 出演者:田中麗奈(真紀)、妻夫木聡(中沢)、伊藤歩(けいと)、柏原収史(正道)、山本太郎(山田)ほか

「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」のネタバレあらすじ結末

奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガールの紹介:2017年日本映画。中学生にして奥田民生に強い憧れを抱いた男コーロキ。30歳を過ぎ雑誌編集者となった今もその憧れは無くならないままだった。ある日仕事でアパレル会社へと向かった所、そこで働く広報の女性に一目惚れする。そしてとんとん拍子に付き合うことになり有頂天になる彼だが、その女あかりには秘密があった。「モテキ」「バクマン。」で絶大な評価を獲得する大根監督による漫画原作の実写映画化。
監督:大根仁 出演:妻夫木聡(コーロキ)、水原希子(天海あかり)、新井浩文(吉住)、安藤サクラ(美上ゆう)、天海祐希(江藤美希子)、リリー・フランキー(倖田シュウ)、ほか

「クワイエットルームにようこそ」のネタバレあらすじ結末

クワイエットルームにようこその紹介:2007年日本映画。フリーライターの佐倉明日香は目覚めると、見知らぬ白い病院の1室にいました。彼女はクワイエットルームと呼ばれる精神病院の病棟に入れられていたのです。個性的な患者達と接するうちに明日香は人生を見つめ直すようになっていきます。睡眠薬を大量に含み、精神病院に運ばれた女性が復帰するまでの様子を描いた作品で、主演は内田有紀さん、監督・脚本は松尾スズキさんが担当しています。
監督:松尾スズキ 出演:内田有紀(佐倉明日香)、宮藤官九郎(鉄雄)、蒼井優(ミキ)、りょう(江口)、中村優子(栗田)、高橋真唯(サエ)、妻夫木聡(コモノ)、大竹しのぶ(西野)、ほか

1 2 3

キーワードから探す

TOP↑