Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

上野樹里映画一覧

上野樹里が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「ビューティー・インサイド」のネタバレあらすじ結末

ビューティー・インサイドの紹介:2015年韓国映画。目覚めるたびに容姿も性別も年齢も変わってしまうウジンがイスに恋をし、自分の事を打ち明け、デートを重ねるうちに様々な問題が起き、一度は別れた二人がまた結ばれるまでを描いた切なくも美しいラブストーリーです。
監督:ペク 出演:ハン・ヒョジュ(ホン・イス)、パク・ソジュン(ウジン)、上野樹里(ウジン)、キム・デミョン(ウジン)、ト・ジハン(ウジン)、ペ・ソンウ(ウジン)、パク・シネ(ウジン)、イ・ボムス(ウジン)、キム・サンホ(ウジン)、チョン・ウヒ(ウジン)、イ・ジェジュン(ウジン)、キム・ミンジェ(ウジン)、イ・ヒョヌ(ウジン) ほか

「コドモのコドモ」のネタバレあらすじ結末

コドモのコドモの紹介:2008年日本映画。小学生の妊娠と出産を描いた、さそうあきらの同名漫画が原作。性に対して何の意識もないまま、興味本位で“くっつけっこ”を幼なじみのヒロユキとした主人公の春菜。大人たちには知られず、だんだん大きくなるお腹に子供たちが奮闘する。
監督:萩生田宏治 出演者:甘利はるな(持田春菜)、麻生久美子(八木先生)、宮崎美子(春菜のお母さん)、谷村美月(春菜のお姉さん)、草村礼子(春菜のおばあさん)、斉藤暁(春菜のお父さん)、榎木兵衛(春菜のおじいさん)、北見敏之(ミツオのお父さん)、深水元基(小林先生)、伊藤梨沙子(吉田美香)、川村悠椰(鶴巻ヒロユキ)、大熊彩花(朝倉真由)、帯金遼太(生田目ミツオ)、須藤瞳(丸山珠)、竹森雄之介(川上ダイゴ)、山田清貴(久保田万作)、安部聡子(ヒロユキのお母さん)、塩見三省(高松教頭)、ほか

「カンフーくん」のネタバレあらすじ結末

カンフーくんの紹介:2007年日本映画。「燃えよ“ちっちゃな”ドラゴン!!」「この強さハンパじゃねー!!!」のキャッチで、中国からやって来た少年が、日本を揺るがす陰謀に立ち向かう姿を驚きの映像で見せるカンフーアクション娯楽劇です。監督・VFXは『笑う大天使』(2006年)の小田一生で、第5回インドネシア国際児童映画祭観客賞(グランプリ)受賞作です。
監督:小田一生 出演:チャン・チュワン(カンフーくん)、泉ピン子(泉ちゃん)、藤本七海(レイコちゃん)、藤田ライアン(イケメンくん)、矢口真里(さゆり)、佐藤めぐみ(優香先生)、川平慈英(文部省潜入捜査課課長)、上野樹里(回転寿司の店員)、古田新太(CMタレント)、堤下敦(ボスバーガーの父)、桜塚やっくん(嵐の三匹 風神)、金剛地武志(嵐の三匹 雷神)、武田真治(嵐の三匹 龍神)、伊武雅刀(レイコのおじいちゃん)、笹野高史(黒校長)、佐田真由美(黒女教師)、西村雅彦(黒文部大臣)、ほか

「お父さんと伊藤さん」のネタバレあらすじ結末

お父さんと伊藤さんの紹介:2016年日本映画。20歳年上の伊藤さんと同棲する34歳フリーターの彩。自由気ままな暮らしを楽しむ二人ですが、ある日彩の父が部屋に転がり込んできます。娘とその恋人、娘の父という微妙な関係の三人が繰り広げる共同生活をユーモアとペーソスを込めて描いたヒューマンドラマです。
監督:タナダユキ  出演者:上野樹里(山中彩)、リリー・フランキー(伊藤康昭)、長谷川朝晴(山中潔)、安藤聖(山中理々子)、渡辺えり(小枝子)、藤竜也(お父さん)、ほか

「チルソクの夏」のネタバレあらすじ結末

チルソクの夏の紹介:2003年日本映画。日本の女子高生と韓国の男子高校生が織りなす国境を超えた恋模様を描く。知名度より実際に陸上競技に秀でた若手俳優を多数抜擢している。上野樹里の映画デビュー作。
監督:佐々部清 出演:水谷妃里(遠藤郁子)、上野樹里(杉山真理)、桂亜沙美(藤村巴)、三村恭代(木川玲子)、淳評(安大豪)、山本譲二(郁子の父)、高樹澪(26年後の郁子)、ほか

「亀は意外と速く泳ぐ」のネタバレあらすじ結末

亀は意外と速く泳ぐの紹介:2005年日本映画。平凡な毎日に飽き飽きしている主婦・雀は、ある日偶然「スパイ募集」の広告を見つけます。興味本位で応募してみると、あっさり合格してしまい、スパイとしての生活が始まるのでした。スパイになったことにより、雀の生活はどう変化するのでしょうか。
監督:三木聡 出演者:片倉スズメ(上野樹里)、扇谷クジャク(蒼井優)、クギタニシズオ(岩松了)、クギタニエツコ(ふせえり)、ラーメン屋のおやじ(松重豊)ほか

「7月24日通りのクリスマス」のネタバレあらすじ結末

7月24日通りのクリスマスの紹介:2006年日本映画。吉田修一の小説「7月24日通り」の映画化作品で、長崎を舞台に恋愛に奥手な妄想好きの女性が、クリスマスを前に理想の男性である先輩と本当の恋愛を成就させようと奮闘する姿を描いています。
監督:村上正典 出演者:大沢たかお(奥田聡史)、中谷美紀(本田サユリ)、佐藤隆太(森山芳夫)、上野樹里(神林メグミ)、阿部力(本田耕治)ほか

「サマータイムマシン・ブルース」のネタバレあらすじ結末

サマータイムマシン・ブルースの紹介:2005年日本映画。劇団ヨーロッパ企画の舞台作品を基にした青春SFコメディ。大学のSF研究会に所属する甲本は、仲間と共にだらしなく愉快な日々を送っていた。ある夏の日、SF研究会の部室に突然タイムマシンが現れる。興奮した甲本達は気軽に過去を変えようとするが、それは思わぬ危険性を孕んでいた。
監督:本広克行 出演:瑛太(甲本拓馬)、上野樹里(柴田春華)、与座嘉秋(新見優)、川岡大次郎(小泉俊介)、ムロツヨシ(石松大悟)、ほか

「青空エール」のネタバレあらすじ結末

青空エールの紹介:2016年日本映画。河原和音原作の人気コミック「青空エール」を、三木孝浩監督が映画化した青春映画。吹奏楽の名門高校に憧れて入学した女子高生小野つばさと、偶然にも同じ甲子園の映像を見て憧れて入学した同級生の野球部員山田大介がお互いへの気持ちを胸に、励まし合いながら甲子園への夢を追い実現に向かってある「約束」のため、全力で高校生活を走り抜ける青春ストーリー。
監督:三木孝浩 原作:河原和音 出演者:土屋太鳳(小野つばさ)、竹内涼真(山田大介)、葉山奨之(水島亜希)、堀井新太(城戸保志)、小島藤子(春日瞳)、松井愛莉(脇田陽万里)、平祐奈(澤あかね)、山田裕貴(碓井航太)/志田未来(森優花)、上野樹里(杉村容子)ほか

「スウィングガールズ」のネタバレあらすじ結末

スウィングガールズの紹介:2004年日本映画。自分たちが原因で、吹奏楽部の部員が一人を残し食中毒でダウン!?東北の落ちこぼれ女子高生、鈴木友子たちは責任を負わされ吹奏楽部を結成するが、メンバーが足りず目を付けたのがジャズバンドだった。演奏経験のない彼女たちは、ゆっくりだが着々と練習を続けていき、ジャズの楽しさに触れていく。
監督:矢口史靖 出演者:上野樹里(鈴木友子)、貫地谷しほり(斉藤良江)、本仮屋ユイカ(関口香織)、豊島由佳梨(田中直美)、平岡祐太(中村拓雄)、竹中直人(小澤忠彦)、ほか

「グーグーだって猫である」のネタバレあらすじ結末

グーグーだって猫であるの紹介:2008年日本映画。アメリカンショートヘアの猫、「グーグー」を始めとする猫たちと作者との生活を綴ったエッセイ漫画を原作に作られた映画。
監督:犬童一心 出演者:小泉今日子(小島麻子)、上野樹里(ナオミ)、加瀬亮(沢村青白)、大島美幸(加奈子)、村上知子(咲江)、黒沢かずこ(美智子)、田中哲司(編集長・近藤)、村上大樹(編集者・田中)、でんでん(梶原)、山本浩司(小林)、楳図かずお(UMEZU氏)、マーティ・フリードマン(ポール・ウェインバーグ)、大後寿々花(人間のサバ)、江口のりこ(高梨)、松原智恵子(麻子の母)、ほか

「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」のネタバレあらすじ結末

のだめカンタービレ 最終楽章 後編の紹介:2010年日本映画。二ノ宮知子の原作漫画を映画化。のだめと千秋の恋愛模様を軸に、オーケストラを取り扱ったドラマ版から続く二人の関係の、グランドフィナーレ!!
監督:川村泰祐 出演:上野樹里(野田恵)、玉木宏(千秋真一)、瑛太(峰龍太郎)、水川あさみ(三木清良)、小出恵介(奥山真澄)、竹中直人(フランツ・シュトレーゼマン)、蒼井優(ヤドヴィ)ほか

「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」のネタバレあらすじ結末

のだめカンタービレ 最終楽章 前編の紹介:2009年日本映画。二ノ宮知子の原作漫画を映画化。ドラマの続編として、5カ国を股にかけ、ロケを行った、のだめと、千秋の、音楽を通して愛を語り合う、オーケストララブストーリー。
監督:武内英樹 出演:上野樹里(野田恵)、玉木宏(千秋真一)、瑛太(峰龍太郎)、水川あさみ(三木清良)、小出恵介(奥山真澄)、ウエンツ瑛士(フランク)、竹中直人(フランツ・シュトレーゼマン)ほか

「虹の女神 Rainbow Song」のネタバレあらすじ結末

虹の女神 Rainbow Songの紹介:2006年日本映画。大切な人の存在を失って初めて気づく青年の姿を通して、男女のすれ違いを描いた切ないラブストーリー。恋に鈍感な青年を演じる市原隼人と、一見、強気な性格に見えるけど、好きな人に想いを伝えられない女の子を演じる上野樹里の等身大の演技が光る感動作です。
監督:熊澤尚人 出演者:市原隼人(智也)、上野樹里(あおい)、蒼井優(かな)、佐々木蔵之介(映像制作会社の上司)、田中圭、酒井若菜、鈴木亜美、相田翔子、小日向文世ほか

「ジョゼと虎と魚たち」のネタバレあらすじ結末

ジョゼと虎と魚たちの紹介:2003年日本映画。親元を離れて一人暮らしをしながら大学に通う恒夫はアルバイトに女友達にと、大学生活を謳歌している。そんな彼がふとしたことで脚が不自由なジョゼに出会い、彼女と祖母の2人暮らしの生活に関わっていく。ジョゼと恒夫は惹かれ合っていくが、行く手はそうなだらかな道ではなかった。ほろ苦い青春ラブストーリー。
監督:犬童一心 出演:妻夫木聡(恒夫)、池脇千鶴(ジョゼ / くみ子)、新井浩文(幸治)、上野樹里(香苗)、江口徳子(ノリコ)、新屋英子(ジョゼの祖母)、藤沢大悟(隆司)、陰山泰(麻雀屋マスター)、板尾創路(現場主任)、ほか

TOP↑