梅宮辰夫映画一覧

梅宮辰夫が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「特命係長 只野仁 最後の劇場版」のネタバレあらすじ結末

特命係長 只野仁 最後の劇場版の紹介:2008年日本映画。深夜に放送され、人気を博した「特命係長 只野仁」の劇場版。柳沢きみおのコミックを原作に、大手広告代理店・電王堂で働く、普段は地味なダメ社員だが、裏では会長の指令で社内外のトラブルを解決する“特命係長”として活躍する只野仁を描く。
監督:植田 尚 出演:高橋克典(只野仁)、櫻井淳子(坪内紀子)、永井大(森脇幸一)、蛯原友里(山吹一恵)、田山涼成(佐川和男)、近江谷太朗(野村俊男)、秋山莉奈(シルビア)、西川史子(加藤エミ)、長谷川初範(安西虎彦)、吹越満(村川秀行)、デビット伊東(堀口)、桑名正博(田中伸介)、赤井英和(山西裕一)、三浦理恵子(新水真由子)、梅宮辰夫(黒川重蔵)、

「仁義の墓場」のネタバレあらすじ結末

仁義の墓場の紹介:1975年日本映画。少年時代に組の門を叩いた石川力夫は、成長するにつれ、兄貴分や親分の言う事を聞かなくなり、最後には親分に対して刃物で切り付けてしまい、10年間の関東所払いになりました。しかし1年足らずで東京に戻ってきた石川はヤク中になり、さらに狂暴になっていました…という、実在したヤクザ『石川力夫』の、義理も仁義も無視した半生を描いた実録物です。
監督:深作欣二 出演者:渡哲也(石川力夫)、梅宮辰夫(今井幸三郎)、多岐川裕美(石川地恵子)、芹明香(大阪の娼婦)、池玲子(今井照子)、山城新伍(田村卓司)、室田日出男(吉岡安夫)、成田三樹夫(梶木昇)、田中邦衛(小崎勝次)、ハナ肇(河田徹)、安藤昇(野津喜三郎)ほか

「県警対組織暴力」のネタバレあらすじ結末

県警対組織暴力の紹介:1975年日本映画。広島県倉島市におけるヤクザ抗争と、ヤクザと癒着しながらも共存をはかる刑事たちの関係を赤裸々に描いた深作欣二監督の新境地の作品です。仁義なき戦いシリーズの俳優たちが出演し、ここでいう県警とは広島県警察がモデルになっていると言われています。
監督:深作欣二 出演者:菅原文太(久能徳松)、梅宮辰夫(海田昭一)、佐野浅夫(吉浦勇作)、山城新伍(河本靖男)、松方弘樹(広谷賢次)、遠藤太津朗(大原武男)、室田日出男(柄原進吾)、成田三樹夫(川手勝美)、川谷拓三(松井卓)、金子信雄(友安政市)ほか

「226」のネタバレあらすじ結末

226の紹介:1989年日本映画。二・二六事件の経過を陸軍将校の視点から描いた大作映画。昭和11年2月26日、昭和維新を掲げた青年将校たちのクーデターは失敗に終わりました。この歴史上の事実を元に、豪華キャストで制作された作品です。全て実名で演じられ、成功したかに思われたクーデターの内部で何が行われていたのかが克明に描かれています。
監督:五社英雄 出演者:萩原健一(野中四郎大尉)、藤岡重慶(寺内寿一大将)、藤谷美和子(坂井孝子)、松方弘樹(伊集院兼信少佐)、三浦友和(安藤輝三大尉)、宅麻伸(丹生誠忠中尉)、竹中直人(磯部浅一)、田村高廣(湯浅倉平宮内大臣)、丹波哲郎(真崎甚三郎大将)、鶴見辰吾(高橋太郎少尉)、仲代達矢(杉山参謀本部次長)、長門裕之(木戸幸一内大臣秘書館長)、うじきつよし(中橋基明中尉)、梅宮辰夫(山王ホテル支配人)、大和田伸也(小野木伍長)ほか

「日本統一3」のネタバレあらすじ結末

日本統一3の紹介:2013年日本映画。信闘会によって、銃撃された山崎若頭の報復を始めた侠和会側でしたが、直参を一人殺したことで、幹部が出歩かなくなり小康状態を迎えていました。そんな時、九州の至誠会会長の川端が仲裁に乗り込んできました…という内容の、日本統一を目指す任侠シリーズ『日本統一』の3作目です。
監督:山本芳久 出演者:本宮泰風(氷室 蓮司)、山口祥行(田村 悠人)、小沢仁志(川谷 雄一)、誠直也(山崎 義政)、古井榮一(三上 哲也)、岡崎二朗(上田 秀次)、川村亜紀(リョウコ)、白竜(工藤 雅信)、梅宮辰夫(至誠会会長・川端)、飛野 悟志(八神)、松田 優(信闘会会長島田)ほか

「沖縄やくざ戦争」のネタバレあらすじ結末

沖縄やくざ戦争の紹介:1976年日本映画。本土復帰した沖縄を舞台に、地元暴力団組織の内紛と、関西広域暴力団組織の介入を描いた、実際に沖縄であった事件を元にした実録ものです。公開当時、沖縄ではいまだ抗争が続いており、舞台となった沖縄では上映できなかったという、いわくつきの作品です。
監督:中島貞夫 出演者:松方弘樹 (中里英雄)、千葉真一 (国頭正剛)、渡瀬恒彦 (嘉手刈宏)、新藤恵美(中里照美)、矢吹二朗 (知花鉄男)、尾藤イサオ(儀間二郎)、三上寛 (金武昇)、室田日出男(具志川照邦)、梅宮辰夫 (海津義明)、成田三樹夫 (翁長信康)、織本順吉 (大城朝光)、地井武男 (石川隆信)ほか

「実録外伝 大阪電撃作戦」のネタバレあらすじ結末

実録外伝 大阪電撃作戦の紹介:1976年日本映画。大阪に進出しようとした神戸川田組は、大阪での南原組と双竜会の抗争に付け入り、南原組を傘下に収めました。そのころミナミのクラブで川田組の組長に、双竜会の組員がけんかを売ってしまいます…という実際に昭和35年に起った明友会事件事件を題材にした実録物です。
監督:中島貞夫 出演者:松方弘樹(安田寿行)、梅宮辰夫(宮武平吉)、渡瀬恒彦(高山敬)、片桐夕子(小山淑子)、織本順吉(南原正幸)、室田日出男(趙宗泰)、伊吹吾郎(掛田貫一)、 成田三樹夫(大東武司)、丹波哲郎(川田利明)、小林旭(山地武雄)、若宮浩二(松木実)ほか

「日本統一」のネタバレあらすじ結末

日本統一の紹介:2013年日本映画。横浜でヤクザ相手に喧嘩を売り、ヤクザを潰していた氷室と田村の愚連隊は、命を狙われて大阪に移りました。大阪で巨大組織侠和会の縄張りに龍征会を立ち上げた氷室と田村でしたが、次第に侠和会による龍征会潰しが始まりました…という内容の『日本統一』シリーズの1作目です。
監督:山本芳久 出演者:本宮泰風(氷室 蓮司)、山口祥行(田村 悠人)、小沢仁志(川谷 雄一)、誠直也(山崎 義政)、古井榮一(三上 哲也)、岡崎二朗(上田 秀次)、川村亜紀(リョウコ)、勝矢(斉藤 浩樹)、愛甲猛(安西組長)、白竜(工藤 雅信)、哀川翔(秋本 照政)、梅宮辰夫(川端 忠雄)、千葉真一(権田 誠蔵)ほか

「健さん」のネタバレあらすじ結末

健さんの紹介:2016年日本映画。昭和を代表する映画俳優、高倉健。親交のあった関係者の話とともに貴重な映像を交えながら知られざる高倉健の素顔に迫ったドキュメンタリー映画です。第40回モントリオール世界映画祭ワールドドキュメンタリー部門にて最優秀作品賞を受賞しました。
監督:日比遊一 出演者:高倉健、邱林、川本三郎、降旗康男、山田洋次、八名信夫、梅宮辰夫、中野良子、ユ・オソン、ジョン・ウー、マーティン・スコセッシ、ヤン・デ・ボン、マイケル・ダグラス、中井貴一(語り)、ほか

「仁義なき戦い 代理戦争」のネタバレあらすじ結末

仁義なき戦い 代理戦争の紹介:1973年日本映画。広島で実際に起きた、地元暴力団組織の内紛に、神戸の2大巨大暴力団組織が背後から支援した代理戦争を描いた実録ものです。巨大組織の後ろ盾に、裏切りと寝返りを繰り返す様を赤裸々に再現しています。『仁義なき戦い』シリーズ3作目です。
監督:深作欣二 出演者:菅原文太(広能昌三)、渡瀬恒彦(倉元猛)、金子信雄(山守義雄)、田中邦衛(槙原政吉)、内田朝雄(長老大久保)、小林旭(武田明)、成田三樹夫(松永弘)、山城新伍(江田省一)、加藤武(打本昇)、室田日出男(早川英男)、丹波哲郎(明石辰男)、遠藤辰雄(相原重雄)、山本麟一(宮地輝男)、梅宮辰夫(岩井信一)ほか

「トラック野郎 望郷一番星」のネタバレあらすじ結末

トラック野郎 望郷一番星の紹介:1976年日本映画。『トラック野郎』シリーズ第3弾です。北海道が舞台でマドンナ役は島田陽子さんです。釧路で桃二郎は一大騒動を巻き起こし、そして恋をするお決まりのパターンです。ライバルには梅宮辰夫さんが登場します。
監督:鈴木則文 出演者:菅原文太(星桃次郎)、愛川欣也(やもめのジョナサン)、島田陽子(三上亜希子)、春川ますみ(松下君江)、土田早苗(浜村涼子)、梅宮辰夫(カムチャッカ)、小倉一郎(浜村紅夫)、由利徹(トラックショップ店主)、南利明(支配人)、笑福亭鶴光(加山)、海原千里(港食堂「はきだめの鶴」の女主人)、海原万里(港食堂「はきだめの鶴」の女主人)ほか

「仁義なき戦い」のネタバレあらすじ結末

仁義なき戦いの紹介:1973年日本映画。飯干晃一の同名ノンフィクション映画。昭和のヤクザを美談なくリアルに描いた作品。日本暴力団抗争史上で最も血を多く流した広島ヤクザ抗争を、渦中の美能組元組長の獄中手記をもとに描く。
監督:深作欣二 出演:菅原文太(広能昌三)、松方弘樹(坂井鉄也)、田中邦衛(槙原政吉)、中村英子(国弘鈴江)、渡瀬恒彦(有田俊雄)、梅宮辰夫(若杉寛)、ほか

TOP↑