山田裕貴映画一覧

山田裕貴が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカー」のネタバレあらすじ結末

鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカーの紹介:2022年日本映画。荒川弘原作の大人気コミックを実写化。シリーズ完結編二部作の第一作目にあたります。原作でも人気の高いキャラとなっている謎の男スカーとの戦いを中心に話が繰り広げられます。原作の世界観を見事に再現している様子が見どころです。
監督:曽利文彦 出演:山田涼介(エドワード・エルリック)、本田翼(ウィンリィ・ロックベル)、ディーン・フジオカ(ロイ・マスタング)、蓮佛美沙子(リザ・ホークアイ)、本郷奏多
(エンヴィー)、黒島結菜(ランファン)、渡邊圭祐(リン・ヤオ)、寺田心(セリム・ブラッドレイ)、内山信二(グラトニー)、大貫勇輔(スカーの兄)、ロン・モンロウ(メイ・チャン)、水石亜飛夢(アルフォンス・エルリック)、山田裕貴(ゾルフ・J・キンブリー)、堀内敬子(ブラッドレイ夫人)、麿赤兒(スカーの師父)、舘ひろし(キング・ブラッドレイ)、藤木直人(ユーリ・ロックベル)、奥貫薫(サラ・ロックベル)、高橋努(バルド)、山本耕史(アレックス・ルイ・アームストロング)、筧利夫(フー)、杉本哲太(ノックス)、風吹ジュン(ピナコ・ロックベル)、佐藤隆太(マース・ヒューズ)、新田真剣佑(スカー)、内野聖陽(ヴァン・ホーエンハイム/お父様)、ほか

「余命10年」のネタバレあらすじ結末

余命10年の紹介:2021年日本映画。小坂流加が2007年に発表した同名小説を小松菜奈と坂口健太郎のダブル主演で映画化したラブロマンス作品です。数万人に一人の難病を患い、余命が10年であることを知った女性が生きる希望を見失った同窓生の男性との恋を通じて残された人生を精一杯生きる姿を描きます。主題歌および音楽はロックグループ「RADWIMPS」が手掛けています。
監督:藤井道人 出演者:小松菜奈(高林茉莉)、坂口健太郎(真部和人)、山田裕貴(富田タケル)、奈緒(藤崎沙苗)、井口理(三浦アキラ)、黒木華(高林桔梗)、田中哲司(平田先生)、リリー・フランキー(梶原玄)、原日出子(高林百合子)、松重豊(高林明久)、山中崇(鈴岡聡)、安藤聖(礼子)、富山えり子(寺田美幸)、根矢涼香(絵梨)、上原実矩(美弥)、三浦透子(サオリ)、安部賢一(礼子の夫)、川原瑛都(礼子の息子)、MEGUMI(並川)、安井順平(会社の人事担当者)、山下容莉枝(高林家の親戚)、中島唱子(高林家の親戚)、呉城久美(和人の店の客)ほか

「テン・ゴーカイジャー」のネタバレあらすじ結末

テン・ゴーカイジャーの紹介:2021年日本映画。スーパー戦隊シリーズ第35作記念作品として2011年~2012年にかけて放映された『海賊戦隊ゴーカイジャー』。本作はゴーカイジャー10周年を記念して製作された正式な続編であり、かつてのヒーローたちが賭けの対象とされている現在の地球を舞台に解散していたはずのゴーカイジャーの6人が再集結して壮絶な戦いを繰り広げます。
監督:中澤祥次郎 脚本:荒川稔久 原作:八手三郎、石ノ森章太郎 出演:小澤亮太(キャプテン・マーベラス)、山田裕貴(ジョー・キブケン)、市道真央(ルカ・ミルフィ)、清水一希(ドン・ハカセ・ドッゴイヤー)、小池唯(アイム・ド・ファミーユ)、池田純矢(伊狩鎧)、田村ゆかり(ナビィ(声))、福沢博文(ゴーカイレッド)、押川善文(ゴーカイブルー)、蜂須賀祐一(ゴーカイイエロー)、竹内康博(ゴーカイグリーン)、野川瑞穂(ゴーカイピンク)、佐藤太輔(ゴーカイシルバー)、細貝圭(益子田昭郎)、松本寬也(松本寬也)、関智一(リングアナ)、松原剛志(服部博人/バッドリー(声))、庄司浩平(クリスタリア宝路)、山崎潤(国防大臣)、坂田梨香子(綾小路鳳佳/レム(声))、吉田メタル(堀内礼図/アグダロス)、川野快晴(丹羽野将年)、清水らら(女子高生)、石井薫子(女子高生)ほか

「燃えよ剣」のネタバレあらすじ結末

燃えよ剣の紹介:2020年日本映画。江戸時代末期、外国から日本を守る佐幕派と天皇を中心とした新政権を目指す倒幕派の対立が高まりつつあった時代。武州多摩のバラガキだった土方歳三は武士になる夢を抱き、近藤勇、沖田総司ら同志と共に京都へ向かう。失墜した幕府の威信を取り戻すべく、徳川幕府の後ろ盾のもと新選組を結成。土方は副長として厳しい法度を敷き、類まれな手腕で新選組は活躍していく。しかし、時流は倒幕へと傾き…。新選組において「鬼の副長」と言われた土方歳三の生き様を描く。
監督:原田眞人 出演:岡田准一(土方歳三)、柴咲コウ(お雪)、鈴木亮平(近藤勇)、山田涼介(沖田総司)、伊藤英明(芹沢鴨)、尾上右近(松平容保)、山田裕貴(徳川慶喜)、金田哲(藤堂平助)、松下洸平(斎藤一)、村本大輔(山崎烝)、たかお鷹(井上源三郎)、安井順平(山南敬助)、村上虹郎(岡田以蔵)、ジョナス・ブロケ(ジュール・ブリュネ)、柄本明(丸十店主)、坂東巳之助(孝明帝)、谷田歩(永倉新八)、阿部純子(糸里)、高島政宏(清河八郎)、市村正親(本田覚庵)ほか

「100日間生きたワニ」のネタバレあらすじ結末

100日間生きたワニの紹介:2021年日本映画。きくちゆうき原作の4コマ漫画『100日後に死ぬワニ』を、『カメラを止めるな!』の上田慎一郎監督のメガホンで映画化したアニメーション作品です。本作は原作で描かれた主人公ワニのエピソードに加え、新たに原作最終回の100日後のワニの仲間たちのエピソードを追加したストーリーとなっています。主演を『千と千尋の神隠し』『君の名は。』の神木隆之介が務め、脇を『ドラえもん』『仮面ライダーリバイス』の木村昴、『テン・ゴーカイジャー』の山田裕貴らが固めています。
監督:上田慎一郎、ふくだみゆき
声の出演者:神木隆之介(ワニ)、中村倫也(ネズミ)、木村昴(モグラ)、新木優子(センパイ)、ファーストサマーウイカ(イヌ)、清水くるみ(バイトちゃん)、Kaito(バンドマン)、池谷のぶえ(ワニの母)、杉田智和(ワニの父)、山田裕貴(カエル)ほか

「東京リベンジャーズ」のネタバレあらすじ結末

東京リベンジャーズの紹介:2020年日本映画。旬の若手俳優を集めた人気マンガの実写化映画『東京リベンジャーズ』。監督は『映像研には手を出すな!』など実写化作品に定評のある英勉。主役の花垣武道は映画にドラマ、そしてバンドDISH//のフロントマンとしても活躍中の北村匠海。ヒロイン橘日向に今田美桜、その弟直人に杉野遥亮、そのほか磯村勇斗、吉沢亮、山田裕貴、間宮祥太朗、清水尋也、眞栄田郷敦、鈴木伸之など、全員マンガから抜け出てきたかのようなビジュアルの再現度でキャラクターを演じている。
監督: 英勉 原作:「東京卍リベンジャーズ」和久井健(週刊少年マガジン) 出演:北村匠海(花垣武道[タケミチ])、山田裕貴(龍宮寺堅[ドラケン])、杉野遥亮(橘直人[ナオト])、今田美桜(橘日向[ヒナ])、鈴木伸之(清水将貴[キヨマサ])、眞栄田郷敦(三ツ谷隆[ミツヤ])、清水尋也(半間修二[ハンマ])、磯村勇斗(千堂敦[アッくん])、間宮祥太朗(稀咲鉄太[キサキ])、吉沢亮(佐野万次郎[マイキー])ほか

「ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~」のネタバレあらすじ結末

ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~の紹介:2020年日本映画。1998年の長野冬季オリンピック、スキージャンプ・ラージヒル団体で金メダルを獲得した日本代表。本作はその裏側で人知れず代表選手を支えた25人のテストジャンパーにスポットを当て、実話を基に映画化。田中圭が扮するスキージャンプ選手でテストジャンパーの西方仁也の視点から知られざるエピソードを描いていきます。
監督:飯塚健 出演者:田中圭(西方仁也)、土屋太鳳(西方幸枝)、山田裕貴(高橋竜二)、眞栄田郷敦(南川崇)、小坂菜緒(小林賀子)、落合モトキ(葛西紀明)、濱津隆之(原田雅彦)、古田新太(神崎幸一)、大友律(岡部孝信)、狩野健斗(船木和喜)、山田英彦(斉藤浩哉)、加藤斗真(西方慎護)、大河内浩(西方弘)ほか

「佐藤家の朝食、鈴木家の夕食」のネタバレあらすじ結末

佐藤家の朝食、鈴木家の夕食の紹介:2013年日本作品。二人の母を持つ男子高校生と、その向かいに引っ越してきた二人の父を持つ引きこもりの少女。歪な家庭環境に疑問を抱いた二人が反発しながらも、やがてそれぞれの居場所を見つけていくまでの過程を描いたヒューマンドラマです。
監督:月川翔 出演者:山﨑賢人(佐藤拓海)、ちはる(佐藤晴子)、つみきみほ(平田彩)、三浦誠己(佐藤圭一)、小林涼子(鈴木そら)、池田政典(鈴木裕之)、藤井宏之(鈴木省吾)、山田裕貴(橋本)ほか

「嘘八百 京町ロワイヤル」のネタバレあらすじ結末

嘘八百 京町ロワイヤルの紹介:2020年日本映画。幻のお宝をめぐり、中井貴一扮する古物商と佐々木蔵之介扮する陶芸家が騙し合いの大騒動を繰り広げるコメディのシリーズ第2作です。前作で幻の千利休の茶器を巡って一大勝負を繰り広げた古物商と陶芸家は、今度は京都を舞台に伝説の武将茶人・古田織部の幻の茶器にまつわる大騒動を巻き起こします。
監督:武正晴 出演者:中井貴一(小池則夫)、佐々木蔵之介(野田佐輔)、広末涼子(橘志野)、友近(野田康子)、森川葵(大原いまり)、山田裕貴(牧野慶太)、坂田利夫(よっちゃん)、前野朋哉(野田誠治)、木下ほうか(西田)、宇野祥平(材木屋)、塚地武雅(田中四郎)、桂雀々(後醍醐)、吹越満(青山一郎)、坂田聡(内村)、ブレイク・クロフォード(ピエール)、冨手麻妙(マリ)、山田雅人(番頭)、浜村淳(ギャラリーオーナー)、国広富之(橘正志)、竜雷太(億野万蔵)、加藤雅也(嵐山直矢)ほか

「特命戦隊ゴーバスターズVS海賊戦隊ゴーカイジャー」のネタバレあらすじ結末

特命戦隊ゴーバスターズVS海賊戦隊ゴーカイジャー THE MOVIEの紹介:2012年日本映画。『スーパー戦隊シリーズ』第36作『特命戦隊ゴーバスターズ』と第35作『海賊戦隊ゴーカイジャー』がコラボレーションした『スーパー戦隊VSシリーズ』の一作品です。宇宙で最も強大な力が手に入るといわれる“幻のレンジャーキー”を巡り、ゴーカイジャー・ゴーバスターズ・それぞれの敵組織が激しく激突します。なお、本作には第37作『獣電戦隊キョウリュウジャー』がテレビ放映開始に先駆けて先行登場しています。
監督:柴﨑貴行 出演者:鈴木勝大(桜田ヒロム/レッドバスター)、小澤亮太(キャプテン・マーベラス/ゴーカイレッド)、馬場良馬(岩崎リュウジ/ブルーバスター)、小宮有紗(宇佐見ヨーコ/イエローバスター)、松本寛也(陣マサト/ビートバスター)、山田裕貴(ジョー・ギブケン/ゴーカイブルー)、市道真央(ルカ・ミルフィ/ゴーカイイエロー)、清水一希(ドン・ドッゴイヤー(ハカセ)/ゴーカイグリーン)、小池唯(アイム・ド・ファミーユ/ゴーカイピンク)、池田純矢(伊狩鎧/ゴーカイシルバー)、藤原啓治(チダ・ニック)、玄田哲章(ゴリサキ・バナナ)、鈴木達央(ウサダ・レタス)、中村悠一(ビート・J・スタッグ/スタッグバスター/ワレドナイヤー)、榊英雄(黒木タケシ)、西平風香(仲村ミホ)、高橋直人(森下トオル)、陳内将(エンター/エンター・ユナイト)、水崎綾女(エスケイプ/エスケイプ・エボルブ)、細貝圭(バスコ・タ・ジョロキア)、田村ゆかり(ナビィ)、夏居瑠奈(志葉薫)、櫻井孝宏(ジェラシット)、津久井教生(ヤツデンワニ)、土師孝也(バッカス・ギル)、竜星涼(キョウリュウレッド)、斉藤秀翼(キョウリュウブラック)、金城大和(キョウリュウブルー)、塩野瑛久(キョウリュウグリーン)、今野鮎莉(キョウリュウピンク)ほか

「天装戦隊ゴセイジャーVSシンケンジャー エピックON銀幕」のネタバレあらすじ結末

天装戦隊ゴセイジャーVSシンケンジャー エピック ON 銀幕の紹介:2010年日本映画。『スーパー戦隊シリーズ』第34作『天装戦隊ゴセイジャー』と第33作『侍戦隊シンケンジャー』のクロスオーバー作品で、『スーパー戦隊祭』の一環として公開されました。千葉雄大と松坂桃李がダブル主演を務め、敵に洗脳されたシンケンレッド(松坂桃李)を救い出すために両戦隊が力を合わせる様を描き上げます。なお、本作にはスーパー戦隊第35作記念作『海賊戦隊ゴーカイジャー』もテレビ放映開始に先駆けて先行登場しており、『ゴーカイジャー』テレビ第40話と繋がる内容となっています。
監督:竹本昇 出演者:千葉雄大(アラタ/ゴセイレッドの声)、松坂桃李(志葉丈瑠/シンケンレッドの声)、さとう里香(エリ/ゴセイピンクの声)、浜尾京介(アグリ/ゴセイブラックの声)、にわみきほ(モネ/ゴセイイエローの声)、小野健斗(ハイド/ゴセイブルーの声)、小西克幸(ゴセイナイトの声)、相葉裕樹(池波流ノ介/シンケンブルーの声)、高梨臨(白石茉子/シンケンピンクの声)、鈴木勝吾(谷千明/シンケングリーンの声)、森田涼花(花織ことは/シンケンイエローの声)、相馬圭祐(梅盛源太/シンケンゴールドの声)、山田ルイ53世(天知秀一郎)、中村咲哉(天知望)、伊吹吾郎(日下部彦馬)、夏居瑠奈(志葉薫)、宮田幸季(データスの声/データスハイパーの声)、飛田展男(血祭のブレドランの声/彗星のブレドランの声/チュパカブラの武レドランの声)、遠近孝一(ダイゴヨウの声)、チョー(骨のシタリの声)、玄田哲章(マダコダマ)、小澤亮太(ゴーカイレッドの声)、山田裕貴(ゴーカイブルーの声)、市道真央(ゴーカイイエローの声)、清水一希(ゴーカイグリーンの声)、小池唯(ゴーカイピンクの声)ほか

「HiGH&LOW THE WORST」のネタバレあらすじ結末

HiGH&LOW THE WORSTの紹介:2019年日本映画。EXILEのリーダーHIROが総合プロデュースを手掛けるクロスオーバー・バトルアクションシリーズ『HiGH&LOW』の劇場版第6作は高橋ヒロシ原作の大ヒット不良漫画『WORST』とのまさかのコラボレーションとなりました。本作では高橋ヒロシ自ら自身初となる映画脚本を手がけ、『HiGH&LOW』の舞台である“S.W.O.R.D.地区”の一角である鬼邪高校と『WORST』の一角である鳳仙学園の大激突を豪華キャストで描きあげます。
監督:久保茂昭 出演者:川村壱馬(花岡楓士雄)、志尊淳(上田佐智雄)、山田裕貴(村山良樹)、前田公輝(轟洋介)、吉野北人(高城司)、佐藤流司(西川泰志)、神尾楓珠(中越大)、福山康平(ジャム男)、龍(芝マン)、鈴木昂秀(辻)、うえきやサトシ(横山清史)、中島健(中岡昌平)、塩野瑛久(小田島有剣)、葵揚(沢村正次)、小柳心(仁川英明)、荒井敦史(志田建三)、坂口涼太郎(サバカン)、白洲迅(桐原誠司)、中務裕太(尾々地真也)、小森隼(尾々地正也)、富田望生(石井マドカ)、矢野聖人(前川新太)、鈴木貴之(古屋英人)、一ノ瀬ワタル(関虎太郎)、清原翔(中林)、青木健(中茎)、陳内将(中園)、市川知宏(金平優斗)、落合モトキ(金平秀斗)、前田瑞貴(南)、高野光希(大橋)、箭内夢菜(上田唯)、佐藤大樹(チハル)、佐藤寛太(テッツ)、塚本高史(パルコ(春山孝一))、小沢仁志(関雅虎)ほか

「トモダチゲーム 劇場版FINAL」のネタバレあらすじ結末

トモダチゲーム 劇場版FINALの紹介:2017年日本映画。『トモダチゲーム』を勝ち抜いたCチームの友一と天智は、次のゲーム『友情かくれんぼ』を5人メンバーのKチームと争う事になります。2人vs5人で人数が足らない事から、運営はマリアという女子をCチームに送り込みます。そして森で隠れた相手チームのメンバーを見つけるゲームが始まりました…という内容の前作『トモダチゲーム』の続編です。前作とはつながりはあるものの、前作を見ていなくても理解できる内容になっています。
監督:永江二朗 出演者:吉沢亮(片切友一)、内田理央(沢良宜志法)、山田裕貴(美笠天智)、浦上晟周(紫宮京)、シルクロード(鬼瓦百太郎)、財木琢磨(柱谷千聖)、町山博彦(丹羽万里)、加藤明子(玉井レイコ)、大倉士門(四部誠)、根本凪(心木ゆとり)、上野優華(水瀬マリア)、天月-あまつき-(マナブくん)、久保田悠来(東條レン)、ほか

「闇金ドッグス」のネタバレあらすじ結末

闇金ドッグスの紹介:2015年日本映画。若くして組長に上り詰めた安藤でしたが、他組織のヤクザから借りた金が返せず、トラブルになりました。相手の組は関西の巨大組織の傘下に入っていて、命も狙われかねない事から、あっさりと組を解散して引退しました。堅気となった安藤に、早速闇金の小中が取り立てに来ました。小中の執拗なやり方に、自分も闇金を始める安藤でしたが…という内容のアウトロー作品です。
監督:土屋哲彦 出演者:山田裕貴(安藤忠臣)、古澤裕介(日向良夫)、 冨手麻妙(姫野えりな)、高岡奏輔(小中高志)、津田寛治(沢村清志)、ほか

「あの頃、君を追いかけた(2018年)」のネタバレあらすじ結末

あの頃、君を追いかけたの紹介:2018年日本映画。2011年に公開された台湾の同名映画を舞台を2000年代の日本に置き換え、『海賊戦隊ゴーカイジャー』『HiGH&LOW』などの山田裕貴とアイドルグループ「乃木坂46」の齋藤飛鳥のダブル主演でリメイクした青春ラブストーリーです。不真面目な生徒だった主人公は学校一の秀才であるヒロインと出会い、勉強を教えてもらううちにやがて恋に落ちていくのですが・・・。
監督:長谷川康夫 出演者:山田裕貴(水島浩介)、齋藤飛鳥(早瀬真愛)、松本穂香(小松原詩子)、佐久本宝(大野陽平)、國島直希(町田健人)、中田圭祐(秋山寿音)、遊佐亮介(杉山一樹)ほか

1 2 3

キーワードから探す

TOP↑