芳根京子映画一覧

芳根京子が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「幕が上がる」のネタバレあらすじ結末

幕が上がるの紹介:2015年日本映画。劇作家・平田オリザの同名小説をアイドルグループ『ももいろクローバーZ』の主演で映画化した青春ドラマです。静岡の地方高校を舞台に、演劇に情熱を傾ける少女たちとかつて“学生演劇の女王”との異名を誇っていた新任教師の日々が描かれます。
監督:本広克行 出演者:百田夏菜子(高橋さおり)、玉井詩織(橋爪裕子(ユッコ))、佐々木彩夏(加藤明美(明美ちゃん))、高城れに(西条美紀(がるる))、有安杏果(中西悦子(中西さん))、黒木華(吉岡美佐子)、ムロツヨシ(溝口先生)、吉岡里帆(村上舞)、芳根京子(袴田葵)、伊藤沙莉(高田梨奈)、笑福亭鶴瓶(美紀の祖父)、清水ミチコ(さおりの母)、志賀廣太郎(滝田先生)、天龍源一郎(裕子の父)、松崎しげる(明美の父)ほか

「散り椿」のネタバレあらすじ結末

散り椿の紹介:2018年日本映画。葉室麟の同名時代小説を、日本を代表するキャメラマン・木村大作が自身3作目となるメガホンを執り、『雨あがる』『蜩ノ記』を監督した小泉堯史が脚本を手掛けて映画化した時代劇です。架空の藩・扇野藩を追われた剣の達人が妻の死を機に故郷に舞い戻り、自分が追われるきっかけとなった藩の不正の真実に迫っていきます。モントリオール世界映画祭で審査員特別グランプリを受賞しています。
監督:木村大作 出演者:岡田准一(瓜生新兵衛)、西島秀俊(榊原采女)、黒木華(坂下里美)、池松壮亮(坂下藤吾)、麻生久美子(瓜生篠)、緒形直人(篠原三右衛門)、新井浩文(宇野十蔵)、柳楽優弥(平山十五郎)、芳根京子(篠原美鈴)、駿河太郎(坂下源之進)、渡辺大(千賀谷政家)、石橋蓮司(田中屋惣兵衛)、富司純子(榊原滋野)、奥田瑛二(石田玄蕃)、豊川悦司(ナレーション)ほか

「累 かさね」のネタバレあらすじ結末

累 ―かさね―の紹介:2018年日本映画。松浦だるまの同盟コミックを「ストロベリーナイト」「脳内ポインズンベリー」の佐藤祐市監督が実写化。キスをする事で顔を入れ替える事が出来る不思議な口紅に人生を狂わされていく2人の女性を描く。天性の演技力を持ちながら醜い容姿の累を芳根京子、圧倒的な美貌を持つニナを土屋太鳳が演じる。
監督:佐藤祐市 出演:土屋太鳳(丹沢ニナ)、芳根京子(淵累)、浅野忠信(羽生田釿互)、横山裕(鳥合零太)、筒井真理子(淵峰世)、檀れい(淵透世)、ほか

「ボス・ベイビー」のネタバレあらすじ結末

ボス・ベイビーの紹介:2017年アメリカ映画。アメリカは愛犬社会で、犬は赤ちゃんのように愛されています。ティムは7歳の少年、パパとママと幸せに暮らし、いろいろなキャラクターに変身できます。ある日、弟として生まれた見かけは赤ちゃんでも年上のボスのように振る舞うボス・ベイビーが誕生、そこにはペット会社とベイビー会社の熾烈なライバル戦争がありました。激しい企業競争のためティムのパパとママは危険にさらされます。二人を救おうとするティムはどうなるのでしょうか?『ボス・ベイビー』は赤ちゃんと少年を主人公にしたかなり笑える映画です。
監督:トム・マクグラス 声優:ボス・ベイビー(ムロツヨシ)、ティム(芳根京子)、パパ(石田明)、ママ(乙葉)、フランシス(山寺宏一)、他

「心が叫びたがってるんだ。(実写版)」のネタバレあらすじ結末

心が叫びたがってるんだ。の紹介:2017年日本映画。2015年公開の長編アニメ映画「心が叫びたがってるんだ。」を実写映画化。幼い頃のトラウマにより言葉を失った少女が、ミュージカルを通して心を開いていく姿を描く。NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」の芳根京子、Sexy Zoneの中島健人、佐藤浩市の息子の寛一郎が出演。
監督:熊澤尚人 出演:中島健人(坂上拓実)、芳根京子(成瀬順)、石井杏奈(仁藤菜月)、寛一郎(田崎大樹)、西山潤(三嶋樹)、福山康平(山路一春)、石井杏奈(仁藤菜月)ほか

「先輩と彼女」のネタバレあらすじ結末

先輩と彼女の紹介:2015年日本映画。「先輩と彼女」は別冊マーガレットで連載されていた南波あつこ原作漫画を実写化映画した青春ラブストーリー。高校1年生のヒロイン・都築りかが年上女性に思いを寄せる3年生の先輩・美野原圭吾に恋をしたことで、苦い思いや、初めて経験する嫉妬に揺れ動く様子を描く。
監督:池田千鶴 出演者:志尊淳(美野原圭吾)、芳根京子(都築りか)、小島梨里杏(沖田葵)、戸塚純貴(矢田哲雄)、水谷果穂(桃谷木綿子)、ほか

「64 (ロクヨン) 後編」のネタバレあらすじ結末

64 (ロクヨン)後編の紹介:2016年日本映画。64の時効まであと1年となった時に、あらたに64を模倣するような誘拐事件が発生する。マスコミと県警、家庭で葛藤する三上が真相に近づく。
監督: 瀬々敬久 出演: 佐藤浩市(三上義信)、夏川結衣(三上美那子)、芳根京子(三上あゆみ)、綾野剛(諏訪)、金井勇太(蔵前)、榮倉奈々(美雲)、三浦友和(松岡勝俊)、筒井道隆(柿沼)、吉岡秀隆(幸田一樹)、窪田正孝(日吉浩一郎)、滝藤賢一(赤間)、仲村トオル(二渡真治)、永瀬正敏(雨宮芳男)、小橋めぐみ(雨宮敏子)、平田風果(雨宮翔子)、瑛太(秋川)、柄本佑 (落合)、緒形直人(目崎正人)

「64 (ロクヨン)前編」のネタバレあらすじ結末

64 (ロクヨン)前編の紹介:2016年日本映画。日本映画最高峰のオールスターキャストが集結し、横山秀夫の究極ミステリー作が映画化。昭和64年に起きた少女誘拐殺人事件。身代金を奪われ、少女は殺され犯人がわからぬまま時は過ぎ去り、現在平成14年。ついに時効まで1年となった。当時刑事だった三上は、現在は広報官として64に再び関わることになる。
監督: 瀬々敬久 出演: 佐藤浩市(三上義信)、夏川結衣(三上美那子)、芳根京子(三上あゆみ)、綾野剛(諏訪)、金井勇太(蔵前)、榮倉奈々(美雲)、三浦友和(松岡勝俊)、筒井道隆(柿沼)、吉岡秀隆(幸田一樹)、窪田正孝(日吉浩一郎)、滝藤賢一(赤間)、仲村トオル(二渡真治)、永瀬正敏(雨宮芳男)、小橋めぐみ(雨宮敏子)、平田風果(雨宮翔子)、瑛太(秋川)

「64 (ロクヨン)後編」のネタバレあらすじ結末

64 (ロクヨン)後編の紹介:2016年日本映画。わずか七日間で幕を閉じた昭和64年。そこで起きた少女誘拐殺人事件、通称「ロクヨン」。事件は未解決のまま14年が過ぎ、時効まであと1年。当時、刑事として捜査に加わっていた三上は、現在、県警広報官として別の職務に就いていた。しかし「ロクヨン」事件の遺族である雨宮の元を訪れたことをきっかけに、独自に「ロクヨン」事件の調査を始める。「ロクヨン」事件の裏に警察の組織ぐるみの隠蔽が隠されていることを突き止めた三上。さらに匿名報道を巡り、県警記者クラブのリーダー・秋川らと広報室は対立。三上は窮地に立たされていた。事態の収拾に奔走する三上。そんな矢先、「ロクヨン」を模倣した誘拐事件が発生。14年前「ロクヨン」に関わった者たちが封印できなかったある秘密。二つの事件の衝撃の真相とは?「ロクヨン」事件に隠された最大の謎が今明らかに。日本映画界最高峰の超豪華オールスターキャストが集結!横山秀夫の究極のミステリーが感動の人間ドラマとして、ついに完結。

TOP↑