チャン・イーモウ監督映画一覧

チャン・イーモウ(張芸謀)監督映画のネタバレあらすじ一覧です。チャン・イーモウ監督のおすすめ映画、人気映画や最新作まで、チャン・イーモウ監督作品の一覧です。

「SHADOW/影武者」のネタバレあらすじ結末

SHADOW/影武者の紹介:2018年中国映画。中国映画界の巨匠チャン・イーモウ監督が『三国志』のエピソードのひとつ「荊州争奪戦」を大胆にアレンジして映画化した歴史アクション超大作です。古代中国の小国を舞台に、ある事情から国王の重臣の影武者となった男が自由を勝ち取るため大軍に挑む姿を描きます。
監督:チャン・イーモウ 出演者:ダン・チャオ(都督/影武者(二役))、スン・リー(小艾)、チェン・カイ(沛国の王)、ワン・チエンユエン(田戦)、クアン・シャオトン(青萍)、フー・ジュン(楊蒼)、レオ・ウー(楊平)ほか

「妻への家路」のネタバレあらすじ結末

妻への家路の紹介:2014年中国映画。文化大革命によって多くの人々が弾圧されていた。ルー・イエンシーは護送途中で脱出して、追求をかわし妻・フォン・ワンイーに合おうと待ち合わせのメモを渡す。しかし、駅でフォン・ワンイーの目の前で囚われてしまう。
文化大革命が終結して、ルー・イエンシーは20年ぶりに帰宅するが、フォン・ワンイーは彼が夫だと認識できなくなっていた。彼をファンと思い込む。ルー・イエンシは手紙を呼んだり、ピアノの調律師になって近づくが、妻に判ってもらえない。妻は毎日夫を迎えに駅に行く、その状体が幾年も続く・社会派映画。
監督:チャン・イーモウ 出演者:ルー・イエンシー(チェン・ダオミン)、フォン・ワンイー(コン・リー)、タンタン(チャン・ホエウェン)、コン・スーチン(チェン・シャオイー)、リ主任(イエン・ニー)他

「グレートウォール」のネタバレあらすじ結末

グレートウォールの紹介:2016年中国,アメリカ映画。広大な土地を旅するウィリアムとトバール。長い旅の中で多くの仲間達を失ってきた。そんな夜、二人は突如として謎の襲撃を受ける。相手は暗くてよく分からなかったが、それが姿を消した後残ったのは緑色の巨大な片腕だった。その腕を持ち先へ進んだ所で二人は巨大な壁に遭遇する。そして見知らぬ軍隊に捕まってしまった。万里の長城を舞台にその建設の謎に迫るアクションファンタジー。
監督:チャン・イーモウ 出演:マット・デイモン(ウィリアム・ガリン)、ジン・ティエン(リン・メイ)、ペドロ・パスカル(ペロ・トバール)、ウィレム・デフォー(バラード)、アンディ・ラウ(ワン軍師)、ほか

「それぞれのシネマ」のネタバレあらすじ結末

それぞれのシネマ ~カンヌ国際映画祭60回記念製作映画~の紹介:2007年フランス映画。カンヌ映画祭のために特別に作成された映画で、36人の監督が参加、一人ずつ3分間の映画を作成しており、今作は参加監督の一人であるチャンイーモウ監督の作品になります。
監督:チャン・イーモウ 出演者ワン・リャン、リー・マン、ルー・イーライ

「女と銃と荒野の麺屋」のネタバレあらすじ結末

女と銃と荒野の麺屋の紹介:2009年中国映画。コーエン兄弟監督による映画、ブラッドシンプルを中国の巨匠、チャンイーモウ監督がリメイクした作品で、強い色彩とブラックユーモアがちりばめられているのが特徴です。
監督:チャン・イーモウ 出演:スン・ホンレイ(チャン(警察官))、ニー・ターホン(ワン(麺屋の主人))、ヤン・ニー(ワンの妻)、シャオ・シェンヤン(リー)、チェン・イェ(ジャオ)ほか

「キープ・クール」のネタバレあらすじ結末

キープ・クールの紹介:1997年中国映画。チャンイーモウ監督が2人の男の騒動をコミカルに描いた作品で、監督作品では珍しいカメラワークを使用して撮影が行われました。
監督:チャン・イーモウ 出演:チアン・ウェン(シャオ)、リー・パオティエン(チャン)、チュイ・イン(アンホン)ほか

「至福のとき」のネタバレあらすじ結末

至福のときの紹介:2002年中国映画。モー・イエンが原作者の小説、幸福時光をもとにチャン・イーモウ監督が映画化した作品で、ある盲目の女の子と男の温まる交流が描かれます。
監督:チャン・イーモウ 出演:チャオ・ベンシャン(チャオ)、ドン・ジェ(ウー・イン)ほか

「サンザシの樹の下で」のネタバレあらすじ結末

サンザシの樹の下での紹介:2010年中国映画。中国の小説家、エイミーが執筆した小説をもとにチャンイーモウ監督が作り上げた恋愛映画となり、監督にとっては活きるに次いで文化大革命を舞台とした作品になりました。
監督:チャン・イーモウ 出演:チョウ・ドンユイ(ジンチュウ)、ショーン・ドウ(スン)、シー・メイチュアン(ジンチュウの母)、リー・シュエチェン(村長)ほか

「金陵十三釵」のネタバレあらすじ結末

金陵十三钗の紹介:2011年中国映画。歴史的に名高い悪名事件である南京事件を題材とした映画で、チャンイーモウ監督がハリウッドで活躍するクリスチャンベールを起用して制作し、中国では大ヒットを記録するも日本では上映禁止となりました。
監督:チャン・イーモウ 出演:クリスチャン・ベール(ジョン・ミラー)、渡部篤郎(長谷川 (日本兵))、小林成男(加藤中尉(日本兵))、山中崇(朝倉中尉(日本兵))ほか

「単騎、千里を走る。」のネタバレあらすじ結末

単騎、千里を走る。の紹介:2005年中国,日本映画。中国映画界の巨匠、チャンイーモウ監督が日本の名俳優である高倉健に熱烈コールを送り制作が実現した映画で、息子と確執のある父が中国に行くことになり、人々と交流することで次第に変わっていく姿が描かれます。
監督:チャン・イーモウ、降旗康男 出演:高倉健(高田剛一)、中井貴一(高田健一)、寺島しのぶ(高田理恵)、リー・ジャーミン(リー・ジャーミン)、チュー・リン(チュー・リン)ほか

「LOVERS」のネタバレあらすじ結末

LOVERSの紹介:2004年中国映画。「3つの[愛]が仕掛けてくる」というキャッチで、2人の男と1人の女が繰り広げる壮烈な秘略の応酬と悲劇的運命に翻弄される愛の行方を、華麗な映像美で描いたアクション・ラブストーリーです。監督は『HERO 英雄』(2002年)などのチャン・イーモウ。
監督:チャン・イーモウ 出演:金城武(ジン)、チャン・ツィイー(シャオメイ)、アンディ・ラウ(リウ)、ソン・タンタン(牡丹坊の女将)ほか

「活きる」のネタバレあらすじ結末

活きるの紹介:1994年中国映画。中国の小説家、余華の書いた活着(邦題:活きる)を原作にチャンイーモウ監督が造り上げたある家族の苦難な人生の物語が綴られます。
監督:チャン・イーモウ 出演:グォ・ヨウ(フークイ)、コン・リー(チアチェン)、ニウ・ベン(町長)、グォ・タォ(チュンション)ほか

「上海ルージュ」のネタバレあらすじ結末

上海ルージュの紹介:1995年中国,フランス映画。魔都上海を舞台にある豪邸へ来ることとなった1人の男性の目を通して語られる残酷な社会を中国の巨匠、チャンイーモウが色彩豊かに描いた作品です。
監督:チャン・イーモウ 出演:コン・リー、リー・パオティエン、リー・シュエチェン、スン・チュンほか

「菊豆(チュイトウ)」のネタバレあらすじ結末

菊豆(チュイトウ)の紹介:1990年中国,日本映画。リウホンが原作者を務める小説、菊豆を元にチャンイーモウ監督が繊細な色彩を取り入れて映画化した作品で、カンヌ国際映画祭においても受賞をしました。
監督チャン・イーモウ、ヤン・フォンリャン 出演:コン・リー、リー・パオティエン、リー・ウェイ、張毅ほか

「紅夢」のネタバレあらすじ結末

紅夢の紹介:1991年香港,中国映画。1990年に書かれたスートンの小説を元に、チャンイーモウが映画化した作品で、清朝時代に建てられた屋敷で実際の撮影が行われました。
監督:チャン・イーモウ 出演:コン・リー、フー・チャイフェン、マー・チンウー、ツァオ・ツイフェン、コン・リンほか

1 2
TOP↑