映画

「ヒステリア」のネタバレあらすじ結末

ヒステリアの紹介:2011年イギリス,フランス,ドイツ,ルクセンブルク映画。19世紀のロンドンを舞台に、今や「大人のおもちゃ」として知られる電動バイブレーターの誕生秘話をベースに、ひとりの青年医師の発明にかける思いや姉妹との恋愛などを描いたロマンティックコメディです。
監督:ターニャ・ウェクスラー 出演:マギー・ギレンホール(シャーロット・ダリンプル)、ヒュー・ダンシー(モーティマー・グランヴィル)、ジョナサン・プライス(ロバート・ダリンプル)、フェリシティ・ジョーンズ(エミリー・ダリンプル)、ルパート・エヴェレット(エドモント・セント・ジョンスミス)ほか

「シンドバッド虎の目大冒険」のネタバレあらすじ結末

シンドバッド虎の目大冒険の紹介:1977年イギリス,アメリカ映画。伝説の船乗りシンドバッドの活躍を描いた冒険活劇シリーズ三部作の完結編です。シンドバッドは呪いをかけられてしまった旧友の王子を助けるため、お家騒動を引き起こした邪悪な魔女に闘いを挑んでいきます。
監督:サム・ワナメイカー 出演者:パトリック・ウェイン(シンドバッド)、タリン・パワー(ディオーネ)、ダミアン・トーマス(カシム王子)、カート・クリスチャン(ラフィ)、マーガレット・ホワイティング(ゼノビア)ほか

「シンドバッド黄金の航海」のネタバレあらすじ結末

シンドバッド黄金の航海の紹介:1973年イギリス映画。伝説の船乗りシンドバッドの活躍を描いた三部作の第2作です。3つ集めると不思議な力が得られる黄金の刻印を巡って、シンドバッドと悪の魔術師が争奪戦を繰り広げます。
監督:ゴードン・ハッセル 出演者:ジョン・フィリップ・ロー(シンドバッド)、キャロライン・マンロー(マルギアナ)、トム・ベイカー(魔術師クーラ)、ダグラス・ウィルマー(宰相ビジエル)、ロバート・ショウ(精霊の声)ほか

「シンバッド七回目の航海」のネタバレあらすじ結末

シンバッド七回目の航海の紹介:1958年アメリカ映画。伝説の船乗りシンドバッドを主人公とする三部作の第1作です。バクダッドの王子シンドバッドが、黒魔術によって小人に変えられた婚約者を救うべく、謎の島で邪悪な黒魔術師と闘いを繰り広げる冒険活劇です。
監督:ネイザン・ジュラン 出演者:カーウィン・マシューズ(シンドバッド)、キャスリン・グラント(パリサ姫)、トリン・サッチャー(黒魔術師ソクラ)、アレック・マンゴー(カリフ)、リチャード・アイアー(ランプの精バラニ)ほか

「ハクソー・リッジ」のネタバレあらすじ結末

ハクソー・リッジの紹介:2016年オーストラリア,アメリカ映画。第二次大戦中、沖縄の前田高地(ハクソーリッジ)で銃を持たずに衛生兵として働き、多くの兵士を救った実在の二等兵の半生を描く。メル・ギブソンが「アポカリプト」以来10年ぶりにメガホンを取り、アカデミー賞では6部門でノミネート。編集賞と録音賞の2つのオスカーを獲得した。
監督:メル・ギブソン 出演:アンドリュー・ガーフィールド(デズモンド・ドス)、サム・ワーシントン(グローヴァー大尉)、テリーサ・パーマー(ドロシー・シュッテ)、ヴィンス・ヴォーン(ハウエル軍曹)、ヒューゴ・ウィーヴィング(トム・ドス)、ほか

「こどもつかい」のネタバレあらすじ結末

こどもつかいの紹介:2016年日本映画。こどもつかいの紹介:行方不明になり帰ってきた子供と接触すると3日後に死ぬという噂が広がる。呪いをかけられてしまった尚美と恋人の駿也は呪いを解くために奮闘する。「呪怨」を手がけた清水崇監督の2017年公開のホラー作品。こどもつかいを演じる滝沢秀明の17年ぶりの映画出演も話題。
監督:清水崇 出演:滝沢秀明(こどもつかい)、有岡大貴(新聞記者・江崎駿也)、門脇麦(保育士・原田尚美)、尾上寛之(近藤創)、中野遥斗(笠原蓮)、西田尚美(小松洋子)、ほか

「軍用列車」のネタバレあらすじ結末

軍用列車の紹介:1975年アメリカ映画。アリステア・マクリーンの小説をマクリーン自ら脚本を手掛けて映画化したアクション・サスペンスです。西部開拓時代のアメリカを舞台に、伝染病流行の救援に向かった軍用列車を巡る陰謀に立ち向かう秘密捜査官らの姿を描いています。
監督:トム・グライス 出演者:チャールズ・ブロンソン(ジョン・ディーキン)、ベン・ジョンソン(ネイサン・ピアース)、ジル・アイアランド(マリカ)、エド・ローター(クレアモント少佐)、リチャード・クレンナ(フェアチャイルド知事)ほか

「ワンピース エピソードオブチョッパー」のネタバレあらすじ結末

ONE PIECE ワンピース THE MOVIE エピソード オブ チョッパー プラス 冬に咲く、奇跡の桜の紹介:2008年日本映画。伝説的ヒットを記録しているコミック「ONE PIECE」。シリーズの中でも人気の高い、トニー・トニー・チョッパーが麦わら海賊団の一味になるまでを描いた「冬島編」を劇場化。涙なしでは見られない感動作。
監督:志水淳児 声優:田中真弓(モンキー.D.ルフィ)、中井和哉(ロロノア・ゾロ)、山口勝平(ウソップ)、大谷育江(トニー・トニー・チョッパー)、岡村明美(ナミ)、平田広明(サンジ)、ほか

「パーソナル・ショッパー」のネタバレあらすじ結末

パーソナル・ショッパーの紹介:2016年フランス映画。女優キーラのパーソナル・ショッパーとしてパリで働くモウリーンは三か月間、あるサインが送られるのを待っていた。前作『アクトレス〜女たちの舞台〜』に続いてクリステン・スチュワートを起用したオリヴィエ・アサイヤス監督が第69回カンヌ国際映画祭で監督賞に輝いた作品。
監督:オリビエ・アサイヤス 出演者:クリステン・スチュワート(モウリーン)、ラース・アイディンガー(インゴ)、自グリッド・ブアジズ(ララ)、ノラ・フォン・ヴァルトシュテッテン(キーラ)、アンデルシュ・ダニエルセン・リー(アーウィン)

「陰日向に咲く」のネタバレあらすじ結末

陰日向に咲く(かげひなたにさく)の紹介:2008年日本映画。パチンコ依存症で借金取りに追われるシンヤはストリップ劇場に入れられそうになっている寿子という女性を助けます。彼女は母の足跡を追っていました。一方アイドルオタクのゆうすけはみゃーこというアイドルを追いかけていますが、彼女のテレビでの扱いは良いものではありませんでした。また社会に疲れたサラリーマン・リュウタロウは自由なホームレス・モーゼに憧れます。この6人のそれぞれの話が交錯するオムニバス形式の映画で、原作は劇団ひとり。
監督:平川雄一朗 出演:岡田准一(シンヤ)、宮崎あおい(鳴子・寿子)、伊藤淳史(雷太)、平山あや(みゃーこ)、緒川たまき(ジュピター)、西田敏行(モーゼ)、塚本高史(ゆうすけ)、三浦友和(リュウタロウ)、ほか

「愛のコリーダ」のネタバレあらすじ結末

愛のコリーダの紹介:1976年日本,フランス映画。昭和史に残る「阿部定事件」を題材にしたハードコア・ポルノ作品。昭和初期、料亭「吉田屋」の女中として働いていた定は、店主吉蔵に惹かれ男女の仲となる。所かまわず淫蕩に耽る2人の行動はエスカレートし、ついに衝撃的な結末を迎えることになる。過激な性描写のために日本では大幅な修正が加えられ公開されたが、2000年にノーカット版がリバイバルされている。
監督:大島渚 出演者:藤竜也(吉蔵)、松田暎子(定)、中島葵(トク)、松井康子(「田川」のおかみ)、九重京司(大宮先生)ほか

「海底二万哩」のネタバレあらすじ結末

海底二万哩(かいていにまんマイル)の紹介:1954年アメリカ映画。ジュール・ヴェルヌのSF小説『海底二万里』をウォルト・ディズニーが映画化した冒険ファンタジー。19世紀末、南太平洋では船舶の沈没事故が続いていた。調査に赴いたアロナクス教授は潜水艦ノーチラス号の艦長ネモと出会う。アロナクスはネモに革命の希望を見出すが、ネモ自身は地上を深く嫌悪していた。
監督:リチャード・フライシャー 出演者:カーク・ダグラス(ネッド・ランド)、ジェームズ・メイソン(ネモ艦長)、ポール・ルーカス(アロナクス教授)、ピーター・ローレ(コンセイユ)、テッド・デ・コルシア(ファラガット艦長)ほか

「天国は、ほんとうにある」のネタバレあらすじ結末

天国は、ほんとうにあるの紹介:2014年アメリカ映画。病気になり死ぬかもしれない4歳の男の子が天国に行ったと言い出したのです。彼の家族はすれ違いながらも、彼の天国の話に耳を傾け向き合いはじめます。実話を元にした映画です。
監督:ランドール・ウォレス 出演:グレッグ・キニア(トッド・バーポ)、ケリー・ライリー(ソンジャ・バーポ)、コナー・コラム(コルトン)、マーゴ・マーティンデイル(ナンシー)、トーマス・ヘイデン・チャーチ(ジェイ)、ほか

「トランス/愛の晩餐」のネタバレあらすじ結末

トランス/愛の晩餐の紹介:1982年西ドイツ映画。ロックスター『R』の熱烈なファンの少女がで日々憧れる『R』に会い、そのまま優しく関係を持ち、その後冷たくされたことから『R』を殺し食べてしまうという衝撃的な内容の猟奇ホラー映画です。
監督:エックハルト・シュミット 出演者:デジレー・ノスブッシュ(シモーヌ)ボド・スタイガー(R)、シモーネ・ブラーマン、ヨナス・フィッシャー(ベター)ほか

「オール・アバウト・マイ・マザー」のネタバレあらすじ結末

オール・アバウト・マイ・マザーの紹介:1998年スペイン映画。息子を事故で失った母親が、息子の死を別れた夫に伝えるため旅立った先で様々な人に出会い、やがて希望を取り戻していく様子を描いた作品です。アカデミー賞やゴールデングローブ賞などで数々の賞を受賞しています。
監督:ペドロ・アルモドバル 出演者:セシリア・ロス(マヌエラ)、マリサ・パレデス(ウマ・ロッホ)、ペネロペ・クルス(シスター・ロサ)、アントニア・サン・フアン(アグラード)、カンデラ・ペニャ(ニナ)ほか

1 2 3 4 5 6 7 8 258
TOP↑