映画

「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」のネタバレあらすじ結末

機動戦士ガンダム 逆襲のシャアの紹介:1988年日本映画。1979年放映のテレビ第1作「機動戦士ガンダム」の世界から約14年後が舞台となる今作は、アムロとシャアという永遠のライバルの争いが遂に終止符を迎えます。旧態依然としたままの地球連邦に失望し、ネオ・ジオンを再建したシャアは小惑星を地球に落とし地球人類の粛清を決意、それを阻止すべくアムロは新型モビルスーツ「ν(ニュー)ガンダム」を駆り最後の戦いを挑みます。
監督:富野由悠季 声の出演者:古谷徹(アムロ・レイ)、池田秀一(シャア・アズナブル)、鈴置洋孝(ブライト・ノア)、川村万梨阿(クェス・パラヤ)、佐々木望(ハサウェイ・ノア)ほか

「機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙編」のネタバレあらすじ結末

機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙編の紹介:1982年日本映画。1979年放映のテレビシリーズ「機動戦士ガンダム」の劇場版三部作の最終章となる今作は、「一年戦争」の戦火が地球圏全域に広がるなか、宇宙に上がったアムロとシャア、二人の永遠のライバルは再び相まみえます。そして、最終決戦の時は刻一刻と迫っていたのです。
監督:富野由悠季 声の出演者:古谷徹(アムロ・レイ)、池田秀一(シャア・アズナブル)、鈴置洋孝(ブライト・ノア)、井上瑤(セイラ・マス)、潘恵子(ララァ・スン)ほか

「機動戦士ガンダム II 哀・戦士編」のネタバレあらすじ結末

機動戦士ガンダム II 哀・戦士編の紹介:1981年日本映画。1979年放映のテレビシリーズ「機動戦士ガンダム」の劇場版三部作の第2弾です。地球圏を揺るがす大戦「一年戦争」は益々混迷の一途を辿っていきます。図らずも人型兵器(モビルスーツ)の「ガンダム」のパイロットとなったアムロは、敵味方問わず様々な出会いと別れを経験し、成長していきます。そして再び宇宙に上がる時は近づいていました。
監督:富野由悠季 声の出演者:古谷徹(アムロ・レイ)、池田秀一(シャア・アズナブル)、鈴置洋孝(ブライト・ノア)、井上瑤(セイラ・マス)、古川登志夫(カイ・シデン)ほか

「機動戦士ガンダム」のネタバレあらすじ結末

機動戦士ガンダムの紹介:1981年日本映画。1979年にテレビ放映されたロボットアニメの金字塔を劇場向けに再編集したもので、三部作の第1弾です。人類が宇宙に進出した時代、ごく普通の少年アムロが人型兵器(モビルスーツ)の「ガンダム」と出会い、宿命のライバルとなるシャアとの対峙を経て、地球圏を揺るがす大戦に巻き込まれていきます。
監督:富野由悠季 声の出演者:古谷徹(アムロ・レイ)、池田秀一(シャア・アズナブル)、鈴置洋孝(ブライト・ノア)、井上瑤(セイラ・マス)、古川登志夫(カイ・シデン)ほか

「リトル・ミス・サンシャイン」のネタバレあらすじ結末

リトル・ミス・サンシャインの紹介:2006年アメリカ映画。それぞれが複雑な事情を抱えた崩壊寸前の家族の再構築と愛を描いた、家族の大切さに気付く事の出来る名作。人生につまずいた時、ほっとしたい気持ちの時にオススメの一作。
監督ジョナサン・デイトン、ヴァレリー・ファリス 出演:グレッグ・キニア(リチャード・フーヴァー)、トニ・コレット(シェリル・フーヴァー)、スティーヴ・カレル(フランク)、アラン・アーキン(グランパ)、ポール・ダノ(ドウェーン・フーヴァー)、ほか

「デモリションマン」のネタバレあらすじ結末

デモリションマンの紹介:1993年アメリカ映画。凶悪犯を追い詰めるも人質を死なせてしまったことで冷凍刑に処された「デモリションマン(壊し屋)」の異名を持つ荒くれ刑事が近未来に復活し、同じく復活を遂げていた凶悪犯と対決するSFアクションです。
監督:マルコ・ブランビラ 出演者:シルヴェスター・スタローン(ジョン・スパルタン)、ウェズリー・スナイプス(サイモン・フェニックス)、サンドラ・ブロック(レニーナ・ハックスリー)、ナイジェル・ホーソーン(レイモンド・コクトー)、デニス・リアリー(エドガー・フレンドリー)ほか

「ゴーストバスターズ2」のネタバレあらすじ結末

ゴーストバスターズ2の紹介:1989年アメリカ映画。大人気コメディSF作品ゴーストバスターズの第二弾。第一弾でヒーローになったものとばかり思っていたゴーストバスターズがまさかの解散を強いられていたという衝撃の事実から物語が始まる。
監督:アイヴァン・ライトマン 出演:ビル・マーレイ(ピーター・ヴェンクマン博士)、ダン・エイクロイド(レイモンド・スタンツ博士)、ハロルド・ライミス(エゴン・スペングラー博士)、シガーニー・ウィーヴァー(ダナ・バレット)、アーニー・ハドソン(ウィンストン・ゼドモア)、ほか

「風に濡れた女」のネタバレあらすじ結末

風に濡れた女の紹介:2016年日本映画。日活ロマンポルノ45周年を記念し、5人の映画監督がロマンポルノに取り組んだプロジェクトの1作。隠遁生活をおくる元劇作家の男とエキセントリックな若い女の体を張ったバトルが、男の友人たち、元の演劇仲間をも巻き込んでいく。
監督:塩田明彦 出演者:間宮夕貴(汐里)、永岡佑(柏木高介)、テイ龍進(喫茶店の店主)、鈴木美智子(響子)、中谷仁美(響子の助手)

「恋多き女」のネタバレあらすじ結末

恋多き女の紹介:1956年フランス映画。「ゲームの規則」、「大いなる幻影」のジャン・ルノワールの演出でイングリッド・バーグマンがつややかに輝くカラー映画。19世紀末から20世紀初頭のフランスを舞台とした恋と政治的陰謀とドタバタのラブコメディ。
監督:ジャン・ルノワール 出演者:インドリッド・バーグマン(エレナ・ソロコフスカ)、ジャン・マレー(フランソワ・ロラン将軍)、メル・ファーラー(アンリ・ド・シュヴァンクール)、ジュリエット・グレコ(ミアルカ)

「フェリスはある朝突然に」のネタバレあらすじ結末

フェリスはある朝突然にの紹介:1986年アメリカ映画。学校をさぼって高校生としての完璧な一日を過ごす、ズル休みの達人フェリスを描く青春映画。
監督:ジョン・ヒューズ 出演:マシュー・ブロデリック、アラン・ラック、ミア・サラ、ジェニファー・グレイ、チャーリー・シーン、マックス・パーリック、ほか

「シグナル」のネタバレあらすじ結末

シグナルの紹介:2014年アメリカ映画。正体不明のハッカーの行方を追う3人の大学生が謎の研究施設に拉致され、やがて未知なる力に目覚めていく過程を描いたSFスリラー作品です。
監督:ウィリアム・ユーバンク 出演者:ブレントン・スウェイツ(ニック)オリビア・クック(ヘイリー)、ボー・ナップ(ジョナ)、リン・シェイ(ミラベル)、ローレンス・フィッシュバーン(デイモン)、ほか

「神様メール」のネタバレあらすじ結末

神様メールの紹介:2015年ベルギー,フランス,ルクセンブルク映画。カンヌ国際映画祭、ゴールデン・グローブ賞などで賞賛を浴びたコメディ。パソコンで世界を牛耳る神様と、その娘が起こす騒動を描く。
監督:ジャコ・ヴァン・ドルマル 出演者:ピリ・グロワーヌ(エア)、カトリーヌ・ドヌーヴ(マルティーヌ)、ブノワ・ポールヴールド(神様)、ヨランド・モロー(女神)、フランソワ・ダミアン(フランソワ)ほか

「フルートベール駅で」のネタバレあらすじ結末

フルートベール駅での紹介:2013年アメリカ映画。2009年元旦にアメリカのフルートベール駅で実際に起きた白人警官による黒人の青年の無差別射殺事件をもとに制作された作品です。
監督:ライアン・クーグラー 出演:マイケル・B・ジョーダン(オスカー・グラント)、メロニー・ディアス(ソフィーナ)、オクタヴィア・スペンサー(ワンダ)、ケヴィン・デュランド(カルーソ警官)、チャド・マイケル・マーレイ(イングラム警官)、ほか

「エクスクロス 魔境伝説」のネタバレあらすじ結末

エクスクロス 魔境伝説の紹介:2007年日本映画。親友の愛子と共に訪れた阿鹿里村の温泉宿。旅館も異様なら、旅館の人も異様でした。一人で部屋にいたしおりは携帯の鳴る音がして、その携帯に出てみると男の人の声で、『早く逃げないと足を切られる』と言われ逃げだすことにしましたが・・・という話です。若手豪華キャストが勢揃いしたアメリカ的なジャパニーズホラーです。
監督:深作健太 出演者:松下奈緒(水野しより)、鈴木亜美(火請愛子)、中川翔子(橘弥生)、小沢真珠(西園寺レイカ)、池内博之(朝宮圭一)ほか

「オーディション」のネタバレあらすじ結末

オーディションの紹介:2000年日本映画。再婚を決意した男のために、応募者の中から再婚相手を見つけろと男の友人が映画のオーディションを開いたことから端を発する恐怖を描いた作品。村上龍の同名小説を三池崇史が映画化。
監督:三池崇史 出演者:石橋凌(青山重治)、椎名英姫(山崎麻美)、沢木哲(青山重彦)、石橋蓮司(車椅子の老人)、國村隼(吉川泰久)ほか

1 2 3 4 5 6 7 8 9 239
TOP↑