映画

「スーパーマンII/冒険篇」のネタバレあらすじ結末

スーパーマンII/冒険篇の紹介:1981年アメリカ映画。大ヒットした「スーパーマン」の2作目。前作のリチャード・ドナーから監督がリチャード・レスターへと変わり、スラップスティック色が強まっている。脚本には「ゴッド・ファーザー」の原作者であるマリオ・プーゾも参加。
監督:リチャード・レスター 出演:クリストファー・リーヴ(スーパーマン/クラーク・ケント)、マーゴット・キダー(ロイス・レーン)、ジーン・ハックマン(レックス・ルーサー)、テレンス・スタンプ(ゾッド将軍)

「スーパーマン」のネタバレあらすじ結末

スーパーマンの紹介:1978年アメリカ映画。アニメやテレビシリーズで知られた「スーパーマン」を復活された特撮大作。「スター・ウォーズ」のブームに便乗したSF映画として公開されたが、結果的に近年のアメコミヒーロー映画の先駆となり、再評価が著しい。
監督:リチャード・ドナー 出演:クリストファー・リーヴ(スーパーマン/クラーク・ケント)、マーゴット・キダー(ロイス・レーン)、マーロン・ブランド(ジョー=エル)、ジーン・ハックマン(レックス・ルーサー)

「バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生」のネタバレあらすじ結末

バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生の紹介:2016年アメリカ映画。DCコミックスの「ジャスティスリーグ」を原作とする作品で、バットマンとスーパーマンという2大スーパーヒーローの対峙、その裏に隠された陰謀、そしてもうひとりのスーパーヒーロー「ワンダーウーマン」の登場を壮大なスケールで描いた作品です。
監督:ザック・スナイダー 出演:ベン・アフレック(ブルース・ウェイン/バットマン)、ヘンリー・カヴィル(クラーク・ケント/スーパーマン)、ジェシー・アイゼンバーグ(レックス・ルーサー)、ジェレミー・アイアンズ(アルフレッド)、ガル・ガドット(ワンダーウーマン)ほか

「カサブランカ」のネタバレあらすじ結末

カサブランカの紹介:1942年アメリカ映画。「風と共に去りぬ」などと共にハリウッド黄金期を代表する古典で、数々の名台詞でも有名。アカデミー賞では、作品、監督、脚色の各部門で受賞。ハンフリー・ボガートにとっても代表作の一本となった。
監督:マイケル・カーティス・出演:ハンフリー・ボガート(リック・ブレイン)、イングリッド・バーグマン(イルザ・ラント)、ポール・ヘンリード(ヴィクトル・ラズロ)、クロード・レインズ(ルノー署長)、コンラート・ファイト(シュトラッサー少佐)

「冬の光」のネタバレあらすじ結末

冬の光の紹介:1962年スウェーデン映画。巨匠ベルイマンの「神の沈黙」三部作のひとつ。珍しく牧師が主人公であり、ベルイマン自身が抱く宗教への疑問が投影されている。上映時間は81分で、ベルイマン作品の中でもとりわけ短い。
監督:イングマール・ベルイマン 出演:グンナール・ビヨルンストランド(トマス・エリクソン牧師)、イングリッド・チューリン(マルタ)、マックス・フォン・シドー(ヨーナス)、グンネル・リンドブロム(カーリン)ほか

「サベイランス 監視」のネタバレあらすじ結末

サベイランス 監視の紹介:2001年アメリカ映画。たった1行のコードが億万長者を産む熾烈な競争のコンピュータ・ソフトウェア業界の中で、若き天才プログラマーを襲う危機を描いた社会派サスペンス映画です。キャッチコピーは「あなたは、いつも監視されている」
監督:ピーター・ハウイット 出演:ライアン・フィリップ(マイロ・ホフマン)、レイチェル・リー・クック(リサ・カリグハン)、クレア・フォーラニ(アリス・ポウルソン)、ティム・ロビンス(ゲーリー・ウインストン)、ほか

「崖っぷちの男」のネタバレあらすじ結末

崖っぷちの男の紹介:2011年アメリカ映画。濡れ衣を着せられた元警察官が無実を証明するため組織に立ち向かっていくサスペンスムービー。ニューヨークの高級ホテルの21階。1人の男が窓の縁に立ち、投身自殺を図ろうとしていた。彼を巡りホテル周辺は大混乱に陥るが、それこそが男の計画の始まりだった。
監督:アスガー・レス 出演者:サム・ワーシントン(ニック・キャシディ)、エリザベス・バンクス(リディア・マーサー)、ジェイミー・ベル(ジョーイ・キャシディ)、アンソニー・マッキー(マイク・アッカーマン)、エド・ハリス(デイヴィッド・イングランダー)ほか

「ホーホケキョ となりの山田くん」のネタバレあらすじ結末

ホーホケキョ となりの山田くんの紹介:1999年日本映画。スタジオジブリの長編アニメ。日本のありふれた平和で庶民的な風景の山田一家。その山田家の人々が繰り広げるほのぼのとおかしくなる温かいエピソードがオムニバス的な構成で描かれる。
監督:高畑勲 声の出演:朝丘雪路(山田まつ子)、益岡徹(山田たかし)、荒木雅子(山野しげ)、五十畑迅人(山田のぼる)、宇野なおみ(山田のの子)、矢野顕子(藤原ひとみ)、ミヤコ蝶々(キクチババ )、中村玉緒(しげの友人)、ほか

「マッドマックス2」のネタバレあらすじ結末

マッドマックス2の紹介:1981年オーストラリア映画。大ヒットした前作を大幅にスケールアップした続編で、アメリカでは「ロード・ウォリアー」のタイトルで公開。カルトヒットとなり、メル・ギブソンとジョージ・ミラー監督の出世作となった。
監督:ジョージ・ミラー 出演:メル・ギブソン(マックス)、ブルース・スペンス(ジャイロ・キャプテン)、マイク・プレストン(パッパガーロ)、ケル・ニルソン(ヒューマンガス)、ヴァーノン・ウェルズ(ウェズ・ジョーンズ)ほか

「マッドマックス」のネタバレあらすじ結末

マッドマックスの紹介:1979年オーストラリア映画。オーストラリア映画躍進のきっかけとなった傑作アクション。アメリカでは続編の「マッドマックス2」がまず公開され、カルトヒット。続いてこの1作目が配給されるという異例の公開となった。
監督:ジョージ・ミラー 出演:メル・ギブソン(マックス・ロカタンスキー)、ジョアン・サミュエル(ジェシー・ロカタンスキー)、スティーヴ・ビズレー(ジム・グース)、ヒュー・キース・バーン(トーカッター)

「ゴジラ」のネタバレあらすじ結末

ゴジラの紹介:1954年日本映画。今や世界にあまねく知れ渡ったゴジラシリーズの記念すべき第1作。戦時中の大空襲を連想させるゴジラの東京上陸シーンが話題となった。アメリカでは配給業者がオリジナルの場面を付け加え「Godzilla, King of the Monsters!」として公開。
監督:本多猪四郎・出演:宝田明(尾形秀人)、河内桃子(山根恵美子)、平田昭彦(芹沢大助)、志村喬(山根恭平博士)、堺左千夫(萩原)

「猿の惑星」のネタバレあらすじ結末

猿の惑星の紹介:1968年アメリカ映画。ピエール・ブールの小説を映画化。TVシリーズ「ミステリー・ゾーン」のクリエイター・ロッド・サーリングと、赤狩りの被害者して知られるマイケル・ウィルソンが脚本を担当。猿のメーキャップとラストシーンが話題となり大ヒット。多くの続編が作られ、リメイクも繰り返されている。
監督:フランクリン・J・シャフナー 出演:チャールトン・ヘストン(テイラー)、ロディ・マクドウォール(コーネリアス)、キム・ハンター(ジーラ博士)、モーリス・エヴァンス(ザイアス博士)ほか

「エトワール」のネタバレあらすじ結末

エトワールの紹介:2000年フランス映画。パリオペラ座のエトワール達をはじめ、ダンサー、振付師、芸術監督のインタビュードキュメント。いかにしてその歴史が維持されてきたのか垣間見る。
監督:ニルス・タヴェルニエ 出演:マニュエル・ルグリ、ニコラ・ル・リッシュ、オーレリ・デュポン、ローラン・イレール、エリザベット・プラテル、マリー=アニエス・ジロー、ほか

「コンドル」のネタバレあらすじ結末

コンドルの紹介:1975年アメリカ映画。CIAの外郭団体で暗号文の研究を行っていたターナー、その職場がある日襲撃され彼を残し壊滅する。彼は逃げながらも、戦略的になんの意味を持たない研究部署が狙われた真相を探り出していくが、そこには恐るべし陰謀が隠されていた。ロバート・レッドフォード主演のスパイサスペンス映画。
監督:シドニー・ポラック 出演:ロバート・レッドフォード(ジョー・ターナー(コンドル))、フェイ・ダナウェイ(キャシー・ヘイル)、クリフ・ロバートソン(ヒギンズ)、マックス・フォン・シドー(殺し屋)、ほか

「ザ・ウォーカー」のネタバレあらすじ結末

ザ・ウォーカーの紹介:2010年アメリカ映画。近未来、最終戦争が起き文明が消えたアメリカで、聖書を携え旅をする男は、ひたすらに西へ向かっていた。それを、人心を集める為に聖書を捜し求める無法者のリーダーが付け狙う。聖書の功罪を荒廃した世界で描く、デンゼル・ワシントン主演のSF映画。
監督:アレン・ヒューズ、アルバート・ヒューズ 出演:デンゼル・ワシントン(イーライ(“ウォーカー”))、ゲイリー・オールドマン(カーネギー)、ミラ・クニス(ソラーラ)、レイ・スティーヴンソン(レッドリッジ)、ジェニファー・ビールス(クローディア)、ほか

1 2 3 4 5 6 7 8 9 192
TOP↑