映画

「私をスキーに連れてって」のネタバレあらすじ結末

私をスキーに連れてっての紹介:1987年日本映画。スキーの腕前はプロレベルながら恋には奥手で会社では冴えない男は、スキー場で知り合った女性と恋に落ちる姿を描いたトレンディードラマで、バブル経済時代に公開され一大スキーブームに一役買った作品です。
監督:馬場康夫 出演者:原田知世(池上優)、三上博史(矢野文男)、布施博(泉和彦)、原田貴和子(佐藤真理子)、沖田浩之(小杉正明)ほか

「マリー・アントワネットに別れをつげて」のネタバレあらすじ結末

マリー・アントワネットに別れをつげての紹介:2012年アメリカ映画。2002年にフェミナ賞を受賞したシャンタル・トマの小説「王妃に別れをつげて」が原作となっています。フランス王妃マリー・アントワネットに心酔している朗読係の視点から、新たな切り口でフランス革命勃発からの4日間を描いています。2012年2月に第62回ベルリン国際映画祭のオープニング作品として上映されています。
監督:ブノワ・ジャコ 出演者:レア・セドゥ(シドニー・ラボルド)、ダイアン・クルーガー(マリー・アントワネット)、ヴィルジニー・ルドワイヤン(ポリニャック夫人)、グザヴィエ・ボーヴォワ(ルイ16世)、ノエミ・ルボフスキーレ(カンパン夫人)ほか

「エアポート’80」のネタバレあらすじ結末

エアポート’80の紹介:1979年アメリカ映画。航空パニック映画「エアポート」シリーズの第4弾にして完結編です。アメリカに初めてもたらされた当時最新鋭のコンコルド機が、武器の不正輸出に手を染める武器商人の陰謀に飲み込まれていきます。
監督:デヴィッド・ローウェル・リッチ 出演者:アラン・ドロン(ポール・メトラン)、スーザン・ブレイクリー(マギー・ウィーラン)、ロバート・ワグナー(ケヴィン・ハリソン)、シルビア・クリステル(イザベル)、ジョージ・ケネディ(ジョー・パトローニ)ほか

「エアポート’77 バミューダからの脱出」のネタバレあらすじ結末

エアポート’77/バミューダからの脱出の紹介:1977年アメリカ映画。航空パニック映画「エアポート」シリーズの第3弾です。高価な美術品を乗せた大富豪所有の航空機がハイジャックされた末にバミューダ海域に墜落、アメリカ海軍も参加して大規模な救出作戦が展開されます。
監督:ジェリー・ジェームソン 出演者:ジャック・レモン(ドン・ギャラガー)、ジェームズ・スチュアート(フィリップ・スティーブンス)、リー・グラント(カレン・ウォレス)、ブレンダ・ヴァッカロ(イブ・クレイトン)、ジョゼフ・コットン(ニコラス・セント・ダウンズ3世)ほか

「男はつらいよ 寅次郎サラダ記念日」のネタバレあらすじ結末

男はつらいよ 寅次郎サラダ記念日の紹介:1988年日本映画。シリーズ第40作目となる今作は、俵万智の短歌集「サラダ記念日」とのコラボレーション作品です。寅さんこと車寅次郎は旅先で出会った老婆の担当女医に出会います。女医の姪の趣味が短歌なことから、寅さんは早稲田大学の講義を受けることになります。
監督:山田洋次 出演者:渥美清(車寅次郎)、倍賞千恵子(諏訪さくら)、三田佳子(真知子)、三田寛子(由紀)、尾美としのり(茂)ほか

「男はつらいよ 寅次郎物語」のネタバレあらすじ結末

男はつらいよ 寅次郎物語の紹介:1987年日本映画。シリーズ第39作目。寅さんこと車寅次郎は、かつてのテキヤ仲間の忘れ形見の少年共に、少年の生き別れた母親探しの旅に出ます。旅先で寅さんは薄幸の女性と出会い…。
監督:山田洋次 出演者:渥美清(車寅次郎)、倍賞千恵子(諏訪さくら)、伊藤祐一郎(秀吉)、五月みどり(ふで)、秋吉久美子(隆子)ほか

「男はつらいよ 知床慕情」のネタバレあらすじ結末

男はつらいよ 知床慕情の紹介:1987年日本映画。シリーズ第38作目。北海道・知床を旅していた寅さんこと車寅次郎は地元の獣医と知り合い、その娘に心をときめかせます。一方、獣医が居酒屋の女将に想いを寄せていることを知った寅さんは獣医に「今言わなかったらな、一生死ぬまで言えないぞ」と告白を促します。
監督:山田洋次 出演者:渥美清(車寅次郎)、倍賞千恵子(諏訪さくら)、竹下景子(りん子)、淡路恵子(悦子)、三船敏郎(上野順吉)ほか

「男はつらいよ 幸福の青い鳥」のネタバレあらすじ結末

男はつらいよ 幸福の青い鳥の紹介:1986年日本映画。シリーズ第37作となる今作は、寅さんこと車寅次郎がかつて世話になっていた芝居座長の娘と再会。寅さんの勧めで上京した娘は、映画館向けの看板描きの仕事をしている画家志望の男と出会い、やがて恋に落ちていきます。
監督:山田洋次 出演者:渥美清(車寅次郎)、倍賞千恵子(諏訪さくら)、志穂美悦子(島崎美保)、長渕剛(倉田健吾)、吉岡秀隆(諏訪満男)ほか

「男はつらいよ 柴又より愛をこめて」のネタバレあらすじ結末

男はつらいよ 柴又より愛をこめての紹介:1985年日本映画。シリーズ第36作目。寅さんこと車寅次郎の親友・タコ社長の娘あけみが家出しました。あけみを連れ戻すため伊豆に向かった寅さんは、途中で小さな島で働く女性教師に出会い、想いを寄せ始めるのですが…。
監督:山田洋次 出演者:渥美清(車寅次郎)、倍賞千恵子(諏訪さくら)、前田吟(諏訪博)、美保純(桂あけみ)、栗原小巻(島崎真知子)ほか

「ニライカナイからの手紙」のネタバレあらすじ結末

ニライカナイからの手紙の紹介:2005年日本映画。この作品は、「おかあ、いま、どこにいる?」「すりきれた手紙を抱きしめ、少女は大人になる。」「ニライカナイ それは沖縄に伝わる、水平線の彼方にある幸福の国」というキャッチコピーで、美しい沖縄の竹富島を舞台に一人の少女の成長と、その母と祖父、島の人々との心の絆を描いた感動のヒューマンドラマです。蒼井優の初単独主演映画で、監督・脚本は『心が叫びたがってるんだ。』(2017年)などを手がけた熊澤尚人です。
監督:熊澤尚人 出演:蒼井優(安里風希)、平良進(安里尚栄)、南果歩(安里昌美)、金井勇太(内盛海司)、かわい瞳(レイナ)、比嘉愛未(平良美咲)、ほか

「ナイト・アンド・ザ・シティ」のネタバレあらすじ結末

ナイト・アンド・ザ・シティの紹介:1992年アメリカ映画。1950年公開の映画『街の野獣』のリメイクとなる作品で、ボクシングに魅了されたしがない弁護士が、ボクシングの興行を成功させようと仕掛ける様子とその顛末を描いた人間ドラマです。
監督:アーウィン・ウィンクラー 出演者:ロバート・デ・ニーロ(ハリー・フェビアン)、ジェシカ・ラング(ヘレン・ナゼロス)、ジャック・ウォーデン(アル・グロスマン)、クリフ・ゴーマン(フィル・ナゼロス)、アラン・キング(アイラ・“ブーン・ブーン”・グロスマン)ほか

「地下室のメロディー」のネタバレあらすじ結末

地下室のメロディーの紹介:1963年フランス映画。フランス映画界の二大スター、アラン・ドロンとジャン・ギャバンが共演した犯罪映画です。フランス・カンヌのカジノから大金を奪おうと企む引退寸前の老ギャングと若いチンピラの顛末を描きます。
監督:アンリ・ヴェルヌイユ 出演者:ジャン・ギャバン(シャルル)、アラン・ドロン(フランシス・ヴェルロット)、ヴィヴィアーヌ・ロマンス(ジャネット)、モーリス・ビロー(ロイス・ノーダン)、ジャン・カルメ(バーマン)ほか

「鷲は舞いおりた」のネタバレあらすじ結末

鷲は舞いおりたの紹介:1976年イギリス,アメリカ映画。ジャック・ヒギンズの小説『鷲は舞い降りた』を映画化した歴史ドラマです。第二次世界大戦期、ヒトラーにより英国首相チャーチルの誘拐を命じられたナチスドイツ特殊部隊の戦いを描きます。
監督:ジョン・スタージェス 出演者:マイケル・ケイン(クルト・シュタイナー)、ドナルド・サザーランド(リーアム・デヴリン)、ロバート・デュヴァル(マックス・ラードル)、ジェニー・アガター(モリー・プリオール)、ドナルド・プレザンス(ハインリヒ・ヒムラー)ほか

「草原の輝き」のネタバレあらすじ結末

草原の輝きの紹介:1961年アメリカ映画。世界恐慌の嵐が吹き荒れる20世紀前半を舞台に、愛し合いながらも翻弄されて引き裂かれていく若い男女の悲恋を描いた作品です。
監督:エリア・カザン 出演者:ナタリー・ウッド(ウィルマ・ディーン・“ディーニー”・ルーミス)、ウォーレン・ベイティ(バット・スタンパー)、パット・ヒングル(エース・スタンパー)、ゾーラ・ランパート(アンジェリーナ)、サンディ・デニス(ケイ)ほか

「誘う女」のネタバレあらすじ結末

誘う女の紹介:1995年アメリカ映画。アメリカで実際に起きた事件を基にジョイス・メイナードが書いた小説『誘惑』を映画化したサスペンス・スリラー。お天気キャスターのスザーンは、幼い頃からテレビに出て有名になりたいと熱望していた。夫ラリーの存在が邪魔になった彼女は、仕事で出会った高校生ジミーを誘惑し、ラリーを殺害するよう唆す。ニコール・キッドマンが本作でゴールデングローブ賞主演女優賞を受賞した。
監督:ガス・ヴァン・サント 出演者:ニコール・キッドマン(スザーン・ストーン)、マット・ディロン(ラリー・マレット)、ホアキン・フェニックス(ジミー・エメット)、ケイシー・アフレック(ラッセル・ハインズ)、イリアナ・ダグラス(ジャニス・マレット)ほか

1 2 3 4 5 6 7 8 9 350
TOP↑