アクション映画のネタバレ

「劇場版 仮面ライダーゴースト 100の眼魂とゴースト運命の瞬間」のネタバレあらすじ結末

劇場版 仮面ライダーゴースト 100の眼魂とゴースト運命の瞬間の紹介:2016年日本映画。死んだはずのアランの兄アルゴスが100人の英雄の魂を使って、この世の全ての人間をゴースト化しようと企む。その野望を阻止するためにはタケルは自身の肉体を消滅させなければいけない。タケルの選択は?「さよならオレ」
監督:諸田敏 出演:天空寺タケル/仮面ライダーゴースト(西銘駿)、月村アカリ(大沢ひかる)、深海マコト / 仮面ライダースペクター(山本涼介)、御成(柳喬之)、アラン/仮面ライダーネクロム(磯村勇斗)、深海カノン(工藤美桜)、仙人(竹中直人)、ユルセン(悠木碧)、宮本武蔵(唐橋充)、卑弥呼(平田裕香)ほか

「劇場版 動物戦隊ジュウオウジャー ドキドキ サーカス パニック!」のネタバレあらすじ結末

劇場版 動物戦隊ジュウオウジャー ドキドキ サーカス パニック!の紹介:2016年日本映画。自分たち以外のジューマンがサーカス? 喜ぶアム達であったが、そこに攻めてくる宇宙サーカス団の団長を名乗るドミドル。奴の目的は子供たちの泣き声をエネルギーにして宇宙ブランコに邪魔な地球を壊すこと。子供たちやアム達を人質に取られ、絶体絶命の大和。果たして子供たちを救い、地球を守ることはできるのか?
監督:柴﨑貴行 出演:風切大和/ジュウオウイーグル/ジュウオウゴリラ(中尾暢樹)、セラ/ジュウオウシャーク(柳美稀)、レオ/ジュウオウライオン(南羽翔平)、タスク/ジュウオウエレファント(渡邉剣)、アム/ジュウオウタイガー(立石晴香)、門藤操/ジュウオウザワールド(國島直希)、ペルル(笹野鈴々音)、ドミドル(吉村崇<平成ノブシコブシ>)、森真理夫(寺島進)ほか

「仁義なき戦い」のネタバレあらすじ結末

仁義なき戦いの紹介:1973年日本映画。飯干晃一の同名ノンフィクション映画。昭和のヤクザを美談なくリアルに描いた作品。日本暴力団抗争史上で最も血を多く流した広島ヤクザ抗争を、渦中の美能組元組長の獄中手記をもとに描く。
監督:深作欣二 出演:菅原文太(広能昌三)、松方弘樹(坂井鉄也)、田中邦衛(槙原政吉)、中村英子(国弘鈴江)、渡瀬恒彦(有田俊雄)、梅宮辰夫(若杉寛)、ほか

「シン・シティ 復讐の女神」のネタバレあらすじ結末

シン・シティ 復讐の女神の紹介:2014年アメリカ映画。法に縛られない罪の街シンシティ。あるバーで働くダンサーのナンシーは街一番の権力者ロアークの命を狙っていた。そのバーに毎晩足を運ぶマーヴはある日友人のドワイトに相談を持ち掛けられる。かつての恋人を夫の暴力から助けるため屋敷に乗り込むのだという。その一方バーでポーカーに励むロアークの元にある男が訪ねてきた。ジョニーと名乗るその男は見事なカードさばきでロアークを追い詰めるが代わりに彼の怒りを買ってしまう。
監督:ロバート・ロドリゲス フランク・ミラー
出演:マーヴ(ミッキー・ローク) ナンシー(ジェシカ・アルバ) ドワイト(ジョシュ・ブローリン) ジョン(ブルース・ウィルス) ジョニー(ジョゼフ・ゴードン=レヴィット) エヴァ(エヴァ・グリーン) ロアーク上院議員(パワーズ・ブース)

「白熱 (1949)」のネタバレあらすじ結末

白熱の紹介:1949年アメリカ映画。残虐非道なギャングの栄光と破滅を描いた犯罪映画。凶悪さとマザーコンプレックスを併せ持ついびつな主人公コーディ・ジャレットを、ギャング映画のスタージェームズ・キャグニーが熱演している。今尚色褪せない圧倒的な迫力とスピード感に満ちたギャング映画の傑作。
監督:ラオール・ウォルシュ 出演者:ジェームズ・キャグニー(コーディ・ジャレット)、エドモンド・オブライエン(ハンク・ファロン)、マーガレット・ワイチャーリイ(マー・ジャレット)、ヴァージニア・メイヨ(バーナ)、スティーヴ・コクラン(ビッグ・エド)、ジョン・アーチャー(フィリップ・エバンス)ほか

「アイ・フランケンシュタイン」のネタバレあらすじ結末

アイ・フランケンシュタインの紹介:2014年アメリカ映画。複数の人間の死体を使って作られた怪物。彼はアダムと名付けられ現代の世にも存在していた。聖なる使徒であるガーゴイル達と協力し自分の身体を狙う悪魔と戦うアダム。ある時、悪魔達が自分を狙う理由を知る。それを阻止するため人間の世界で暗躍する悪魔の王子ナベリアスに戦いを挑む。
監督:スチュアート・ビーティー 出演:アダム・フランケンシュタイン(アーロン・エッカート) ナベリアス王子(ビル・ナイ) リオノア(ミランダ・オットー) テラ・ウェイド(イボンヌ・ストラホフスキー)ほか

「ブロークン・アロー」のネタバレあらすじ結末

ブロークン・アローの紹介:1996年アメリカ映画。アメリカ空軍パイロットのヘイル大尉とディーキンス少佐が搭乗した戦闘機は、模擬演習のため核弾頭2基を搭載しユタへ向かいます。突如、反旗を翻したディーキンスにより核弾頭が強奪されます。監督は、アクション映画界の巨匠ジョン・ウーです。
監督::ジョン・ウー 出演者:クリスチャン・スレーター(ライリー・ヘイル大尉)、ジョン・トラヴォルタ(ヴィック・ディーキンス少佐)、サマンサ・マシス(テリー・カーマイケル)、デルロイ・リンドー(マックス・ウィルキンス大佐)、ボブ・ガントン(プリチェット)ほか

「ザ・シークレット・サービス」のネタバレあらすじ結末

ザ・シークレット・サービスの紹介:1993年アメリカ映画。ベテラン警護官フランクは、とある男から大統領暗殺の予告を受けます。ケネディを守れなかった過去を持つフランクは、大統領を守るため現場に復帰します。主演のC・イーストウッドより存在感を見せたJ・マルコビッチは、今回の映画でアカデミー助演男優賞にノミネートされています。
監督:ウォルフガング・ペーターゼン 出演者:クリント・イーストウッド(フランク・ホリガン)、ジョン・マルコビッチ(ミッチ・リアリー)、レネ・ルッソ(リリー・レインズ)、ディラン・マクダーモット(アル・ダンドゥレア)、ゲイリー・コール(ビル・ワッツ)ほか

「ヤッターマン」のネタバレあらすじ結末

ヤッターマンの紹介:2008年日本映画。昔から多くの子供に親しまれてきた「ヤッターマン」の劇場版です。奇想天外な映像化が得意な三池監督の作品です。人気アイドルである嵐の櫻井翔の主演作です。まじめに見たら損をするような作品ですが、娯楽作品として割り切ってみれば楽しめます。女優の深田恭子が自身のスタイルを活かしてドロンジョ様に挑戦しているのも見どころです。多々雑なところもありますが、人気アニメである「ヤッターマン」を映像化しようという心意気は感じられる作品です。
監督:三池崇史 出演:櫻井翔(高田(たかだ)ガン/ヤッターマン1号)、福田沙紀(上成愛(かみなり あい)/ヤッターマン2号)、深田恭子(ドロンジョ)、生瀬勝久(ボヤッキー)、ケンドーコバヤシ(トンズラー)、滝口順平(ドクロベエ)ほか

「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」のネタバレあらすじ結末

進撃の巨人 ATTACK ON TITANの紹介:2015年日本映画。100年の時を経て、再び巨人に喰われた村。家族、大切な人の仇をとるため巨人に復讐を誓うエレンだったが・・・
監督:樋口真嗣 出演:三浦春馬(エレン)、長谷川博己(シキシマ)、水原希子(ミカサ)、本郷奏多(アルミン)、三浦貴大(ジャン)、桜庭ななみ(サシャ)、ほか

「インクレディブル・ハルク」のネタバレあらすじ結末

インクレディブル・ハルクの紹介:2008年アメリカ映画。実験により、興奮すると緑の巨人ハルクへと変貌してしまう若き科学者ブルースは、その実験を主導していた軍の手を逃れつつ治療方法を探していた。軍は特殊部隊を編成し彼を追っていたが、その一人が志願しブルースと同じ力を与えられる。しかしその兵士は力に溺れ暴走を始めてしまう。マーベルコミックの実写化でアイアンマンに続くマーベル・シネマティック・ユニバースシリーズ第2弾のSFアクション映画。2003年に製作された映画ハルクとは、原作を同じにしている以外物語の関連性は無い。

「ハンコック」のネタバレあらすじ結末

ハンコックの紹介:2008年アメリカ映画。自由自在に空を飛び銃弾にもひるまない不老不死の男ハンコック。彼は街の平和を守りながらもその勝手気ままな生活と度重なる街の破壊行為に住民からは厄介者扱いされていた。ある日ハンコックに命を救われた営業マンのレイはお礼にと彼を家に招く。そこで出会った彼の妻メアリーからは嫌な目を向けられるがそれには訳があった。そしてレイはハンコックの信用を取り戻すためある計画を立てる。
監督:ピーター・バーグ 出演:ハンコック(ウィル・スミス)、レイ(ジェイソン・ベイトマン)、メアリー(シャーリーズ・セロン)、アーロン(ジェイ・ヘッド)ほか

「ピースメーカー」のネタバレあらすじ結末

ピースメーカーの紹介:1997年アメリカ映画。ロシアで核弾頭が盗まれテロリストに渡る危機に、アメリカで二人の捜査官がそれを防ごうと動き出す。平和調停者(ピースキーパー)の意義とは何か?平和を保つ為にどこまで許されるのか?平和を維持する難しさを問うサスペンスアクション映画。
監督:ミミ・レダー 出演者:トム・デヴォー(ジョージ・クルーニー)、ジュリア・ケリー(ニコール・キッドマン)、デューサン・ガブリック(マーセル・ユーレス)、アレクサンドル・コドルフ(アレクサンダー・バルエフ)ほか

「LOOPER/ルーパー」のネタバレあらすじ結末

LOOPER/ルーパーの紹介:2012年アメリカ映画。近未来、犯罪組織はタイムトラベルを暗殺に悪用していた。それを執行する者達はLOOPERと呼ばれ、ジョーは多額の報酬を得ていた。ある日彼は、未来の自分を暗殺対象にするのだが取り逃がしてしまう。仕事の失敗から組織に追われていたが、未来のジョーは過去で未来の犯罪王を追っていた。タイムパラドクスを題材にしたSF作品。
監督 ライアン・ジョンソン 出演者 ジョー(ジョゼフ・ゴードン=レヴィット)、オールド・ジョー(ブルース・ウィリス)、サラ(エミリー・ブラント)、シド(ピアース・ガニォン)、セス(ポール・ダノ)、キッド・ブルー(ノア・セガン)、スージー(パイパー・ペラーボ)、エイブ(ジェフ・ダニエルズ)、オールド・ジョーの妻(シュイ・チン)ほか

「パルプ・フィクション」のネタバレあらすじ結末

パルプ・フィクションの紹介:1994年アメリカ映画。ボスからの指示を遂行するヴィンセントはある日ボスからの頼みでボスの妻と食事に行く。そんな彼の相棒のジュールスはこの業界から足を洗うことを考えていた。そしてある事件をきっかけにボスに追われる身となったボクサーのブッチ。忙しく走り回る彼らの人生は時には遠く、時には身近な所で繋がっていた。
監督:クエンティン・タランティーノ 出演:ヴィンセント(ジョン・トラボルタ) ジュールス(サミュエル・L・ジャクソン) ミア(ユマ・サーマン) マーセルス(ヴィング・レイムス)ほか

1 20 21 22 23 24 25 26 27 28 42
TOP↑