アクション映画のネタバレ

「進撃の巨人 エンド オブ ザ ワールド」のネタバレあらすじ結末

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールドの紹介:2015年日本映画。巨人が人間を食べるという衝撃的なテーマが話題性を呼びました。諌山創の人気コミック 進撃の巨人を実写映画化した後編。
監督:樋口真嗣 出演者:三浦春馬(エレン)、長谷川博己(シキシマ)、水原希子(ミカサ)、本郷奏多(アルミン)、三浦貴大(ジャン)、桜庭ななみ(サシャ)、松尾諭(サンナギ)、石原さとみ(ハンジ)、ピエール瀧(ソウダ)、國村隼(クバル)ほか

「レイン・オブ・アサシン」のネタバレあらすじ結末

レイン・オブ・アサシンの紹介:2010年中国,香港,台湾映画。時は明王朝時代の中国。武の達人、達磨大師のミイラを手に入れた者は、強大な力と武術の世界における覇権を手に入れることができるといわれていた。これを手に入れる為、暗殺組織『黒石』は暗躍し、腰より二つに割れたミイラの片方の行方を突き止め刺客を放つ。その内の一人である黒石の女暗殺者、シーユーは過去と決別するべく、組織に背いてそのミイラの片割れと共に行方をくらます。名前と顔を変え、普通に暮らし、心優しき青年、アシャンと結ばれるシーユー。しかし、そんなシーユーに黒石の刺客たちが迫っていた。
監督 :スー・チャオピン、ジョン・ウー 出演: ミシェル・ヨー/曽静(ザン・ジン)、チョン・ウソン/阿生(アシャン)、ワン・シュエチー/転輪王(ホイールキング)、バービー・スー/綻青(ジャンチン)、ショーン・ユー/雷彬(レイ・ビン)ほか

「図書館戦争 THE LAST MISSION」のネタバレあらすじ結末

映画 図書館戦争 THE LAST MISSION(ラストミッション)の紹介:2015年日本映画。有川浩の小説「図書館戦争」を映画化した図書館戦争シリーズ2作目『図書館戦争 THE LAST MISSION』。メディアを取り締まる法律が施行されている正化(せいか)という元号の近未来日本を舞台に、表現の自由を守る図書館の自衛武装組織である図書隊の戦いと隊員たちの恋愛模様を描くエンターテインメント大作。
監督:佐藤信介 出演者:岡田准一(堂上篤)、榮倉奈々(笠原郁)、田中圭(小牧幹久)、福士蒼汰(手塚光)、西田尚美(折口マキ)、橋本じゅん(玄田竜助)、土屋太鳳(中澤毬江)、松坂桃李(手塚慧)、栗山千明(柴崎麻子)、石坂浩二(仁科巌)、中村蒼(朝比奈修二)ほか

「ホステージ」のネタバレあらすじ結末

ホステージの紹介:2005年アメリカ映画。ブルース・ウィリス主演のサスペンスアクション作品。2つの人質事件に巻き込まれた男の孤独な闘いを描く。監督は「スズメバチ」を手掛けたフローラン・シリ。共演者には「ア・フュー・グッドメン」や「ユージュアル・サスペクツ」のケヴィン・ポラック。原作はロバート・クレイスの同名小説で、主に推理小説や探偵小説を描く作家である。
監督:フローラン・シリ 出演:ブルース・ウィリス(ジェフ・タリー)、ケヴィン・ポラック(ウォルター・スミス)、ジョナサン・タッカー(デニス・ケリー)、ベン・フォスター(マース)、ミシェル・ホーン(ジェニファー・スミス)、ジミー・ベネット(トミー・スミス)ほか

「レオン」のネタバレあらすじ結末

レオンの紹介:1994年フランス、アメリカ映画。殺し屋レオンふとしたきっかけで少女マチルダと同居を始める、その生活の中でレオンの心境にもある変化が訪れる。殺し屋と少女の複雑な関係を描いたラブストーリー。
監督:リュック・ベッソン 出演:ジャン・レノ(レオン・モンタナ)、ナタリー・ポートマン(マチルダ・ランドー)、ゲイリー・オールドマン(ノーマン・スタンスフィールド)、ダニー・アイエロ(トニー)ほか

「ウォーターワールド」のネタバレあらすじ結末

ウォーターワールドの紹介:1995年アメリカ映画。温暖化により両極の氷が溶け、陸地がすべて沈んだ未来の地球。生き延びた人々はなんとか環境に適応し、アトールと呼ばれる集落を作り、身を寄せ合って生きていた。伝説の陸地「ドライランド」を見つけ出す日を夢見ながら。そこに現れた名前のない男、ドライランドの鍵を握る少女と彼女をつけ狙う無法者集団「スモーカーズ」。それぞれの思いが絡み合いながら物語は展開する。はたして伝説の楽園は実在するのか・・?
監督 :ケヴィン・レイノルズ 出演: ケヴィン・コスナー(マリナー)、デニス・ホッパー(ディーコン)、ジーン・トリプルホーン(ヘレン)、ティナ・マジョリーノ(エノーラ)、ジャック・ブラックほか

「ネバー・サレンダー 肉弾突撃」のネタバレあらすじ結末

ネバー・サレンダー 肉弾突撃の紹介:2009年アメリカ映画。精鋭の元海兵隊を主人公としたシリーズの第2弾で、今作ではWWEレスラーのテッド デビアスを迎え、休暇で訪れた島でのテロリストとの攻防が描かれます。
監督:ロエル・レイネ 出演者:テッド・デビアス、マイケル・ルーカー、テムエラ・モリソン、ララ・コックスほか

「ネバー・サレンダー 肉弾凶器」のネタバレあらすじ結末

ネバー・サレンダー 肉弾凶器の紹介:2006年アメリカ映画。アメリカのプロレスのWWEから現役のレスラーであるジョン シナを迎えて制作されたアクション映画で、元海兵隊員が己の力を駆使して悪党に立ち向かうストーリーが展開されます。 
監督:ジョン・ボニート 出演:ジョン・シナ、ロバート・パトリック、ケリー・カールソン、アビゲイル・ビアンカほか

「ハンガー・ゲーム FINAL:レジスタンス」のネタバレあらすじ結末

ハンガー・ゲーム FINAL: レジスタンスの紹介:2014年アメリカ映画。人気小説、ハンガーゲームの第3弾であるマネシカケスの少女を映画化した作品で、映画では2部作構成となっており、今作は最初の1部としてカットニスがレジスタンスのリーダーとなる下るのが描かれます。  
監督:フランシス・ローレンス 出演者:ジェニファー・ローレンス、リアム・ヘムズワース、ウディ・ハレルソン、エリザベス・パンクスほか

「ハンガー・ゲーム2」のネタバレあらすじ結末

ハンガー・ゲーム2の紹介:2013年アメリカ映画。原作のハンガーゲーム燃え広がる炎を元に映画化した第二弾で、今作では主人公を含む歴代勝者が死のゲームに臨むという展開で物語が進みます。
監督:フランシス・ローレンス 出演者:ジェニファー・ローレンス、リアム・ヘムズワース、ウディ・ハレルソン、エリザベス・バンクスほか

「ハンガー・ゲーム」のネタバレあらすじ結末

ハンガー・ゲームの紹介:2012年アメリカ映画。アメリカの作家スーザン・コリンズ原作のヤングアダルト小説「ハンガー・ゲーム」を映画化した作品。独裁国家と化したアメリカで行われる殺戮ゲームが描かれます。
監督:ゲイリー・ロス 出演者:ジェニファー・ローレンス(カットニス・エバディーン)、ジョシュ・ハッチャーソン(ピータ・メラーク)、リアム・ヘムズワース(ゲイル・ホーソーン)、ウディ・ハレルソン(ヘイミッチ・アバナシー)、エリザベス・バンクス(エフィー・トリンケット)、ほか

「ウォーロード/男たちの誓い」のネタバレあらすじ結末

ウォーロード/男たちの誓いの紹介:2008年中国,香港映画。中国の清朝時代に起きた政府高官の暗殺事件を題材にした映画で、今作では中国のアクションスターであるジェットリーとともに香港スターであるアンディラウなどが共演しています。
監督:ピーター・チャン 出演:ジェット・リー、アンディ・ラウ、金城 武、シュー・ジンレイほか

「ドラゴン・キングダム」のネタバレあらすじ結末

ドラゴン・キングダムの紹介:2008年アメリカ映画。香港の大スター、ジャッキーチェンと中国のスター、ジェットリーが初めて共演を果たした映画で、中国の伝説である孫悟空を題材にオリジナルストーリーが展開されます。
監督:ロブ・ミンコフ 出演者:ジェット・リー、ジャッキー・チェン、マイケル・アンガラノ、リュウ・イーフェイほか

「ローグ アサシン」のネタバレあらすじ結末

ローグ アサシンの紹介:2007年アメリカ映画。アジアのアクションスターであるジェットリーと現代のアクションスターであるジェイソン・ステイサムが2度目の共演を果たした映画で、彼らのアクション対決がみられます。
監督:フィリップ・G・アトウェル 出演者:ジェット・リー、ジェイソン・ステイサム、ジョン・ローン、デヴォン・青木ほか

「SPIRIT スピリット」のネタバレあらすじ結末

SPIRIT スピリットの紹介:2006年香港、アメリカ映画。中国で伝説的な格闘家であるフォ・ユェンジャを現代の武術家であるジェットリーが丹精を込めて演じた映画で、ジェットリーはこの映画を最後にアクションを引退すると宣言しました。 
監督:ロニー・ユー 出演者:ジェットリー、中村獅童、コリン・チョウ、バオ・シジンほか

1 20 21 22 23 24 25 26 27 28 36
TOP↑