アドベンチャー映画のネタバレ

「センターオブジアース」のネタバレあらすじ結末

センター・オブ・ジ・アースの紹介:2008年アメリカ映画。大学教授のトレバーは10年前に失踪した兄の遺品の中から、ジュール・ヴェルヌの「地底旅行」を見つけます。本の中に書いてあったメモが兄失踪の手がかりだと感じたトレバーは、甥のショーンと一緒にアイスランドへ出発することになります。奇想天外なセンター・オブ・ジ・アースを冒険するアトラクション・ムービー。
監督: エリック・ブレヴィグ 出演者: ブレンダン・フレイザー(トレバー・アンダーソン)、 ジョシュ・ハッチャーソン(ショーン・アンダーソン)、アニタ・ブリエム(ハンナ・アスゲリソン)ほか

「スパイキッズ3-D:ゲームオーバー」のネタバレあらすじ結末

スパイキッズ3-D:ゲームオーバーの紹介:2003年アメリカ映画。3Dの映像技術を使ったファミリー映画で、スパイを引退したジュニが行方不明になったカルメンを探すためにビデオゲームの世界に飛びこみます。前作からのキャラクターも登場し、天才プログラマーのトイメイカーを捕まえます。
監督:ロバート・ロドリゲス 出演者:ダリル・サバラ(ジュニ・コルテス)、アレクサ・ヴェガ(カルメン・コルテス)、アントニオ・バンデラス(グレゴリオ・コルテス)、カーラ・グリノ(イングリット・コルテス)ほか

「スパイキッズ2 失われた夢の島」のネタバレあらすじ結末

スパイキッズ2 失われた夢の島の紹介:2002年アメリカ映画。スパイキッズの続編で、スパイとなったジュニとカルメンの二人は、トランススモーカーと言うデバイスを取り返すために、孤島へとむかいます。ジュニ達のライバル、両親、祖父母も参加し、遺伝子操作された動物たちの住む島で、トランススモーカーを取り戻し、失われたジュニの信用を取り戻すことができるのでしょうか。
監督:ロバート・ロドリゲス 出演者:ダリル・サバラ(ジュニ・コルテス)、アレクサ・ヴェガ(カルメン・コルテス)、アントニオ・バンデラス(グレゴリオ・コルテス)、カーラ・グリノ(イングリット・コルテス)ほか

「スパイキッズ」のネタバレあらすじ結末

スパイキッズの紹介:2001年アメリカ映画。両親が元スパイで罠にはめられたと知ったジュニとカルメンの兄弟は、スパイ道具を駆使して両親の救出に乗り出します。家族で楽しめるスパイアクション映画です。全4作のスパイキッズシリーズ1作目です。
監督:ロバート・ロドリゲス 出演者:ダリル・サバラ(ジュニ・コルテス)、アレクサ・ヴェガ(カルメン・コルテス)、アントニオ・バンデラス(グレゴリオ・コルテス)、カーラ・グリノ(イングリット・コルテス)、アラン・カミング(フループ)ほか

「アギーレ/神の怒り」のネタバレあらすじ結末

アギーレ/神の怒りの紹介:1972年西ドイツ映画。ヴェルナー・ヘルツォーク監督の代表作であり、当時世界的な注目を集めたニュー・ジャーマン・シネマのハイライトとも称される傑作。そのジャングルの描写は、のちの「地獄の黙示録」に影響を与えたとされる。
監督:ヴェルナー・ヘルツォーク 出演:クラウス・キンスキー(ロペ・デ・アギーレ)、ルイ・グエッラ(ペドロ・デ・ウルスア)、ヘレナ・ロホ、セシリア・リベーラ、ほか

「里見八犬伝(1983年)」のネタバレあらすじ結末

里見八犬伝の紹介:1983年日本映画。鎌田敏夫の小説『新・里見八犬伝』を映画化した作品。時代劇に洋楽を取り入れるなど、斬新な演出が話題となった。妖婦玉梓とその軍勢によって城を攻め落とされた里見家。唯一生き残った静姫は、霊玉を持った男達から里見家と玉梓の100年に及ぶ因縁を知らされる。玉梓の怨念を打ち砕くため、静姫は霊玉を持つ八犬士を従え邪悪に立ち向かっていく。
監督:深作欣二 出演者:薬師丸ひろ子(静姫)、真田広之(犬江親兵衛)、千葉真一(犬山道節)、夏木マリ(玉梓)、目黒祐樹(蟇田素藤)ほか

「タンタンの冒険 ユニコーン号の秘密」のネタバレあらすじ結末

タンタンの冒険 ユニコーン号の秘密の紹介:2011年アメリカ映画。世界中で愛されるベルギー生まれのコミック『タンタンの冒険』が、スピルバーグによってエンタテインメント溢れる作品に仕上げられています。巧みなモーションキャプチャの手法と、随所に見られるコミックのモチーフから、スピルバーグの敬愛が感じられる、原作ファンも納得の出来です。
監督:スティーブン・スピルバーグ 出演者:ジェイミー・ベル(タンタン)、アンディ・サーキス(ハドック船長/フランソワ・ド・アドック)、ダニエル・クレイグ(サッカリン/レッド・ラッカム)ほか

「西遊記 はじまりのはじまり」のネタバレあらすじ結末

西遊記 はじまりのはじまりの紹介:2013年中国映画。玄奘の生業は妖怪ハンターでした。師から授かった彼の降伏は、妖怪の心に平穏を訴えかけるものでしたが、荒ぶる妖怪達には通用せず、常に失敗ばかりでした。そんな時、力で妖怪を捻じ伏せる女ハンター段と出会う。一目ぼれだと言い寄ってくる彼女と反発しながら、二人は最強の妖怪に戦いを挑む。西遊記の前日譚をコミカルに描くアクション映画。
監督:チャウ・シンチー 出演者:玄奘(ウェン・ジャン)、段(スー・チー)、孫吾空(ホアン・ボー)、魚の妖怪(リー・ションチン)、豚の妖怪(チェン・ビンキャン)、天残脚/足じい(チャン・チャオリー)、虎筋蟷螂(シン・ユー)、空虚王子(ショウ・ルオ)

「白鯨との闘い」のネタバレあらすじ結末

白鯨との闘いの紹介:2015年アメリカ映画。何十年も前に遭難したエセックス号には実は隠されていた事実があった。生き残りのニカーソンはようやく重い口を開き始める。ハーマン・メルヴィルの「白鯨」の裏側に迫るナサニエル・フィルブリックのノンフィクション「復讐する海 捕鯨船エセックス号の悲劇」をもとにしたサバイバルドラマ。
監督:ロン・ハワード 出演:クリス・ヘムズワース(オーウェン・チェイス)、ベンジャミン・ウォーカー(ジョージ・ポラード)、キリアン・マーフィ(マシュー・ジョイ)、トム・ホランド(トーマス・ニカーソン)、ほか

「アフリカの女王」のネタバレあらすじ結末

アフリカの女王の紹介:1951年イギリス映画。C・S・フォレスターの同名小説の映画化で、ハンフリー・ボガートがアカデミー主演男優賞を受賞。ジョン・ヒューストン監督は当時としては珍しいアフリカロケを敢行。リアルなジャングルと沼地をカメラに収めた。
監督:ジョン・ヒューストン 出演:ハンフリー・ボガート(チャールズ)、キャサリン・ヘプバーン(ローズ)、ロバート・モーレイ、ピーター・ブル、ほか

「カプリコン・1」のネタバレあらすじ結末

カプリコン・1の紹介:1977年アメリカ,イギリス映画。「宇宙からの中継がもし嘘だったら?」。陰謀論で取り上げられる題材をそのまま映画にしたポリティカル・サスペンス。エリオット・グールド、ハル・ホルブルックなど、癖のある性格俳優がキャスティングされた佳作。
監督:ピーター・ハイアムズ 出演:エリオット・グールド(コールフィールド)、ジェームズ・ブローリン(ブルーベーカー)、カレン・ブラック(ジュディ)、テリー・サヴァラス(農薬散布会社の社長)、ほか

「インフェルノ」のネタバレあらすじ結末

インフェルノの紹介:2016年アメリカ映画。病院で目覚めたラングドン教授はその時数時間の記憶を失くしていた。自分が何故そこにいるのかも分からない、さらに突然謎の人物が教授を襲撃する。教授は何者かに狙われていた。その場に居合わせた医師シエナと共に逃げる教授は失くした記憶と少ないヒントで事件の真相を探ろうとする。そこで手に入れたキーワードはダンテの地獄編だった。トム・ハンクスが主演を務めるダン・ブラウン原作小説映画化『ダ・ヴィンチ・コード』シリーズの第3弾。
監督:ロン・ハワード 出演:トム・ハンクス(ロバート・ラングドン)、フェリシティ・ジョーンズ(シエナ・ブルックス)、イルファン・カーン(ハリー・シムズ)、オマール・シー(クリストフ・ブシャール)、ベン・フォスター(バートランド・ゾブリスト)、シセ・バベット・クヌッセン(エリザベス・シンスキー)、ほか

「エアベンダー」のネタバレあらすじ結末

エアベンダーの紹介:2010年アメリカ映画。南の水の国にすむカタラとその兄のサカはある日、村の外れで一人の少年が氷漬けになっているのを発見する。彼こそが100年前に姿をくらませていたアバターだった。アバターとはその世界に一人だけ存在する四つの元素である火、水、土、気を操ることのできる者であり同時に火の国の人間から狙われている存在でもあった。目覚めた彼は自分の故郷である村へ帰ると言い出すがその村は100年前に滅ぼされていた。
監督:M・ナイト・シャマラン 出演:アン(ノア・リンガー) カタラ(ニコラ・ペルツ) サカ(ジャクソン・ラスボーン) ズーコ(デーヴ・パテール) アイロ伯父(ショーン・トーブ) ジャオ司令官(アーシフ・マンドヴィ)ほか

「岳 -ガク-」のネタバレあらすじ結末

岳 -ガク-の紹介:2010年日本映画。山岳救助隊に入隊した椎名久美は過酷な訓練と山の恐ろしさに耐え、一人前の救助隊員へと成長していく。人気コミック「岳 みんなの山」が原作。山岳遭難救助を描いた山岳ドラマ。
監督:片山修 出演:小栗旬(島崎三歩)、長澤まさみ(椎名久美)、佐々木蔵之介(野田正人)、石田卓也(阿久津敏夫)、石黒賢(椎名恭三)、市毛良枝(谷村文子)、渡部篤郎(牧英紀)、ほか

「キング・オブ・エジプト」のネタバレあらすじ結末

キング・オブ・エジプトの紹介:2016年アメリカ映画。原題は「ゴッズ・オブ・エジプト」。アメリカでは、エジプトの話なのに、多くを白人が演じていたり歴史考証的に荒唐無稽なことや、受賞しているのが白人のみで一騒動あり、主役2人と脇役数人以外は実力派の人気声優で固めています。かつて古代エジプトは神が支配していた。だが正しき王オシリスがその弟セトの悪しき野心によって殺され、その息子ホルスも両眼を奪われる。人々は、死後の世界の平安を得るために黄金を支払わければいけなくなるが、1人のコソ泥ベックが、奪われた恋人ザヤを助けるために立ち上がる。神と人間の奇妙な共闘によって果たしてエジプトは救われるのか?
監督:アレックス・プロヤス 出演:ブレントン・スウェイツ(ベック)、チャドウィック・ボーズマン(トト)、エロディ・ユン(ハトホル)、コートニー・イートン(ザヤ)、ルーファス・シーウェル(ウルシュ)、ジェラルド・バトラー(セト)、ジェフリー・ラッシュ(ラー)、レイチェル・ブレイク(イシス)、ブライアン・ブラウン(オシリス)、ほか

1 2 3 4 5 6
TOP↑