アニメ映画のネタバレ

「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ黄金のスパイ大作戦」のネタバレあらすじ結末

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ黄金のスパイ大作戦の紹介:2011年日本映画。クレヨンしんちゃん劇場版の第19作目の作品です。いつも通りクレヨンしんちゃんの特徴でもあるちょっとお下劣なコメディーを織り交ぜて、大切なテーマを伝えています。「親はいつも正しいことを言っているとは限らない。時には自分で判断するときも子供にはある。」という深いテーマが隠されています。そんなとき親はどうやって子供の意見に耳を傾けて見守っていくかが大事であることに気づかされます。アイドルの関ジャニ∞が主題歌を担当し、声優にも参加しています。
監督:増井壮一 出演:矢野晶子(野原しんのすけ)、ならはしみき(野原みさえ)、藤原啓治(野原ひろし)、こおろぎさとみ(野原ひまわり)、シロ(風間トオル、真柴摩利)、愛河里花子(レモン)、村上信五(ジャガー)、大倉忠義(マッシュ)、ほか

「GANTZ:O(ガンツ:オー)」のネタバレあらすじ結末

GANTZ:O(ガンツオー)の紹介:2016年日本映画。ある日加藤は通り魔に刺し殺されてしまう。死んだはずの彼が辿りついたのは黒い球体が置かれたどこにでもある普通の部屋だった。死んだはずの人間達が謎の星人と壮絶な死闘を繰り広げる……。奥浩哉先生が週刊ヤングジャンプで2000年から13年間連載し、累計発行部数2100万部を売り上げた漫画「GANTZ」でシリーズ最凶ミッションと言われ、原作ファンでも一番人気の高い大阪ミッションの完全3DCG映画です。
監督:川村泰 声の出演:小野大輔(加藤勝)、M・A・O(山咲杏)、郭智博(西丈一郎)、早見沙織(レイカ)、池田秀一(鈴木良一)、ケンドーコバヤシ(岡八郎)、レイザーラモンRG(室谷信雄)、ほか

「未来少年コナン」のネタバレあらすじ結末

未来少年コナンの紹介:1979年日本映画。宮崎駿監督が始めて手がけた作品で知られる、未来少年コナンシリーズ。最初テレビで放映されましたが、その放映されたものをまとめて劇場版が作られました。宮崎監督のファンであれば見ておいた方が良い作品です。今のジブリの世界観に比べれば絵も荒く、ストーリーもそれほど綿密ではありませんが、後に数々の大作を生み出す宮崎ワールドの原点と思わしき片鱗があちこちに垣間見れます。2008年の世界をその当時の想像で描いていますが、核への恐怖があるなど、あながち間違っていないところに、少し恐怖を感じます。主人公の男の子と女の子は、なんとなく天空のラピュタに近いような気がします。
監督:佐藤肇 (テレビシリーズ監督:宮崎駿) 声優: 小原乃梨子(コナン)、信澤三惠子(ラナ)、山内雅人(ブライアン・ラオ)、青木和代(ジムシィ)、永井一郎(ダイス)、家弓家正(レプカ)、吉田理保子(モンスリー)、ほか

「ドラゴンボールZ 激突!!100億パワーの戦士たち」のネタバレあらすじ結末

ドラゴンボールZ 激突!!100億パワーの戦士たちの紹介:1992年日本映画。かつて倒したはずのフリーザの兄、クウラが宇宙を漂うコンピュータチップと融合、巨大な要塞を操って新ナメック星を飲み込もうとしていた。再び戦いを挑む悟空、新ナメック星の運命は・・・
監督:西尾大介 原作:鳥山明 声優:野沢雅子(孫悟空)、田中真弓(クリリン)、古川登志夫(ピッコロ)、亀仙人(宮内幸平)、ベジータ(堀川亮)ほか

「ドラえもん 2112年ドラえもん誕生」のネタバレあらすじ結末

ドラえもん 2112年ドラえもん誕生の紹介:1995年日本映画。22世紀のとある工場で子守用ロボットが大量生産させていたが、その中の一体が静電気に当たりネジが抜けてしまう。他のロボット達と異なり個性的な性格となってしまったが、それこそがあのドラえもんであった。
監督:米谷良知 声優:大山のぶ代(ドラえもん)、横山智佐(黄色いドラえもん)、よこざわけい子(ドラミちゃん)、皆口裕子(ノラミャー子)、矢田稔(藤子・F・不二雄先生)、ほか

「くもりときどきミートボール」のネタバレあらすじ結末

くもりときどきミートボールの紹介:2009年アメリカ映画。イワシが名産のある港町に住むここの住人達は長年のイワシに飽きが来ていた。そんな時、この町に住む発明家のフリントはある機械を発明する。それは水を食べ物に変えることが出来るという物だった。これまでろくな発明もなく町の皆から嫌われてきたフリントはこの発明により初めて
皆に認められる。しかしその機械は使い続ける内に暴走を始める。
監督:フィル・ロード クリストファー・ミラー 出演:フリント・ロックウッド(ビル・ヘイダー) サム・パークス(アンナ・ファリス) ティム・ロックウッド(ジェームズ・カーン) スティーブ(ニール・パトリック・ハリス) シェルボーン(ブルース・キャンベル) ブレント・マクヘイル(アンディ・サムバーグ)

「アングリーバード」のネタバレあらすじ結末

アングリーバードの紹介:2016年フィンランド,アメリカ映画。フィンランドで作られた「アングリーバード」というゲームがもとになった映画。ゲーム、TVアニメ「アングルーバーズ・トゥーンズ」の前日譚が描かれます。何故、飛べない鳥たちがピッグ達に怒っているのか?それはピッグ軍団(緑色の豚達)に大事な卵を盗られたから。果たして、鳥たちは奪還することができるのでしょうか?
監督ファーガル・ライリー、クレイ・ケイティス 声優:ジェイソン・サダイキス/坂上忍(レッド)、ジョシュ・ギャッド/勝杏里(チャック)、ダニー・マクブライド/乃村健次(ボム)、マーヤ・ルドルフ/園崎未恵(マチルダ)、ケイト・マッキノン/三森すずこ(ステラ)、ほか

「ガールズ&パンツァー 劇場版」のネタバレあらすじ結末

ガールズ&パンツァー 劇場版の紹介:2015年公開の日本のアニメーション映画。戦車道という戦車を用いた武道が、大和撫子の嗜みとして知られている世界。全国大会で優勝を勝ち取り、大洗女子学園の廃校を阻止したみほたち。平和に続く日常を過ごしていたある日、大洗町でエキシビジョンマッチが開催される報せが届く。
監督:水島努 声優:渕上舞(西住みほ)、茅野愛衣(武部沙織)、尾崎真実(五十鈴華)、中上育実(秋山優花里)、井口裕香(冷泉麻子)、ほか

「マダガスカル3」のネタバレあらすじ結末

マダガスカル3の紹介:2012年アメリカ映画。マダガスカル3はドリームワークス社が手がけたCGアニメーション映画の第3段です。ニューヨークの動物園にいた動物たちが、初回ではマダガスカルに漂着して新しい生活を始めましたが、マダカスカル2ではニューヨークへ飛行機で帰ろうとしたところアフリカのサバンバに墜落し、舞台をアフリカに移していました。今回はその続編となり、また活躍の舞台を移すことになります。今回はヨーロッパの都市から、なぜかサーカス団たちに紛れ込んでニューヨークを目指します。映像の美しさと音楽の素晴らしさは前回や前々回をはるかに上回り、とても見応えがあり評価の高い作品です。主人公であるライオンのアレックスたちの行動範囲も広がり、見ている方をわくわくさせてくれます。今回は人間の悪役が出てくるところも、ストーリーにスパイスを与えています。

「マダガスカル2」のネタバレあらすじ結末

マダガスカル2の紹介:2008年アメリカ映画。マダガスカル2はドリームワークス社が手がけたCGアニメーション映画の第2段です。ニューヨークの動物園にいた動物たちが、前回マダガスカルに漂着して新しい生活を始めましたが、その続編となります。今回はアレックスがなぜニューヨークの動物園に行くことになってしまったかが描かれていて、興味を惹かれます。前回同様、ニューヨークの動物園で仲良しだった、ライオン、シマウマ、キリン、カバの4頭の関係性がおもしろく、彼らの会話はウィットに富んでいてとてもおもしろいです。声優も日本語吹き替え版の声優もほとんど前回と変わっていないので、安心して見ることができます。

「マダガスカル」のネタバレあらすじ結末

マダガスカルの紹介:2005年アメリカ映画。マダガスカルはドリームワークス社が手がけたCGアニメーション映画です。ニューヨークの動物園から逃げ出した動物たちが、飛び出した先で繰り広げられるハプニングとコメディーを描いています。ニューヨークの動物園で人間を喜ばすために働いている動物たちは、日々都会ナイズされた生活の中でストレスを感じながら仕事をしています。その動物園の動物の心理に着目してアニメーションを制作している点がおもしろいです。ライオンはそんな都会の生活が当たり前だと思っていて、本来の自分の性質である肉食獣であることがよく分かっていません。それが解放され、ジャングルに迷い込んだ時に本来の自分の野生の部分に目覚め、戸惑う様子がおもしろく描かれています。4頭の動物がニューヨークの動物園から逃げ出すのですが、この4頭の関係性がおもしろく、特にライオンとシマウマのスピーディーなやりとりは笑いどころであり、見どころでもあります。また日本語吹き替え版の声優が多くの日本の著名な俳優を使っており、それぞれにとても上手なのでこちらも見応え聞きごたえがあります。

「レッドタートル ある島の物語」のネタバレあらすじ結末

レッドタートル ある島の物語の紹介:2016年日本,フランス,ベルギー映画。スタジオジブリとして初の海外との共同制作作品。第69回カンヌ国際映画祭・「ある視点」部門特別賞の受賞作品。吹き荒れる嵐によって海に放り出されて無人島に漂着した男、その後どのような運命をたどるのかを描く。高畑勲監督やプロデューサーの鈴木敏夫が制作サイドに名を連ねる。作中、叫び声などを除いて明確なセリフが無いという斬新な作品となっている。
監督:マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット

「怪盗グルーの月泥棒」のネタバレあらすじ結末

怪盗グルーの月泥棒の紹介:2010年アメリカ映画。ユニバーサル・ピクチャーズ制作で初の3Dアニメ映画。盗みや人の嫌がることばかりする怪盗グルーがひょんなことから三姉妹の父親がわりになります。始めは子供嫌いのグルーなため、子供達に冷たく当たりますが、子供達と暮らすうちに本来の温かい気持ちを取り戻し、本当の幸せとは何なのか気づいていく過程を描く。映像が可愛らしく、ミニオンたちのおかしく楽しい動きに画面に釘付けになります。日本語吹替版では怪盗グルーの声を笑福亭鶴光さんが担当しています。
監督:ピエール・コフィン、クリス・ルノー 出演:スティーヴ・カレル(グルー)、ジェイソン・シーゲル(ベクター)、ラッセル・ブランド(ネファリオ博士)、ジュリー・アンドリュース(グルーの母)、ウィル・アーネット(パーキンス氏)、クリステン・ウィグ(ハッティーさん)、ミランダ・コスグローヴ(マーゴ)、ほか

「カクレンボ」のネタバレあらすじ結末

カクレンボの紹介:2005年日本映画。荒廃した街の中、「オトコヨ様のお遊戯」というカクレンボが密かに行われていた。行方不明の妹を探すヒコラは友人ヤイマオと共にカクレンボに参加するが、彼らを異形の鬼が待ち受けていた。次第に明らかになる恐ろしい真実。3DCGを駆使して禍々しい世界観を表現した短編ホラーアニメ。
監督:森田修平 出演者:竹内順子(ヒコラ)、植木誠(ヤイマオ)、鈴木真仁(女の子(ソリンチャ))、内藤玲(ノシガ)、石橋美佳(タチジ)、小林晃子(スク)ほか

「ピアノの森」のネタバレあらすじ結末

ピアノの森の紹介:2007年日本映画。挫折、嫉妬など楽器を演奏する人間の複雑な心情がうまく描かれており、その負の感情を超えた少年の友情が描かれています。改めてクラシック音楽素晴らしさにの涙腺を刺激する作品になっています。
監督 :小島正幸 声の出演:上戸彩(一ノ瀬海)、神木隆之介(雨宮修平)、池脇千鶴(一ノ瀬怜子)、福田麻由子(丸山誉子)、宮迫博之(阿字野壮介)、ほか

1 12 13 14 15 16 17 18 19 20 28
TOP↑