アニメ映画のネタバレ

「耳をすませば」のネタバレあらすじ結末

耳をすませばの紹介:1995年スタジオジブリ長編アニメ映画。「耳をすませば」は柊あおいの漫画が原作。中学生で読書が好きで、作家を目指す少女は、電車の中で出会った猫に導かれ、「地球屋」という不思議な店にたどり着きます。本の貸し出しカードで名前だけは知っていた少年と出会い、2人は夢を追いかけ始めます。
監督:近藤喜文 声の出演:月島雫(本名陽子)/天沢聖司(高橋一生)/西司郎(小林桂樹)/バロン(露口茂)/月島靖也(立花隆)ほか

「もののけ姫」のネタバレあらすじ結末

もののけ姫の紹介:1997年スタジオジブリ映画。もののけ姫は、宮崎駿が脚本監督を手がけたジブリの長編作品で、当時の日本の興行収入を塗り替えた作品です。自然と神々と共存していた遥か昔、タタリ神の呪いを受けた青年が呪いを絶つため、真実を知る旅にでます。そこでは、自然を壊すことで生きている人間と、人間を恨む動物や神々の戦いが繰り広げられていました。青年はそこで人間に捨てられ山犬に育てられたもののけ姫に出会います。
監督:宮崎駿 声の出演:アシタカ(松田洋治)、サン・もののけ姫(石田ゆり子)、エボシ御前(田中裕子)、ジコ坊(小林薫)、モロの君(美輪明宏)ほか

「ハウルの動く城(2004)」のネタバレあらすじ結末

ハウルの動く城の紹介:2004年スタジオジブリ映画。この作品は、スタジオジブリ制作の長編アニメーションで、児童書「魔法使いハウルと火の悪魔」を原作として作られた作品です。帽子屋の娘ソフィーは、ある日荒地の魔女に呪いをかけられ、老婆になってしまいます。ソフィーは、魔法使いハウルの動く城へと入り込み、掃除婦と言い張って、城で暮らすことになります。ソフィーの呪いは解くことができるのか、そしてハウルと火の悪魔カルシファーの秘密とは?
監督:宮崎駿 声の出演:ソフィー(倍賞千恵子)、ハウル(木村拓哉)、荒地の魔女(美輪明宏)、マルクル(神木隆之介)、カルシファー(我修院達也)ほか

「コクリコ坂から」のネタバレあらすじ結末

コクリコ坂からの紹介:2011年スタジオジブリ映画。コクリコ坂からは、宮崎吾郎が監督を務めた2作目の作品で、少女漫画を原作にした作品です。男子文化部の部室棟「カルチェラタン」の取り壊しを巡り、全校生徒を巻き込んだ騒動が起こります。生徒達は、カルチェラタンを守ることができるのか。そして、主人公の恋の行方は?
監督:宮崎吾郎 声の出演:松崎海(長澤まさみ)、風間俊(岡田准一)、水沼史郎(風間俊介)、松崎良子(風吹ジュン)、徳丸理事長(香川照之)ほか

「リトル・マーメイド2」のネタバレあらすじ結末

リトル・マーメイド2 Return to the Seaの紹介:2000年アメリカ映画。この作品は、「リトル・マーメイド」の続編として作成された、ディズニー長編アニメーションです。前作で結ばれた、元人魚アリエルと人間エリックの間に生まれた娘メロディが主人公として登場します。アリエルが陸に憧れたように、彼女は海に憧れを抱き、魔女の罠に巻き込まれていきます。メロディは、冒険を通して、何を知り、何を得るのでしょうか。
監督:ジム・カマラッド 出演:メロディ(タラ・シャレンドフ/中山エミリ)、モルガナ(パット・キャロル/久本雅美)、アリエル(ジョディ・ベンソン/すずきまゆみ)、ティップ(マックス・カセラ/高木捗)、ダッシュ(スティーブン・ファースト/茶川林)ほか

「リトル・マーメイド」のネタバレあらすじ結末

リトル・マーメイド/人魚姫の紹介:1989年アメリカ映画。この作品は、海に暮らす人魚と人間の恋を描いた、アンデルセン「人魚姫」をモチーフに、ディズニーが制作した、長編アニメーション映画です。プロードウェイや劇団四季で、舞台化上演される人気作品です。人間に恋した人魚アリエルは、魔女と「声」を引き換えに人間の足を手に入れます。彼女は、3日以内に真実のキスをしなければ、魔女に全てを奪われてしまいます。アリエルは、恋した相手と結ばれることができるのでしょうか。
監督:ジョン・マスカー、ロン・クレメンツ 出演:アリエル(ジョディ・ベンソン/すずきまゆみ)、セバスチャン(サミュエル・E・ライト/上篠恒彦)、アースラ(パット・キャロル/森公美子)、エリック(クリストファー・ダニエル・バーンズ/井上和彦)、フランダー(ジェイソン・マリン/大友大輔)ほか

「ティンカー・ベル」のネタバレあらすじ結末

ティンカー・ベルの紹介:2008年アメリカ映画。それは、世界で一番有名な妖精の、誰も知らない秘密の物語…」というキャッチコピーで制作された、ティンカーベルのCGアニメです。春を届ける妖精達の国に生まれたティンカーベルは、自分のもの作りの才能を否定してしまいます。自分には、別の才能があるのでは?と行動する彼女ですが、空回りしてばかり。ティンカーベルは、自分と向き合うことができるのか。そして、妖精達は無事に春を届けることができるのでしょうか。
監督:ブラッドリー・レイモンド 出演:ティンカーベル(メイ・ホイットマン/深町彩里)、フェアリーメアリー(ジェーン・ホロックス/山像かおり)、テレンス(ジェシー・マッカートニー/細谷佳正)、ヴィディア(パメラ・アドロン/朴璐美)、クラリオン女王(アンジェリカ・ヒューストン/高島雅羅)ほか

「ピーター・パン2」のネタバレあらすじ結末

ピーターパン2/ネバーランドの秘密の紹介:2002年アメリカ映画。この作品は、「ピーターパン」の続編として制作されたアニメーション映画です。第2次世界大戦中のロンドンで、夢見ることを忘れた少女ジェーンが、母ウェンディと間違えられてネバーランドへ攫われてしまいます。彼女は、ピーター・パンやロストボーイ達との冒険の中で、何を得るのでしょうか。
監督:ロビン・バッド、ドノヴァン・クック 声の出演:ジェーン・ダーリング(ハリエット・オーウェン/上戸彩)、ピーター・パン(ブレイン・ウィーバー/林勇)、フック船長(コーリー・バートン/内田直哉)、ミスター・スミー(ジェフ・ベネット/熊倉一雄)、ダニー・ダーリング(アンドリュー・マクドノゥ/小倉裕大)ほか

「ピーター・パン (1953)」のネタバレあらすじ結末

ピーター・パン (1953年)の紹介:1953年アメリカ映画。この作品は、戯曲をもとに制作された、アニメーション長編映画です。ウェンディたち姉弟のもとに、永遠の子供ピーターパンが現れ、ネバーランドへと冒険に旅立ちます。人魚たちとの出会いや、インディアンとの抗争、宿敵フック船長との戦い、そして空を自由に飛ぶ姿は、映画を見る子供達の永遠の憧れです。
監督:ウィルフレッド・ジャクソン/ハミルトン・ラスク、クライド・ジェロニミ 声の出演:ピーター・パン(ボビー・ドリスコール/後藤真寿美)、ウェンディ・ダーリング(キャサリン・ボーモント/土井美香)、フック船長(ハンス・コンリード/江原正士)、ミスター・スミー(ビル・トンプソン/牛山茂)、ジョン・ダーリング(ポール・コリンズ/池田真)、マイケル・ダーリング(トミー・ラスク/下川久美子)ほか

「さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち」のネタバレあらすじ結末

さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たちの紹介:1978年日本映画。イスカンダルへの1年間の航海を終え、放射能除去装置を地球に持ち帰り地球の危機を救った宇宙戦艦ヤマトとそのクルー達であったが、それから1年経過して地球は復興し、過去の闘いのことは忘れつつあった。その中でアンドロメダの彼方、ウミヘビ座の方向から迫る「白色彗星」という新たな脅威、それを警告するテレザート星のテレサの通信に耳を傾けたのは旧ヤマトのクルー達だけだった。
監督:舛田利雄、松本零士 声の出演:納谷悟朗(沖田十三)、富山敬(古代進)、仲村秀生(島大介)、麻上洋子(森雪)、神谷明(加藤三郎)、野村信次(真田志郎)、伊武雅之(デスラー総統)、永井一郎(徳川彦佐衛門/佐渡酒造)、安原義人(太田健二郎)ほか

「プレーンズ」のネタバレあらすじ結末

プレーンズの紹介:2013年アメリカ映画。ディズニー・ピクサーによる飛行機たちを主人公とした「ブレーンズ」シリーズの第1作目になります。農薬散布機のダスティーが、世界一周レースに参加することになりますが、そこには多くの問題が立ちはだかります。飛行機なのに高所恐怖症であるダスティは、無事にレースを飛びきることができるのでしょうか。
監督:クレイ・ホール 出演:ダスティー・クラップホッパー(デイン・クック/瑛太)、スキッパー・レイリー(ステイチー・キーチ/石田太郎)、エル・チュパカプラ(カルロス・アラズラキ/井上芳雄)、イシャーニ(プリヤンカー・チョープラー/小林沙苗)、リップスリンガー(ロジャー・クレイグ・スミス/森田順平)ほか

「ミニオンズ」のネタバレあらすじ結末

ミニオンズの紹介:2015年アメリカ映画。大ヒットを記録したアニメーション映画、怪盗グルーシリーズからのスピンオフで、ミニオンズの起源とグルーに出会うまでを面白く描いた作品です。
監督:ピエール・コフィン、カイル・バルダ 声の出演: サンドラ・ブロック(スカーレット・オーバーキル)、ジョン・ハム、マイケル・キートン、アリソン・ジャネイ、スティーヴ・クーガンほか

「劇場版ポケットモンスター 水の都の護神 ラティアスとラティオス」のネタバレあらすじ結末

劇場版ポケットモンスター/水の都の護神 ラティアスとラティオスの紹介:2002年日本映画。この作品は、アニメ「ポケットモンスター」通称無印編での劇場版5作品目にして、最後の作品になります。人間を守るために命をかけたポケモンと、その命によって生まれた「こころのしずく」を護る人々と、それを狙う怪盗とのバトルを描いています。迫力ある水上レースのシーンも多く、また音楽が前作までの映画よりも軽快な曲が多いのも注目です。
監督:湯山邦彦 出演:サトシ(松本梨香)、カスミ(飯塚雅弓)、カノン(折笠富美子)、ボンゴレ(グッチ裕三)、リオン(釈由美子)ほか

「劇場版ポケットモンスター セレビィ 時を越えた遭遇」のネタバレあらすじ結末

劇場版ポケットモンスター/セレビィ 時を越えた遭遇(であい)の紹介:2001年日本映画。この作品は、アニメ「ポケットモンスター」の劇場版第4作目の作品です。今回は、時を超えるポケモンセレビィによって、過去からやってきた少年とサトシとの交流が描かれています。悪の組織に狙われるセレビィにより、ポケモンと人間のバランスが崩れ、森の命とセレビィの命が危険にさらされます。サトシは、セレビィを守り、少年を過去へ帰すことができるのでしょうか。
監督:湯山邦彦 出演:サトシ(松本梨香)、カスミ(飯塚雅弓)、ユキナリ(戸田恵子)、ビシャス(佐野史郎)、ハンター(山寺宏一)ほか

「劇場版ポケットモンスター 結晶塔の帝王 エンテイ」のネタバレあらすじ結末

劇場版ポケットモンスター 結晶塔の帝王 エンテイの紹介:2000年日本映画。この作品は、アニメ「ポケットモンスター」の劇場版第3作品目。今回は、前作までとは違い、「悪に襲われるポケモンを救う」のではなく、「ポケモンが少女を助けようとする」をテーマとしています。孤独な少女に、夢を具現化する力を与えたポケモンアンノーンと、具現化したエンテイ。主人公であるサトシは、少女の心を救い、夢の世界から助け出すことはできるのでしょうか。
監督:湯山邦彦 出演:サトシ(松本梨香)、カスミ(飯塚雅弓)、ハナコ(豊島まさみ)、ミー(矢島晶子)、エンテイ(竹中直人)ほか

1 12 13 14 15 16 17 18 19 20 22
TOP↑