ホラー映画のネタバレ

「MAMA」のネタバレあらすじ結末

映画MAMAの紹介:2013年カナダ、スペイン映画。行方不明だった幼い姉妹の世話をしていたママとはいったい何者なのか?得体の知れない影の正体が露わになる時、待ち受ける悲劇。
監督:アンドレス・ムシェッティ 出演:ジェシカ・チャスティン、ニコライ・コスター=ワルドウ、ミーガン・シャルパンティエ、イザベル・ネリッセ、ダニエル・カッシュ、ハビエル・ボテほか

「永遠のこどもたち」のネタバレあらすじ結末

永遠のこどもたちの紹介:2007年スペイン、メキシコ映画。空想の友達と遊ぶ息子シモンがある日失踪。その日を境に家では不審な物音が耐えない。そして暴かれた孤児院の悲劇とは?
監督:J.A.バヨナ 出演:ベレン・ルエダ、フェルナンド・カヨ、ロジェ・プリンセブ、マベル・リベラ、モンラセット・カルージャ、エドガー・ビバルほか

「サプライズ」のネタバレあらすじ結末

サプライズの紹介:2011年アメリカ映画。家族パーティの最中、アニマルマスク集団に襲撃される人々の困惑を描くサプライズ。映画サプライズは全体的にスプラッター描写が多く、女性1人で襲撃者に反撃するという内容のホラー映画で、意表をつくストーリーから観客の話題をさらいました。
監督:アダム・ウィンガード 出演者:シャーニ・ヴィンソン、ニコラス・トゥッチ、ウェンディ・グレン、マーガレット・レイニーほか

「ソウ ザ・ファイナル 3D」のネタバレあらすじ結末

ソウ ザ・ファイナル 3Dの紹介:2010年カナダ/アメリカ映画。長年にわたって視聴者を恐怖の渦に叩き込んで来た伝説のシリーズ『ソウ』、7作目にして完結作。ジグソウことジョンが育ててきた後継者たちが明らかになる。今回も行われる非道なゲームから目を離せない。2017年には『ソウ』の新章である『ジグソウ:ソウ・レガシー』が公開。
監督:ケヴィン・グルタート 出演:トビン・ベル(ジョン・クレイマ―)、ショーン・パトリック・フラナリー(ボビー・デイゲン)、ベッツィ・ラッセル(ジル・タック)、ケイリ―・エルウィス(ローレンス・ゴードン)、コスタス・マンディロア(マーク・ホフマン)ほか

「ソウ6」のネタバレあらすじ結末

ソウ6 の紹介:2009年カナダ/アメリカ/イギリス/オーストラリア映画。ソウシリーズ第6弾で、今作ではついにホフマンの正体が警察に暴かれ、ジョンの妻であるジルがホフマンに反撃をするという衝撃のストーリーが展開されます。
監督:ケヴィン・グルタート 出演:トビン・ベル、コスタス・マンディロア、ピーター・アウターブリッジ、サマンサ・レモールほか

「ソウ5」のネタバレあらすじ結末

ソウ5 の紹介:2008年アメリカ/カナダ映画。ソウシリーズの第5弾で、今作では新たな後継者によるゲームが繰り広げられます。また、今までのシリーズではお馴染みのフレーズであるゲームオーバーが出てこない作品となっています。
監督:デヴィッド・ハックル 出演:トビン・ベル、コスタス・マンディロア、スコット・パターソン、マーク・ロルストンほか

「ソウ4」のネタバレあらすじ結末

ソウ4の紹介:2007年アメリカ/カナダ映画。スリラー映画の第4弾で、今作ではゲームの首謀者であるジグソウの過去がついに暴かれます。第3弾と同じ時間軸で、物語が展開していきます。
監督:ダーレン・リン・バウズマン 出演:トビン・ベル、リリク・ベント、コスタス・マンディロア、ドニー・ウォルバーグほか

「ソウ3」のネタバレあらすじ結末

ソウ3の紹介:2006年アメリカ・カナダ映画。スリラー映画の第3弾で、今作では前2作に見られたミステリー要素がなくなり、残虐性が増した作品となっています。食肉加工工場でのゲームが繰り広げられます。
監督:ダーレン・リン・バウズマン 出演:トビン・ベル、ショウニー・スミス、アンガス・マクファーデン、バハー・スーメクほか

「ソウ2」のネタバレあらすじ結末

ソウ2の紹介:2005年アメリカ・カナダ映画。ソリッドシュチュエーションスリラー映画の第2弾。離婚後、息子との関係がうまくいかない刑事エリック。ある日同僚アリソンに呼ばれ、事件現場に赴くと、そこで顔見知りの男が惨殺されていた。現場の天井にはエリックへのメッセ―ジが。ついにジョンという星を挙げるも、すでに彼のゲームは始まっていた…。今回は監督が前作と変わり、ゲームの首謀者が逮捕されるという衝撃の展開から物語が進んでいきます。
監督:ダーレン・リン・バウズマン 出演:トビン・ベル、ドニー・ウォルバーグ、ディナ・メイヤー、リリク・ベントほか

「ソウ」のネタバレあらすじ結末

ソウの紹介:2004年アメリカ/オーストラリア映画。密室で起こる殺人ゲームという内容となっており、サンダンス映画祭で好評を得た作品です。また、ソウという題名は、ノコギリのソウと見るの過去形であるソウ、そしてジグソウという犯人の名前をかけている題名になります。監督:ジェームズ ワン 出演:ケイリー・エルウィス、リー・ワネル、ダニー・グローヴァー、ケン・レオンほか

「着信アリFinal」のネタバレあらすじ結末

着信アリFinalの紹介:2006年日本映画。韓国へと修学旅行に来ていた学生たちの元に、死の予告電話が鳴り始める。その着信の電話を受けとった者は、誰かに転送すれば助かるというものであった。転送すれば死なないと分かった生徒達は、自分だけは助かろうと恐ろしい行動に出る。
監督:麻生学 出演:堀北真希、黒木メイサ、板尾創路、チャン・グンソクほか

「グエムル -漢江の怪物-」のネタバレあらすじ結末

グエムル 漢江の怪物の紹介:2006年韓国映画。アメリカ軍が実際に漢江へホルムアルデヒドという薬品を捨てたという事実から着想を得て映画館した作品です。作品は反米色の強いものとなりました。
監督:ポン・ジュノ 出演:ソン・ガンホ、ピョン・ヒボン、パク・ヘイル、ペ・ドゥナ ほか

「着信アリ2」のネタバレあらすじ結末

着信アリ2の紹介:2005年日本映画。一年前にTV放送された「死の予告電話」の話や着信音は、今や誰からも忘れ去られていた。幼稚園で働いていた杏子は友達のまどかと共に、彼氏の尚人が働く中華店へと遊びにきていた。友人の携帯から「死の予告電話」の着信音が鳴り出し、事件は始まってしまった。
監督:塚本連平 出演:ミムラ、吉沢悠、瀬戸朝香、ピーター・ホーほか

「着信アリ」のネタバレあらすじ結末

着信アリの紹介:2004年日本映画。自分の携帯から電話がかかってくるという「死の予告電話」があると噂があった。単なる噂話と思っていた由美達であったが、友人の一人の携帯から知らない着信音が流れて消えた。携帯の表示には「着信アリ」と書かれていた。そこから次々と「死の予告電話」の恐怖が広がっていく。
監督:三池崇史 原作:秋元康 出演:柴咲コウ、堤真一、吹石一恵、岸谷五朗、松重豊ほか

「ドーン・オブ・ザ・デッド」のネタバレあらすじ結末

ドーン・オブ・ザ・デッドの紹介:2004年アメリカ映画。1978年製作のアメリカ映画『ゾンビ』のリメイク。今までのゆっくりと動くゾンビと違い、ゾンビが全速力で追いかけてくる様はドキドキハラハラである。看護師のアナが夫と二人で寝室に寝ていると、そこへ近所に住む少女が酷い怪我を追い寝室のドアの前に立っていた。介抱しようと夫が近づくが、それはゾンビと化した人ではないものだった。
監督:ザック・スナイダー 出演:サラ・ポーリー、ヴィング・レイムス、ジェイク・ウェバー、メキ・ファイファー、インナ・コロブキナほか

1 39 40 41 42 43 44
TOP↑