SF映画のネタバレ

「ガタカ」のネタバレあらすじ結末

ガタカの紹介:1997年アメリカ映画。産まれる前の遺伝子操作を行うことにより優秀な人間「適正者」が造れる近未来。この世界では遺伝子操作を受けていない「神の子」は勉強、スポーツ、ビジネスあらゆる面で、適正者より劣ると判断され、就職などで差別を受けていた。「神の子」であるヴィンセントは、宇宙飛行士の夢を叶える為に「適正者」に成りすまし、宇宙局ガタカに就職する。宇宙局で働く中で、偽者だとバレないように必死に努力し、宇宙に旅立つことを目指す。
監督:アンドリュー・ニコル 出演者:イーサン・ホーク(ヴィンセント)、ユマ・サーマン(アイリーン)、ジュード・ロウ(ジェローム)、ローレン・ディーン(アントン・フリーマン)ほか

「トータル・リコール」のネタバレあらすじ結末

トータル・リコールの紹介:1990年アメリカ映画。謎の組織から、記憶を上書きされて、別の人間にされてしまったアーノルド・シュワルツェネッガーが記憶を取り戻すために、火星に住む悪党に戦いを挑む。傑作SFアクション映画。
監督:ポール・バーホーベン 出演者:アーノルド・シュワルツェネッガー(ダグラス・クエイド / ハウザー)、シャロン・ストーン(ローリー),レイチェル・ティコティン(メリーナ),ロニー・コックス(コーヘイゲン)ほか

「SUPER 8/スーパーエイト」のネタバレあらすじ結末

SUPER 8/スーパーエイトの紹介:2011年アメリカ映画。映画祭のための映画を撮影していたジョーとその仲間達。ある夜駅のホームでワンシーンを撮影しているとそこに列車がやってきた。いい物が撮れると考えたジョー達だったが次の瞬間列車は横転。大爆発を巻き起こし辺りは騒然となる。難を逃れたジョー達はすぐにその場を立ち去ったが彼らが持っていたカメラにある物が映っていた。それはこの街をパニックに陥れる存在だった。
監督:J・J・エイブラムス 出演:ジョー・ラム(ジョエル・コートニー)、アリス・デイナード(エル・ファニング)、チャールズ・カズニック(ライリー・グリフィス)、ケアリー(ライアン・リー)、マーティン(ガブリエル・バッソ)、プレストン(ザック・ミルズ)、ネレク大佐(ノア・エメリッヒ)、ウッドワード(グリン・ターマン)、ジャック・ラム(カイル・チャンドラー)ほか

「マイノリティ・リポート」のネタバレあらすじ結末

マイノリティ・リポートの紹介:2002年アメリカ映画。トムクルーズ主演のハリウッド映画です。アクション映画と思って見ると、終始暗い映像に面食らいますが、サスペンスとして見る分には申し分ない内容です。驚きの展開があり、見る人を画面に釘付けにします。また、高度なシステムと合理性は、時に人間の大切な部分を蝕んでしまうということに考えさせられます。人間は時に我を失い犯罪に走ることもありますが、一方で冷静で良心があり法に従い行動をすることができる「マイノリティー」があることに私達は気づかされます。
監督:スティーブン・スピルバーグ 出演:トムクルーズ(ジョン・アンダートン)、コリン・ファレル(ダニー・ウィットワー)、サマンサ・モートン(アガサ)、マックス・フォン・シドー(ラマー局長)、ロイス・スミス(アイリス博士)、ピター・ストーメアー(エディ医師)、キャスリン・モリス(ララ・クラーク)、ダニエル・ロンドン(ウォリー)ほか

「地球が静止する日」のネタバレあらすじ結末

地球が静止する日の紹介:2008年アメリカ映画。ある日、宇宙から地球に謎の球体が飛来、中から出て来た男は地球を救いに来たと言う。その意味がわかる時、男と共に出て来たロボットが行動を起こす。宇宙から圧倒的な科学力が地球を守る為に文明を滅ぼしていく。人類はこの未曾有の危機に変化せず滅んでしまうのか?1951年製作の傑作SF映画『地球の静止する日』をキアヌ・リーブス主演でリメイクした作品。
監督:スコット・デリクソン 出演者:クラトゥ(キアヌ・リーブス)、ヘレン・ベンソン(ジェニファー・コネリー)、ジェイコブ・ベンソン(ジェイデン・スミス)、レジーナ・ジャクソン(キャシー・ベイツ)、マイケル・グレイニア(ジョン・ハム)、カール・バーンハート(ジョン・クリーズ)ほか

「マトリックス3 レボリューションズ」のネタバレあらすじ結末

マトリックス3 レボリューションズの紹介:2003年アメリカ映画。救世主と予言の真実を知ったネオ達だが、機械達の侵攻は容赦なくザイオンに迫っていた。ザイオンは滅亡の危機だったが、マトリックスでもスミスによる侵食が進み危機に瀕していた。ネオは戦争終結の為にスミスと対決する事を選択する。人類と機械、双方の未来が彼に掛かっていた。新感覚SF映画の最終作。製作中オラクル役のグロリア・フォスターが亡くなりメアリー・アリスが引き継いでいる。
監督:ラリー・ウォシャウスキー、アンディ・ウォシャウスキー 出演者:ネオ(キアヌ・リーブス)、モーフィアス(ローレンス・フィッシュバーン)、トリニティー(キャリー=アン・モス)、ナイオビ(ジェイダ・ピンケット=スミス)、ロック(ハリー・J・レニックス)、エージェント・スミス(ヒューゴ・ウィーヴィング)、ベイン(イアン・ブリス)、オラクル(メアリー・アリス)、セラフ(コリン・チョウ)、サティー(タンビーア・K・アトウォール)、アーキテクト(ヘルムート・バカイティス)、ミフネ(ナサニエル・リーズ)ほか

「マトリックス2 リローデッド」のネタバレあらすじ結末

マトリックス2 リローデッドの紹介:2003年アメリカ映画。救世主として覚醒したネオを擁するザイオンとマトリックスの戦争が佳境に入った頃、ネオはトリニティが死ぬ悪夢に悩まされる。ネオはそれでも戦いを続け、マトリックスの中枢に入る機会を得る。しかしそこに新たな力を手に入れたスミスが立ちはだかる。それを掻い潜り中枢に入った時、ネオはマトリックスと救世主の間ある真実を知る。新感覚映像満載のSF映画の第2弾。全周2.5kmにも及ぶ高速道路セットを作って挑んだ撮影は圧巻。
監督:ラリー・ウォシャウスキー、アンディ・ウォシャウスキー 出演者:ネオ(キアヌ・リーブス)、モーフィアス(ローレンス・フィッシュバーン)、トリニティー(キャリー=アン・モス)、ナイオビ(ジェイダ・ピンケット=スミス)、ロック(ハリー・J・レニックス)、エージェント・スミス(ヒューゴ・ウィーヴィング)、ベイン(イアン・ブリス)、オラクル(グロリア・フォスター)、セラフ(コリン・チョウ)、アーキテクト(ヘルムート・バカイティス)、ミフネ(ナサニエル・リーズ)、キッド(クレイトン・ワトソン)ほか

「X-MEN:アポカリプス」のネタバレあらすじ結末

X-MEN:アポカリプスの紹介:2016年アメリカ映画。「X-MEN アポカリプス」の紹介。「X-MEN アポカリプス」は16年前の2000年公開「X-MEN」1作目の前日譚であり、X-MEN6部作の最終作でもある。紀元前3600年の最初のミュータントが、1983年によみがえり、X-MENチームが立ち向かう姿を描く。
監督:ブライアン・シンガー 出演:ジェームズ・マカヴォイ(チャールズ・エグゼビア/プロフェッサーX)、マイケル・ファスベンダー(エリック・レーンシャー/マグニートー)ほか

「ガンヘッド」のネタバレあらすじ結末

ガンヘッドの紹介:1989年日本映画。高度にロボット化された近未来。トレジャーハンターの一人ブルックリンは、孤島8JOに潜入する。そこではかつて人類に宣戦布告をしたコンピューター、カイロン5が今再び戦争を起こそうと眠りから目覚めるところだった。ブルックリンは、この島で戦ったロボット兵器ガンヘッド共にそれと阻止する為に戦う。6メートルにも及ぶ実物大ロボットプロップを製作し撮影に望んだSFロボット映画。
監督:原田眞人 出演者:ブルックリン(高嶋政宏)、ニム(ブレンダ・バーキ)、ベベ(円城寺あや)、イレブン(水島かおり)、セブン(原田遊人)、ボンベイ(川平慈英)、ボクサー(斉藤洋介)、ブーメラン(ドール・ヌィーン)、バラバ/バイオドロイ(ジェームズ・B・トンプソン)、バンチョー(ミッキー・カーチス)、ナレーション/ガンヘッド(ランディー・レイス、マイケル・ヤンシー)ほか

「グレムリン2 新種誕生」のネタバレあらすじ結末

グレムリン2 新種誕生の紹介:1990年アメリカ映画。グレムリンが帰ってきた!凶暴で狡猾な魔物グレムリンに襲われる人々のパニックと、バイオテクノロジーの力でさらにバリエーションとユーモアたっぷりになったグレムリン達の暴れっぷりが見どころ。
監督:ジョー・ダンテ 製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ 出演者:ザック・ギャリガン(ビリー・ペルツァー)、ケイト・ベリンジャー(フィービー・ケイツ)、ホイト・アクストン(ランダル・ペルツァー)ほか

「グレムリン」のネタバレあらすじ結末

グレムリンの紹介:1984年アメリカ映画。ヨーロッパの民間伝承である怪物「グレムリン」の話を下敷きとしたSFブラック・コメディ映画。クリスマスプレゼントとして購入されたペット、「ギズモ」を飼育する際の「3つの約束」を守らなかったことにより生み出されたグレムリン達と、グレムリンによって大パニックに陥る町の姿を描く。
監督:ジョー・ダンテ 製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ 出演者:ザック・ギャリガン(ビリー・ペルツァー)、ケイト・ベリンジャー(フィービー・ケイツ)、ホイト・アクストン(ランダル・ペルツァー)ほか

「シンゴジラ」のネタバレあらすじ結末

シンゴジラの紹介:2016年日本映画。日本版ゴジラとしては12年ぶりの映画化でゴジラシリーズ第29作目。ある日突然東京湾で水蒸気爆発が起きた。すぐに総理の耳にも入り慌ただしく動く日本政府。その原因は海の中に潜む巨大な生物ゴジラだった。目的も正体も分からないその生物ゴジラに翻弄される日本。そんな中内閣官房副長官を務める矢口はその存在に対抗する術を見つける。しかし遠くの国の人間は核を使い街もろとも破壊しようと考えていた。
監督:庵野秀明(総監督) 樋口真嗣(監督・特技監督) 出演:矢口蘭堂(長谷川博己) 赤坂秀樹(竹野内豊) カヨコ・アン・パタースン(石原さとみ) 大河内清次(大杉漣) 東竜太(柄本明) 志村祐介(高良健吾)ほか

「ペイチェック 消された記憶」のネタバレあらすじ結末

ペイチェック 消された記憶の紹介:2003年アメリカ映画。記憶を消された男が、その謎を追うサスペンス映画。原作はSF作家フィリップ・K・ディックが書き上げた短編小説のうちのひとつ「報酬」である。
監督:ジョン・ウー 出演:ベン・アフレック(ジェニングス)、アーロン・エッカート(レスリック)、ユマ・サーマン(レイチェル)、コルム・フィオール(ウルフ)、ジョー・モートン(エージェント・ドッジ)、ほか

「ボディ・スナッチャー 恐怖の街」のネタバレあらすじ結末

ボディ・スナッチャー 恐怖の街の紹介:1956年アメリカ映画。アメリカの小さな町を舞台に、人間が次々と未知の生命体に乗っ取られていく恐怖を描く。数度に渡りリメイクされたSFホラーの名作。「荒野のガンマン(1961年)」等で知られる映画監督サム・ペキンパーが演者として登場するシーンも見どころのひとつ。
監督:ドン・シーゲル 出演者:ケビン・マッカーシー(マイルズ・ベネル)、ダナ・ウィンター(ベッキー・ドリスコル)、ラリー・ゲイツ(ダン・カウフマン)、キング・ドノヴァン(ジャック・ベリチェック)、キャロリン・ジョーンズ(テディ・ベリチェック)ほか

「アジャストメント」のネタバレあらすじ結末

アジャストメントの紹介:2011年アメリカ映画。新進気鋭の若き議員デヴィットは選挙で足元をすくわれるように落選する。その落選演説の直前一人の女性に出会い、彼女のアドバイスで民衆の好感を更に高める。デヴィットは彼女との出会いに運命を感じ彼女を追い求めるが、運命を正そうとする謎の組織がそれを阻む。SF作家フィリップ・K・ディックの短編を原作にし、オマージュした恋愛SF映画。

1 2 3 4 5 6 7 10
TOP↑