クリスチャン・ベイル映画一覧

クリスチャン・ベイルが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「若草物語」のネタバレあらすじ結末

若草物語の紹介:1994年アメリカ映画。南北戦争を背景に、4姉妹の絆と成長を描いた少女文学の名作が、忠実かつ情感豊かに仕上げられた作品です。次女ジョーを演じるウィノナ・ライダーが、女流作家を志す強い意思を持つ役柄を好演しています。四女エイミーには当時子役として頭角を現していたキルスティン・ダンスト、ジョーに心を寄せる隣家の青年ローリー役を、「バットマン」シリーズなどで知られるクリスチャン・ベールが演じています。更に、4姉妹を愛情深く支える母親役に大女優のスーザン・サランドンが起用されるなど、超豪華キャストの競演が魅力です。アカデミー賞にもノミネートされたほどの、慎ましくも洗練された衣装デザインも見所の1つです。
監督:ジリアン・アームストロング 出演者:ウィノナ・ライダー(ジョー)、クリスチャン・ベール(ローリー)、スーザン・サランドン(母)、ほか

「サラマンダー」のネタバレあらすじ結末

サラマンダーの紹介:2002年アメリカ,イギリス映画。近未来の荒廃したイギリスを舞台に、人類を滅亡寸前に追いやった狂暴で巨大な竜「サラマンダー」の群れと生き残った人類たちとの戦いを描いたSFアクション作品です。
監督:ロブ・ボウマン 出演者:クリスチャン・ベイル(クイン)、マシュー・マコノヒー(ヴァンザン)、イザベラ・スコルプコ(アレックス・ジェンセン)、ジェラルド・バトラー(デイヴ・クリーディ)、スコット・ジェームズ・モウッター(ジャレッド・ウィルク)、ほか

「アメリカン・サイコ」のネタバレあらすじ結末

アメリカン・サイコの紹介:2000年アメリカ映画。衝撃的な内容で話題となったブレット・イーストン・エリスの小説を映画化。80年代ニューヨーク、27歳のパトリックは一流企業の副社長で、高級マンションに住み美しい婚約者にも恵まれるものの、心の中には深い闇があった。突然襲ってくる衝動に動かされ夜の街をさまよってはホームレスや娼婦を殺害するのだった……。クリスチャン・ベールとレオナルド・ディカプリオが主役争いをしたことで有名なサスペンス映画。連続殺人鬼を演じた、クリスチャン・ベールが醸し出す異様な狂気が話題となった。
監督:メアリー・ハロン 出演:クリスチャン・ベイル(パトリック・ベイトマン)、ウィレム・デフォー(ドナルド・キンボール)、ジャレッド・レトー(ポール・アレン)、グィネヴィア・ターナー(エリザベス)、ほか

「アイム・ノット・ゼア」のネタバレあらすじ結末

アイム・ノット・ゼアの紹介:2007年アメリカ映画。ノーベル文学賞受賞者でもあり、今なお現役で活躍を続ける伝説のミュージシャン、ボブ・ディランの半生をモチーフに、6人の俳優がディランの多彩なイメージを演じ分けた実験的なミュージックドラマです。
監督:トッド・ヘインズ 出演者:クリスチャン・ベイル(ジャック/ジョン牧師)、ケイト・ブランシェット(ジュード)、マーカス・カール・フランクリン(ウディ)、リチャード・ギア(ビリー)、ヒース・レジャー(ロビー)、ベン・ウィショー(アルチュール)、ほか

「太陽の帝国」のネタバレあらすじ結末

太陽の帝国の紹介:1987年アメリカ映画。SF作家として知られるJ・G・バラードの自伝的文学作品を映画化。最初は巨匠デヴィッド・リーンの監督作として準備が進められたが、結局スピルバーグが演出を担当することになった。日本好きの彼らしく、日本軍兵士を悪人として描いていない点が特徴。
監督:スティーヴン・スピルバーグ 出演:クリスチャン・ベール(ジェイミー)、ジョン・マルコヴィッチ(ベイシー)、ジョー・パントリアーノ(フランク)、伊武雅刀(ナガタ軍曹)、ガッツ石松、山田隆夫、ほか

「ベルベット・ゴールドマイン」のネタバレあらすじ結末

ベルベット・ゴールドマインの紹介:1998年イギリス映画。ゲイを公言しているトッド・ヘインズの描くゲイの美しくもはかないラブストーリーをグラムロックに重ねてレトロで素敵に表現しています。グラムロックファッションの楽しめるおしゃれな作品です。
監督:トッド・ヘインズ 出演者;ジョナサン・リース・マイヤーズ(ブライアン・スレイド)、ユアン・マクレガー(カート・ワイルド)、トニー・コレット(マンディ・スレイド)、クリスチャン・ベール(アーサー・スチュアート)、エディ・イザード(ジェリー・ディヴァイン)ほか

「聖杯たちの騎士」のネタバレあらすじ結末

聖杯たちの騎士の紹介:2015年アメリカ映画。成功を収め享楽的な生活に溺れる脚本家リック。だが彼の心は満たされなかった。リックと6人の女たちとの出会いが八つの章――タロット・カードにちなんで名づけられた「月」、「吊るされた男」、「隠者」、「審判」、「塔」、「女教皇」、「死」の七つの章と、第8章「自由」――にわたって、壮大な空、大地、水、そしてロサンゼルスやラスベガスと共に語られる。
監督:テレンス・マリック 出演:クリスチャン・ベイル(リック)、 ケイト・ブランシェット(ナンシー)、ナタリー・ポートマン(エリザベス)、ブライアン・デネヒー(ジョセフ)、テリーサ・パーマー(カレン)、アントニオ・バンデラス(トニオ)

「マシニスト」のネタバレあらすじ結末

マシニストの紹介:2004年スペイン,アメリカ映画。深刻な不眠症を抱えた機械工のトレバーは1年もの間眠ることができずにいました。ある日同僚のアイバンに気をとられ、職場で事故を起こしてしまいます。彼にしつこくつきまとうアイバンを探し始めるトレバーでしたが、彼について調べるうちになぜトレバーが不眠症になってしまったのかが明らかになっていくのでした。
監督:ブラッド・アンダーソン 出演者:クリスチャン・ベール(トレバー・レズニック)、ジェニファー・ジェイソン・リー(スティービー)、アイタナ・サンチェス=ギヨン(マリア)、ジョン・シャリアン(アイバン)ほか

「リベリオン」のネタバレあらすじ結末

リベリオンの紹介:2002年アメリカ映画。低予算で作られた為宣伝費が足りず、上映当時は1ヶ月で打ち切りとなった。しかしその後口コミで話題となり、人気作となる。
監督:カート・ウィマー 出演:クリスチャン・ベイル(ジョン・プレストン)、エミリー・ワトソン(メアリー・オブライエン)、テイ・ディグス(ブラント)、アンガス・マクファーデン(デュポン)、ショーン・ビーン(パートリッジ)、ほか

「金陵十三釵」のネタバレあらすじ結末

金陵十三钗の紹介:2011年中国映画。歴史的に名高い悪名事件である南京事件を題材とした映画で、チャンイーモウ監督がハリウッドで活躍するクリスチャンベールを起用して制作し、中国では大ヒットを記録するも日本では上映禁止となりました。
監督:チャン・イーモウ 出演:クリスチャン・ベール(ジョン・ミラー)、渡部篤郎(長谷川 (日本兵))、小林成男(加藤中尉(日本兵))、山中崇(朝倉中尉(日本兵))ほか

「マネーショート 華麗なる大逆転」のネタバレあらすじ結末

マネーショート 華麗なる大逆転の紹介:2015年アメリカ映画。マイケルルイスが著した本「世紀の空売り、世界経済の破綻に賭けた男たち」を原作に映画化した作品。リーマンショックが起きる前に経済破綻の危機に気付いた男たちの実話を、クリスチャン・ベイルやブラッド・ピットなど豪華キャストで描く社会派ドラマ。サブプライムローンの危険性を察知した金融トレーダーらが、ウォール街を出し抜こうとする様子を描く。今作では豪華な俳優陣が熱演を繰り広げ、アカデミー賞にノミネートされました。
監督:アダム・マッケイ 出演:クリスチャン・ベイル(マイケル・バーリ)、スティーヴ・カレル(マーク・バウム)、ライアン・ゴズリング(ジャレッド・ベネット)、ブラッド・ピット(ベン・リカート)ほか

「ザ・ファイター」のネタバレあらすじ結末

ザ・ファイターの紹介:2010年アメリカ映画。実在したプロボクサーであるミッキー ウォルドとその兄であるディッキーエクルンドの友情と試練を描いた映画で、アカデミー賞に輝きました。
監督:デヴィッド・O・ラッセル 出演:マーク・ウォルバーグ、クリスチャン・ベイル、エイミー・アダムス、メリッサ・レオほか

「アメリカン・ハッスル」のネタバレあらすじ結末

アメリカン・ハッスルの紹介:2013年アメリカ映画。アメリカで1970年代に実際に起こったスキャンダルであるアブスキャム事件を下敷きにして作られた映画です。俳優陣のなりきりの演技が笑いを誘います。
監督:デヴィッド・O・ラッセル 出演:クリスチャン・ベール、ブラッドリー・クーパー、エイミー・アダムス、ジェニファー・ローレンスほか

「ポカホンタス」のネタバレあらすじ結末

ポカホンタスの紹介:1995年アメリカ作品。ディズニー映画で初めて実在の人物を扱った作品。17世紀のアメリカで、自由と自然を愛するインディアンの娘と、金を求めて海を越えてきた冒険家のイギリス人青年が恋に落ちる物語。
監督:マイク・ガブリエル 声優:メル・ギブソン、アイリーン・ベダード、デヴィッド・オグデン・スタイアーズ、ラッセル・ミーンズ、リンダ・ハント、クリスチャン・ベイルほか

「ダークナイトライジング」のネタバレあらすじ結末

ダークナイトライジングの紹介:2012年アメリカ映画。新生バットマン(ダークナイト3部作)の最終作となり、今作ではバットマンの最強の敵、ベインが彼を陥れるべく、対峙します。撮影はニューヨークにて行われました。
監督 :クリストファー・ノーラン 出演者:クリスチャン・ベール、マイケル・ケイン、ゲイリー・オールドマン、アン・ハサウェイ
、モーガン・フリーマン、トム・ハーディほか

1 2
TOP↑