キアヌ・リーブス映画一覧

キアヌ・リーブスが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「キアヌ」のネタバレあらすじ結末

キアヌの紹介:2016年アメリカ映画。凶悪な殺し屋、怪しいドラッグディーラー、恋人に振られた映画オタク、そんな大人のオトコ達が、可愛らしい一匹の子猫を奪い合って命がけの争奪戦を繰り広げる爆笑コメディ。アメリカで大人気の黒人コメディアン・コンビ、キーガン=マイケル・キーとジョーダン・ピール主演。失恋に落ち込む映画大好き青年のレルは、拾った子猫に「キアヌ」と名付けて可愛がる。ところがキアヌは、ギャングのボスが溺愛していたペットだった。子猫キアヌの声をキアヌ・リーヴスが担当している。
監督:ピーター・アテンチオ 出演者:キーガン=マイケル・キー(レル/オイル)、ジョーダン・ピール(クラレンス/スモーク)、メソッド・マン(チェダー)、ティファニー・ハディッシュ(ハイC)、ルイス・グスマン(ベーコン)、ニア・ロング(ハンナ)、キアヌ・リーヴス(キアヌ/声のみ)、ほか

「フェイク・クライム」のネタバレあらすじ結末

フェイク・クライムの紹介:2010年アメリカ映画。平凡な生活に飽きていた冴えない男が人生を変えるべく仲間たちと銀行強盗を目論み、その過程で舞台女優と出会い、人生が思わぬ方向に向かっていく様を描いた、サスペンスタッチの異色ラブコメディーです。
監督:マルコム・ヴェンヴィル 出演者:キアヌ・リーブス(ヘンリー・トーン)、ヴェラ・ファーミガ(ジュリー・イワノワ)、ジェームズ・カーン(マックス・サルツマン)、フィッシャー・スティーヴンス(エディ・ヴァイブス)、ピーター・ストーメア(ダレク・ミロドラゴヴィッチ)ほか

「エクスポーズ 暗闇の迷宮」のネタバレあらすじ結末

エクスポーズ 暗闇の迷宮の紹介:2015年アメリカ映画。「ノック・ノック」で共演したキアヌ・リーヴスとアナ・デ・アルマスが再び手を組んだサスペンス映画です。相棒を何者かに殺害されたニューヨーク市警の刑事が、相棒が遺した謎の美女が写っている写真を手掛かりに単身で困難な捜査に挑んでいきますが、そこには衝撃的な事実が隠されていました…。
監督:デクラン・デイル 出演者:キアヌ・リーブス(スコッティ・ガルマン)、アナ・デ・アルマス(イサベル・デ・ラ・クルーズ)、クリストファー・マクドナルド(ゴールウェイ警部)、ビッグ・ダディ・ケイン(ジョナサン・“ブラック”・ジョーンズ)、ミラ・ソルヴィノ(ジャニン・カレン)ほか

「ジョン・ウィック:チャプター2」のネタバレあらすじ結末

ジョン・ウィック:チャプター2の紹介:2017年アメリカ映画。ボロボロになりながら取り戻した車。せっかくの車もジョンと同じくボロボロ、やっと安息の時間が訪れたと思ったがそこの現れたのはイタリア人犯罪組織の幹部サンティーノ。彼はジョンに半ば無理やり暗殺を実行させる。ターゲットはサンティーノの姉、ジョンは彼女を殺すためイタリアへと向かうがただ彼女の暗殺だけでは終わらない。2014年にアメリカで公開され人気を博した「ジョン・ウィック」シリーズの第2作目。スケールもアクションもパワーアップ、さらに主演のキアヌ・リーブスが「マトリックス」以来の共演を果たすローレンス・フィッシュバーンも出演している。
監督:チャド・スタエルスキ 出演: キアヌ・リーヴス(ジョン・ウィック)、コモン(カシアン)、ローレンス・フィッシュバーン(キング)、リッカルド・スカマルチョ(サンティーノ・ダントニオ)、ルビー・ローズ(アレス)、フランコ・ネロ(ジュリアス)、ほか

「チェーン・リアクション」のネタバレあらすじ結末

チェーン・リアクションの紹介:1996年アメリカ映画。新エネルギー開発を巡る陰謀に巻き込まれ、殺人事件の容疑をかけられたエンジニアが、自らの無実を証明すべく決死の逃避行を続けながら黒幕に立ち向かう姿を描いたアクションサスペンス映画です。
監督:アンドリュー・デイヴィス 出演者:キアヌ・リーブス(エドワード・“エディ”・カサリビッチ)、モーガン・フリーマン(ポール・シャノン)、レイチェル・ワイズ(リリー・シンクレア)、フレッド・ウォード(フォード捜査官)、ケヴィン・ダン(ドイル捜査官)ほか

「リトル・ブッダ」のネタバレあらすじ結末

リトル・ブッダの紹介:1993年イギリス,フランス映画。師の転生者探索を使命とするチベットの高僧と、その候補者となったアメリカに住む少年とその家族との交流を、若き日のブッダの物語を織り交ぜながら、神秘の赤と現実の青のシーンで構成された作品です。
監督:ベルナルド・ベルトルッチ 出演:アレックス・ヴィーゼンダンガー(ジェシー・コンラッド)、キアヌ・リーヴス(シッダールタ王子)、ブリジット・フォンダ(リサ・コンラッド)、クリス・アイザック(ディーン・コンラッド)、イン・ルオチェン(ラマ僧ノルブ)、ほか

「マイ・プライベート・アイダホ」のネタバレあらすじ結末

マイ・プライベート・アイダホの紹介:1991年アメリカ映画。ガス・ヴァン・サントのポートランド3部作のひとつ。リバー・フェニックスが繊細な役を美しく演じています。感情移入して見入ってしまうほど素晴らしい演技をしています。
監督:ガス・ヴァン・サント 出演:リバー・フェニックス(マイク)、キアヌ・リーブス(スコット)、フリー(バド)、キアラ・カゼッリ(カルミラ)、ウド・キア(ハンス)

「ノック・ノック」のネタバレあらすじ結末

ノック・ノックの紹介:2015年アメリカ映画。雨の真夜中。妻子が留守中の家に1人でいる男のもとへ、見知らぬ2人の美女が現れる。とまどう男を、あからさまに快楽へと誘惑する2人。彼女達は一体何者で、その目的は何なのか。最後まで目が離せないセクシー・ホラー。地獄に突き落とされる主人公にキアヌ・リーヴス。謎の美女達にはアナ・デ・アルマスと、実生活ではロスの妻であるロレンツァ・イッツォ。
監督:イーライ・ロス 出演:キアヌ・リーヴス(エヴァン)、ロレンツァ・イッツォ(ジェネシス)、アナ・デ・アルマス(ベル)、アーロン・バーンズ(ルイス)、イグナシア・アラマンド(カレン)、ダン・ベイリー(ジェイク)、コリーン・キャンプ(ヴィヴィアン)ほか

「フェイクシティ ある男のルール」のネタバレあらすじ結末

フェイクシティ ある男のルールの紹介:2008年アメリカ映画。ロス市警で働くラドロー刑事は、何者も恐れず犯人を逮捕せず射殺するなど、事件を独自のルールで解決しています。しかし、ある日内部調査官ビッグスと元相棒ワシントンの密会の情報を得たラドローはワシントンを調査しますが、彼は強盗に殺されてしまいます。事件に疑問をもったラドローは、黒幕探しに乗り出します。
監督:デヴィッド・エアー 出演者:キアヌ・リーヴス(トム・ラドロー)、フォレスト・ウィテカー(ジャック・ワンダー)、ヒュー・ローリー(ジェームズ・ビッグス)、クリス・エヴァンス(ポール・ディスカント)ほか

「ギフト」のネタバレあらすじ結末

ギフトの紹介:2000年アメリカ映画。人の運命を見抜くという超感覚(ギフト)を持った女性が、その能力を使って街で起きた失踪事件を解明していくサスペンス・スリラー映画。昔、アメリカと日本で流行したテレビドラマシリーズ「ツインピークス」にテイストが似ています。
監督: サム・ライミ 出演者: ケイト・ブランシェット(アニー・ウィルソン)、ジョバンニ・リビシ(バディー・コール)、キアヌ・リーブス(ドニー・バークスデール)、ケイティ・ホームズ(ジェシカ・キング)、グレッグ・キニア(ウェイン・コリンズ)ほか

「ネオン・デーモン」のネタバレあらすじ結末

ネオン・デーモンの紹介:2016年フランス・アメリカ・デンマーク映画。両親を失った16歳の自立したモデル、ジェシーはトップモデルを目指して、華やかな世界へと足を踏み入れた。名女優、ダコタ・ファニングの妹エル・ファニングがダークな世界に飛び込んだ小悪魔で自立心ある少女を熱演!
監督ニコラス・ウィンディング・レフン 出演:エル・ファニング(ジェシー)、キアヌ・リーブス(ハンク)、カール・グルスマン(ディーン)、クリスティーナ・ヘンドリックス(ロバータ・ホフマン)、ジェナ・マローン(ルビー)、ほか

「スウィート・ノベンバー」のネタバレあらすじ結末

スウィート・ノベンバーの紹介:2001年アメリカ映画。1968年に製作「今宵かぎりの恋」をリメイクした恋愛映画です。仕事人間のネルソンが携帯と時計を捨て、風変わりな女性サラと“11月の恋人”として期間限定の同棲生活をスタートさせます。サラとの生活でネルソンは、忘れかけていた人間性を取り戻していきます。主演のK・リーヴスとC・セロンは「ディアボロス 悪魔の扉」でも共演。主題歌はエンヤ。
監督:パット・オコナー 出演者:キアヌ・リーヴス(ネルソン)、シャーリーズ・セロン(サラ)、ジェイソン・アイザックス(チャズ)、グレッグ・ジャーマン(ヴィンス)、リーアム・エイケン(アブナー)ほか

「スピード」のネタバレあらすじ結末

スピードの紹介:1994年アメリカ映画。警察特殊部隊に所属するジャックは、爆弾による脅迫事件解決の功績で受勲される。出勤しようとするとすると目の前でバスが爆破され、その犯人は受勲された事件の爆弾魔だった。爆弾魔は前の脅迫が阻止された腹いせにもう一台のバスに爆弾を仕掛けたと言い、またも大金を要求する。爆弾は一定の速度から落ちると起爆する仕掛けになっていて、ジャックはその犯行を阻止する為に走り出した。キアヌ・リーヴスを一躍有名スターにしたジェット・コースター・ムービー。
監督:ヤン・デ・ボン 出演者:キアヌ・リーヴス(ジャック・トラヴェン)、デニス・ホッパー(ハワード・ペイン)、サンドラ・ブロック(アニー・ポーター)、ジョー・モートン(ハーブ・マクマホン)、ジェフ・ダニエルズ(ハロルド・テンプル)、ほか

「ドラキュラ」のネタバレあらすじ結末

ドラキュラの紹介:1992年アメリカ映画。最愛の妻エリザベートを亡くしたドラクルは、神を憎み吸血鬼と変貌します。400年後、彼は亡き妻と瓜二つのミナという女性に会います。ブラム・ストーカーの『吸血鬼ドラキュラ』を原作とし、監督は「ゴッドファーザー」シリーズの巨匠F・F・コッポラです。
監督:フランシス・フォード・コッポラ 出演者:ゲーリー・オールドマン (ドラキュラ伯爵)、ウィノナ・ライダー(ミナ/エリザベータ)、アンソニー・ホプキンス(ヘルシング教授)、キアヌ・リーヴス(ジョナサン)、リチャード・E・グラント(ジャック・セワード)ほか

「地球が静止する日」のネタバレあらすじ結末

地球が静止する日の紹介:2008年アメリカ映画。ある日、宇宙から地球に謎の球体が飛来、中から出て来た男は地球を救いに来たと言う。その意味がわかる時、男と共に出て来たロボットが行動を起こす。宇宙から圧倒的な科学力が地球を守る為に文明を滅ぼしていく。人類はこの未曾有の危機に変化せず滅んでしまうのか?1951年製作の傑作SF映画『地球の静止する日』をキアヌ・リーブス主演でリメイクした作品。
監督:スコット・デリクソン 出演者:クラトゥ(キアヌ・リーブス)、ヘレン・ベンソン(ジェニファー・コネリー)、ジェイコブ・ベンソン(ジェイデン・スミス)、レジーナ・ジャクソン(キャシー・ベイツ)、マイケル・グレイニア(ジョン・ハム)、カール・バーンハート(ジョン・クリーズ)ほか

1 2
TOP↑