トム・クルーズ映画一覧

トム・クルーズが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「ザ・エージェント」のネタバレあらすじ結末

ザ・エージェントの紹介:1996年アメリカ映画。腕スポーツ・エージェントであるジェリーは、利益追求体質の業界に疑問を抱き、会社に提案書を提出します。クビとなったジェリーは己の信念に従い、たった一人となった落ち目のアメフト選手ロッドのために最善を尽くします。第69回アカデミー賞/助演男優賞をキューバ・グッディング・ジュニア受賞 第54回ゴールデン・グローブ賞/主演男優賞(ミュージカル/コメディ部門)をトム・クルーズが受賞など数々の受賞およびノミネートをしています。
監督:キャメロン・クロウ 出演者:トム・クルーズ(ジェリー・マグワイア)、キューバ・グッディング・ジュニア(ロッド)、レニー・ゼルウィガー(ドロシー)、ケリー・プレストン(エヴリー)、ジェイ・モーア(ボブ)ほか

「レインマン」のネタバレあらすじ結末

レインマンの紹介:1988年アメリカ映画。中古車のディーラーの仕事をするチャーリーは、長年恨んでいた父親の訃報を聞く。葬儀の際、父親の遺言状を聞き、自分の兄レイモンドが財産を受け取ることを知る。レイモンドは重度の自閉症患者で、長い間専門の病院に入院していた。チャーリーはレイモンドの後見人になって、財産を横取りしようとたくらむ。しかし、チャーリーはレイモンドの不思議な力を知る。障がいと兄弟愛をシリアスに取り扱った話題作。
監督:バリー・レヴィンソン
出演者:ダスティン・ホフマン(レイモンド・バビット)、トム・クルーズ(チャーリー・バビット)、ヴァレリア・ゴリノ(スザンナ)、ボニー・ハント(サリー・ディブス)、ジェリー・モレン(Dr. ブルーナー)、ジャック・マードック(ジョン・ムーニー)ほか

「ザ・ファーム 法律事務所」のネタバレあらすじ結末

ザ・ファーム 法律事務所の紹介:1993年アメリカ映画。ジョン・グリシャムの大ベストセラー小説『法律事務所』を原作とした映画。キャッチコピーは「彼の夢が野望に変わった時、巨大な黒い力が動き始めた…」で、メンフィスの税務専門の法律事務所に入った青年が、そこでの巨大な陰謀に巻き込まれていく様子を描いた法律サスペンス映画です。
監督:シドニー・ポラック 出演:トム・クルーズ(ミッチ・マクディーア)、ジーン・ハックマン(エイヴァリー・トラー)、ジーン・トリプルホーン(アビー・マクディーア)、エド・ハリス(ウェイン・タランス)、ほか

「ジャック・リーチャー NEVER GO BACK」のネタバレあらすじ結末

ジャックリーチャー NEVER GO BACK(ネバーゴーバック)の紹介:2016年アメリカ映画。2012年に公開されたジャックリーチャーの続編。元アメリカ軍秘密捜査官のジャック・リーチャーは自分と連絡を取った直後に元同僚が逮捕された事から、軍内に不審な動きがある事を察し、自分の命を狙われながらも同僚を助け出しこの一連の黒幕を暴こうと奮闘する。
監督:エドワード・ズウィック 出演:トム・クルーズ(ジャック・リーチャー)、コビー・スマルダース(ターナー少佐)、アルディス・ホッジ(エスピン)ほか

「ア・フュー・グッドメン」のネタバレあらすじ結末

ア・フュー・グッドメンの紹介:1992年アメリカ映画。当時隣国にして敵国であったキューバ、グアンタナモ米軍基地にて一等兵が死亡する。調査の結果、米軍で禁じられていたコードRと呼ばれる兵士間懲罰が実行された気配があり、軍部上層部はその被告兵士の弁護士に、司法取引専門のキャフィを選ぶ。しかし被告は命令に服しただけだと無罪を主張、裁判となり、初めての法廷弁護でキャフィは、兵士の義務と前線勤務兵の倫理に挑む事になる。同名の舞台劇を、若手有望俳優人とベテラン俳優で映画化した軍事法廷映画。
監督:ロブ・ライナー 出演者:ダニエル・キャフィ(トム・クルーズ)、ネイサン・R・ジェセップ(ジャック・ニコルソン)、ジョアン・ギャロウェイ(デミ・ムーア)、サム・ワインバーグ(ケヴィン・ポラック)、ジョナサン・ケンドリック(キーファー・サザーランド)、ジャック・ロス(ケヴィン・ベーコン)ほか

「ハスラー2」のネタバレあらすじ結末

ハスラー2の紹介:1986年アメリカ映画。ポール・ニューマン主演の1961年公開の映画『ハスラー』の25年越しの続編。かつて一流のハスラーであったエディは、ビリヤード・プレイヤーのヴィンセントという青年に出会います。ヴィンセントの才能に惚れ込んだエディは、彼を一流のハスラーとして教育し始めます。ポール・ニューマンは本作で、アカデミー主演男優賞を受賞。
監督:マーティン・スコセッシ 出演者:ポール・ニューマン(エディ)、トム・クルーズ(ヴィンセント)、メアリー・エリザベス・マストラントニオ(カルメン)、ヘレン・シェイヴァー(ジャネル)、ジョン・タトゥーロ(ジュリアン)ほか

「デイズ・オブ・サンダー」のネタバレあらすじ結末

デイズ・オブ・サンダーの紹介:1990年アメリカ映画。若き新進レーサーのコールは、一流レースカー・ビルダーに才能を見込まれ、ストックカー・レースで栄光を目指します。迫力あるレース・シーンや業界のシビアな一面も描かれています。この映画の共演が縁でトム・クルーズとニコール・キッドマンは結婚します。
監督:トニー・スコット 出演者:トム・クルーズ(コール・トリクル)、ロバート・デュヴァル(ハリー・ホッジ)、ニコール・キッドマン(クレア・レビツキ)、ランディ・クエイド(ティム・ダランド)、ラス・ウィーラー(ケイリー・エルウィス)ほか

「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」のネタバレあらすじ結末

インタビュー・ウィズ・ヴァンパイアの紹介:1994年アメリカ映画。アン・ライスの小説『夜明けのヴァンパイア』の映画化。時は現代。ルイはヴァンパイアとして、数奇な人生をジャーナリストに語り始めます。今から200年ほど前、妻子を失ったルイは、死を願い自暴自棄な日々を送っています。そんな彼の前にヴァンパイアが現れます。
監督:ニール・ジョーダン 出演者:トム・クルーズ(レスタト・デ・リオンコート)、ブラッド・ピット(ルイ・ド・ポワント・デュ・ラック)、クリスチャン・スレーター(ダニエル・マロイ)、キルスティン・ダンスト(クローディア)、アントニオ・バンデラス(アーマンド)ほか

「マイノリティ・リポート」のネタバレあらすじ結末

マイノリティ・リポートの紹介:2002年アメリカ映画。トムクルーズ主演のハリウッド映画です。アクション映画と思って見ると、終始暗い映像に面食らいますが、サスペンスとして見る分には申し分ない内容です。驚きの展開があり、見る人を画面に釘付けにします。また、高度なシステムと合理性は、時に人間の大切な部分を蝕んでしまうということに考えさせられます。人間は時に我を失い犯罪に走ることもありますが、一方で冷静で良心があり法に従い行動をすることができる「マイノリティー」があることに私達は気づかされます。
監督:スティーブン・スピルバーグ 出演:トム・クルーズ(ジョン・アンダートン)、コリン・ファレル(ダニー・ウィットワー)、サマンサ・モートン(アガサ)、マックス・フォン・シドー(ラマー局長)、ロイス・スミス(アイリス博士)、ピター・ストーメアー(エディ医師)、キャスリン・モリス(ララ・クラーク)、ダニエル・ロンドン(ウォリー)ほか

「バニラ・スカイ」のネタバレあらすじ結末

バニラ・スカイの紹介:2001年アメリカ映画。若きイケメン社長ディヴィッドは無理心中によって顔に大きな傷を負ってしまいます。それでも恋人・ソフィアと幸せに過ごしていましたが、徐々に変な現象が現れて彼を苦しめ始めます。
監督:キャメロン・クロウ 出演:トム・クルーズ(デヴィッド・エイムス)、ペネロペ・クルス(ソフィア)、カート・ラッセル(マッケイブ(精神科医))、キャメロン・ディアス(ジュリー)、ジェイソン・リー(ブライアン)、ほか

「遥かなる大地へ」のネタバレあらすじ結末

遥かなる大地への紹介:1992年アメリカ映画。当時夫婦であったトム・クルーズとニコール・キッドマンが共演した映画。19世紀の混迷を極めるアイルランドからアメリカへ渡った男女が、自らの力で運命を切り開きます。シャノンの婚約者役のスティーブンは、海外ドラマ『クリミナル・マインド』のアーロン・ホッチナー役でお馴染みのトーマス・ギブソンです。
監督:ロン・ハワード 出演者:トム・クルーズ(ジョセフ・ドネリー)、ニコール・キッドマン(シャノン・クリスティ)、トーマス・ギブソン(スティーブン・チェイス)、ロバート・プロスキー(ダニエル・クリスティ)、バーバラ・バブコック(ノーラ・クリスティ)ほか

「カクテル」のネタバレあらすじ結末

カクテルの紹介:1988年アメリカ映画。世界的大スター、トム・クルーズが20代の頃に出演した映画。一攫千金を夢見た青年が成功と挫折を乗り越えて、本当の幸福を手にします。トム・クルーズが扮する、バーテンダーのパフォーマンスは一見の価値があります。
監督:ロジャー・ドナルドソン 出演者:トム・クルーズ(ブライアン・フラナガン)、ブライアン・ブラウン(ダグ・コーグリン)、エリザベス・シュー(ジョーダン・ムーニー)、リサ・ベインズ(ボニー)、ローレンス・ラッキンビル(リチャード・ムーニー)ほか

「コラテラル」のネタバレあらすじ結末

コラテラルの紹介:2004年アメリカ映画。不運にも、殺し屋を客にしてしまったタクシードライバーの運命は。キャラクターに反して殺し屋を演じるトム・クルーズが話題になったサスペンス映画。
監督:マイケル・マン 出演:トム・クルーズ(ヴィンセント)、ジェイミー・フォックス(マックス・ドゥローシャー)、ジェイダ・ピンケット=スミス(アニー・ファレル)、マーク・ラファロ(レイ・ファニング)、ブルース・マッギル(フランク・ペドローサ)、ハビエル・バルデム(フェリックス・レイエス=トレナ)ほか

「マグノリア」のネタバレあらすじ結末

マグノリアの紹介:1999年アメリカ映画。様々な人々がサンフランシスコの場所で起こす出来事を互いに結びつけながら一つの物語として完成するようになる作品で、秀悦な脚本を元にしたこの映画は一見の価値があります。
監督:ポール・トーマス・アンダーソン 出演者:ジェレミー・ブラックマン、トム・クルーズ、メリンダ・ディロン、ジュリアン・ムーアほか

「アウトロー」のネタバレあらすじ結末

アウトローの紹介:2012年アメリカ映画。原題:JACK REACHER 。街から街をさすらう軍の元秘密捜査官だった男がたった一人で悪に鉄拳を食らわすアウトローな様子を描く。小説家リー・チャイルドが書いた小説のジャックリーチャーシリーズを映画化した作品です。トム・クルーズが実際にノースタントで車を運転をし、話題となりました。2016年11月には続編が公開。
監督:クリストファー・マッカリー 出演:トム・クルーズ、ロザムンド・パイク、ロバート・デュヴァル、ジェイ・コートニーほか

1 2
TOP↑