SF映画のネタバレ

「スターウォーズ エピソード1/ファントムメナス」のネタバレあらすじ結末

スターウォーズ エピソード1/ファントムメナスの紹介:1999年アメリカ映画。ジョージ・ルーカス原作のSFスペースオペラの金字塔「スターウォーズ」シリーズの第4作にして全ての物語の第1話となるアナキン三部作の第1弾です。後にダース・ベイダーとなるアナキン・スカイウォーカーの少年時代を、銀河共和国の衰退とシス暗黒卿の暗躍と共に描きます。
監督:ジョージ・ルーカス 出演者:ジェイク・ロイド(アナキン・スカイウォーカー)、ユアン・マクレガー(オビ=ワン・ケノービ)、リーアム・ニーソン(クワイ=ガン・ジン)、ナタリー・ポートマン(パドメ・アミダラ)、アンソニー・ダニエルズ(C-3PO)、ケニー・ベイカー(R2-D2)、サミュエル・L・ジャクソン(メイス・ウィンドゥ)、フランク・オズ(ヨーダ)、レイ・パーク(ダース・モール)、イアン・マクダーミド(シーヴ・パルパティーン/ダース・シディアス)、ほか

「スターウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還」のネタバレあらすじ結末

スターウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還の紹介:1983年アメリカ映画。ジョージ・ルーカス原作のSFスペースオペラの金字塔「スターウォーズ」シリーズの第3作(第6話)にして旧3部作の完結編です。前作「エピソード5/帝国の逆襲」から1年後、ジェダイとして覚醒したルーク・スカイウォーカーはハン・ソロの救出に向かい、そして実の父であるダース・ベイダーをフォースの暗黒面から解放するため銀河皇帝に最後の戦いを挑みます。
監督:リチャード・マーカンド 出演者:マーク・ハミル(ルーク・スカイウォーカー)、ハリソン・フォード(ハン・ソロ)、キャリー・フィッシャー(レイア・オーガナ)、アレック・ギネス(オビ=ワン・ケノービ/ベン)、ビリー・ディー・ウィリアムズ(ランド・カルリジアン)、アンソニー・ダニエルズ(C-3PO)、ケニー・ベイカー(R2-D2)、ピーター・メイヒュー(チューバッカ)、フランク・オズ(ヨーダ)、イアン・マクダーミド(銀河皇帝シーヴ・パルパティーン/ダース・シディアス)、ジェームズ・アール・ジョーンズ(ダース・ベイダー)、デヴィッド・プラウズ(ダース・ベイダー)ほか

「スターウォーズ エピソード5/帝国の逆襲」のネタバレあらすじ結末

スターウォーズ エピソード5/帝国の逆襲の紹介:1980年アメリカ映画。ジョージ・ルーカス原作のSFスペースオペラの金字塔「スターウォーズ」シリーズの第2作(第5話)です。前作「エピソード4/新たなる希望」でのデス・スター攻防戦から3年後、ルーク・スカイウォーカーは師匠となる伝説のジェダイマスター・ヨーダとの出会いやシスの暗黒卿ダース・ベイダーとの対峙を経て、自らの出生にまつわる衝撃的な事実を知ることになります。
監督:アーヴィン・カーシュナー 出演者:マーク・ハミル(ルーク・スカイウォーカー)、ハリソン・フォード(ハン・ソロ)、キャリー・フィッシャー(レイア・オーガナ)、アレック・ギネス(オビ=ワン・ケノービ/ベン)、ビリー・ディー・ウィリアムズ(ランド・カルリジアン)、アンソニー・ダニエルズ(C-3PO)、ケニー・ベイカー(R2-D2)、ピーター・メイヒュー(チューバッカ)、フランク・オズ(ヨーダ(声))、ジェームズ・アール・ジョーンズ(ダース・ベイダー(声))、デヴィッド・プラウズ(ダース・ベイダー(スーツアクター))ほか

「スターウォーズ エピソード4/新たなる希望」のネタバレあらすじ結末

スターウォーズ エピソード4/新たなる希望(STAR WARS EPISODE Ⅳ:A NEW HOPE)の紹介:1977年アメリカ映画。ジョージ・ルーカス原作のSFスペースオペラの金字塔「スターウォーズ」シリーズの記念すべき第1作(時間軸ではスターウォーズシリーズの第4話)です。遠い昔の銀河系で銀河帝国とそれに反する反乱同盟軍が戦いを繰り広げていた時代、辺境の惑星の若き農夫ルーク・スカイウォーカーが密輸業者ハン・ソロや伝説のジェダイ騎士オビ=ワン・ケノービなどと出会い、運命に導かれるように戦いに乗り出していきます。
監督:ジョージ・ルーカス 出演者:マーク・ハミル(ルーク・スカイウォーカー)、ハリソン・フォード(ハン・ソロ)、キャリー・フィッシャー(レイア・オーガナ)、アレック・ギネス(オビ=ワン・ケノービ/ベン)、ピーター・カッシング(グランド・モフ・ターキン)、アンソニー・ダニエルズ(C-3PO)、ケニー・ベイカー(R2-D2)、ピーター・メイヒュー(チューバッカ)、ジェームズ・アール・ジョーンズ(ダース・ベイダー(声))、デヴィッド・プラウズ(ダース・ベイダー(スーツアクター))ほか

「GODZILLA/ゴジラ(1998年)」のネタバレあらすじ結末

GODZILLA/ゴジラ(1998年)の紹介:1998年アメリカ映画。1998年に日本のゴジラをモチーフに、アメリカで制作されたアメリカ版「GODZILLA」。突如、ニューヨークのマンハッタンに謎の巨大生物が出現する。市民はパニックに陥り、巨大生物により街たちまち瓦礫の山と化していく。
監督:ローランド・エメリッヒ 出演:マシュー・ブロデリック、マリア・ピティロ、ハンク・アザリア、ジャン・レノ、ケヴィン・ダンほか

「オール・ユー・ニード・イズ・キル」のネタバレあらすじ結末

映画 オール・ユー・ニード・イズ・キルの紹介:2014年アメリカ映画。日本の小説家、桜坂洋のライトノベル『All You Need Is Kill』を原作に、トム・クルーズ主演で実写映画化されたSFアクション巨編です。異星人による地球侵略が進む中、戦いの中で死ぬと一定の時間にタイムループすることに気付いた主人公が、その能力と仲間たちの協力により敵の攻略法を探る姿を描きます。
監督:ダグ・リーマン 出演者:トム・クルーズ(ウィリアム・ケイジ)、エミリー・ブラント(リタ・ヴラタスキ)、ビル・パクストン(ファレウ曹長)、ブレンダン・グリーソン(ブリガム将軍)、ノア・テイラー(カーター博士)、キック・ガリー(グリフ)、ドラゴミール・ムルジッチ(クンツ)、シャーロット・ライリー(ナンス)、ジョナス・アームストロング(スキナー)、フランツ・ドラメー(フォード)、トニー・ウェイ(キンメル)ほか

「ザ・コア/THE CORE」のネタバレあらすじ結末

ザ・コア/THE COREの紹介:2003年アメリカ映画。地球の核(コア)が回転を停止した事で、地球の磁場が不安定になり人類が滅亡の危機に陥る、その修正に地下へと旅立つ6人の選ばれし勇士たちの物語。
監督:ジョン・アミエル 出演:アーロン・エッカート(ジョシュ・キーズ博士)、ヒラリー・スワンク(レベッカ・チャイルズ少佐/ベック)、デルロイ・リンドー(エドワード・ブラズルトン/ブラズ)、スタンリー・トゥッチ(コンラッド・ジムスキー博士)、チェッキー・カリョ(サージ・レベック博士)、リチャード・ジェンキンス(トーマス・パーセル将軍)、アルフレ・ウッダード(スティックリー)、ブルース・グリーンウッド(ロバート・アイバーソン船長)、DJクオールズ(ラット/セオドア・D・フィンチ)、ほか

「トランスフォーマー ロストエイジ」のネタバレあらすじ結末

トランスフォーマー ロストエイジの紹介:2014年アメリカ映画。マイケル・ベイ監督、スティーブン・スピルバーグ製作総指揮。トランスフォーマーシリーズ前三部作からの続きだが、登場人物をすべて入れ替えて製作した人気アクション映画トランスフォーマーの第4弾です。今作では中国市場を意識し、中国の俳優が多く出演するという特徴があります。
監督:マイケル・ベイ 出演者:マーク・ウォルバーグ、ニコラ・ペルツ、ジャック・レイナー、ケルシー・グラマーほか

「トランスフォーマー ダークサイドムーン」のネタバレあらすじ結末

トランスフォーマー ダークサイドムーンの紹介:2011年アメリカ作品。トランスフォーマー3部作完結作品です。この作品でついに3Dとして公開されます。その反響は大きく、アバターを超える多くの方が3Dでトランスフォーマー ダークサイドムーンを鑑賞しました。
監督:マイケル・ベイ 出演:シャイア・ラブーフ、ロージー・ハンティントン・ホワイト リー、ジョン・タトゥーロ、ジョシュ・デュアメルほか

「トランスフォーマー リベンジ」のネタバレあらすじ結末

トランスフォーマー リベンジの紹介:2009年アメリカ映画。映画版トランスフォーマー2作目。前作のトランスフォーマーが大ヒットを記録したため、続編「トランスフォーマー/リベンジ」が作られることとなった。今回は全世界を部隊にした壮大な物語となっており、米軍全面協力のとてつもない規模の映画となっています。
監督:マイケル・ベイ 出演:シャイア・ラブーフ(サム・ウィトウィッキー)、ミーガン・フォックス(ミカエラ)、ジョシュ・デュアメル(レノックス)、タイリース・ギブソン(エップス)、ジョン・タートゥーロ(シモンズ捜査官)、ほか

「トランスフォーマー」のネタバレあらすじ結末

トランスフォーマーの紹介:2007年アメリカ映画。トランスフォーマーシリーズ1作目。機械や金属に命を吹き込むことができる物体「オールスパーク」を巡り、銀河の彼方から地球にやってきた金属生命体トランスフォーマーが、正義と自由を愛するオートボットと銀河の支配を目論むディセプティコンに分れて戦います。日本のタカラトミーから発売されている変形型ロボットのトランスフォーマーを題材とした映画で、マイケルベイ監督による派手なアクションが見ものとなっている。今作のヒットにより続編トランスフォーマーリベンジが製作されました。
監督:マイケル・ベイ 出演:シャイア・ラブーフ、タイリース・ギブソン、ジョシュ・デュアメル、アンソニー・アンダーソンほか

「エリジウム」のネタバレあらすじ結末

エリジウムの紹介:2013年アメリカ映画。美しき理想郷“エリジウム”に暮らす富裕層と、荒廃した地上で虐げられる貧困層に分断された近未来の地球を舞台にある目的のためにレジスタンス軍に参加し強大なエリジウム政府に立ち向かう一人の男の運命を描く。第9地区の監督による作品で、今作では大型俳優のマット・デイモンやジョディ・フォスターを起用した豪華な作品となっています。また、荒廃した地球を表すためにメキシコシティの巨大なゴミ処理場を使って撮影が行われました。
監督:ニール・ブロムカンプ 出演者 マット・デイモン、ジョディ・フォスター、シャールト・コプリー、グァグネル・モーラほか

「アイロボット」のネタバレあらすじ結末

アイロボットの紹介:2004年アメリカ作品。SF小説の巨匠アイザック・アシモフの短編集:われはロボットをモチーフとしたSFサスペンスアクション。2035年の未来はロボットが人間のサポート役として家庭に溶け込み、人間もロボットにより快適に過ごしていた。人間に支配され言いなりになっていたロボットたちが人を支配しようとし始める。
監督:アレックス・プロヤス 出演:ウィル・スミス、ブリジット・モイナハン、ブルース・グリーンウッド、シャイ・マクブライドほか

「アイ・アム・レジェンド」のネタバレあらすじ結末

アイ・アム・レジェンドの紹介:2007年アメリカ作品。リチャード・マシスンの古典的傑作『地球最後の男』をウィル・スミス主演で映画化したSFアクション。ある日、大都市ニューヨークで治療不可能なウイルスが広がり、人類滅亡の危機にさらされる。なぜかウイルスに免疫のあったネビルは荒れ果てたニューヨークでただ一人の生存者となり、抗体を見つけるべく治療法を研究し続ける。地球最後の男に、希望はあるのか。
監督:フランシス・ローレンス 出演:ウィル・スミス、アリシー・ブラガ、ダッシュ・ミホク、チャーリー・ターハンほか

「宇宙戦争」のネタバレあらすじ結末

宇宙戦争の紹介:2005年アメリカ作品。映画界の巨匠 スティーブン・スピルバーグと映画界の大スター、トム・クルーズがタッグを組んだ一大SF作品で、世界中で大ヒットを記録。H G ウェルズの有名な小説、宇宙戦争が原作のSFスペクタクル超大作。
監督:スティーブン・スピルバーグ 出演:トム・クルーズ(レイ・フェリエ)、ダコタ・ファニング(レイチェル・フェリエ)、ティム・ロビンス(オギルビー)、ジャスティン・チャットウィン(ロビー・フェリエ)、ミランダ・オットー(メアリー・アン)ほか

1 31 32 33 34 35 36

キーワードから探す

TOP↑