映画のあらすじ

「バックトゥザフューチャー2」のネタバレあらすじ結末

バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2 の紹介:1989年アメリカ映画。1955年からやっと現代に戻って来たマーティのもとに、未来へと旅立ったドクが現れ「未来へ一緒に来て欲しい」と頼まれる。今度は未来のマーティの子供に問題が起きている事を知り、ジェニファーも一緒にデロリアンに乗り未来へと旅立つ。今回の物語は未来と過去を行き来する壮絶な旅になる。バック・トゥ・ザ・フューチャーシリーズ三部作として、三作目と同時に制作されていた作品。今作では2015年の未来が舞台であり、実際に2015年を迎えた事から、様々なイベントが開かれた。
監督:ロバート・ゼメキス 出演者:マイケル・J・フォックス(マーティ・マクフライ)、クリストファー・ロイド(ドク/エメット・ブラウン博士)、トーマス・F・ウィルソン(ビフ・タネン/グリフ・タネン)、エリザベス・シュー(ジェニファー・パーカー)ほか

「バックトゥザフューチャー」のネタバレあらすじ結末

バック・トゥ・ザ・フューチャーの紹介:1985年アメリカ映画。1985年、ブラウン博士により一台の自動車 デロリアンがタイムマシンへと作り変えられた。その実験に成功し、まさに歴史的瞬間を目の当たりにした博士のドクとマーティの前に、過激派が現れドクが撃たれてしまう。テロリストから逃げるためにデロリアンに乗ったマーティは、過去へとタイムトラベルしてしまう。
監督:ロバート・ゼメキス 出演者:マイケル・J・フォックス(マーティ・マクフライ)、クリストファー・ロイド(ドク/エメット・ブラウン博士)、トーマス・F・ウィルソン(ビフ・タネン)、リー・トンプソン(ロレイン・ベインズ・マクフライ)、クリスピン・グローヴァー(ジョージ・マクフライ)、クローディア・ウェルズ(ジェニファー・パーカー)ほか

「THE 有頂天ホテル」のネタバレあらすじ結末

THE 有頂天ホテルの紹介:2006年日本映画。THE 有頂天ホテルは、大晦日に起こるホテルマンとそこに泊まる数多くの訳アリ客たちとのトラブル劇。年が明けるその瞬間まで宿泊支配人(役所広司)の心労は止まない。稀に見る豪華キャスト陣と演劇舞台作家三谷幸喜がメガホンをとったリアルタイムストーリー。
監督:三谷幸喜 キャスト:役所広司、松たか子、佐藤浩市、香取慎吾、唐沢寿明、西田敏行、篠原涼子、戸田恵子、生瀬勝久、麻生久美子、YOU、オダギリジョーほか

「ウェールズの山」のネタバレあらすじ結末

ウェールズの山の紹介:1995年イギリス映画。第一次世界大戦中、イギリスのウェールズ地方にある小さな村を、軍の測量技師が訪れる。村人が心の拠り所としている山を測量し、「丘」と認定。地元の心意気をかけて村人がとった行動とは?
監督: クリストファー・モンガー 出演者:ヒュー・グラント、タラ・フィッツジェラルド、コルム・ミーニイ、イアン・マクナイスほか

「トウキョウソナタ」のネタバレあらすじ結末

トウキョウソナタの紹介:2008年日本,オランダ,香港映画。東京を舞台に、どこにでもある平凡な家族の崩壊と再生を書いた作品。現代社会にありがちな、知らず知らずのうちに壊れていく家族の闇をリアルに描いた本作は、第61回カンヌ国際映画祭、「ある視点」部門審査賞を受賞するなど、国内外から高い評価を受けました。
監督 :黒沢清 出演: 香川照之 (佐々木竜平)、泉今日子(佐々木恵)、小柳友 (佐々木貴)、井之脇海(佐々木健二)、井川遥(金子先生)、津田寛治(黒須)、児嶋一哉(小林先生)、役所広司(泥棒)ほか

「図書館戦争 LIBRARY WARS」のネタバレあらすじ結末

図書館戦争の紹介:2013年日本映画。検閲により、本が狩られる時代となった。そこへ本を守るために立ち上がった図書館組織「図書隊」。自分を助けてくれた王子様を追いかけ、図書隊に飛び来んだ少女の成長を描くアクションラブコメディ。
監督:佐藤信介 出演:岡田准一(堂上篤)、榮倉奈々(笠原郁)、田中圭(小牧幹久)、福士蒼汰(手塚光)、西田尚美(折口マキ)、橋本じゅん(玄田竜助)、栗山千明(柴崎麻子)、石坂浩二(仁科巌)ほか

「龍三と七人の子分たち」のネタバレあらすじ結末

龍三と七人の子分たちの紹介:2015年日本映画。元ヤクザの親分がオレオレ詐欺にひっかけられ、子分どもを連れて現代の詐欺集団・京浜連合へ報復に行く。北野武監督作品、コメディータッチの人間ドラマ。
監督・脚本:北野武 出演:ビートたけし、近藤正臣、中尾彬、萬田久子、勝村政信、安田顕ほか

「サボテン・ブラザース」のネタバレあらすじ結末

サボテン・ブラザースの紹介:1986年アメリカ映画。ハリウッド・スターの三人組が映画から飛び出してきたような活躍をして、最後は役を上回るかっこ良いヒーローになるところが魅力。ヒロイン役の貧しいながらも凛とした美しさが花を添えてくれる、抱腹絶倒の映画
監督:ジョン・ランディス 出演:スティーヴ・マーティン、チェヴィー・チェイス 、マーティン・ショート、トニー・プラナ、パトリス・マルティネス、ジョー・マンテーニャ、フィリップ・ゴードンほか

「マリーアントワネット」のネタバレあらすじ結末

マリー・アントワネットの紹介:2006年アメリカ映画。悲劇のフランス王妃マリー・アントワネットの半生を、2001年に発表されたアントニア・フレーザーの著書『Marie Antoinette : The Journey』を基に巨匠フランシス・フォード・コッポラが製作総指揮、コッポラの娘ソフィア・コッポラが監督と脚本を務めて映画化した歴史ドラマです。主人公マリー・アントワネット役は『スパイダーマン』シリーズのキルスティン・ダンストが扮し、史実よりもマリー・アントワネットを“ひとりの女性”として描くことに重きをおいた作風となりました。
監督:ソフィア・コッポラ 出演者:キルスティン・ダンスト(マリー・アントワネット/マリア・アントーニア・ヨーゼファ・ヨハーナ・フォン・ハプスブルク=ロートリンゲン)、ジェイソン・シュワルツマン(ルイ16世/ルイ・オーギュスト)、リップ・トーン(ジェイソン・シュワルツマン)、ジュディ・デイヴィス(ノアイユ伯爵夫人)、アーシア・アルジェント(デュ・バリー夫人)、マリアンヌ・フェイスフル(マリア・テレジア)、ローズ・バーン(ポリニャック伯爵夫人)、モリー・シャノン(ヴィクトワール王女)、シャーリー・ヘンダーソン(ソフィー王女)、ダニー・ヒューストン(ヨーゼフ2世)、スティーヴ・クーガン(メルシー伯爵)、ジェイミー・ドーナン(フェルセン伯爵)、クレメンティーヌ・ポワダッツ(プロヴァンス伯爵夫人)、オーロール・クレマン(シャール公爵夫人)、メアリー・ナイ(ランバル公妃)、トム・ハーディ(ローモン)ほか

「ムーラン・ルージュ(2001年)」のネタバレあらすじ結末

ムーラン・ルージュ(2001年)の紹介:2001年アメリカ映画。パリのキャバレーを舞台に、貧乏な作家志望の青年とパリの高級娼婦の悲恋を描いた、ミュージカル映画。アカデミー賞衣装デザイン賞と美術賞を受賞しており、舞台に登場する豪華なセットや華やかな衣装も必見です。
監督:バズ・ラーマン 出演者:ニコール・キッドマン(サティーン)、ユアン・マクレガー(クリスチャン)、ジョン・レグイザモ(ロートレック)、リチャード・ロクスバーグ(公爵)ほか

「しあわせの雨傘」のネタバレあらすじ結末

しあわせの雨傘の紹介:2010年フランス映画。旦那のお飾りとして退屈な日々を過ごしていた主婦が、生きがいをみつけ、自立していく姿を描いたハッピーなサクセスムービー。自分の生きるべき道を見つけた主人公の姿は、勇気づけられること間違いなしです。
監督:フランソワ・オゾン 出演者:カトリーヌ・ドヌーブ(スザンヌ)、ジェラール・ドバルデュー(市長)、ファブリス・ルキーニ(スザンヌの夫)、ジュディット・ゴドレーシュ(スザンヌの娘)、ジェレミー・レニエ(スザンヌの息子)ほか

「ブーリン家の姉妹(2008年)」のネタバレあらすじ結末

ブーリン家の姉妹(2008年)の紹介:2008年イギリス,アメリカ映画。イングランド宮廷へ上がったブーリン姉妹。王に愛されるのはメアリーの優しさか、アンの賢さか。英国の歴史の渦に飲まれた姉妹の運命はいかに。
監督:ジャスティン・チャドウィック 出演:ナタリー・ポートマン、スカーレット・ヨハンソン、エリック・バナ、ジム・スタジョーンズ、マーク・ライアンス、ベネディクト・カンバーバッチ、クリスティン・スコット・トーマスほか

「マスク」のネタバレあらすじ結末

映画マスクの紹介:1994年アメリカ映画。持ち主の望みを叶えてくれる不思議な力を持った仮面をつけた男が、怪人となって活躍する様子を描いたアクション・コメディ。コメディ俳優として知られるジム・キャリーを一躍有名にした作品。
監督:チャールズ・ラッセル 出演者:ジム・キャリー(スタンリー)、キャメロン・ディアス(ティナ)、ピーター・グリーン(ティナの恋人)、ピーター・リーガート(警部)ほか

「スパイダーマン3」のネタバレあらすじ結末

スパイダーマン3の紹介:2007年アメリカ映画。月日が経ちスパイダーマンは市民にとって、無くてならない存在へそして人気者へと変わっていた。大学にもちゃんと行き成績はいつもトップ、MJとの交際も上手く行き全てが順風満帆であった。しかしある出来事が切っ掛けで全ての歯車が狂い始める。
監督:サム・ライミ 出演者:トビー・マグワイア(ピーター・パーカー/スパイダーマン)、キルステン・ダンスト(メリー・ジェーン・ワトソン(MJ))、ジェームズ・フランコ(ハリー・オズボーン)、トーマス・ヘイデン・チャーチ(フリント・マルコ/サンドマン)、トファー・グレイス(エディ・ブロック/ヴェノム)、ブライス・ダラス・ハワード(グウェン・ステイシー)、ジェームズ・クロムウェル(ジョージ・ステイシー)、ローズマリー・ハリス(メイ・パーカー)、ほか

「スパイダーマン2」のネタバレあらすじ結末

映画スパイダーマン2の紹介:2004年アメリカ映画。ピーターはメリージェーンを今でも密かに思いながら、スパイダーマンの使命を全うしていた。そんなある日、スパイダーマンに異変が起き継続不可能な状態に陥る。しかし新たな敵が現れ再び、スパイダーマンのコスチュームを着る事となる。
監督:サム・ライミ 出演者:トビー・マグワイア、キルスティン・ダンスト、ジェームズ・フランコ、アルフレッド・モリーナ、ローズマリー・ハリスほか

1 837 838 839 840 841 842 843 844 845 881

キーワードから探す

TOP↑