Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

「プレデター2」のネタバレあらすじ結末

2015/09/16掲載

プレデター2の紹介:1990年アメリカ映画。アーノルド・シュワルツェネッガー主演で大ヒットした前作『プレデター』(1987年公開)から3年、舞台をジャングルから1997年のロサンゼルス市街地に移し、キャストを一新して製作されたシリーズ第2弾です。ロス市警の熱血刑事は宇宙から現れたプレデターに遭遇、麻薬密売組織との三つ巴の抗争を繰り広げるうちに、前作では明かされなかったプレデターの謎が解明されていきます。
監督:スティーヴン・ホプキンス 出演者:ダニー・グローヴァー(マイク・ハリガン)、ゲイリー・ビジー(ピーター・キース)、ルーベン・ブラデス(ダニー・アーチュリータ)、マリア・コンチータ・アロンゾ(レオナ・キャントレル)、ビル・パクストン(ジェリー・ランバート)ほか

「プレデター」のネタバレあらすじ結末

2015/09/16掲載

シュワルツェネッガー/プレデターの紹介:1987年アメリカ映画。中米のジャングルで行われる宇宙人と特殊部隊との死闘が描かれるアクション大作で、本作で出演したアーノルドシュワルツェネッガー氏が大スターへと成長しました。
監督:ジョン・マクティアナン 出演:アーノルド・シュワルツェネッガー、カール・ウェザース、エルビディア・カリロ、ソニー・ランダムほか

「AVP2 エイリアンズVS. プレデター」のネタバレあらすじ結末

2015/09/15掲載

AVP2 エイリアンズVS. プレデターの紹介:2007年アメリカ映画。前作でのラストから続く物語は、ついに現代のアメリカに舞台を移し、人類とエイリアン、プレデターの三つ巴による戦いへと発展していきます。
監督:コリン・ストラウス 、グレッグ・ストラウス 出演:スティーブン・パスカル、レイコ・レイルスワース、ジョン・オーティス、ジョニー・ルイス ほか

「エイリアンVS. プレデター」のネタバレあらすじ結末

2015/09/15掲載

エイリアンVS. プレデターの紹介:2004年アメリカ映画。リドリースコット監督が生んだエイリアンとアーノルドシュワルツェネッガーが対決したプレデターを共演させた一大SF大作となっています。
監督:ポール・W・S・アンダーソン 出演:サナ・レイサン、ラウル・ボヴァ、ランス・ヘンリクセン、コリン・サーモンほか

「エイリアン4」のネタバレあらすじ結末

2015/09/15掲載

エイリアン4の紹介:1997年アメリカ映画。SFスリラーの金字塔「エイリアン」シリーズ第4弾です。前作から200年後の世界を舞台に、前作で死亡したリプリーがクローン人間として蘇り、復活したエイリアン、そしてエイリアンと人間のハイブリッド生命体「ニューボーン」との闘いに突入していきます。
監督:ジャン=ピエール・ジュネ 出演者:シガニー・ウィーバー(エレン・リプリー(リプリー8号))、ウィノナ・ライダー(アナリー・コール)、ロン・パールマン(ジョーナー)、ドミニク・ピノン(ブリース)、ダン・ヘダヤ(マーティン・ベレス)ほか

「エイリアン3」のネタバレあらすじ結末

2015/09/15掲載

エイリアン3の紹介:1992年アメリカ映画。SFスリラーの金字塔「エイリアン」シリーズ第3弾です。宇宙船スラコ号の乗組員で唯一生き残り、監獄惑星に辿り着いたリプリーが、囚人たちと組んでエイリアンに死闘を挑みます。
監督:デヴィッド・フィンチャー 出演者:シガニー・ウィーバー(エレン・リプリー)、ランス・ヘンリクセン(ビショップ/マイケル・ビショップ(二役))、チャールズ・ダンス(クレメンス)、ブライアン・グローヴァー(ハロルド)、チャールズ・S・ダットン(ディロン)ほか

「エイリアン2」のネタバレあらすじ結末

2015/09/14掲載

エイリアン2の紹介:1986年アメリカ映画。巨匠リドリースコット監督が恐怖に満ちた第1作を手がけたことで、今度はターミネーター等のアクション映画監督で知られるジェームズキャメロンが制作し、テイストがガラリと変わります。ノストロモ号事件で唯一の生き残った二等航海士リプリーが乗った宇宙船は57年後にようやく発見される。エイリアンの存在と危険性を訴えるリプリーだったが、彼女を驚愕の事実が襲う。
監督:ジェームズ・キャメロン 出演:シガーニー・ウィーヴァー(リプリー)、マイケル・ビーン(ヒックス)、キャリー・ヘン(レベッカ・“ニュート”・ジョーダン)、ランス・ヘンリクセン(ビショップ)、ポール・ライザー(バーク)、ジャネット・ゴールドスタイン(ヴァスクェス)、ほか

「エイリアン」のネタバレあらすじ結末

2015/09/14掲載

エイリアンの紹介:1979年アメリカ映画。巨匠リドリースコット監督が手がけたSF映画史に残る大傑作で、密室での恐怖感とともにあの生理的に受け付けない宇宙人は世界中で話題となりました。エイリアンシリーズ1作目。地球への帰途の途中、宇宙船ノストロモ号は謎の救難信号を受信し、ある惑星に着陸。そこには見知らぬ宇宙船があり、船内には大量の卵が存在していた。
監督:リドリー・スコット 出演:トム・スケリット(ダラス船長)、シガーニー・ウィーヴァー(リプリー)、ジョン・ハート(ケイン)、ヤフェット・コットー(パーカー)、ハリー・ディーン・スタントン(ブレット)、ほか

「ゾンビーノ」のネタバレあらすじ結末

2015/09/14掲載

ゾンビーノの紹介:2007年カナダ映画。ゾムコンという会社が作り上げた、ゾンビをコントロールする「ゾンビ調教首輪」でゾンビは人を襲う事がなくなります。そして人はゾンビを使用人として働かせたり、ときにはペットの様に扱ったりしていました。そんな中、人と心を通わせる不思議なゾンビにロビンソン家は出会う。
監督:アンドリュー・カリー 出演:キャリー=アン・モス、ビリー・コノリー、ディラン・ベイカー、クサン・レイほか

「レベッカ」のネタバレあらすじ結末

2015/09/14掲載

レベッカの紹介:1940年アメリカ映画。アルフレッド・ヒッチコック監督がダフネ・デュ・モーリアの小説を映像化した、訪米後初の作品。この作品で、アカデミー賞を受賞した。モノクロ映画にした事で、登場人物の個性が引き立てられている。
監督:アルフレッド・ヒッチコック 製作:デビッド・O・セルズニック 出演:ローレンス・オリビエ、ジョーン・フォンテイン、ジョージ・サンダース、ジュディス・アンダーソンほか

「マイ・フェア・レディ」のネタバレあらすじ結末

2015/09/13掲載

マイ・フェア・レディの紹介:1964年アメリカ映画。下町の貧しい娘が、レディへと華麗なる変身を遂げ、愛と名声を勝ち取るシンデレラストーリー。オードリー・ヘップバーン主演のミュージカル映画の名作です。
監督:ジョージ・キューカー 出演者:オードリー・ヘップバーン(イライザ)、レックス・ハリソン(ヒギンス博士)、スタンリー・ホロウェイ(イライザの父)、ウィルフリッド・ハイド=ホワイト(ヒギンス博士の友人)ほか

「ブラック・スワン」のネタバレあらすじ結末

2015/09/13掲載

ブラック・スワンの紹介:2010年アメリカ映画。バレエダンサーが徐々に現実と虚構の区別がつかずにおかしくなっていく様を描いた映画で、主演のナタリーポートマンは多くの賞を受賞しました。
監督:ダーレン・アロノフスキー 出演:ナタリー・ポートマン(ニナ・セイヤーズ)、ヴァンサン・カッセル(トーマス・ルロイ)、ミラ・クニス(リリー)、バーバラ・ハーシー(エリカ・セイヤーズ)、ウィノナ・ライダーベス・マッキンタイア)、ほか

「パッション」のネタバレあらすじ結末

2015/09/13掲載

パッションの紹介:2004年アメリカ,イタリア映画。イエスキリストの十字架までの12時間と、復活までを描いた作品で、本作は全編をアラム語などの古代語を使って撮影され、アメリカで大ヒットを記録しました。
監督:メル・ギブソン 出演:ジム・カヴィーゼル、マヤ・モルゲンステルン、モニカ・ベルッチ、ルカ・リオネットほか

「アリス・イン・ワンダーランド」のネタバレあらすじ結末

2015/09/13掲載

アリス・イン・ワンダーランドの紹介:2010年アメリカ映画。ルイス・キャロルの世界的児童文学である不思議の国のアリスを題材にした映画で、原作を映画化したものではなく、その後日談のような語りで物語は進んでいきます。実写とモーションキャプチャーを融合しているのが特徴です。
監督:ティム・バートン 出演:ミア・ワシコウスカ、ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーター、アン・ハサウェイほか

「借りぐらしのアリエッティ(詳解)」のネタバレあらすじ結末

2015/09/13掲載

借りぐらしのアリエッティの紹介:2010年日本映画。スタジオジブリアニメ。小人のアリエッティは父と母の三人暮らし、人間の家の床下にひっそりと暮らしていた。しかし「決して人に姿を見られてはいけない」という掟が小人達にはあったのだ。夜になるとこっそりと人間の家に忍び込み、生活に必要な物を少しずつ借りていた。
監督:米林宏昌 出演者:アリエッティ(声)志田未来、ホミリー(声)大竹しのぶ、ポッド(声)三浦友和、スピラー(声)藤原竜也、翔(声)神木隆之介ほか

1 489 490 491 492 493 494 495 496 497 522
TOP↑