「アラジン(アニメ版)」のネタバレあらすじ結末

アラジンの紹介:1992年アメリカ映画。ディズニー長編アニメ。貧しいけれど、清らかな心を持つ青年アラジンが、魔法のランプを手に入れ、王子に変身します。アラジンと王女ジャスミンの恋の行方や、魔法のランプを狙い王の座を狙う右大臣ジャファーとの戦いから、目がはなせません。2019年には実写版「アラジン」が公開されました。
監督:ジョン・マスカー、ロン・クレメンツ 声の出演:アラジン(スコット・ウェインガー/三木眞一郎)、ジャスミン(リンダ・ラーキン/麻生かほ里)、ジーニー(ロビン・ウィリアムズ/山寺宏一)、ジャファー(ジョナサン・フリーマン/宝田明)、イアーゴ(ギルバード・ゴットフリード/神谷明)ほか

「ライオンキング2 シンバズプライド」のネタバレあらすじ結末

ライオンキング2 シンバズ・プライドの紹介:1998年アメリカ ディズニーアニメ映画。この作品は、前作「ライオン・キング」の続編で、王となったシンバの娘が主人公となります。前作よりも、恋愛色が強く、さらにライオン同士の戦いの意味を考えさせられる作品です。シンバとスカーによってもたらされた、ライオン同士の亀裂は、その子供達によって解決することができるのか。家族の絆を描いた、ディズニー制作長編ビデオ作品です。
監督:ダレル・ルーニー 出演:キアラ(ネーブ・キャンベル/佐藤藍子)、シンバ(マシュー・ブロデリック/宮本充)、コブ(ジェイソン・マースデン/山本耕史)、ジラ(スザンヌ・プレシェット/中村晃子)、ティモン(ネイサン・レイン/三ツ矢雄二)、ブンバ(アーニー・サベラ/小林アトム)ほか

「ライオンキング」のネタバレあらすじ結末

ライオンキングの紹介:1994年ディズニーアニメ映画。動物達の王国プライド・ランドを舞台に、百獣の王の子として生まれたシンバの冒険が描かれます。父王ムファサの死の真相は。シンバは国を救うことができるのか。アカデミー賞歌曲賞やゴールデングローブ賞受賞作品。
監督:ロジャー・アレーズ/ロブ・ミンコフ 出演:シンバ(マシュー・ブロデリック/宮本充)、ナラ(ニキータ・カラム/山本純子)、スカー(ジェレミー・アイアンズ/壌晴彦)、ティモン(ネイサン・レイン/三ツ矢雄二)、ブンバ(アーニー・サベラ・小林アトム)ほか

「キスオブザドラゴン」のネタバレあらすじ結末

キスオブザドラゴンの紹介:2001年フランス、アメリカ映画。フランスの巨匠であるリュックベンソンと中国の武術スター、ジェット・リーが初めて組んだ映画で、中国の秘密捜査官が濡れ衣を着せられて逃亡するという作品となっています。
製作・脚本:リュック・ベッソン 監督:クリス・ナオン 原案・主演:ジェット・リー 出演:ブリジット・フォンダ、チェッキー・カリョほか

「スパイダーウィックの謎」のネタバレあらすじ結末

スパイダーウィックの謎の紹介:2008年アメリカ映画。両親の離婚で古い屋敷に引っ越して来たジャレットとサイモンの双子、姉のマロリーに母のヘレン。母に反発し、姉ともそりのあわないジャレットはある日、壁の中を走る物音に気づく。さらに偶然見つけた屋根裏部屋で「読んではならない」と封印された秘密の本を手にする。思わずその本を開いてしまったことからジャレット達一家と「妖精」達の冒険が始まる。
監督:マーク・ウォーターズ 出演: フレディ・ハイモア(サイモン/ジャレッド)、サラ・ボルジャー(マロリー)、メアリー=ルイーズ・パーカー(ヘレン)、ニック・ノルティ(マルガラス)ほか

「スターウォーズ エピソード7/フォースの覚醒」のネタバレあらすじ結末

スターウォーズ フォースの覚醒(エピソード7)の紹介。2015年アメリカ映画。スターウォーズ7番目の物語で新3部作の始まりの作品。「フォースの覚醒」はエピソード6から30年後の世界が舞台となる。ジェダイに倒されたベイダー卿に代わって銀河の平和の脅威となっているファースト・オーダーとは? スターウォーズシリーズ前作のエピソード3の公開から10年ぶりに製作されたスターウォーズ作品。
監督:J・J・エイブラムス 出演:ハリソン・フォード(ハン・ソロ)、キャリー・フィッシャー(レイア・オーガナ)、アダム・ドライヴァー(カイロ・レン)、デイジー・リドリー(レイ)、ジョン・ボイエガ(フィン)、オスカー・アイザック(ポー・ダメロン)、ルピタ・ニョンゴ(マズ・カナタ)、アンディ・サーキス(最高指導者スノーク)、ドーナル・グリーソン(ハックス将軍)、アンソニー・ダニエルズ(C-3PO)、ケニー・ベイカー(R2-D2)、ピーター・メイヒュー(チューバッカ)、マーク・ハミル(ルーク・スカイウォーカー)、ほか

「人生の特等席」のネタバレあらすじ結末

人生の特等席の紹介:2012年アメリカ映画。メジャーリーグのスカウトマンである父と弁護士としてキャリアを積む娘。疎遠になっていた父娘が再び絆を取り戻すまでを描いた人生ドラマ。第25回東京国際映画祭のクロージング作品。
監督:ロバート・ロレンツ 出演:クリント・イーストウッド、エイミー・アダムス、ジャスティン・ティンバーレイク、ジョン・グッドマンほか

「複製された男」のネタバレあらすじ結末

複製された男の紹介:2013年カナダ、スペイン映画。大学で教員をしているアダムは薦められた映画に自分と瓜二つの役者が出ていると気づく。顔どころか声や傷跡までも瓜二つな彼はいったい何者なのか?
監督:ドゥニ・ビルヌーブ 出演:ジェイク・ギレンホール、メラニー・ロラン、サラ・ガドン、イザベル・ロッセリーニ、ジョシュ・ピース、ティム・ポスト、ケダー・ブラウン、ダリル・ディンほか

「アイアンマン1」のネタバレあらすじ結末

アイアンマンの紹介:2008年アメリカ映画。マーベルコミックスの人気ヒーロー「アイアンマン」の実写化で、現在も続くマーベル・シネマティック・ユニバース初期の名作。主人公のトニー・スタークは、本作以降もさまざまな作品に登場し、シリーズ全体に原作同様の強い影響力を発揮している。
トニー・スターク/アイアンマン/ロバート・ダウニー・Jr、ジェームズ・ローズ/テレンス・ハワード、オバディア・ステイン/ジェフ・ブリッジス、ペッパー・ポッツ/グウィネス・パルトローほか

「ハーモニー」のネタバレあらすじ結末

ハーモニーの紹介:2015年日本。アニメ。もう二度と読む事はできない、稀有な才能と世界観をもつ作家伊藤計劃のアニメ化プロジェクト第二段。アメリカでの大災害の後、世界は生府の管理のもと、病気もなく、心身ともに健康で平等で思いやりのある社会になった。そんな世界を強烈に憎むミァハ。鮮烈な存在感をはなつミァハに魅せられたトアンとキアン。ミァハの存在はやがて理想郷であるはずの世界を混沌に落とし込む。第40回星雲賞日本長編部門および第30回日本SF大賞を受賞した、2008年刊行の伊藤計劃の長編SF小説を原作とした劇場版アニメ映画です。
監督:なかむらたかし、マイケル・アリアス 声の出演:沢城みゆき(霧慧トァン)、上田麗奈(御冷ミァハ)、洲崎綾(零下堂キアン)、榊原良子(オスカー・シュタウフェンベルク)、大塚明夫(アサフ)、三木眞一郎(エリヤ・ヴァシロフ)ほか

「インビジブル2」のネタバレあらすじ結末

インビジブル2の紹介:2006年アメリカ映画。国家で極秘に進められていた実験は、人体を透明にした兵士を作りあげる事だった。しかし最強の兵士を作り上げた者達は、その兵士により恐怖へと突き落とされる。
監督:クラウディオ・ファエ 出演者:クリスチャン・スレイター(マイケル・グリフィン)、ピーター・ファシネリ(フランク・ターナー刑事)、ローラ・レーガン(マギー・ダルトン博士)、デヴィッド・マキルレース(ウィリアム・ライズナー博士)、ウィリアム・マクドナルド(ガヴィン・ビショップ大佐)、サラ・ディーキンス(リサ・マルチネス刑事)、ジェシカ・ハーモン(ヘザー・ダルトン)、ジョン・ショウ(デヴィン・ヴィリアーズ)、ほか

「インビジブル」のネタバレあらすじ結末

インビジブルの紹介:2000年アメリカ映画。国防省からの依頼で生物を透明にし、そこから元の姿へと復元する研究をしていたセバスチャン達は、透明化には成功したものの元の姿に戻すのに苦戦していた。そんなある日、セバスチャンは復元の成功のカギを掴む。しかしそれは恐怖の始まりであった。
監督:ポール・バーホーベン 出演者:ケヴィン・ベーコン、エリザベス・シュー、ジョシュ・ブローリン、キム・ディケンズ、ジョーイ・スロトニックほか

「ディセント」のネタバレあらすじ結末

ディセントの紹介:2005年イギリス映画。事故で夫と娘を亡くしたサラを励ます為に、洞窟探検へとやって来た6人の女性達だったが、そこはガイドブックには載っていない前人未到の場所だった。そこで彼女たちは壮絶な経験をする事となる。
監督:ニール・マーシャル 出演者:シャウナ・マクドナルド、ナタリー・メンドーサ、アレックス・リード、サスキア・マルダー、マイアンナ・バリング、ノラ=ジェーン・ヌーンほか

「イレイザー」のネタバレあらすじ結末

イレイザーの紹介:1996年アメリカ映画。連邦保安官のジョンはその鍛え上げられた肉体と知能と知識で、保証人の護衛を任されていた。そんなある日、本部長のベラーにサイレス社のカレンという女性の身柄を守るよう命じられる。アーノルド・シュワルツェネッガー主演の大ヒットアクション映画「イレイザー」
監督:チャック・ラッセル イレイザーの出演者:アーノルド・シュワルツェネッガー(ジョン・クルーガー)、ジェームズ・カーン(ロバート)、ヴァネッサ・ウィリアムズ(リー・カレン)、ジェームズ・コバーン(ベラー)ほか

「ウルトラヴァイオレット」のネタバレあらすじ結末

ウルトラヴァイオレットの紹介:2006年アメリカ映画。世界がファージと呼ばれる感染者と人間との血液戦争が行われた時代に、ヴァイオレットと一人の少年により最低な世の中でも救いがあると教えてくれる物語。
監督:カート・ウィマー 出演者:ミラ・ジョヴォヴィッチ(ヴァイオレット)、キャメロン・ブライト(シックス)、ニック・チンランド(ダクサス)、ウィリアム・フィクトナー(ガース)、セバスチャン・アンドリュー、ほか

キーワードから探す

TOP↑