アルフレッド・ヒッチコック監督映画一覧

「裏窓」のネタバレあらすじ結末

裏窓の紹介:1954年アメリカ映画。事故で足を負傷し自宅から出られないカメラマンが、裏窓の向こうで起きた殺人事件を追うサスペンス。視点と舞台をカメラマンとその部屋に限定し、緻密に練り上げられたヒッチコック映画の名作。
監督:アルフレッド・ヒッチコック 出演者:ジェームズ・スチュワート(L・B・ジェフリーズ)、グレース・ケリー(リザ・キャロル・フリーモント)、レイモンド・バー(ラーズ・ソーワルド)、セルマ・リッター(ステラ)、ウェンデル・コーリイ(トーマス・ドイル)ほか

「ヒッチコック」のネタバレあらすじ結末

ヒッチコックの紹介:2012年アメリカ映画。世界的な映画監督、アルフレッド・ヒッチコックが手がけたサスペンス映画「サイコ」の舞台裏を描く。「サイコ」の制作を中心軸として、人間ヒッチコックの情熱や苦悩、そして妻アルマとの衝突と愛を紡いだ作品。原作はスティーヴン・レベロ著『アルフレッド・ヒッチコック&ザ・メイキング・オブ・サイコ』である。
監督:サーシャ・ガヴァシ 出演者:アンソニー・ホプキンス(アルフレッド・ヒッチコック)、ヘレン・ミレン(アルマ・レヴィル)、スカーレット・ヨハンソン(ジャネット・リー)、ジェシカ・ビール(ヴェラ・マイルズ)、ダニー・ヒューストン(ウィッドフィールド・クック)ほか

「知りすぎていた男」のネタバレあらすじ結末

知りすぎていた男の紹介:1956年アメリカ映画。旅行中のマッケンナ一家が思わぬトラブルに遭遇し、やがて巨大な政治的謀略に巻き込まれていくサスペンス映画。アルフレッド・ヒッチコック監督作品「暗殺者の家」のリメイクである。劇中歌「ケ・セラ・セラ」は、1956年のアカデミー歌曲賞を受賞した。
監督:アルフレッド・ヒッチコック 出演者:ジェームズ・ステュアート(ベン・マッケンナ)、ドリス・デイ(ジョー・マッケンナ)、クリストファー・オルセン(ハンク・マッケンナ)、バーナード・マイルズ(エドワード・ドレイトン)、ブレンダ・デ・バンシー(ルーシー・ドレイトン)、ダニエル・ジェラン(ルイ・ベルナール)ほか

「めまい」のネタバレあらすじ結末

めまいの紹介:1958年アメリカ映画。高所恐怖症の元刑事が友人の依頼でその妻を尾行するが、その女性に惹かれたがゆえに破滅への道をたどることになる心理サスペンスの傑作。
監督 :アルフレッド・ヒッチコック 出演者:ジェームズ・スチュワート、キム・ノヴァク、バーバラ・ベル・ゲデス、トム・ヘルモア、ヘンリー・ジョーンズ、エレン・コービイ、レイモンド・ベイリー、リー・パトリックほか

「サイコ」のネタバレあらすじ結末

サイコの紹介:1960年アメリカ映画。行方不明となった姉を探してたどり着いたベイツ・モーテルで、妹が遭遇した恐怖の真実とは。サスペンスの巨匠アルフレッド・ヒッチコックによる斬新な仕掛けが恐怖を煽る。
監督:アルフレッド・ヒッチコック 出演者:アンソニー・パーキンス、ジャネット・リー、ジョン・ギャヴィン、ヴェラ・マイルズ、マーティン・バルサム、サイモン・オークランド、ジョン・マッキンタイア、ジョン・アンダーソン、パトリシア・ヒッチコック、ヴァージニア・グレッグ、ポール・ジャスミン、ジャネット・ノーランほか

「レベッカ」のネタバレあらすじ結末

レベッカの紹介:1940年アメリカ映画。アルフレッド・ヒッチコック監督がダフネ・デュ・モーリアの小説を映像化した、訪米後初の作品。この作品で、アカデミー賞を受賞した。モノクロ映画にした事で、登場人物の個性が引き立てられている。若い女性(ジョーン・フォンテイン)の一人称で語られていく映画です。
監督:アルフレッド・ヒッチコック 製作:デビッド・O・セルズニック 出演:ローレンス・オリヴィエ(マクシム・ド・ウィンター)、ジョーン・フォンテイン(マリアン)、ジョージ・サンダース(ジャック・ファヴェル)、ジュディス・アンダーソン(ダンヴァース夫人)、ほか

「赤い影」のネタバレあらすじ結末

赤い影の紹介:1983年イギリス・イタリア合作。ダフネ・デュ・モーリア原作の「今は見てはいけない」をヒッチコック監督が映画化。終始不安にさせる演出と不気味なストーリー、夫婦の濃厚なセックスシーンが話題を呼びました。原作と比べかなりヒッチコック監督のアレンジが強い作品だと感じます。
監督:ニコラス・ローグ 出演:ジュリー・クリスティ、ドナルド・サザーランド、ヒラリー・メイソン、クレリア・マターニア、マッシモ・セラートほか

1 2 3

キーワードから探す

TOP↑