ベルギー映画一覧

ベルギー映画のネタバレあらすじ一覧です。おすすめベルギー映画から、最新映画まで様々なジャンルのベルギー映画を紹介しています。

「誰がハマーショルドを殺したか」のネタバレあらすじ結末

誰がハマーショルドを殺したかの紹介:2019年デンマーク,ノルウェー,スウェーデン,ベルギー映画。ダグ・ハマーショルド(1905年-1961年)はスウェーデン出身の外交官で、1953年に国連事務総長に就任。アメリカとソビエト連邦が対立する世界において世界平和に尽力。1961年にハマーショルドはコンゴでの紛争解決のためアフリカへ向かいます。しかし、彼の飛行機は墜落し、彼は帰らぬ人となります。事故による墜落か暗殺か?真相不明の事件も、時間の経過とともに敵対勢力による撃墜の証拠が出てきます。『誰がハマーショルドを殺したか』は、デンマーク出身のジャーナリストのマッツ・ブリュガーが、「ハマーショルドの飛行機は撃墜された?」という事件の謎を解明するドキュメンタリー映画です。
監督:マッツ・ブリュガー 出演:マッツ・ブリュガー(ジャーナリスト)、ヨーラン・ビョークダール(調査員)、ほか 

「静かなレジスタンス」のネタバレあらすじ結末

静かなレジスタンスの紹介:2008年フランス, ベルギー映画。ドイツ占領下のフランスで、レストランを営む老婦人ルイーズが、ケガをしたイギリス兵を匿ったことで、多くの犠牲を払いながらもレジスタンス運動に貢献する。
監督:ティエリ・ビニスティー 出演:リーヌ・ルノー、ピエール・モンディ、リヒャルト・サメル、サイモン・ボイル、Nadine Marcovici、ほか

「地獄愛」のネタバレあらすじ結末

地獄愛の紹介:2014年ベルギー,フランス映画。シングルマザーのグロリアは、出会い系サイトで知り合ったミシェルに心奪われる。しかし、ある日女性といるとこを目撃する。ミシェルの本当の姿は、女性の性的欲求を満たし、金を引き出させようとする結婚詐欺師だった。しかしグロリアの思いは強く、彼の稼業を手伝っていくのだった。
監督:ファブリス・ドゥ・ヴェルツ 出演:ロラ・ドゥエニャス(グロリア)、ローラン・リュカ(ミシェル)、エレーナ・ノゲラ(ソランジュ)、エディット・ル・メルディ、アン=マリー・ループ、ピリ・グロイン、ほか

「聖者たちの食卓」のネタバレあらすじ結末

聖者たちの食卓の紹介:2011年ベルギー映画。インド、パンジャーブ地方にあるシク教総本山であるハリマンディル・サーヒブ。毎日多くの人の奉仕によって十万人分食事が作られ提供される、黄金寺院の無料食堂。そこにはカーストや性別、宗教関係なく、食事を共にする人々の姿があった。日々無料で提供される10万食もの食事の舞台裏を写すドキュメンタリー。
監督:フィリップ・ヴィチュス 出演者:参拝者の方々

「ミューズ 悪に堕ちた女神の魂」のネタバレあらすじ結末

ミューズ 悪に堕ちた女神の魂の紹介:2017年スペイン,アイルランド,ベルギー,フランス映画。スペインの作家ホセ・カルロス・ソモーサの『The Lady Number Thirteen』を『REC/レック』のジャウマ・バラゲロ監督が映画化したサスペンススリラーです。教え子と交際していた作家で大学教授の男が、恋人が自殺したことを機に実際に夢に出てきた女性が殺される夢を見るようになり、真相を突き止めようと動くのですが…。
監督:ジャウマ・バラゲロ 出演者:エリオット・コーワン(サミュエル・ソロモン)、フランカ・ポテンテ(スーザン・ジラルド)、アナ・ウラル(レイチェル)、ジョアンヌ・ウォーリー(ジャクリーン)、クリストファー・ロイド(ベルナルド・ラウシェン)、レオノール・ワトリング(リディア・ガレッティ)、マヌエラ・ベレス(ベアトリス)ほか

「スパイク・ガールズ」のネタバレあらすじ結末

スパイク・ガールズの紹介:2019年フランス, ベルギー映画。個性あふれる女子バレーボールチームの『ファルコン』が優勝し、その後、移動先に向かう途中、立ち寄った村のレストランで暴れたことから、村人たちに襲われるという内容の、ハチャメチャスプラッターコメディ映画です。ふざけた作品のわりには、しっかりした出来ばえです。
監督:オリヴィエ・アフォンソ 出演者:ヴィクトル・アルチュス・ソラロ(コーチ)、マノン・アゼム(モルガンヌ)、ルイーズ・ブラシェール(エマ)、ティファニー・ダビオ(ジャンヌ)、マルゴ・デュフレーヌ(タチアナ)ほか

「パリに見出されたピアニスト」のネタバレあらすじ結末

パリに見出されたピアニストの紹介:2018年フランス,ベルギー映画。貧しさから不幸な境遇を過ごさざるを得なかった主人公の青年マチュー。しかし彼にはピアノという才能があったのです。その類いまれなる才能を偶然音楽大の教授が見つけ、彼の人生がガラリと変わっていく…。
監督:ルドヴィク・バーナード 出演:ランベール・ウィルソン(ピエール・ゲイトナー)、クリスティン・スコット・トーマス(女伯爵)、ジュール・ベンシェトリ(マチュー・マリンスキー)、カリジャ・トゥーレ(アンナ)、エルザ・ルポワーヴル(マティルド・ゲイトナー)、アンドレ・マルコン(アンドレ・ロシジャック)、ミシェル・ジョナス(ムッシュー・ジャック)、グザヴィエ・ゲルフィ(ケヴィン)、テレスフォール・トゥヌー(ドリス)、ほか

「私の知らないわたしの素顔」のネタバレあらすじ結末

私の知らないわたしの素顔の紹介:2019年フランス,ベルギー映画。世界的に有名な女優ジュリエット・ビノシュを主演にSNS の世界にドップリとはまっていく女性の姿を描いたサスペンス作品です。現代社会におけるバーチャル恋愛に潜む甘い罠、二転三転する息もつかせない展開が見所です。
監督:サフィ・ネブー 出演:ジュリエット・ビノシュ(クレール・ミヨー)、フランソワ・シヴィル(アレックス)、ニコール・ガルシア(カトリーヌ・ボーマン医師)、マリー=アンジュ・カスタ(カティア)、ジュール・ウプラン(マックス)、ジュール・ゴズラン(トリスタン)、ギヨーム・グイ(リュド)、シャルル・ベルリング(ジル)、ほか

「テリー・ギリアムのドン・キホーテ」のネタバレあらすじ結末

テリー・ギリアムのドン・キホーテの紹介:2018年スペイン,ベルギー,フランス,イギリス,ポルトガル映画。『未来世紀ブラジル』や『12モンキーズ』などを手掛けた巨匠テリー・ギリアム監督が幾度に渡る製作中止などの危機を乗り越え、構想から30年を経てようやく完成させた渾身のファンタジー・アドベンチャー・コメディ作品です。ミゲル・デ・セルバンテスの代表作『ドン・キホーテ』の舞台を現代に置き換え、自分をドン・キホーテと信じて疑わない老人と若手映画監督の奇妙な旅路を描きます。
監督:テリー・ギリアム 出演者:ジョナサン・プライス(ハビエル/ドン・キホーテ)、アダム・ドライバー(トビー)、オルガ・キュリレンコ(ジャッキ)、ステラン・スカルスガルド(ボス)、オスカル・ハエナーダ(ジプシー)、セルジ・ロペス(農家)、ロッシ・デ・パルマ(農家の妻)、ジェイソン・ワトキンス(ルパート)、ジョアナ・リベイロ(アンジェリカ)、ジョルディ・モリャ(アレクセイ・ミシュキン)ほか

「アトランティックス」のネタバレあらすじ結末

アトランティックスの紹介:2019年フランス, セネガル, ベルギー映画。スレイマンとエイダは相思相愛です。給料が3ヶ月支払われなかったことによって、多くの男たちが生きていくために船でスペインへと向かいます。その船にスレイマンも乗っていました。セネガルの社会情勢によって引き裂かれた2人の思いの強さが試されるホラーを含んだラブストーリー映画です。第72回カンヌ国際映画祭(2019年)コンペティション部門でグランプリを受賞。
監督:マティ・ディオプ 出演:ママ・ビネタ・サネ(エイダ)、イブラヒマ・エムバイエ(ムスタファ)、ニコール・ソウゴウ(ディオール)、アミナタ・カネ(ファンタ)、ほか

「9人の翻訳家 囚われたベストセラー」のネタバレあらすじ結末

9人の翻訳家 囚われたベストセラーの紹介:2019年フランス,ベルギー映画。フランスの豪邸の地下に隠されたシェルター。大ベストセラーミステリー三部作の完結編『デダリュス』の翻訳のために選ばれた9人はシェルターから出ることもネット接続や電話も禁じられる。しかし原稿の一部がネットに流出。原稿にアクセスできるのは作者のオスカル・ブラックと出版社社長アングストロームと翻訳者のみ。翻訳者の内部犯行なのか?そして犯行の目的は?世界で一大現象を巻き起こした『ダビンチ・コード』の4作目『インフェルノ』の出版の際に海賊行為や違法流出を防ぐために、著者ダン・ブラウンの同意のもと、アメリカの出版元が各国の翻訳者たちをミラノにある秘密の地下室に隔離して翻訳作業を行ったという実話をもとにアクションや大どんでん返しを盛り込んだ本格派ミステリー。
監督: レジス・ロワンサル 出演:ランベール・ウィルソン(エリック・アングストローム)、オルガ・キュリレンコ(カテリーナ・アニシノバ)、リッカルド・スカマルチョ(ダリオ・ファレッリ)、シセ・バベット・クヌッセン(エレーヌ・トゥクセン)、エドゥアルド・ノリエガ(ハビエル・カサル)、アレックス・ロウザー(アレックス・グッドマン)、アンナ・マリア・シュトルム(イングリット・コルベル)、フレデリック・チョー(チェン・ヤオ)、マリア・レイチ(テルマ・アルヴェス)、マリノス・マヴロマタキス(コンスタンティノス・ケドリノス)、パトリック・ボーショー(ジョルジュ・フォンテーヌ)ほか

「愛を綴る女」のネタバレあらすじ結末

愛を綴る女の紹介:2016年フランス,ベルギー映画。情熱的な愛を求めながら望まない結婚をした女性が運命的な出会いを果たすが、そこには思わぬ真実が秘められていた。M・アグスのベストセラー小説「祖母の手帖」を映画化。
監督:ニコール・ガルシア 出演:マリオン・コティヤール(ガブリエル)、ルイ・ガレル(アンドレ・ソヴァージュ)、アレックス・ブレンデミュール(ジョゼ)、ブリジット・ルアン(アデル)、ヴィクトワール・デュボワ(ジャニーヌ)、アロイーズ・ソヴァージュ(アゴスティーヌ)、ダニエル・パラ(マルタン)、ほか

「エタニティ 永遠の花たちへ」のネタバレあらすじ結末

エタニティ 永遠の花たちへの紹介:2016年フランス,ベルギー映画。A・フェルネのベストセラー小説を原作にした、19世紀末のフランスで上流階級の女性が駆け抜けた愛と慈しみ、悲しみの日々を2世代、3家族に渡って描く人生ドラマ。
監督:トラン・アン・ユン 出演:オドレイ・トトゥ(ヴァランティーヌ)、メラニー・ロラン(マチルド)、ベレニス・ベジョ(ガブリエル)、ジェレミー・レニエ(アンリ)、ピエール・ドゥラドンシャン(シャルル)、ほか

「ビヨンド・ザ・スピード」のネタバレあらすじ結末

ビヨンド・ザ・スピードの紹介:2017年ベルギー,フランス,オランダ映画。『アデル、ブルーは熱い色』(2013年)でパルム・ドールを受賞したアデル・エグザルコプロスと『リリーのすべて』のマティアス・スーナールツがダブル主演を務めた、ロマンス要素も加わったクライム・サスペンス作品です。女性レーサーが愛した自称・貿易商の男の正体は何とプロの強盗でした。男は彼女と結ばれるために次の仕事を最後に犯罪から足を洗うと誓いますが、その先には予想だにしない驚愕の展開が待ち受けていました…。劇中に登場するポルシェやアウディ、インプレッサなどのカーアクションにも注目です。
監督:ミヒャエル・R・ロスカム 出演:アデル・エグザルコプロス(ベネディクト・“ビビ”・デラニー)、マティアス・スーナールツ(ジノ・“ジジ”・ヴァノワビーク)、エリク・ド・スタエルケ(フレディ・デラニー)、ディミトリー・ルーブリー(マトン)、チャーリー・パストルーズ(コミセール・ド・クール)、ケレム・キャン(ベズネ)、サム・ルーウィック(刑務所長)ほか

「家族を想うとき」のネタバレあらすじ結末

家族を想うときの紹介:2019年イギリス,フランス,ベルギー映画。イギリス、ニューカッスルに暮らすターナー家の父リッキーはマイホーム購入の夢を叶えるために、宅配ドライバーを個人事業主として始めた。妻のアビーはパートタイムで介護福祉士として1日中働き詰め。家族を幸せにするための仕事は、次第に家族から時間を奪っていき、高校生の長男セブと小学生の娘ライザ・ジェーンは寂しい思いから心が揺さぶられていく。
監督:ケン・ローチ 出演:クリス・ヒッチェン(リッキー)、デビー・ハニーウッド(アビー)、リス・ストーン(セブ)、ケイティ・プロクター(ライザ・ジェーン)、ロス・ブリュースター(マロニー)ほか

1 2 3 4 5 6

キーワードから探す

TOP↑