カナダ映画一覧

「サイレントヒル(2006)」のネタバレあらすじ結末

サイレントヒルの紹介:2006年アメリカ,日本,カナダ,フランス映画。日本のゲーム会社コナミから発売された同名ゲームをハリウッドで映画化した作品で、多少原作との違いは見られますが、独特の世界観を作り出したホラー映画となりました。
監督:クリストフ・ガンズ 出演者:ローズ・ダシルヴァ(ラダ・ミッチェル)、クリストファー・ダシルヴァ (ショーン・ビーン)、シャロン・ダシルヴァ アレッサ・ギレスピー (ジョデル・フェルランド)ほか

「天才スピヴェット」のネタバレあらすじ結末

天才スピヴェットの紹介:2013年フランス,カナダ映画。ライフ・ラーセンの小説「T・S・スピヴェット君 傑作集」を実写映画化。天才的なIQを持つスピヴェットは、モンタナの牧場で暮らすカウボーイの父、昆虫博士の母、女優志望の姉と暮らしています。スピヴェットには双子の弟・レイトンがいたのですが、1年前に銃の暴発事故で無くなってしまいました。弟が亡くなってから、心の距離が開いてしまった家族を残して、スピヴェットは家出をします。スミソニアン博物館での素晴らしい発明に送られるベアード賞の授賞式に出掛けるため、1人大陸を横断します。

「SHOCKER ショッカー」のネタバレあらすじ結末

SHOCKER ショッカーの紹介:2007年カナダ映画。アメリカ史上最悪の殺人鬼マックス・シードは電気椅子で死刑執行されるが、心臓は動き続けていた。3度続けて刑を執行しても死ななかった場合、州法で死刑囚は自由の身となる。それは再び悪魔を解き放つことを意味している…。
監督:ウーヴェ・ボル 出演者:ビショップ(マイケル・パレ)、シード(ウィル・サンダーソン)、アーノルド(ラルフ・モーラー)、エミリー(ジョデル・フェルランド)、サンディ(テア・ギル)ほか

「ブルックリン」のネタバレあらすじ結末

ブルックリンの紹介:2015年アイルランド,イギリス,カナダ映画。2016年7月1日日本公開。アイルランドからアメリカのブルックリンに移り住んだ一人の女性の恋愛と青春を描いた作品で、今作ブルックリンはアカデミー賞の作品賞・主演女優賞・脚色賞の主要3部門にノミネートされました。
監督:ジョン・クローリー 出演:シアーシャ・ローナン(エイリシュ・レイシー)、ドーナル・グリーソン(ジム・ファレル)、エモリー・コーエン(トニー・フィオレロ)、ジム・ブロードベント(フラッド神父)、ジュリー・ウォルターズ(キーオ夫人)ほか

「サイレントヒル:リベレーション3D」のネタバレあらすじ結末

サイレントヒル:リベレーション3Dの紹介:2012年フランス,アメリカ,カナダ映画。ホラーゲーム、サイレントヒル3を元に実写化した作品。突然姿を消した父親を捜すのと並行で、自らの出生の秘密を解き明かすため、呪われた場所へと向かう少女の恐怖体験を描く。
監督:マイケル・J・バセット 出演:ヘザー・メイソン / アレッサ (アデレイド・クレメンス)ヴィンセント・スミス (キット・ハリントン)、ハリー・メイソン (ショーン・ビーン)クローディア・ウルフ (キャリー=アン・モス)、レナード・ウルフ (マルコム・マクダウェル)ダグラス・カートランド (マーティン・ドノヴァン)ほか

「サイレントヒル」のネタバレあらすじ結末

サイレントヒルの紹介:2006年アメリカ,日本,カナダ,フランス映画。夢遊病で毎晩歩き回る少女、シャロン。彼女の養母ローズは彼女が「サイレントヒル」とつぶやきながら苦しむのを見て、実在の町サイレントヒルに2人だけで向かうことを決意する。サイレントヒルを間近に控えた真夜中の道中、突然飛び出してきた黒髪の少女を轢きそうになり、車は電柱に衝突。ローズが目を覚ますとそこは、白く灰の降る廃墟と化した町サイレントヒルだった。シャロンは車中から失踪、ローズはこの町の異形に襲われながらも懸命にシャロンを捜し、そして町でかつて起きた恐ろしい事件を知ることとなる…。
監督:クリストフ・ガンズ 出演者:ローズ・ダシルヴァ(ラダ・ミッチェル)、クリストファー・ダシルヴァ (ショーン・ビーン)、シャロン・ダシルヴァ アレッサ・ギレスピー (ジョデル・フェルランド)、シビル・ベネット(ローリー・ホールデン)ほか

「アップサイドダウン 重力の恋人」のネタバレあらすじ結末

アップサイドダウン 重力の恋人の紹介:2012年カナダ,フランス映画。真反対に引力が作用する「二重引力」が存在する世界。富裕層が住んでいる「上の世界」と、貧困層が住んでいる「下の世界」、2つの異なる世界の男女が禁じられた恋に落ちる。警備隊に追われ、記憶をなくした少女エデンと家をなくした少年アダム。唯一両世界を繋いでいる「トランスワールド社」で2人が10年ぶりに再会するが再び、警備隊に追われてしまう。2人は果たして結ばれるのだろうか。
監督:フアン・ソラナス 出演:アダム・カーク(ジム・スタージェス)、エデン・ムーア(キルスティン・ダンスト)、ボブ・ボルショヴィッツ(ティモシー・スポール)、アルバート(ブル・マンクマ)、ラガヴィーリン(ジェームズ・キドニー)、12歳のアダム(エリオット・ラーソン)、10歳のエデン(モラーヌ・アーカンド)ほか

「ジョン・ウィック」のネタバレあらすじ結末

ジョン・ウィックの紹介:2014年アメリカ,カナダ,中国映画。妻に先立たれ、悲しみの中静かに暮らす男は、凄腕の殺し屋として名をはせていたジョン・ウィックその人であった。愛するものを奪われた時、復讐者として再びジョン・ウィックの名が裏社会にこだまする。ハードボイルドなキアヌ・リーヴスの魅力が光るスタイリッシュなアクション映画。
監督:チャド・スタエルスキ 出演:キアヌ・リーヴス(ジョン・ウィック)、ミカエル・ニクヴィスト(ヴィゴ・タラソフ)、アルフィー・アレン(ヨセフ・タラソフ)、エイドリアンヌ・パリッキ(ミズ・パーキンス)、ブリジット・モイナハン(ヘレン)、ディーン・ウィンタース(アヴィ)ほか

「複製された男」のネタバレあらすじ結末

複製された男の紹介:2013年カナダ、スペイン映画。大学で教員をしているアダムは薦められた映画に自分と瓜二つの役者が出ていると気づく。顔どころか声や傷跡までも瓜二つな彼はいったい何者なのか?
監督:ドゥニ・ビルヌーブ 出演:ジェイク・ギレンホール、メラニー・ロラン、サラ・ガドン、イザベル・ロッセリーニ、ジョシュ・ピース、ティム・ポスト、ケダー・ブラウン、ダリル・ディンほか

「MAMA」のネタバレあらすじ結末

映画MAMAの紹介:2013年カナダ、スペイン映画。行方不明だった幼い姉妹の世話をしていたママとはいったい何者なのか?得体の知れない影の正体が露わになる時、待ち受ける悲劇とは?
監督:アンドレス・ムシェッティ 出演:ジェシカ・チャスティン、ニコライ・コスター=ワルドウ、ミーガン・シャルパンティエ、イザベル・ネリッセ、ダニエル・カッシュ、ハビエル・ボテほか

「ゾンビーノ」のネタバレあらすじ結末

ゾンビーノの紹介:2007年カナダ映画。ゾムコンという会社が作り上げた、ゾンビをコントロールする「ゾンビ調教首輪」でゾンビは人を襲う事がなくなります。そして人はゾンビを使用人として働かせたり、ときにはペットの様に扱ったりしていました。そんな中、人と心を通わせる不思議なゾンビにロビンソン家は出会う。
監督:アンドリュー・カリー 出演:キャリー=アン・モス、ビリー・コノリー、ディラン・ベイカー、クサン・レイほか

「ソウ ザ・ファイナル 3D」のネタバレあらすじ結末

ソウ ザ・ファイナル 3Dの紹介:2010年カナダ/アメリカ映画。長年にわたって視聴者を恐怖の渦に叩き込んで来た伝説のシリーズ『ソウ』、7作目にして完結作。ジグソウことジョンが育ててきた後継者たちが明らかになる。今回も行われる非道なゲームから目を離せない。2017年には『ソウ』の新章である『ジグソウ:ソウ・レガシー』が公開。
監督:ケヴィン・グルタート 出演:トビン・ベル(ジョン・クレイマー)、ショーン・パトリック・フラナリー(ボビー・デイゲン)、ベッツィ・ラッセル(ジル・タック)、ケイリー・エルウィス(ローレンス・ゴードン)、コスタス・マンディロア(マーク・ホフマン)ほか

「ソウ6」のネタバレあらすじ結末

ソウ6 の紹介:2009年カナダ/アメリカ/イギリス/オーストラリア映画。FBI捜査官ストラムを罠にはめ、揚句殺害したジグソウの真の協力者ホフマン警部。そして殺人鬼ジョン・クレイマーの前妻で彼から遺産として箱を受け取ったジル・タック。箱の存在に気付いたジャーナリスト、パメラ・ジェンキンスをゲームに参加させるためホフマンはジグソウになり替わり新たなゲームを始める…。
監督:ケヴィン・グルタート 出演:トビン・ベル(ジグソウ)、コスタス・マンディロア(ホフマン刑事)、ベッツィ・ラッセル(ジル)、マーク・ロルストン(エリクソン)、ピーター・アウターブリッジ(ウィリアム・イーストン)、ショウニー・スミス(アマンダ)、ほか

「ソウ5」のネタバレあらすじ結末

ソウ5 の紹介:2008年アメリカ/カナダ映画。かつてのジグソウの協力者でありゲームの実行を継承する男ホフマン刑事と、彼に違和感を覚えているFBI捜査官ストラム。相棒ペレーズ捜査官の死亡のため休暇命令を受けたストラムだったが、ジグソウとホフマンを繋げる手がかりを探しに事件現場へと足を運ぶことに…。
監督:デヴィッド・ハックル 出演:トビン・ベル(ジグソウ)、コスタス・マンディロア(ホフマン刑事)、スコット・パターソン(ストラム捜査官)、ベッツィ・ラッセル(ジル)、マーク・ロルストン(エリクソン)、カルロ・ロタ(チャールズ)、ほか

「ソウ4」のネタバレあらすじ結末

ソウ4の紹介:2007年アメリカ/カナダ映画。同僚アリソンを惨殺され、リッグは行方不明のエリックを秘密裏に捜索しようとしていた。そんな折、ついに彼にもジグソウの魔の手が襲う。目前に現れた多くの咎人達にリッグは“裁きを下す”のか…。
監督:ダーレン・リン・バウズマン 出演:トビン・ベル(ジグソウ)、スコット・パターソン(ストラム捜査官)、ベッツィ・ラッセル(ジル)、コスタス・マンディロア(ホフマン刑事)、リリク・ベント(ダニエル・リッグ刑事)、アシーナ・カーカニス(ペレーズ捜査官)、ほか

1 12 13 14 15 16 17

キーワードから探す

TOP↑