カトリーヌ・ドヌーヴ映画一覧

カトリーヌ・ドヌーヴが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「真実」のネタバレあらすじ結末

真実の紹介:2019年日本,フランス映画。 『万引き家族』(2018年)カンヌ国際映画祭の最高賞パルム・ドールを受賞した是枝裕和監督がフランスを代表する名女優カトリーヌ・ドヌーヴとタッグを組み、日仏合同で製作したヒューマンドラマです。国民的大女優が「真実」と題した自伝を出すことになりますが、このことをきっかけに自伝では語られなかった女優の娘との心の影が浮き彫りになっていきます。
監督:是枝裕和 出演:カトリーヌ・ドヌーヴ(ファビエンヌ・ダジュヴィル)、ジュリエット・ビノシュ(リュミール)、イーサン・ホーク(ハンク・クーパー)、リュディヴィーヌ・サニエ(アンナ・ルロワ)、クレモンティーヌ・グルニエ(シャルロット)、マノン・クラヴェル(マノン・ルノワール)、アラン・リボル(リュック)、クリスチャン・クラエ(ジャック)、ロジァー・ヴァン・フール(ピエール)、ローラン・カペリュート(記者)ほか

「ルージュの手紙」のネタバレあらすじ結末

ルージュの手紙の紹介:2017年フランス映画。カトリーヌ・ドヌーヴが自由奔放に生きてきて癌になった義理の母を演じ、生真面目な助産婦で義理の娘をカトリーヌ・フロが演じます。30年前に姿を消した義理の母ベアトリスが、突然父を尋ねてクレールに電話をかけてきたことから始まるストーリー。ベアトリスが去った後、父は自殺しており、憎しみを抱いていたクレールにベアトリスはその奔放な性格でクレールの心に入って行き…。
監督:マルタン・プロヴォ 出演: カトリーヌ・フロ(クレール)、カトリーヌ・ドヌーヴ(ベアトリス)、オリヴィエ・グルメ(ポール)、カンタン・ドルメール(シモン)、ミレーヌ・ドモンジョ(ロランド)、ポーリーヌ・エチエンヌ(セシール)、ほか

「終電車」のネタバレあらすじ結末

終電車の紹介:1980年フランス映画。フランス映画界の巨匠フランソワ・トリュフォーが、第二次世界大戦時のナチス・ドイツに占領されたパリを舞台に描きあげた長編作品です。夜間外出禁止令が敷かれ、劇場を守るために奮闘しながらも、地下に潜伏するユダヤ人の夫と、若手俳優との間で揺れ動くひとりの女優の愛を描き、フランス最高の映画賞であるセザール賞で作品賞や監督賞、主演女優賞など主要10部門を制しています。
監督:フランソワ・トリュフォー 出演者:カトリーヌ・ドヌーヴ(マリオン・シュタイナー)、ジェラール・ドパルデュー(ベルナール・グランジェ)、ハインツ・ベンネント(ルカ・シュタイナー)、ジャン・ポワレ(ジャン=ルー・コタンス)、アンドレア・フェレオール(アッレット・ギヨーム)、ポーレット・デュボスト(ジェルメーヌ・ファーブル)、サビーヌ・オードパン(ナディーヌ・マルサク)、ジャン=ルイ・リシャール(ダクシア)、モーリス・リッシュ(レイモン)、マルセル・ベルベール(メルラン)ほか

「ミス・ブルターニュの恋」のネタバレあらすじ結末

ミス・ブルターニュの恋の紹介:2013年フランス映画。恋人に振られ、傷心のまま旅に出た初老の女性が様々な出会いを通して、自身の生き方を見つめ直していくロードムービー。往年の名女優カトリーヌ・ドヌーブ主演で描く大人のラブストーリーです。
監督:エマニュエル・ベルコ 出演者:カトリーヌ・ドヌーブ(ベティ)、ミレーヌ・ドモンジョ(ファンファン)、ネモ・シフマン(シャルリ)、アフシア・エルジ(ジャンヌ)、カミーユ(ミュリエル)、ほか

「イヴ・サンローラン(2010年)」のネタバレあらすじ結末

イヴ・サンローランの紹介:2010年フランス映画。2002年引退、2008年没の世界的デザイナー、イヴ・サン=ローランと、イヴ・サンローランのパートナー、ピエール・ベルジェ。最期を看取ったピエールの語りに、天才デザイナーの孤独と苦難の日々そして幸福を垣間見る。ファッション界での大きな実績や、カトリーヌ・ドヌーヴなどセレブリティとの華麗な交際の陰には、半世紀もの歳月を共にしたパートナーのみが知る一面があった。そんなイヴ・サン=ローランの素顔やキャリアを貴重な映像資料と共にひも解いていくドキュメンタリー映画。
監督:ピエール・トレトン 出演:イヴ・サン=ローラン(アーカイヴ映像・写真)、ピエール・ベルジェ、ほか

「永遠の語らい」のネタバレあらすじ結末

永遠(とわ)の語らいの紹介:2003年ポルトガル,フランス,イタリア映画。父親とのバカンスを過ごすために船旅についた母と娘、文明の痕跡をたどりながら、ある夜不思議な夕食の席へ招かれる。95歳の現役監督でポルトガルの巨匠、マノエル・ド・オリヴェイラによる地中海文明を散策する旅。彼の人生観をギリシャやエジプトなどの美しい歴史的観光地の映像を通して描かれる。
監督:マノエル・ド・オリヴェイラ 出演:レオノール・シルヴェイラ(ローザ・マリア / 母)、フィリッパ・ド・アルメイダ(マリア・ジョアナ / 娘)、ジョン・マルコヴィッチ(ジョン・ワレサ船長)、カトリーヌ・ドヌーヴ(デルフィーヌ)、ステファニア・サンドレッリ(フランチェスカ)、イレーネ・パパス(ヘレナ)、ほか

「哀しみのトリスターナ」のネタバレあらすじ結末

哀しみのトリスターナの紹介:1970年イタリア,フランス,スペイン映画。1920年代、スペインの紳士ドン・ロペは友人の娘で身寄りをなくした少女トリスターナの庇護者となるが…。やがて、ドン・ロペの言いなりだったトリスターナに画家の恋人ができる。階級意識、宗教等が絡みあった、男女の不思議で複雑で矛盾に満ちた愛憎の物語。『昼顔』に続いてカトリーヌ・ドヌーヴがブニュエルの監督作に主演。
監督:ルイス・ブニュエル 出演者:カトリーヌ・ドヌーヴ、(トリスターナ)、フランコ・ネロ(オラシオ)、フェルナンド・レイ(ドン・ロペ)、ロラ・ガオス(サトゥルナ)その他

「女神よ、銃を撃て」のネタバレあらすじ結末

女神よ、銃を撃ての紹介:2017年フランス映画。カトリーヌ・ドヌーヴとダイアン・クルーガーの二大女優が母娘を演じるサスペンスドラマ。薬物依存症の娘ジュリアンと豪邸に暮らすルイーズ。ある時、ジュリアンがドラッグの売人を誤って殺害してしまう。ルイーズの過剰ともいえる娘への愛情が、ついに暴走する…。フランスで人気のイケメンラッパー・ネクフが、ルイーズと不思議な絆で結ばれる青年を演じている。
監督:ティエリー・クリファ 出演者:カトリーヌ・ドヌーヴ(ルイーズ)、ダイアン・クルーガー(ジュリア)、ネクフ(ベン)、ニコラ・デュヴォシェル(ロドルフ)、オリヴィエ・ルストー(ダニエル)、セバスチャン・フーバニ(カリム)、ミカエル・コーエン(オリヴィエ)ほか

「チキンとプラム」のネタバレあらすじ結末

チキンとプラム ~あるバイオリン弾き、最後の夢~の紹介:2011年フランス,ドイツ,ベルギー映画。マルチ・アーティストのマルジャン・サトラピが自身のコミック「鶏のプラム煮」を題材に漫画家ヴァンサン・パロノーと共同で監督した作品。 あるバイオリニストの波乱に満ちた生涯をファンタジーを交えながら美しく綴っていきます。主演のナセル・アリ役を演じるのは監督としても活躍するフランス人俳優マチュー・アマルリック。ナセル・アリの娘役をマルチェロ・マストロヤンニとカトリーヌ・ドヌーヴの娘であるキアラ・マストロヤンニ、ナセル・アリの母役をイングリッド・バーグマンの娘であるイザベラ・ロッセリーニがそれぞれ演じています。
監督:マルジャン・サトラピ、ヴァンサン・パロノー 出演者: マチュー・アマルリック(ナセル・アリ・カーン)、エドゥアール・ベール(死の天使アズラエル/ナレーション)、マリア・デ・メデイロス(ファランギース)、ゴルシフテ・ファラハニ(イラーヌ)、セルジュ・アヴェディキアン(イラーヌの父)、キアラ・マストロヤンニ(リリ)、イザベラ・ロッセリーニ(ナセル・アリの母)ほか

「幸せはパリで」のネタバレあらすじ結末

幸せはパリでの紹介:1969年アメリカ映画。パーティーで知り合った中年の男女が真実の愛を見つけていくまでの様子を描いたロマンティックコメディ。アメリカの名優ジャック・レモンとフランスが生んだ大女優カトリーヌ・ドヌーブの共演が話題になりました。
監督:スチュアート・ローゼンバーグ 出演者:ジャック・レモン(ハワード・ブルーベイカー)、カトリーヌ・ドヌーブ(カトリーヌ・ガンサー)、ピーター・ローフォード(テッド・ガンサー)、シャルル・ボワイエ(アンドレ)、ジャック・ウェストン(ポッター・シュレーダー)、ほか

「ロシュフォールの恋人たち」のネタバレあらすじ結末

ロシュフォールの恋人たちの紹介:1966年フランス映画。海辺の町ロシュフォールで、双子の姉妹を中心に理想の相手を探し求める人々が、すれ違いながらも運命の出会いを果たすまでを描いたミュージカル仕立ての小粋な恋愛映画。
監督:ジャック・ドゥミ 出演:カトリーヌ・ドヌーヴ、フランソワーズ・ドルレアック、ジーン・ケリー、ジョージ・チャキリス、ほか

「神様メール」のネタバレあらすじ結末

神様メールの紹介:2015年ベルギー,フランス,ルクセンブルク映画。カンヌ国際映画祭、ゴールデン・グローブ賞などで賞賛を浴びたコメディ。パソコンで世界を牛耳る神様と、その娘が起こす騒動を描く。
監督:ジャコ・ヴァン・ドルマル 出演者:ピリ・グロワーヌ(エア)、カトリーヌ・ドヌーヴ(マルティーヌ)、ブノワ・ポールヴールド(神様)、ヨランド・モロー(女神)、フランソワ・ダミアン(フランソワ)ほか

「8人の女たち」のネタバレあらすじ結末

8人の女たちの紹介:2002年フランス映画。屋敷の主人を殺した犯人をめぐって容疑者の8人の女たちが主人公のダークコメディ映画で、フランス語の歌が歌われるミュージカル映画です。クリスマスに集まった親戚と家族が、お互いのことを探り合いながら一体家族達と使用人の中でになにが起きているのかを暴いていきます。
監督:フランソワ・オゾン 出演者:カトリーヌ・ドヌーブ(ギャビー)、ダニエル・ダリュー(マミー)、エマニュエル・べアール(ルイーズ)、リュディヴィーヌ・サニエ(カトリーヌ)ほか

「暗くなるまでこの恋を」のネタバレあらすじ結末

暗くなるまでこの恋をの紹介:1969年フランス映画。ウィリアム・アイリッシュのミステリー「暗闇へのワルツ」を映画化。ヒッチコックを敬愛するトリュフォーは、「裏窓」の原作者であるアイリッシュの小説をこの作品ともう一本(「黒衣の花嫁」)映画化している。
監督:フランソワ・トリュフォー 出演:ジャン=ポール・ベルモンド(ルイ・マエ)、カトリーヌ・ドヌーヴ(マリオン/ユリー)、ミシェル・ブーケ、ネリー・ボルゴー、ほか

「反撥」のネタバレあらすじ結末

反撥の紹介:1964年イギリス映画。「水の中のナイフ」に続くポランスキー監督の2作目の長編。ポーランドを離れてイギリスで撮影されたもので、彼のコスモポリタンとしての活躍の手始めとなった。ベルリン国際映画祭で銀熊賞を受賞。
監督:ロマン・ポランスキー 出演:キャロル(カトリーヌ・ドヌーヴ)、コリン(ジョン・フレイザー)ほか

1 2

キーワードから探す

TOP↑