チャールズ・ブロンソン映画一覧

チャールズ・ブロンソンが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「さらばバルデス」のネタバレあらすじ結末

さらばバルデスの紹介:1973年アメリカ,フランス,イタリア映画。『大脱走』(1963年)で手を組んだジョン・スタージェス監督とチャールズ・ブロンソンが再び組んで贈るマカロニウエスタンです。西部開拓時代も終わりに近づいた1880年代のニューメキシコを舞台に、白人と先住民の混血児である孤独な牧場主と近代的な地元有力者の戦いを一人の少年の視点から描きます。
監督:ジョン・スタージェス 出演者:チャールズ・ブロンソン(チノ・バンデス)、ヴィンセント・ヴァン・パタン(ジェイミー・ワグナー)、ジル・アイアランド(キャサリン・マラル)、マルセル・ボズフィ(マラル)、ファウスト・トッツィ(クルス)、エットーレ・マニ(保安官)、フロレンシオ・アマリラ(リトル・ベア)ほか

「バルジ大作戦」のネタバレあらすじ結末

バルジ大作戦の紹介:1965年アメリカ映画。第二次世界大戦末期の1944年にベルギー・アルデンヌ高地で行われたナチスドイツ軍とアメリカ率いる連合軍の激戦「バルジの戦い」をドイツ側・アメリカ側の両方から描いた戦争映画の超大作です。当時としては破格の巨額な製作費(当時の日本円で約72億円)が投じられ、スペイン陸軍の協力による大規模な戦車戦の描写も見どころです。
監督:ケン・アナキン 出演者:ヘンリー・フォンダ(カイリー中佐)、ロバート・ライアン(グレイ将軍)、ロバート・ショウ(ヘスラー大佐)、ダナ・アンドリュース(プリチャード大佐)、ジョージ・モンゴメリー(デュケン軍曹)、テリー・サバラス(ガフィー軍曹)、チャールズ・ブロンソン(ウォレンスキー少佐)、ハンス・クリスチャン・ブレヒ(コンラート伍長)、ジェームズ・マッカーサー(ウィーヴァー少尉)、ピア・アンジェリ(ルイーズ)、ヴェルナー・ペータース(コーラー将軍)、カール=オットー・アルベルティ(ディーペル少佐)、タイ・ハーディン(シューマッハ少佐)、バーバラ・ウェール(エレナ)ほか

「夜の訪問者」のネタバレあらすじ結末

夜の訪問者の紹介:1970年フランス,イタリア映画。フランスのリゾート地で妻子とともに暮らすアメリカ人の男の元に、ある日突然謎の男たちがやってくる。捨てたはずの過去に翻弄されるサスペンス・アクション。
監督:テレンス・ヤング 出演:チャールズ・ブロンソン(ジョー)、リヴ・ウルマン(ファビエンヌ)、ジェームズ・メイソン(ロス)、ジル・アイアランド(モイラ)、ミシェル・コンスタンタン(ホワイティ)、ルイジ・ピスティッリ(ファウスト)、ヤニック・ド・リュール(ミッシェル)、ジャン・トパール(カタンガ)、ポール・ボニファ(医者)、ほか

「レッド・サン」のネタバレあらすじ結末

レッド・サンの紹介:1971年フランス,イタリア,スペイン映画。チャールズ・ブロンソン、三船敏郎、アラン・ドロンというハリウッド・日本・フランス映画界を代表する3大スターが共演した異色の西部劇です。タイトルの「レッド・サン」とは日の丸、すなわち日本を意味しています。西部開拓時代のアメリカを舞台に、日本の使節団から宝刀を奪った強盗が裏切った仲間を追うために日本人の侍と手を組むことになります。
監督:テレンス・ヤング 出演者:チャールズ・ブロンソン(リンク・スチュアート)、三船敏郎(黒田重兵衛)、アラン・ドロン(ゴーシュ)、ウルスラ・アンドレス(クリスチーナ)、キャプシーヌ(ペピータ)、田中浩(名室源吾)、中村哲(坂口備前守)、バルタ・バリ(パコ)、グイド・ロロブリージダ(メイス)ほか

「野獣処刑人 ザ・ブロンソン」のネタバレあらすじ結末

野獣処刑人 ザ・ブロンソンの紹介:2018年アメリカ映画。街のダニを射殺して奪った金を、犯罪者の流れ弾に当たって車いす生活になった少女の母に送り続ける男がいました。やがて男は少女が車いす生活になった原因である麻薬売人のボスを追い込むことになり…という内容のバイオレンスアクション映画です。亡きチャールズ・ブロンソンにそっくりなロバート・ブロンジーの初主演作で、内容も『狼よさらば』を彷彿させるものとなっています。さらに、話し方や体の動きもそっくりに演じています。
監督:レネ・ペレス 出演者:ロバート・ブロンジー(男 / K)、リチャード・タイソン(タイレル)、ダニエル・ボールドウィン(DJ)、エヴァ・ハミルトン(アナ)、ストーミー・マヤ(タニヤ)ほか

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ザ・ウェスト」のネタバレあらすじ結末

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ザ・ウェストの紹介:1968年イタリア,アメリカ映画。19世紀のアメリカ西部、結婚した男が殺害され、広大な土地を相続することになった女性は、その土地に鉄道が建設されることにより、その利権をめぐる男たちの対立に巻き込まれます。ハーモニカを吹く謎のガンマンは彼女を助け、鉄道利権を狙う男と闘いますが、意外な過去がありました。『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ザ・ウェスト』は19世紀の鉄道建設が巨大ビジネスであった頃のアメリカ西部を舞台にした映画で、当時イタリアで多く制作されたマカロニ・ウエスタン(イタリア製西部劇)の代表作です。この映画は1968年にヨーロッパで公開され大ヒット、日本では1969年に『ウエスタン』というタイトルで公開されています。マカロニ・ウエスタンの創始者レオーネ監督が当時の大スターを共演させ壮大な叙事詩になっています。
監督:セルジオ・レオーネ 出演:クラウディア・カルディナーレ(ジル・マクベイン)、ヘンリー・フォンダ(フランク)、ジェイソン・ロバーズ(シャイアン)、チャールズ・ブロンソン(ハーモニカ)、ガブリエル・フェルゼッティ(モートン)、フランク・ウォルフ(ブレット・マクベイン)、ジャック・イーラム(スネイキー)、ウディ・ストロード(ストーニー)、パオロ・ストッパ(サム)、キーナン・ウィン(シェリフ)、ライオネル・スタンダー(バーマン)、ほか

「ヴェラクルス」のネタバレあらすじ結末

ヴェラクルスの紹介:1954年アメリカ映画。アメリカ南北戦争終結後、メキシコがフランスの支援を受けた帝政派と革命派に分かれて内乱を起こした時代を舞台に、メキシコに流れ着いた元アメリカ南軍軍人と無法者の大金を巡る因縁を描いた大作西部劇です。
監督:ロバート・アルドリッチ 出演者:ゲイリー・クーパー(ベン・トレーン)、バート・ランカスター(ジョー・エリン)、デニーズ・ダーセル(マリー・デュヴァール伯爵夫人)、シーザー・ロメロ(アンリ・ド・ラボルデール侯爵)、サラ・モンティエル(ニナ)、アーネスト・ボーグナイン(ドネガン)、チャールズ・ブロンソン(ピッツバーグ)ほか

「去り行く男」のネタバレあらすじ結末

去り行く男の紹介:1955年アメリカ映画。ポール・I・ウェルマンの1939年発表の小説『Jubal Troop』を原作に製作された西部劇です。行き倒れているところを牧場主に救われ、その牧場で働くことになった流れ者と、牧場主の奔放な妻など様々な人々が嫉妬と憎しみの末に争いに巻き込まれていく姿を描きます。
監督:デルマー・デイヴィス 出演者:グレン・フォード(ジューバル・トループ)、アーネスト・ボーグナイン(シェップ・ホーガン)、ロッド・スタイガー(ピンカム”ピンキー”)、ヴァレリー・フレンチ(メイ・ホーガン)、フェリシア・ファー(ナオミ・ホクター)、チャールズ・ブロンソン(レブ・ハイスリップ)、ジャック・イーラム(マッコイ)ほか

「スーパー・マグナム」のネタバレあらすじ結末

スーパー・マグナムの紹介:1985年アメリカ映画。チャールズ・ブロンソン主演のアクション復讐劇『Death Wish』シリーズ五部作の第3作です。旧友を訪ねるためニューヨークに渡った主人公が、拳銃“スーパー・マグナム”を手に旧友を惨殺したストリートギャングたちに立ち向かいます。
監督:マイケル・ウィナー 出演者:チャールズ・ブロンソン(ポール・カージー)、デボラ・ラフィン(キャサリン・デイビス)、エド・ローター(シュライカー署長)、マーティン・バルサム(ベネット)、ギャヴァン・オハーリー(フレイカー)ほか

「テレフォン」のネタバレあらすじ結末

テレフォン(別題:チャールズ・ブロンソンの テレフォン)の紹介:1977年アメリカ映画。米ソ冷戦時代を舞台に、過激なスターリン主義を貫く元KGB諜報員の暴走を食い止めるべくアメリカに派遣された男女のKGB諜報員の半月間の暗闘を描いたアクション・サスペンス作品です。
監督:ドン・シーゲル 出演者:チャールズ・ブロンソン(グリゴーリ・ボルゾフ)、リー・レミック(バーバラ)、ドナルド・プレザンス(ニコライ・ダルチムスキー)、タイン・デイリー(ドロシー・パターマン)、アラン・バデル(マルチェンコ大佐)ほか

「狼の挽歌」のネタバレあらすじ結末

狼の挽歌の紹介:1970年イタリア映画。「さらば友よ(1968年)」と並ぶ名優チャールズ・ブロンソンの代表作。愛と裏切りの狭間で生きる殺し屋の姿を描く。一匹狼の殺し屋ジェフは、恋人ヴァネッサとバカンスの最中突然襲撃を受ける。ヴァネッサが裏切ったと知ったジェフは彼女を殺害しようとするが、愛した女を撃つことが出来ない。そしてヴァネッサを許したがために更なる危険に飲み込まれていくのだった。
監督:セルジオ・ソリーマ 出演者:チャールズ・ブロンソン(ジェフ)、ジル・アイアランド(ヴァネッサ)、テリー・サヴァラス(ウェーバー)、ミシェル・コンスタンタン(キレイン)、ウンベルト・オルシーニ(スティーヴ)ほか

「バラキ」のネタバレあらすじ結末

バラキの紹介:1972年イタリア,アメリカ映画。実在したマフィア、ジョゼフ・バラキが掟を破ってFBIに協力、巨大マフィア組織の実態をアメリカ議会で証言する過程を描いたピーター・マーズのノンフィクション・ドキュメンタリー『マフィア/恐怖の犯罪シンジケート』を史実に忠実に映画化した実録犯罪ドラマです。
監督:テレンス・ヤング 出演者:チャールズ・ブロンソン(ジョゼフ・バラキ)、リノ・ヴァンチュラ(ヴィト・ジェノヴェーゼ)、ジル・アイアランド(マリア・レイナ・バラキ)、ジョセフ・ワイズマン(サルヴァトーレ・マランツァーノ)、グイド・レオンティーニ(トニー・ベンダー)ほか

「いそしぎ」のネタバレあらすじ結末

いそしぎの紹介:1965年アメリカ映画。美しい自然の中、画家のローラは息子と二人で自由に生きてきた。彼女を所有しようとしても愛そうとはしないであろう男たちを遠ざけて。彼女の前に初めて現れた彼女を愛する男は、しかし、妻子ある牧師で息子の学校の校長だった。私生活のカップル、エリザベス・テイラーとリチャード・バートンが共演したメロドラマ。
監督:ヴィンセント・ミネリ 出演者:エリザベス・テイラー(ローラ・レイノルズ)、リチャード・バートン(エドワード・ヒューイット)、エヴァ・マリー・セイント(クレア・ヒューイット)、チャールズ・ブロンソン(コス・エリクソン)、ロバート・ウェッバー(ウォード・ヘンドリックス)、モーガン・メイソン(ダニー・レイノルズ)ほか

「軍用列車」のネタバレあらすじ結末

軍用列車の紹介:1975年アメリカ映画。アリステア・マクリーンの小説をマクリーン自ら脚本を手掛けて映画化したアクション・サスペンスです。西部開拓時代のアメリカを舞台に、伝染病流行の救援に向かった軍用列車を巡る陰謀に立ち向かう秘密捜査官らの姿を描いています。
監督:トム・グライス 出演者:チャールズ・ブロンソン(ジョン・ディーキン)、ベン・ジョンソン(ネイサン・ピアース)、ジル・アイアランド(マリカ)、エド・ローター(クレアモント少佐)、リチャード・クレンナ(フェアチャイルド知事)ほか

「荒野の七人」のネタバレあらすじ結末

荒野の七人の紹介:1960年アメリカ映画。黒澤明監督の「七人の侍」をリメイクした西部劇の秀作。シリーズとなり、続編が3作製作された。主演のユル・ブリンナーにとっては「王様と私」と並ぶ代表作。2016年にはデンゼル・ワシントン主演でリメイク。
監督:ジョン・スタージェス 出演:ユル・ブリンナー(クリス・アダムス)、スティーブ・マックイーン(ヴィン)、チャールズ・ブロンソン(ベルナルド・オライリー)、ジェームズ・コバーン(ブリット)

1 2

キーワードから探す

TOP↑