Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

チャールズ・チャップリン映画一覧

チャールズ・チャップリン(チャーリー・チャップリン)が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「サーカス」のネタバレあらすじ結末

サーカスの紹介:1928年アメリカ映画。チャールズ・チャップリンが「黄金狂時代」に続いて監督製作した喜劇映画。ひょんなことからサーカス小屋で働く事になった、放浪者チャーリー。団長の娘に淡い恋心を抱きつつ、雑用から道化から、綱渡りまで、何でもやります。恋敵まで現れて、チャーリーの恋の行方はどうなってしまうのでしょう。
監督:チャールズ・チャップリン 出演者:放浪者(チャーリー・チャップリン)、団長の娘(マーナ)、綱渡り師(ハリー・クロッカー)、団長(アラン・ガルシア)、スリ(スティーブ・マーフィー)ほか

「ライムライト」のネタバレあらすじ結末

ライムライトの紹介:1952年アメリカ映画。落ちぶれた喜劇俳優と、人生に絶望したバレリーナの心の交流を描く。喜劇の名優として知られたカルヴェロは年を取って酒に溺れ、名声は過去のものとなっていた。ある日彼は同じアパートの住人テリーの自殺を偶然食い止める。献身的な看護でテリーはバレリーナとして表舞台へ返り咲くが、カルヴェロは落ちぶれていく一方だった。「世界の三大喜劇王」チャップリンとバスター・キートンによる初の共演作。チャップリン作曲の主題歌はアカデミー作曲賞を受賞した。
監督:チャールズ・チャップリン 出演者:チャールズ・チャップリン(カルヴェロ)、クレア・ブルーム(テレーザ・アンブローズ)、バスター・キートン(カルヴェロのパートナー)、シドニー・チャップリン(ネヴィル)、ナイジェル・ブルース(ポスタント)ほか

「街の灯」のネタバレあらすじ結末

街の灯の紹介:1931年アメリカ映画。チャップリンの代表作のひとつで映画史上のベストテンにもたびたびランクインする名作。花を持ったチャップリンの顔が大写しになるラストカットは「モダン・タイムス」のラストと並んで有名。
監督:チャールズ・チャップリン 出演:放浪者(チャールズ・チャップリン)、盲目の花売り娘(ヴァージニア・チェリル)ほか

「チャップリンの独裁者」のネタバレあらすじ結末

チャップリンの独裁者の紹介:1940年アメリカ映画。第一次世界大戦中、トメニアという国は独裁者・ヒンケルが独裁政権を誇っていた。ヒンケルに容姿がそっくりな、トメニアの二等兵・チャーリーは記憶を失い、床屋を営む。ヒンケルは国中のユダヤ人を迫害する。チャーリーはユダヤ人の女性・ハンナと恋仲に落ちる。しかし、ユダヤ人の迫害により、ハンナの家族は別国・オストリッチに亡命する。チャーリーは収容所へ送られるが、あまりにヒンケルに似ていたため、ヒンケルと間違えられて…。チャールズ・チャップリンがアドルフ・ヒトラーとナチスに対する社会批判をコミカルに、かつシリアスに描いた作品。
監督:チャールズ・チャップリン 出演者:チャールズ・チャップリン(ヒンケル・チャーリー 2役)、ポーレット・ゴダード(ハンナ)、レジナルド・ガーディナー(シュルツ中佐)、ヘンリー・ダニエル(ガーヴィッチ)ビリー・ギルバート(へリング元帥)、カーター・デ・ヘイヴン(バクテリア国大使)ほか

TOP↑