エディ・マーフィ映画一覧

エディ・マーフィが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「ホーンテッドマンション」のネタバレあらすじ結末

ホーンテッドマンションの紹介:2003年アメリカ映画。偶然呪われた「幽霊屋敷」に足を踏み入れてしまった不動産一家が、999人のゴーストに迎えられ、様々な恐怖に遭遇する顛末をユーモラスに描いたホラー・ラブコメディ映画です。ディズニーランドにある人気のアトラクションをモチーフにした作品。キャッチコピーは「この館には、誰も知らない秘密があった」。
監督:ロブ・ミンコフ 出演:エディ・マーフィ(ジム・エヴァース)、ジェニファー・ティリー(マダム・リオッタ)、テレンス・スタンプ(ラムズリー)、ナサニエル・パーカー(エドワード・グレイシー)、マーシャ・トマソン(サラ・エヴァース)、ウォーレス・ショーン(エズラ)、ディナ・ウォーターズ(エマ)、ほか

「アイ・スパイ(I SPY)」のネタバレあらすじ結末

アイ・スパイの紹介:2002年アメリカ映画。1965年から1968年まで放映されたアメリカで放映されたテレビドラマを映画化したスパイアクションコメディ作品です。口の達者なボクシングの世界チャンピオンと失敗続きのエリートスパイがひょんなことからコンビを組み、盗まれた米軍の最新鋭ステルス戦闘機を取り戻すべく奮闘します。
監督:ベティ・トーマス 出演者:エディ・マーフィ(ケリー・ロビンソン)、オーウェン・ウィルソン(アレックス・スコット)、ファムケ・ヤンセン(レイチェル・ライト)、マルコム・マクダウェル(アーノルド・ガンダース)、ゲイリー・コール(カルロス)ほか

「ジャックはしゃべれま1,000」のネタバレあらすじ結末

ジャックはしゃべれま1,000(せん)の紹介:2012年アメリカ映画。エディ・マーフィ主演のこの作品は日本では劇場未公開。口のうまさが武器のジャックは数々の契約をまとめてきた出版代理人。スピリチュアル指導者であるシンジャとの出会いがきっかけで信じられない災難が降りかかることになる。スピリチュアルな内容で早口でたくさんしゃべるエディ・マーフィにはピッタリなストーリー。
監督:ブライアン・ロビンス 出演:エディ・マーフィ(ジャック)、クリフ・カーティス(シンジャ師)、クラーク・デューク(アーロン)、ケリー・ワシントン(キャロライン)、ルビー・ディー(ジャックの母)ほか

「ホーリーマン」のネタバレあらすじ結末

ホーリーマンの紹介:1998年アメリカ映画。TVショッピングの、プロデューサーリッキーは、ひょんなことから巡礼の旅をしている奇妙な人物・Gと知り合い彼を番組司会に起用する。番組は大成功をおさめ、Gは視聴者の心をつかみ、一躍人気者になり業績不振で苦しむリッキーを救う。心に訴えかけてくる感動する作品です。
監督:スティーヴン・ヘレク 出演:エディ・マーフィ(G)、ジェフ・ゴールドブラム(リッキー・ヘイマン)、ケリー・プレストン (ケイト・ニューエル) 、ロバート・ロッジア(ジョン・マクベインブリッジ)、ジョン・クライヤー (バリー) 、ほか

「48時間PART2/帰って来たふたり」のネタバレあらすじ結末

48時間PART2/帰って来たふたりの紹介:1990年アメリカ映画。1982年公開「48時間」の8年ぶりの続編として製作された今作は、過激な捜査で免職寸前にまで追い詰められた刑事ジャック(ニック・ノルティ)と刑期を終えて出所したばかりのレジー(エディ・マーフィ)が再びタッグを組み、48時間の期限付きで裏社会の黒幕に立ち向かいます。
監督:ウォルター・ヒル 出演者:エディ・マーフィ(レジー・ハモンド)、ニック・ノルティ(ジャック・ケイツ)、ブライオン・ジェームズ(ベン・キーホー)、ケヴィン・タイ(ブレイク・ウィルソン)、エド・オロス(フランク・クルーズ)ほか

「48時間」のネタバレあらすじ結末

48時間の紹介:1982年アメリカ映画。テレビでコメディアンとして活動していたエディ・マーフィが映画デビューを飾った作品です。サンフランシスコを舞台に、白人の荒くれ刑事と服役中の黒人チンピラが脱獄犯を追うため48時間の期限付きでコンビを組むクライムアクションです。
監督:ウォルター・ヒル 出演者:ニック・ノルティ(ジャック・ケイツ)、エディ・マーフィ(レジー・ハモンド)、アネット・オトゥール(エレイン)、デヴィッド・パトリック・ケリー(ルーサー)、ジェームズ・レマー(アルバート・ギャンズ)ほか

「ビバリーヒルズ・コップ3」のネタバレあらすじ結末

ビバリーヒルズ・コップ3の紹介:1994年アメリカ映画。エディ・マーフィの代表作のひとつである人気アクションコメディシリーズの第3弾です。エディ・マーフィ演じるデトロイト市警のアクセル刑事は、上司を殺した偽札集団を追って三度ビバリーヒルズに乗り込みます。
監督:ジョン・ランディス 出演者:エディ・マーフィ(アクセル・フォーリー)、ジャッジ・ラインホルド(ビリー・ローズウッド)、ヘクター・エリゾンド(ジョン・フリント)、ティモシー・カーハート(エリス・デワルド)、テレサ・ランドル(ジャニス)ほか

「ビバリーヒルズ・コップ2」のネタバレあらすじ結末

ビバリーヒルズ・コップ2の紹介:1987年アメリカ映画。ビバリーヒルズ署の警部、ボゴミルが路上で銃撃にあう。街ではアルファベット強盗団と渾名された集団が跋扈しており、彼はその独自捜査を行っていた最中の事件だった。その危機をテレビで知ったマーフィーは、迷わず飛行機に飛び乗り、ビバリーヒルズへと再び舞い降りた。イカサマペテン、口八丁を駆使する凄腕刑事アクセル・フォーリーが活躍するアクション刑事映画の第2弾。
監督:トニー・スコット 出演:エディ・マーフィ(アクセル・フォーリー)、ブリジット・ニールセン(カーラ)、ジャッジ・ラインホルド(ローズウッド)、ジョン・アシュトン(タガート)、ロニー・コックス(ボゴミル)、ユルゲン・プロフノウ(デント)、ほか

「ビバリーヒルズ・コップ」のネタバレあらすじ結末

ビバリーヒルズ・コップの紹介:1984年アメリカ映画。一匹狼タイプで独断先行がちな刑事アクセル・フォーリー。デトロイトに居る彼の所に古い友人が尋ねてくるが、何ものかに殺される。アクセルは、その理由を彼が何故か持っていた無記名債券だと睨み、友人が直前に居た高級住宅都市ビバリーヒルズまで犯人を捜しに赴く。労働階級の街から来た刑事が富裕層の街で巻き起こす痛快刑事アクション映画。
監督:マーティン・ブレスト 出演: エディ・マーフィ(アクセル・フォーリー)、リサ・アイルバッハー(ジェニー・サマーズ)、ジャッジ・ラインホルド(ウィリアム・ローズウッド)、ジョン・アシュトン(ジョン・タガート)、ロニー・コックス(アンドリュー・ボゴミル)、ほか

「シュレック2」のネタバレあらすじ結末

シュレック2の紹介:2004年アメリカ映画。前作でフィオナの呪いを解き、めでたく結ばれたシュレックとフィオナ。新婚ホヤホヤの2人は、新たな騒動に巻き込まれます。新キャラ“長ぐつをはいた猫”が加わり、前作以上に面白さがパワーアップのシリーズ第2作です。アカデミー賞受賞は逃しましたが、歌曲賞と長編アニメ映画賞をノミネートしています。
監督:アンドリュー・アダムソン ケリー・アズベリー コンラッド・ヴァーノン 出演者:シュレック(マイク・マイヤーズ)、フィオナ姫(キャメロン・ディアス)、ドンキー(エディ・マーフィ)、長ぐつをはいた猫(アントニオ・バンデラス)、ドリス(ラリー・キング)ほか

「星の王子ニューヨークへ行く」のネタバレあらすじ結末

星の王子ニューヨークへ行くの紹介:1988年アメリカ映画。エディ・マーフィ主演のニューヨークを舞台にしたラブコメディーです。親王が決めた婚約に反発したアフリカのとある王国の王子が、理想の結婚相手を探してアメリカ・ニューヨークに身分を隠してやってきます。果たして王子は無事に真実の愛にたどり着くことができるのでしょうか。
監督:ジョン・ランティス 出演者:エディ・マーフィ(アキーム王子)、アーセニオ・ホール(セミ)、シャーリー・へドリー(リサ)、ジェームズ・アール・ジョーンズ(ジョフィ・ジャファ王子)、マッジ・シンクレア(オーレオン王妃)ほか

「大逆転」のネタバレあらすじ結末

大逆転の紹介:1983年アメリカ映画。敏腕トレーダーウィンソープは、一流の大学を出て上流階級の生活を楽しみ貧困とは無縁だった。その雇い主であるデューク兄弟は戯れから、貧困のどん底に居るビリーと立場を入れ替えて、二人を使った社会実験を行う。ウィンソープは復讐の為、ビリーは得たチャンスを守る為に、二人は協力して兄弟に立ち向かう。ダン・エイクロイド、エディ・マーフィー競演のコメディ映画。
監督:ジョン・ランディス 出演:ダン・エイクロイド(ウィンソープ)、エディ・マーフィ(ビリー・レイ・バレンタイン)、デンホルム・エリオット(コールマン)、ジェイミー・リー・カーティス(オフェーリア)、ほか

「ペントハウス」のネタバレあらすじ結末

ペントハウスの紹介:2011年アメリカ映画。ニューヨークのマンハッタンにある高級タワーマンションで従業員の年金を横領した富豪からお金を取り戻そうと奮闘する元従業員と泥棒のお話です。果たして無事に横領されてしまったお金を取り戻すことができるのでしょうか!
監督:ブレット・ラトナー 出演:ベン・スティラー(ジョシュ)、エディ・マーフィ(スライド)、ケイシー・アフレック(チャーリー)、アラン・アルダ(アーサー・ショウ)、ほか

「シュレック フォーエバー」のネタバレあらすじ結末

シュレック フォーエバーの紹介:2010年アメリカ映画。妻と3人の子供達と仲良く暮らすシュレック。彼の家では毎日ドンキーやネコのプスがやってきて楽しい日々を過ごしていた。しかしある時からこの平和な日常に物足りなさを感じ出したシュレックはある日道で出会った男と取引をする。それはかつての怪物としての日常を与える代わりにシュレックの何でもない1日を男に渡すというもの。しかしそれはその男の仕組んだ罠だった。人気CG映画シュレックシリーズの最終章。
監督:マイク・ミッチェル 出演:シュレック(マイク・マイヤーズ) フィオナ姫(キャメロン・ディアス) ドンキー(エディ・マーフィー) 長ぐつをはいたネコ(アントニオ・バンデラス) ランプルスティルスキン(ウォルト・ドーン)

「シュレック3」のネタバレあらすじ結末

シュレック3の紹介:2007年アメリカの人気フルCGアニメ映画で、今作が『シュレック』のシリーズ第3弾になります。主人公であるシュレックが結婚し、新しい家族を守るため奮闘する姿が描かれています。
監督:クリス・ミラー 声優:マイク・マイヤーズ( シュレック)、キャメロン・ディアス(フィオナ姫)、エディ・マーフィー(ドンキー)、アントニオ・バンデラス(長靴を履いた猫)、ジャスティン・ティンバーレーク(アーサー)、ルパート・エバレット(チャーミング王子)ほか

1 2
TOP↑