エリザベス・テイラー映画一覧

エリザベス・テイラーが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「クレオパトラ」のネタバレあらすじ結末

クレオパトラの紹介:1963年アメリカ映画。クレオパトラの知性と美貌と人生を多大なるスケールで描いた、黄金時代を象徴する豪華絢爛なスペクタクル史劇。
監督:ジョセフ・L・マンキウィッツ 出演:エリザベス・テイラー(クレオパトラ)、レックス・ハリソン(ジュリアス・シーザー)、リチャード・バートン(マーク・アントニー)、ケネス・ヘイグ(ブルータス)、パメラ・ブラウン(巫女)、ほか

「ジャイアンツ」のネタバレあらすじ結末

ジャイアンツの紹介:1956年アメリカ映画。エドナ・ファーバーの大河小説を名匠ジョージ・スティーヴンスが映画化。アカデミー監督賞を受賞した。アメリカ南部の牧場主一家の30年間を、時代の変遷に合わせて描く。ジェームズ・ディーンの3本しかない主演作のひとつ。
監督:ジョージ・スティーヴンス 出演:ロック・ハドソン(ジョーダン)、エリザベス・テイラー(レズリー)、ジェームズ・ディーン(ジェット・リンク)、マーセデス・マッケンブリッジ(ラズ・ベネディクト)

「いそしぎ」のネタバレあらすじ結末

いそしぎの紹介:1965年アメリカ映画。美しい自然の中、画家のローラは息子と二人で自由に生きてきた。彼女を所有しようとしても愛そうとはしないであろう男たちを遠ざけて。彼女の前に初めて現れた彼女を愛する男は、しかし、妻子ある牧師で息子の学校の校長だった。私生活のカップル、エリザベス・テイラーとリチャード・バートンが共演したメロドラマ。
監督:ヴィンセント・ミネリ 出演者:エリザベス・テイラー(ローラ・レイノルズ)、リチャード・バートン(エドワード・ヒューイット)、エヴァ・マリー・セイント(クレア・ヒューイット)、チャールズ・ブロンソン(コス・エリクソン)、ロバート・ウェッバー(ウォード・ヘンドリックス)、モーガン・メイソン(ダニー・レイノルズ)ほか

「ラスト・ショー」のネタバレあらすじ結末

ラスト・ショーの紹介:1971年アメリカ映画。ボグダノヴィッチの長編2作目で、生涯の代表作となった。ラリー・マクマートリーの小説が原作で、マクマートリーは監督とともに脚本も執筆。アカデミー賞では、助演男優賞、助演女優賞を受賞。
監督:ピーター・ボグダノヴィッチ 出演:ティモシー・ボトムズ(ソニー)、シビル・シェパード(ジェイシー)、ジェフ・ブリッジス、ベン・ジョンソン、エレン・バースティン、ほか

「陽のあたる場所」のネタバレあらすじ結末

陽のあたる場所の紹介:1951年アメリカ映画。セオドア・ドライサーの「アメリカの悲劇」をリメイク。以前のジョセフ・フォン・スタンバーグ監督のバージョンよりも遥かに有名な作品となった。長いオーバーラップの手法が印象的。
監督:ジョージ・スティーヴンス 出演:モンゴメリー・クリフト(ジョージ・イーストマン)、エリザベス・テイラー(アンジェラ・ヴィッカーズ)、シェリー・ウィンタース(アリス・トリップ)、アン・リヴェール、レイモンド・バー、ほか

「若草物語(1949年)」のネタバレあらすじ結末

若草物語(1949年)の紹介:1949年アメリカ映画。四人の美しい姉妹がアメリカのニューイングランドで共に暮らす日々を綴ったルイザ・メイ・オルコットの「若草物語」の小説を映画化した。銀幕で活躍した人気女優が四人揃った他、脇を固める名優達の演技や豪華な美術にも注目。愛情にあふれた良い映画です。
監督 :マーヴィン・ルロイ 出演:Jo・ ジューン・アリソン、Laurie・ピーター・ローフォード、Beth・マーガレット・オブライエン、Amy・エリザベス・テイラー、Meg・ジャネット・リー、Professor_Bhaer・ロッサノ・ブラッツィほか

TOP↑