ゲイリー・オールドマン映画一覧

ゲイリー・オールドマンが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「ザ・ランドロマット パナマ文書流出」のネタバレあらすじ結末

ザ・ランドロマット パナマ文書流出の紹介:2019年アメリカ映画。実際に大事件となったパナマ文書を題材にしたコメディ作品です。ユルゲンとラモンは、税金対策としてオフショアカンパニーを立ち上げ、利用する富豪たちにペーパー会社を次々作らせ、租税逃れを指南しながら私欲を肥やしていました。夫をクルージング事故で亡くし、クルージング会社からの保険金をあてにしていたエレンでしたが、クルージング会社が加入していた保険会社が実際には存在しないペーパー会社で詐欺に遭っていたことがわかり、納得のいかないエレンは独自で調べ始めます…という内容です。登場人物が多く、専門的用語も多いため少し難解です。
監督:スティーヴン・ソダーバーグ 出演者:メリル・ストリープ(エレン・マーティン)、ゲイリー・オールドマン(ユルゲン・モサック)、アントニオ・バンデラス(ラモン・フォンセカ)、ロバート・パトリック(ペリー)、デヴィッド・シュワイマー(マシュー・カーク)ほか

「蜘蛛女」のネタバレあらすじ結末

蜘蛛女の紹介:1993年アメリカ映画。マフィアに協力して甘い汁を吸っていた汚職警官が、狡猾な女殺し屋に関わったことで破滅への一途をたどり、やがて壮絶な殺し合いに発展する。
監督:ピーター・メダック 出演:ゲイリー・オールドマン(ジャック・グリマルディ)、レナ・オリン(モナ・デマルコフ)、アナベラ・シオラ(ナタリー・グリマルディ)、ジュリエット・ルイス(シェリー)、ロイ・シャイダー(ドン・ファルコーネ)、マイケル・ウィンコット(サル)、ウィル・パットン(マーティ)、ジェームズ・クロムウェル(ケイジ)、ラリー・ジョシュア(ジョーイ)、ほか

「ハンターキラー 潜航せよ」のネタバレあらすじ結末

ハンターキラー 潜航せよの紹介:2018年イギリス映画。ロシア内のクーデターにより捕虜となったロシアのザカリン大統領を助けるべく、ジョー・グラス率いるアメリカ海軍の攻撃型原子力潜水艦ハンターキラーはネイビーシールズの精鋭部隊と共に自殺行為とも言える大統領救出作戦を実行する。ワイルドスピードの製作陣が贈る潜水艦アクション映画。
監督:ドノバン・マーシュ 出演:ジェラルド・バトラー(ジョー・グラス艦長)、ゲイリー・オールドマン(チャールズ・ドネガン統合参謀本部議長)、コモン(ジョン・フィスク海軍少将)、リンダ・カーデリーニ(ジェーン・ノーキスト)、ミカエル・ニクヴィスト(アンドロポフ艦長)、トビー・スティーヴンス(ビル・ビーマン)、ほか

「JFK」のネタバレあらすじ結末

JFKの紹介:1991年アメリカ映画。「いま、アメリカ騒然!」と、ケネディ大統領暗殺事件の真相究明に執念を燃やす地方検事ジム・ギャリソンの姿を描いた現代ミステリードラマです。ギャリソン自身の著作をベースに、唯一の訴訟「クレー・ショー裁判」に至る捜査を、事実に虚構を織り交ぜた映像で綴るフィクション大作です。本作は第64回アカデミー賞撮影賞、編集賞を受賞しました。
監督:オリヴァー・ストーン 出演:ケヴィン・コスナー(ジム・ギャリソン)、シシー・スペイセク(リズ・ギャリソン)、ジョー・ペシ(デイヴィッド・フェリー)、ゲイリー・オールドマン(リー・ハーヴェイ・オズワルド)、トミー・リー・ジョーンズ(クレー・ショー)、ジャック・レモン(ジャック・マーティン)、ドナルド・サザーランド(X大佐)、ケヴィン・ベーコン(ウィリー・オキーフ)、

「ヒットマンズ・ボディガード」のネタバレあらすじ結末

ヒットマンズ・ボディガードの紹介:2017年アメリカ映画。ボディーガードのトップを走るブライスが、大事な要人が射殺され落ち目の仕事をしていた時、重要な裁判の証言者であるいわくつきの殺人犯を護衛しながら裁判所まで送ることになったことで、周囲を巻き込んだ大騒動になってしまうという、アクションコメディ映画です。
監督:パトリック・ヒューズ 出演者:ライアン・レイノルズ(マイケル・ブライス)、サミュエル・L・ジャクソン(ダリウス・キンケイド)、ゲイリー・オールドマン(ヴラディスラフ・デュコビッチ)、エロディ・ユン(アメリア・ルーセル)、サルマ・ハエック(ソニア・キンケイド)、ジョアキム・デ・アルメイダ(ジャン・フーシェ)、ティネ・ヤウストラ(レナータ・カソリア)ほか

「ウィンストン・チャーチル」のネタバレあらすじ結末

ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男の紹介:2017年イギリス映画。ウインストン・チャーチルは20世紀で最も有名な政治家の一人です。チャーチルはドイツとの戦争という困難な状況下で首相に就任し、イギリスを最終的には勝利に導きました。『ウインストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』は1940年のドイツ軍のオランダ、ベルギー、フランス侵攻、チャーチル首相就任、ダンケルクの作戦決定、までのチャーチルの苦悩と決断を描いた映画です。この映画でアメリカ・アカデミー賞主演男優賞を受賞した、ゲイリー・オールドマンの演技もみどころです。
監督:ジョー・ライト 出演:ゲイリー・オールドマン(ウィンストン・チャーチル)、クリスティン・スコット・トーマス(クレメンティーン・チャーチル)、リリー・ジェームズ(エリザベス・レイトン)、スティーヴン・ディレイン(ハリファックス子爵)、ロナルド・ピックアップ(ネヴィル・チェンバレン)、ベン・メンデルソーン(国王ジョージ6世)、ほか

「欲望のバージニア」のネタバレあらすじ結末

欲望のバージニアの紹介:2012年アメリカ映画。禁酒法時代のアメリカ。とりわけバージニア州のフランクリンは世界で最も密造酒の製造が盛んな街だった。その地において密造酒ビジネスで名を馳せ、不死身で知られたボンデュラント3兄弟の実話に基づく物語。原作はボンデュラント兄弟の末っ子ジャックの孫がつづった同名ベストセラー小説。アメリカ南部の無法地帯で起こった復讐劇と哀愁ある挿入曲の数々も見どころの作品。
監督:ジョン・ヒルコート 出演:シャイア・ラブーフ(ジャック・ボンデュラント )、トム・ハーディ(フォレスト・ボンデュラント)、 ジェイソン・クラーク(ハワード・ボンデュラント)、 ガイ・ピアース(チャーリー・レイクス)、ゲイリー・オールドマン(フロイド・バナー)、ジェシカ・チャステイン(マギー・ボーフォード)、 ミア・ワシコウスカ(バーサ・ミニクス)、デイン・デハーン(クリケット・ペイト)ほか

「告発」のネタバレあらすじ結末

告発の紹介:1995年アメリカ映画。実話を元に製作された作品で、かつて史上最悪の刑務所として恐れられたアルカトラズ連邦刑務所で行われていた凄惨な虐待と、それを告発に動いた一人の囚人の物語です。
監督:マーク・ロッコ 出演者:ケヴィン・ベーコン(ヘンリー・ヤング)、クリスチャン・スレイター(ジェームズ・スタンフィル)、ゲイリー・オールドマン(ミルトン・グレン)、エンベス・デイヴィッツ(メアリー)、ウィリアム・H・メイシー(ウィリアム・マクニール)ほか

「Disney’s クリスマス・キャロル」のネタバレあらすじ結末

Disney’s クリスマス・キャロルの紹介:2009年アメリカ映画。チャールズ・ディッケンズによる小説、「クリスマス・キャロル」の映画版。今まで幾度か映画化されているタイトルだが、今作ではディズニーが総力を挙げて全編3DCGアニメで制作。
監督:ロバート・ゼメキス 声優:ジム・キャリー(スクルージ/過去・現在・未来のクリスマスの霊)、ゲイリー・オールドマン(マーレイ/ボブ・クラチット/ティム少年)、ロビン・ライト・ペン(ベル)、コリン・ファース(フレッド)、ボブ・ホスキンス(フェジウィッグ/ジョー老人)、ほか

「不滅の恋/ベートーヴェン」のネタバレあらすじ結末

不滅の恋/ベートーヴェンの紹介:1994年アメリカ映画。作曲家ベートーヴェンは生涯独身を通したが、遺書には「不滅の恋人」の存在があった。その女性は誰か?の謎を追うミステリーを、ベートーヴェンの名曲で彩った作品。
監督:バーナード・ローズ 出演:ゲイリー・オールドマン(ベートーヴェン)、ジェローン・クラッペ(シンドラー)、ヨハンナ・テア・シュテーゲ(ヨハンナ)、イザベラ・ロッセリーニ(アンナ・マリー)、マルコ・ホーフシュナイダー(カール)

「チャイルド44 森に消えた子供たち」のネタバレあらすじ結末

チャイルド44 森に消えた子供たちの紹介:2014年アメリカ映画。トム・ロブ・スミスの小説を映画化したサスペンスミステリー作品で、1950年代のスターリン独裁政権下のソ連を舞台に少年ばかりが犠牲となった連続猟奇殺人事件の真相を追う捜査官の姿を描いています。
監督:ダニエル・エスピノーサ 出演者:トム・ハーディ(レオ・デミドフ)、ゲイリー・オールドマン(ネステロフ将軍)、ノオミ・ラパス(ライーサ・デミドフ)、ジョエル・キナマン(ワシーリー)、ジェイソン・クラーク(ブロツキー)ほか

「裏切りのサーカス」のネタバレあらすじ結末

裏切りのサーカスの紹介:2011年イギリス,フランス,ドイツ映画。ゲイリー・オールドマンを主演に、コリン・ファースやジョン・ハート、ベネディクト・カンバーバッチといった有名俳優ばかりを揃えた一作。そのあまりに深すぎる内容は、一度見ただけでは理解出来ない、何度見ても楽しめる作品。
監督:トーマス・アルフレッドソン 出演:ゲイリー・オールドマン(ジョージ・スマイリー)、コリン・ファース(ビル・ヘイドン)、トム・ハーディ(リッキー・ター)、ジョン・ハート(コントロール)、トビー・ジョーンズ(パーシー・アレリン)、マーク・ストロング(ジム・プリドー)、ベネディクト・カンバーバッチ(ピーター・ギラム)、ほか

「赤ずきん」のネタバレあらすじ結末

赤ずきんの紹介:2011年アメリカ,カナダ映画。赤ずきんの物語を基に描かれた映画。血の月の晩、村を再び狼が襲う。ハンターである神父の元、人狼狩りが行われるが次々に犠牲者が出る。村人の中に潜む、人狼の正体とその目的は何か。
監督:キャサリン・ハードウィック 出演:アマンダ・サイフリッド(ヴァレリー)、ゲイリー・オールドマン(ソロモン神父)、ビリー・バーク(セザール)、シャイロー・フェルナンデス(ピーター)、マックス・アイアンズ(ヘンリー)、ほか

「ザ・ウォーカー」のネタバレあらすじ結末

ザ・ウォーカーの紹介:2010年アメリカ映画。近未来、最終戦争が起き文明が消えたアメリカで、聖書を携え旅をする男は、ひたすらに西へ向かっていた。それを、人心を集める為に聖書を捜し求める無法者のリーダーが付け狙う。聖書の功罪を荒廃した世界で描く、デンゼル・ワシントン主演のSF映画。
監督:アレン・ヒューズ、アルバート・ヒューズ 出演:デンゼル・ワシントン(イーライ(“ウォーカー”))、ゲイリー・オールドマン(カーネギー)、ミラ・クニス(ソラーラ)、レイ・スティーヴンソン(レッドリッジ)、ジェニファー・ビールス(クローディア)、ほか

「バスキア」のネタバレあらすじ結末

バスキアの紹介:1996年アメリカ映画。27クラブのひとりでもあるアーティスト、ジャン・ミッシェル・バスキアの20歳から27歳で亡くなるまでを描いた作品。デヴィッド・ボウイやベニチオ・デル・トロ、ゲイリー・オールドマンなどの豪華な顔ぶれもこの作品の見所です。
監督:ジュリアン・シュナーベル 出演者:ジェフリー・ライト(ジャン・ミッシェル・バスキア[セイモ])、マイケル・ウィンコット(ルネ・リカード)、デヴィッド・ボウイ(アンディ・ウォーホル)、デニス・ホッパー(ブルーノ・ビショップバーガー)、ベニチオ・デル・トロ(ベニー・ダルモー)

1 2 3

キーワードから探す

TOP↑