ゲイリー・オールドマン映画一覧

「バスキア」のネタバレあらすじ結末

バスキアの紹介:1996年アメリカ映画。27クラブのひとりでもあるアーティスト、ジャン・ミッシェル・バスキアの20歳から27歳で亡くなるまでを描いた作品。デヴィッド・ボウイやベニチオ・デル・トロ、ゲイリー・オールドマンなどの豪華な顔ぶれもこの作品の見所です。
監督:ジュリアン・シュナーベル 出演者:ジェフリー・ライト(ジャン・ミッシェル・バスキア[セイモ])、マイケル・ウィンコット(ルネ・リカード)、デヴィッド・ボウイ(アンディ・ウォーホル)、デニス・ホッパー(ブルーノ・ビショップバーガー)、ベニチオ・デル・トロ(ベニー・ダルモー)

「シド・アンド・ナンシー」のネタバレあらすじ結末

シド・アンド・ナンシーの紹介:1986年イギリス映画。実話を基にした映画。セックス・ピストルズの伝説的ペース・プレイヤーであるシド・ヴィシャスと彼の恋人であったナンシー・スパンゲンの短い間の破滅的な愛を描いた作品。真実の愛とは何か?麻薬の恐ろしさとは何か?我々に様々なことをこの作品は投げかけてくる。
監督:アレックス・コックス 出演者:ゲイリー・オールドマン(シド・ヴィシャス)、クロエ・ウェップ(ナンシー・スパンゲン)、ドリュー・スコフィールド(ジョニー・ロットン)、デイヴィッド・ヘイマン(マルコム・マクラレン)、トニー・ロンドン(スティーヴ・ジョーンズ)、ペリー・ベンソン(ポール・クック)

「エアフォース・ワン」のネタバレあらすじ結末

エアフォース・ワンの紹介:1997年アメリカ映画。ハリソン・フォード主演の1997年に製作されたハリウッド映画です。ハリソン・フォード主演の代表作の一つとされており、アカデミー賞、編集賞、音響賞にノミネートされました。この映画を今見ても古いという感覚は起きません。設定は違っても、これからも、もしかしたら起こりそうな出来事かもしれないと思わせられます。主演のハリソン。フォードは裏切ることなく、正義感あふれる大統領を演じています。
監督: ウォルフガング・ペーターゼン 出演者: ハリソン・フォード( ジェイムズ・マーシャル大統領)、ゲイリー・オールドマン(イワン・コルシュノフ(テロリスト))、グレン・クローズ(キャサリン・ベネット副大統領)、ウェンディ・クルーソン( グレイス・マーシャル(大統領夫人))、リーセル・マシューズ(アリス・マーシャル)ほか

「カンフーパンダ2」のネタバレあらすじ結末

カンフーパンダ2の紹介:2011年アメリカ映画。2008年に公開されたアメリカのアニメーション映画「カンフーパンダ」の続編として制作されました。前回よりも映像が美しくなり、「カンフー」らしさは前作を上回っています。今回は主人公ポーの出生の秘密にも踏み込んでいます。悪役として登場するシェン大老は気持ち良いほどに徹底した悪役ぶりなので、物語の構成はとても分かりやすくなっています。泣き所もあり見応えがあります。シーンは短いですがポーと「育ての親」である父とのシーンは切なくもあり温かみもあり良いシーンです。
監督:ジェニファー・ユー  出演:ジャック・ブラック(ポー)、ダスティン・ホフマン(シーフー老師)、ジャッキー・チェン(マスター・モンキー)、アンジェリーナ・ジョリー(マスター・タイガー)、ミシェール・ヨー(予言おばば)、ゲイリー・オールドマン(シェン大老)ほか

「フィフス・エレメント」のネタバレあらすじ結末

フィフス・エレメントの紹介:1997年フランス,アメリカ映画。ある学者がエジプトで地球を救う至高の存在「フィフスエレメント」の存在を発見した。それははるか未来くるであろう未曽有の危機に対抗する唯一の存在だった。それから300年後。ある日コーベンが運転するタクシーに若い女性が落ちてきた。どうやら彼女は政府から追われているよう。そしてその正体こそフィフスエレメントであった。
監督:リュック・ベッソン 出演:ブルース・ウィリス(コーベン・ダラス)、ゲイリー・オールドマン(ゾーグ)、イアン・ホルム(コーネリアス神父)、ミラ・ジョヴォヴィッチ(リールー)、クリス・タッカー(ルビー・ロッド)ほか

「ハンニバル」のネタバレあらすじ結末

ハンニバルの紹介:2001年アメリカ映画。映画『羊たちの沈黙』の続編にあたる映画。トマス・ハリスの小説の映画化。猟奇的なシーンが多く、日本公開時にはR-15指定を受けた。『羊たちの沈黙』で強烈な印象を残したハンニバル・レクター博士のその後を描く。
監督:リドリー・スコット 出演者:アンソニー・ホプキンス(ハンニバル・レクター)、ジュリアン・ムーア(クラリス・スターリング)、ゲイリー・オールドマン(メイスン・ヴァージャー)、レイ・リオッタ(ポール・クレンドラー)、ジャンカルロ・ジャンニーニ(パッツィ捜査官)ほか

「レオン(オリジナル版)」のネタバレあらすじ結末

LEON レオンの紹介:1994年フランス、アメリカ映画。孤独な殺し屋と家族を失った少女の二人の間に生まれる純愛と、バイオレンス・アクションを描いた作品。日本でのキャッチコピーは「凶暴な純愛」。世界的に大ヒットとなり、リュック・ベッソン監督の代表作となりました。主演を務めたジャン・レノの出世作でもあり、この作品が映画デビューとなったナタリー・ポートマンも脚光を浴びました。
監督:リュック・ベッソン 出演:ジャン・レノ(レオン・モンタナ)、ナタリー・ポートマン(マチルダ・ランドー)、ゲイリー・オールドマン(ノーマン・スタンスフィールド)、ダニー・アイエロ(トニー)ほか

「レオン 完全版」のネタバレあらすじ結末

レオン 完全版の紹介:1994年アメリカ映画。孤独な殺し屋レオンと家族の愛に飢えた少女が、少女の家族が麻薬密売組織に皆殺しにあったのをきっかけに知り合い、一緒に復讐への道を歩むうちに互いを大事な存在だと思うようになる。
監督:リュック・ベンソン 出演:ジャン・レノ(レオン)、ナタリー・ポートマン(マチルダ)、ダニー・アイエロ(トニー)、ゲイリー・オールドマン(ノーマン・スタンフィールド)ほか

「トゥルー・ロマンス」のネタバレあらすじ結末

トゥルー・ロマンスの紹介:1993年アメリカ映画。監督トニー・スコット、脚本クエンティン・タランティーノで送るバイオレンスアクションとラブストーリーが融合したロードムービー。1994年に公開され、20周年を迎えた昨年、デジタルリマスター版としてリバイバル上映も行われた人気作品である。
監督 :トニー・スコット 出演者: クリスチャン・スレイター(クラレンス・ウォリー)、パトリシア・アークエット(アラバマ)、デニス・ホッパー(クリフォード・ウォリー)、ヴァル・キルマー(助言者エルビス)、ゲイリー・オールドマン(ドレクセル・スパイビー)、ブラッド・ピット(フロイド)、クリストファー・ウォーケン(ヴィンセンツォ)ほか

「レオン」のネタバレあらすじ結末

レオンの紹介:1994年フランス、アメリカ映画。殺し屋レオンふとしたきっかけで少女マチルダと同居を始める、その生活の中でレオンの心境にもある変化が訪れる。殺し屋と少女の複雑な関係を描いたラブストーリー。
監督:リュック・ベッソン 出演:ジャン・レノ(レオン・モンタナ)、ナタリー・ポートマン(マチルダ・ランドー)、ゲイリー・オールドマン(ノーマン・スタンスフィールド)、ダニー・アイエロ(トニー)ほか

「ロボコップ(2014)」のネタバレあらすじ結末

ロボコップ(2014)の紹介:2014年アメリカ映画。1987年に制作された伝説の映画、ロボコップをリメイクした本作は、現代のVFXを使い、壮大なアクションのもと復活を果たしました。
監督:ジョゼ・パジーリャ 出演:ジョエル・キナマン、ゲイリー・オールドマン、マイケル・キートン、パトリック・ガロウほか

「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2」のネタバレあらすじ結末

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2の紹介。2011年アメリカ映画。ハリー・ポッターの映画版完結作。J・K・ローリングのベストセラー小説「ハリー・ポッター」の映画シリーズ8作目『死の秘宝』の後編です。主人公ハリー・ポッターと闇の帝王ヴォルデモート卿の本格的な決戦が始まり、魔法界はヴォルデモート卿の手に堕ちる。ホグワーツ魔法魔術学校が必死の抵抗を続けるなか、全ての真相を知ったハリー・ポッターは、ヴォルデモート卿との最終決戦に挑む。遂にシリーズのフィナーレとなる最後の冒険が描かれる。ハリー・ポッターが最後に死んでしまうのではないかと、ファンの間で囁かれていたが、ついにその答えが出る。この完結編ではハリーが背負わされた運命の重さに驚愕することになる。
監督:デヴィッド・イェーツ 出演:ダニエル・ラドクリフ(ハリー・ポッター)、ルパート・グリント(ロン・ウィーズリー)、エマ・ワトソン(ハーマイオニー・グレンジャー)、アラン・リックマン(セブルス・スネイプ)、レイフ・ファインズ(ヴォルデモート卿)ほか

「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」のネタバレあらすじ結末

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団の紹介。2007年アメリカ映画。J・K・ローリングの世界的ベストセラー小説「ハリー・ポッター」の映画化シリーズ第5作です。前作「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」(2005年)で復活した闇の帝王ヴォルデモート卿が本格的に始動、ハリー・ポッターとその仲間たちは秘密結社「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」も交えた壮絶な戦いへと発展していきます。
監督:デヴィッド・イェーツ 出演:ダニエル・ラドクリフ(ハリー・ポッター)、ルパート・グリント(ロン・ウィーズリー)、エマ・ワトソン(ハーマイオニー・グレンジャー)、マイケル・ガンボン(アルバス・ダンブルドア)、ゲイリー・オールドマン(シリウス・ブラック)、レイフ・ファインズ(ヴォルデモート卿)ほか

「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」のネタバレあらすじ結末

ハリー・ポッターと炎のゴブレットの紹介。2005年アメリカ映画。J・K・ローリングの世界的ベストセラー小説「ハリーポッター」の映画化シリーズ第4作です。ホグワーツ魔法学校4年生となったハリー・ポッターは望まぬままに三大魔法学校対抗試合に参戦するなか、遂に闇の帝王ヴォルデモート卿が復活してしまい…。
監督:マイク・ニューウェル 出演者:ダニエル・ラドクリフ(ハリー・ポッター)、ルパート・グリント(ロン・ウィーズリー)、エマ・ワトソン(ハーマイオニー・グレンジャー)、ロバート・パティンソン(セドリック・ディゴリー)、レイフ・ファインズ(ヴォルデモート卿)ほか

「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」のネタバレあらすじ結末

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人の紹介。2004年アメリカ映画。J・K・ローリングの世界的ベストセラー小説「ハリー・ポッター」の映画化シリーズ第3作です。13歳になり、ホグワーツ魔法学校3年生となったハリー・ポッターは、魔法牢獄アズカバンから脱獄した魔法界の要注意人物を通じて、両親の死に関する衝撃の真相を知ることになります。
監督:アルフォンソ・キュアロン 出演者:ダニエル・ラドクリフ(ハリー・ポッター)、ルパート・グリント(ロン・ウィーズリー)、エマ・ワトソン(ハーマイオニー・グレンジャー)、ゲイリー・オールドマン(シリウス・ブラック)、デイビッド・シューリス(リーマス・ルーピン)、ティモシー・スポール(ピーター・ペティグリュー)ほか

1 2 3

キーワードから探す

TOP↑