ドイツ映画一覧

ドイツ映画のネタバレあらすじ一覧です。おすすめドイツ映画から、最新映画まで様々なジャンルのドイツ映画を紹介しています。

「吸血鬼ノスフェラトゥ」のネタバレあらすじ結末

吸血鬼ノスフェラトゥの紹介:1922年ドイツ映画。吸血鬼を扱ったホラー映画の元祖にして、最高傑作の呼び声高いホラー&アート作品。不動産会社で働くフッターは、社長ノックの指示でトランシルヴァニアに住む貴族オルロック伯爵の城へ出向いた。オルロック伯爵は不気味な雰囲気を纏い、不意に流れたフッターの血に異様に興奮している。実はオルロック伯爵の正体は、恐ろしい吸血鬼だったのだ。ノックはオルロック伯爵の手下であり、フッターの妻エレンの血を主人に捧げるため、フッターをトランシルヴァニアに向かわせていた。それに気付いたフッターは、オルロック伯爵の襲撃を受けながらも何とかエレンのもとに帰還する。しかしエレンは既に吸血鬼の呪いによって夢遊病に苦しめられていた。別題は「吸血鬼ノスフェラートゥ 恐怖の交響曲」「吸血鬼ノスフェラトゥ 恐怖の交響曲」。
監督:F・W・ムルナウ 出演者:マックス・シュレック(オルロック伯爵)、アレクサンダー・グラナック(ノック)、グスタフ・フォン・ワンゲンハイム(トーマス・フッター)、グレタ・シュレーダー(エレン・フッター)、ゲオルク・H・シュネル(ハーディング)ほか

「CHAOS カオス」のネタバレあらすじ結末

CHAOS カオスの紹介:2017年ドイツ映画。ケバブ店で客たちを全員射殺したタンとジャビド。この二人に復讐するため、両親を殺され一人生き残ったエリアナは、カーソンを通じて色々な殺し屋を二人に送りこみました。この行動はアレンドの書く脚本通りに進んでいることがわかり、脚本を書きなおさせようとするタンとジャビド、何とかして二人を殺そうとするエリアナのドタバタ劇を描いた、ドイツ発のバイオレンスアクションです。
監督:アドルフォ・コルメラー 出演:エルカン・アジャール(タン)、レザ・ブロジャーディ(ジャビド)、クセーニャ・アセンツァ(エリアナ)、デヴィッド・マスターソン(カーソン)、アレクサンダー・シューベルト(アレンド)ほか

「ストーリー・オブ・マイ・ワイフ」のネタバレあらすじ結末

ストーリー・オブ・マイ・ワイフの紹介:2021年ハンガリー, ドイツ, フランス, イタリア映画。1920年マルタ共和国。船長のヤコブは、カフェに最初に入ってきた女性と結婚するという賭けを友人コードーとする。入ってきたのは美しい女性リジー。ヤコブは初対面のリジーに結婚を申し込んだ。その週末、2人だけの結婚式を行い、幸せな結婚生活を送るはずだった。しかしリジーの友人デダンが現れたことでヤコブは2人の仲を怪しみ嫉妬に苦しめられることとなる…。
監督:イルディコー・エニェディ 出演:レア・セドゥ(リジー)、ハイス・ナバー(ジェイコブ)、ルイ・ガレル(デダン)、セルジオ・ルビーニ(コードー)、ジャスミン・トリンカ(ヴィオラ)、ルナ・ヴェドラー(グレーテ)、ヨーゼフ・ハーダー(ブルーメ氏)、ウルリッヒ・マテス(ランゲ氏)、ウド・ザメル(フォス氏)ほか

「83歳のやさしいスパイ」のネタバレあらすじ結末

83歳のやさしいスパイの紹介:2020年チリ, アメリカ, ドイツ, オランダ, スペイン映画。第93回アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞を受賞した作品。老人ホームに入れている母親が虐待されているのではないかという依頼から、83歳のセルヒオが老人ホームに入り、その内容を調査するうちに、ある事実に辿り着くという話です。
監督:マイテ・アルベルディ 出演:セルヒオ・チャミー、ロムロ・エイトケン、ほか

「さよなら、ベルリン」のネタバレあらすじ結末

さよなら、ベルリン またはファビアンの選択についての紹介:2021年ドイツ映画。1931年のドイツ、ベルリン。ナチズムに向かって世界が大きく変わろうとする予感と、出口のない不況への不安の中で、作家を志してベルリンにやってきたファビアンは戸惑い立ち尽くす。そんな中、女優志望のコルネリアと知り合いたちまち恋に落ちる。しかし、ただ一人の親友ラブーデが破滅し、コルネリアはキャリアのためファビアンの元を離れてしまう…。原作はエーリヒ・ケストナーの『ファビアン あるモラリストの物語』。当時の狂躁と頽廃を刺激的にカリカチュアした映像や実写のコラージュ、スーパー8撮影のざらついた質感などを縦横無尽に駆使。ドイツのアカデミー賞と言えるドイツ映画賞では最多となる10部門にノミネートされ、主要3部門の受賞に輝いた注目作。
監督:ドミニク・グラフ 出演:トム・シリング(ヤーコプ・ファビアン)、アルブレヒト・シューフ(シュテファン・ラブーデ)、ザスキア・ローゼンダール(コルネリア・バッテンベルク)、ミヒャエル・ヴィッテンボルン(ラブーデ弁護士)、ペトラ・カルクチュケ(ヤーコプの母/ファビアン夫人)、エルマー・グートマン(ヤーコプの父/ファビアン氏)、アリョーシャ・シュターデルマン(マーカルト監督)、アンネ・ベネント(ルート・ライター男爵)、メレット・ベッカー(イレーネ・モル)ほか

「とうもろこしの島」のネタバレあらすじ結末

とうもろこしの島の紹介:2014年ジョージア, ドイツ, フランス, チェコ, カザフスタン, ハンガリー映画。紛争下にあるコーカサスのエングリ川の中洲では、今年もとうもろこし栽培がおこなわれる。ある日、トウモロコシ畑の中に倒れる兵士を見つけた老人と少女は、敵兵の彼を小屋で介抱しはじめた…。
監督:ギオルギ・オヴァシュヴィリ 出演:イリアス・サルマン(老人)、マリアム・ブトゥリシュヴィリ(少女)、イラクリ・サムシア(ジョージア兵)、タメル・レヴェント(アブハジア士官)、ほか

「シー・キルド・イン・エクスタシー」のネタバレあらすじ結末

シー・キルド・イン・エクスタシーの紹介:1970年ドイツ, スペイン映画。夫を自殺に追い込まれた人妻が、次々と復讐を果たしていくエロティック・ホラー。ガン予防の研究をしていたジョンソン博士は、特殊なホルモンによる研究レポートを医療審査会に提出した。しかし人間の胎児を使用したその研究は、審査会で非難の的になってしまう。革新的なジョンソン博士の学説に嫉妬する者も多く、彼は医学界から追放されてしまった。思い悩んだジョンソン博士は、新婚の妻を遺して自殺する。嘆き悲しんだ妻は夫を追い詰めた人間を恨み、魅惑的な美貌と肉体を使って復讐を果たしていくのだった。
監督:ジェス・フランコ 出演者:ソルダード・ミランダ(ジョンソン夫人)、フレッド・ウィリアムズ(ジョンソン博士)、ハワード・ヴァーノン(ジョナサン・ウォーカー教授)、ポール・ミューラー(フランクリン・ヒューストン博士)、エヴァ・ストレンベリ(クロフォード博士)ほか

「屋根裏の殺人鬼 フリッツ・ホンカ」のネタバレあらすじ結末

屋根裏の殺人鬼 フリッツ・ホンカの紹介:2019年ドイツ映画。1970年代にドイツで実際に起こった殺人事件を題材にした同名小説を原作に映画化したものとなっています。一見無害そうに見える孤独な男が猟奇的な二面性を見せたとき、何も知らない女性たちに悲劇が起こってしまうのです。
監督:ファティ・アキン 出演:ヨナス・ダスラー(フリッツ・フォンカ)、マルガリーテ・ディーゼル(ゲルダ)、トリスタン・ゴベル(ウィリー)、グレタ・ソフィ・シュミット(ペトラ)、ハーク・ボーム(ジン・マックス)、ほか

「アネット」のネタバレあらすじ結末

アネットの紹介:2021年フランス, ドイツ, ベルギー, 日本映画。コメディアンのヘンリーとオペラ歌手のアンの間に生まれたアネットが繰り広げる童話風のファンタジー作品。ミュージカル映画らしく全編を歌と踊りで表現しているのも見所の1つです。主演のアダム・ドライバーがプロデュースに参加しています。
監督:レオス・カラックス 出演:アダム・ドライバー(ヘンリー)、マリオン・コティヤール(アン)、デヴィン・マクダウェル(アネット)、サイモン・ヘルバーク(演奏家)、ほか

「ガンパウダー・ミルクシェイク」のネタバレあらすじ結末

ガンパウダー・ミルクシェイクの紹介:2021年フランス, ドイツ, アメリカ映画。「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」や「アベンジャーズ」シリーズなどのマーベル作品で女暗殺者ネビュラを演じるカレン・ギランが主演を務めたアクションスリラーです。主人公である凄腕の女殺し屋は標的の娘を庇ったことから所属する犯罪組織に追われる身となり、自分と同じく元殺し屋だった母やその仲間たちと組んで壮絶な戦いに身を投じていきます。
監督:ナヴォット・パプシャド 出演者:カレン・ギラン(サム)、フレイヤ・アーラン(若い頃のサム)、レナ・ヘディ(スカーレット)、アンジェラ・バセット(アンナ・メイ)、ポール・ジアマッティ(ネイサン)、ミシェール・ヨー(フローレンス)、カーラ・グギノ(マデレーン)、クロエ・コールマン(エミリー)、イヴァン・ケイ(ヤンキー)、アダム・ナガイティス(ヴァージル)、ラルフ・アイネソン(ジム・マカレスター)、デヴィッド・バーネルIV世(ショッカー)ほか

「ワイルド・バレット」のネタバレあらすじ結末

ワイルド・バレットの紹介:2006年ドイツ, アメリカ映画。一丁の銃が一人の下っ端マフィアの運命を大きく変える。大きな事件に巻き込まれ命を追われていく一人のマフィアと、事件に関わってしまった少年の長過ぎるほどの一夜を描いています。故ポール・ウォーカーが主演しています。
監督:ウェイン・クラマー 出演:ポール・ウォーカー(ジョーイ・ガゼル)、キャメロン・ブライト(オレグ・ユゴルスキー)、ヴェラ・ファーミガ(テレサ・ガゼル)、カレル・ローデン(アンゾ・ユゴルスキー)、チャズ・パルミンテリ(ライデル刑事)、ほか

「クレッシェンド 音楽の架け橋」のネタバレあらすじ結末

クレッシェンド 音楽の架け橋の紹介:2019年ドイツ映画。実在するユダヤとアラブの混成管弦楽団に着想を得て製作された音楽映画です。絶え間なく紛争を繰り広げるパレスチナとイスラエル、それぞれの若者たちがオーケストラ楽団を結成し、互いの境遇を乗り越えて活動していく姿を描きます。
監督:ドロール・ザハヴィ 出演者:ペーター・ジモニシェック(エドゥアルト・スポルク)、ダニエル・ドンスコイ(ロン・カミネル)、サブリナ・アマリ(レイラ)、メディ・メスカル(オマル)、ビビアナ・ベグロー(カルラ・デ・フリーズ)、イーヤン・ピンコヴィッチ(シーラ・ハレヴィ)、ヒサーム・オマリ(ジュセフ)、ゲッツ・オットー(ベルマン)ほか

「クライモリ(2021年)」のネタバレあらすじ結末

クライモリの紹介:2021年アメリカ,ドイツ,カナダ,イギリス映画。2003年に公開された同名ホラー映画を、現代版にリブートしたのが本作です。行方不明になった娘を探す父親が、やがてその秘密に近づいていき、恐ろしい現実を目の当たりにします。リメイク前よりもよりパワーアップした映像に注目です。
監督:マイク・P・ネルソン 出演: シャルロッテ・ベガ(ジェン)、アダイン・ブラッドリー(ダリウス)、ビル・セイジ(ヴェナブル)、エマ・デュモン(ミラ)、ディラン・マクティー(アダム)、デイジー・ヘッド(イーディス)、マシュー・モディーン(スコット)、ほか

「悪なき殺人」のネタバレあらすじ結末

悪なき殺人(別題:動物だけが知っている)の紹介:2019年フランス,ドイツ映画。フランスの山中にある寒村でひとりの女性が謎の失踪後、殺害された。農夫ジョゼフ、ジョゼフと不倫する女アリス、妻のアリスに隠れてネット恋愛をする夫ミシェル、その相手とされるマリオン、そして遠く離れたアフリカで詐欺を行うアルマン。秘密を抱えた5人の男女がひとつの殺人事件を介して絡まり合っていく。フランスの雪深い山間の田舎で起きた事件は遠くアフリカとつながっていた。偶然という必然を目の当たりにし、人間の本能、滑稽さ、運命の危うさの一部始終を描く。東京国際映画祭で観客賞を受賞し、セザール賞では脚色賞と助演女優賞にノミネートされた。
監督:ドミニク・モル 出演:ドゥニ・メノーシェ(ミシェル)、ロール・カラミー(アリス)、ダミアン・ボナール(ジョゼフ)、ナディア・テレスキウィッツ(マリオン)、バスティアン・ブイヨン(セドリック)、ギイ・ロジェ・ビビーゼ・ンドゥリン(アルマン)、ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ(エヴリーヌ)ほか

「皮膚を売った男」のネタバレあらすじ結末

皮膚を売った男の紹介:2020年チュニジア,フランス,ベルギー,スウェーデン,ドイツ,カタール,サウジアラビア映画。シリア難民のサムは偶然出会った芸術家からあるオファーを受ける。それは大金と自由を手に入れる代わりに背中にタトゥーを施し、彼自身がアート作品になることだった。美術館に展示され、自由を手に入れた彼は離ればなれになっていた恋人に会いに行くが、思いもよらない出来事が起こり精神的に追い詰められていく。本作は保険業者役で出演している芸術家ヴィム・デルボアが2006年に発表した作品「Tim」に影響を受けている。
監督:カウテール・ベン・ハニア 出演:ヤヤ・マヘイニ(サム・アリ)、ディア・リアン(アビール)、ケーン・デ・ボーウ(ジェフリー・ゴドフロワ)、モニカ・ベルッチ(ソラヤ・ウォルディ)、サード・ロスタン(ジアッド)、ダリナ・アル・ジュンディ(サムの母)、ヴィム・デルボア(保険業者)ほか

1 2 3 4 5 26

キーワードから探す

TOP↑