ドイツ映画一覧

ドイツ映画のネタバレあらすじ一覧です。おすすめドイツ映画から、最新映画まで様々なジャンルのドイツ映画を紹介しています。

「サタンタンゴ」のネタバレあらすじ結末

サタンタンゴの紹介:1994年ハンガリー,ドイツ,スイス映画。絶望的な寒村に、死んだはずの男が帰ってくる。人々は男に希望を託すが…。ハンガリーの作家、クラスナホルカイ・ラースローの同名小説が原作。長回し撮影を多用し、「やつらがやって来るという知らせ」から「蜘蛛の仕事そのニ」にいたる前半の6章で時間を行きつ戻りつ複数の視点でイリミアーシュを待つ一日の出来事を描き、「イリミアーシュが演説をする」以降の後半の6章でイリミアーシュが戻ってきてからを描くが、円環的な物語であることが最後にわかる。ジム・ジャームッシュ、ガス・ヴァン・サント等に影響を与えた傑作でありながら、438分の超大作の日本での一般公開は4Kデジタル修復の済んだ2019年を待たなければならなかった。
監督:タル・ベーラ 共同監督:フラニツキー・アーグネシュ 出演者:ヴィーグ・ミハーイ(イリミアーシュ)、ホルヴァート・プチ(ペトリナ)、デルジ・ヤーノシュ(クラーネル)、セーケイ・B・ミクローシュ(フタキ)、ボーク・エリカ(エシュティケ)、ペーター・ベルリング(医師)ほか

「タイムトラベラーの系譜 サファイア・ブルー」のネタバレあらすじ結末

タイムトラベラーの系譜 サファイア・ブルーの紹介:2014年ドイツ映画。タイムトラベルの遺伝子を持つ女子高生が、組織の野望と自身に秘められた運命の謎に立ち向かうSFファンタジー。ドイツのベストセラー小説を映画化した3部作の第2作目。
監督:フェリックス・フックシュタイナー、カタリーナ・シェード 出演:マリア・エーリッヒ(グウェンドリン / グウェン)、ヤニス・ニーヴーナー(ギデオン・ド・ヴィリエ)、ペーター・ジモニシェック(サンジェルマン伯爵)、ヨゼフィーヌ・プロイス(ルーシー)、ローラ・ベルリン(シャーロット)、フロリアン・バートロメイ(ポール)、ロルフ・カニース(ウィリアム・ド・ヴィリエ)、ほか

「タイムトラベラーの系譜 ルビー・レッド」のネタバレあらすじ結末

タイムトラベラーの系譜 ルビー・レッドの紹介:2013年ドイツ映画。ごく普通の女子高生がある日突然タイムトラベルの血筋を受け継いでいることを知り、謎を解き明かすため時空を超えた冒険に乗り出す。ドイツのベストセラー小説を映画化した3部作の第1作目。
監督:フェリックス・フックシュタイナー 出演:マリア・エーリッヒ(グウェンドリン / グウェン)、ヤニス・ニーヴーナー(ギデオン・ド・ヴィリエ)、ウーヴェ・コーキッシュ(フォーク・ド・ヴィリエ)、フロリアン・バートロメイ(ポール)、ヨゼフィーヌ・プロイス(ルーシー)、ローラ・ベルリン(シャーロット)、ペーター・ジモニシェック(サンジェルマン伯爵)、ほか

「アダムズ・アップル」のネタバレあらすじ結末

アダムズ・アップルの紹介:2005年デンマーク,ドイツ映画。常に極端なポジティブ・シンキングを貫き、ことあるごとに他人に議論をふっかけ「失敬な!」が口癖の変わり者の牧師イヴァン。更生プログラムの一環としてすでに教会に住んでいる2人の前科者に加え、自らを悪党と名乗るアダムが新しく加わる。尋常ならざる秘密を抱え、周囲を唖然とさせてしまう奇行を連発させるイヴァンの驚くべき運命。ひょうひょうとした妙演と、血まみれな怪演で、不条理なユーモアが渦巻く映像世界へ観る者を引き込んでいく。デンマークのアカデミー賞にあたるロバート賞で作品賞、脚本賞、特殊効果/照明賞を受賞した作品
監督:アナス・トマス・イェンセン 出演:マッツ・ミケルセン(イヴァン)、ウルリッヒ・トムセン(アダム)、パプリカ・スティーン(サラ)、ニコラス・ブロ(グナー)、アリ・カジム(カリド)、オーレ・テストルプ(コルベア医師)、ニコライ・リー・コース(ホルガ)ほか

「青い棘」のネタバレあらすじ結末

青い棘(あおいとげ)の紹介:2004年ドイツ映画。1927年、ベルリンで実際に起きた「シュテークリッツ校の悲劇」を基に、繊細な青年達の愛と悲劇を描くロマンス&ドラマ作品。名門寄宿学校の生徒パウルとギュンターは、生まれも性格も正反対だったが不思議と良い友情を築いていた。とある週末、ギュンターから別荘に招待されたパウル。そこで以前から恋をしていたギュンターの妹ヒルデにますます夢中になってしまう。ヒルデには秘密の恋人ハンスがいたが、彼はかつてギュンターの恋人でもあった。愛に苦しむパウルとギュンターは、瑞々しくも危うい盟約を交わす。
監督:アヒム・フォン・ボリエス 出演者:ダニエル・ブリュール(パウル・クランツ)、アウグスト・ディール(ギュンター・シェラー)、アンナ・マリア・ミューエ(ヒルデ・シェラー)、トゥーレ・リントハート(ハンス)、ヤナ・パラスケ(エリ)ほか

「ルーム 205」のネタバレあらすじ結末

ルーム 205の紹介:2011年ドイツ映画。大学に入学した女子学生カトリンは寮生活を始め、205号室に入居しました。仲良くなった男友達から、205号室にいた前の女子学生はいなくなったと聞きました。この後、カトリンにアニカという女子からメールが来て動画が添付されていました。このアニカこそ、205号室の前の住人でした…という内容のホラー映画です。
監督:ライナー・マツタニ 出演者:ジェニファー・ウルリッヒ(カトリン)、アンドレ・ヘンニック(ウルバン警部)、ティノ・ミューズ(ダーク)、ユリア・ディーツェ(アニカ)ほか

「ピアノチューナー・オブ・アースクエイク」のネタバレあらすじ結末

ピアノチューナー・オブ・アースクエイクの紹介:2005年イギリス,ドイツ,フランス映画。とある博士の音楽装置の整備を依頼された調律師。そこで謎めいた歌姫に出会った彼は、博士の手から彼女を救おうとするが……。アニメーションと実写が融合する、クエイ兄弟の独自でシュールな世界観は、異才を放っている。
監督:ティモシー・クエイ、スティーヴン・クエイ 出演:アミラ・カサール(マルヴィーナ・ヴァン・スティル)、ゴットフリード・ジョン(エマニュエル・ドロス博士)、アサンプタ・セルナ(アサンプタ)、セザール・サラシュ(フェリスベルト/アドルフォ)、リュビシャ・ルポ=グルジュチック(庭師ホルツ)、マルク・ビシュショフ(庭師マルク)、ヘニング・ペカー(庭師へニング)、ジル・ガボア(庭師エチェヴェリア)、フォルカー・ザック(庭師フォルカー)、トーマス・シュミーダー(庭師トマス)、ほか

「モロ・ノ・ブラジル」のネタバレあらすじ結末

モロ・ノ・ブラジルの紹介:2002年ドイツ,フィンランド,ブラジル映画。フィンランドの映画監督ミカ・カウリスマキが、4000Kmの旅でブラジル音楽のルーツを辿った音楽ドキュメンタリー。監督自身がガイド役としてカメラを取り、各地に根付いた多種多様な音楽とそこに生きる人々の姿を記録している。30年前、ブラジル音楽に魅了されたミカ・カウリスマキは、ついにフィンランドを飛び出して憧れの地ブラジルに足を踏み入れた。ミカは音楽の歴史や進化を撮影しながら、貧困と犯罪に脅かされながらも生きる喜びを忘れない人々の演奏をカメラに収めていく。
監督:ミカ・カウリスマキ 出演者:セウ・ジョルジ、ミカ・カウリスマキ、マルガリッチ・メネーゼス、ヴェーヤ・グアルダ・ダ・マンゲイラ、ワウテル・マウファイアッチ、ほか

「MR.LONG/ミスター・ロン」のネタバレあらすじ結末

MR.LONG/ミスター・ロンの紹介:2017年日本,香港,台湾,ドイツ映画。『ポストマン・ブルース』『天の茶助』などのSABU監督と『グリーン・デスティニー』『レッドクリフ』などの台湾の実力派俳優チャン・チェンがタッグを組んだハートウォーミング・バイオレンス映画です。日本での仕事に失敗して逃亡した台湾の殺し屋が、彼を迎え入れた田舎町の人々との交流を通じて人間らしさを取り戻していく様を描きます。
監督:SABU 出演者:チャン・チェン(ミスター・ロン)、青柳翔(賢次)、イレブン・ヤオ(リリー)、バイ・ルンイン(ジュン)、有福正志(平助)、諏訪太朗(忠雄)ほか

「僕たちは希望という名の列車に乗った」のネタバレあらすじ結末

僕たちは希望という名の列車に乗ったの紹介:2018年ドイツ映画。1956年、ベルリンの壁の建設の5年前に旧東ドイツで起こった実話を、元教員ディートリッヒ・ガルスカの手記『沈黙する教室』を基に『アイヒマンを追え!ナチスがもっとも畏れた男』のラース・クラウメ監督が映画化したヒューマンドラマです。東ドイツのごく普通の高校生たちが取った“たった2分間の黙祷”が国家から問題視され、高校生たちは友情をとるのか、密告してエリートへの道を進むのか選択を迫られることになります。
監督:ラース・クラウメ 出演者:レオナルド・シャイヒャー(テオ・レムケ)、トム・グラメンツ(クルト・ヴェヒター)、レナ・クレンク(レナ)、ヨナス・ダスラー(エリック・バビンスキー)、イザイア・ミカルスキ(パウル)、ロナルト・ツェアフェルト(ヘルマン・レムケ)、ブルクハルト・クラウスナー(ランゲ国民教育大臣)ほか

「地獄の変異」のネタバレあらすじ結末

地獄の変異の紹介:2005年アメリカ,ドイツ映画。翼の生えた生物とテンプル騎士団が戦ったという、ルーマニアの山岳地帯の洞窟を発見したニコライ博士は、洞窟の底に水があることから、潜水専門のトレジャーハンターのジャックに調査依頼をしました。やってきたジャックら一行は早速潜水を始めますが、そこには正体不明の生物が存在していました…という、洞窟をテーマにしたモンスターホラー映画です。
監督:ブルース・ハント 出演者:パイパー・ペラーボ(チャーリー)、コール・ハウザー(ジャック)、モーリス・チェスナット(トップ)、エディ・シブリアン(タイラー)、リック・ラヴァネロ(ブリックス)、マーセル・ユーレス(ニコライ博士)、キーラン・ダーシー・スミス(ストロード)、ダニエル・デイ・キム(アレックス)、リナ・ハーディー(キャスリン)ほか

「命みじかし、恋せよ乙女」のネタバレあらすじ結末

命みじかし、恋せよ乙女の紹介:2018年ドイツ映画。人生に絶望する男カールのもとに、ある日突然現れた日本人女性ユウ。二人は何かに引き寄せられるかのように惹かれ合っていきますが、ユウはある日再び姿を消してしまいます。ユウを追って来日したカールは、旅館を営むユウの祖母と出会い…。ドイツと日本を舞台に生命の喪失と再生を描いた、切なくも美しいヒューマンドラマ。小津安二郎監督が脚本執筆のため利用していたことでも知られる老舗旅館「茅ケ崎館」で撮影が行われました。監督は「HAMNAMI」「フクシマ・モナムール」のドイツ人女性監督、ド―リス・デリエ。本作は名優樹木希林の最後の出演作となりました。
監督:ド―リス・デリエ 出演者:ゴロ・オイラー(カール)、入月絢(ユウ)、ハンネローレ・エルスナー(トゥルディ)、エルマー・ウェッパー(ルディ)、フェリックス・アイトナー(クラウス)、ビルギット・ミニヒマイヤー(カロ)、樹木希林(ユウの祖母)、ほか

「會議は踊る」のネタバレあらすじ結末

會議は踊る(会議は踊る)の紹介:1931年ドイツ映画。1814年のウィーン会議を題材に、ロシア皇帝と街娘の恋をコミカルに描くミュージカル&ドラマ。トーキー初期のオペレッタ映画として、今もなお愛され続けている名作。1814年、ウィーンでは欧州の首脳が集まり重大な会議が開かれようとしていた。手袋店の売り子クリステルは、パレード中に花束を投げロシア皇帝アレクサンダーに直撃させてしまう。その後兵士に捕まったクリステルはアレクサンダーの口添えで助かり、2人は互いに惹かれ合うようになった。自分の思惑通り会議を進めたいオーストリア宰相メッテルニヒは、クリステルを利用してアレクサンダーを排除しようと目論むのだが…。
監督:エリック・シャレル 出演者:ヴィリー・フリッチ(ロシア皇帝アレクサンダー/替え玉ウラルスキー)、リリアン・ハーヴェイ(クリスティーネ・ヴァインツィンガー)、コンラート・ファイト(宰相メッテルニヒ)、リル・ダゴファー(伯爵夫人)、アルフレート・アーベル(ザクセン国王)ほか

「ジョアン・ジルベルトを探して」のネタバレあらすじ結末

ジョアン・ジルベルトを探しての紹介:2018年スイス,ドイツ,フランス映画。フランス生まれでブラジル音楽を心から敬愛するジョルジュ・ガショ監督によるドキュメンタリー。それはドイツ人ジャーナリストのマーク・フィッシャーが、ボサノヴァの神様ジョアン・ジルベルトに会うためにリオ・デ・ジャネイロに出向いた顛末を描いた1冊の本「オバララ ジョアン・ジルベルトを探して」をガショ監督が手に取ったところから始まった。ジョアンにとりつかれたマークの使命感や強迫観念なまでの旅を綴ったその本は、単なる日記にとどまることなく、ブラジルの音楽、文化、そしてボサノヴァに関する刺激的な考察に満ちた素晴らしい記録でもある。しかしその賢明な追跡にも関わらず結局のところマークはジョアンに会うことなく、本が出される1週間前に自らの命を断った。ガショ監督はマークの旅に強く共感し、彼の夢を実現すべくその足跡をたどりジョアンゆかりの人々や土地を訪ね歩く。
監督:ジョルジュ・ガショ  出演:ハケル(マーク・フィッシャーのアシスタント)、ガリンシャ(ジョアン・ジルベルの料理人)、ミウシャ(歌手/ジョアン・ジルベルトの元妻)、アンセンモ・ホシャ(ジョアン・ジルベルト公認のものまね歌手)、ジョアン・ドナート(ジョアン・ジルベルトの旧友)、ホベルト・メネスカル(作曲家)、ジェラルド・ミランダ(ジョアン・ジルベルトの知人)、マルコス・ヴァーリ(作曲家/ミュージシャン)、オタヴィオ・テルセイロ(マネージャー/ジョアン・ジルベルトの友人)ほか

「希望の灯り」のネタバレあらすじ結末

希望の灯りの紹介:2018年ドイツ映画。旧東ドイツを舞台に、ベルリンの壁の崩壊後、残された人達がスーパーマーケットで働きながら懸命に生きていく姿を無口な主人公の青年を中心に描いています。同じ職場で働く人達が寄り添って、まるで家族のようになっていく様が見ていて気持ちの良い作品です。
監督:トーマス・ステューバー 出演:フランツ・ロゴフスキ(クリスティアン)、ザンドラ・ヒュラー(マリオン)、ペーター・クルト(ブルーノ)、アンドレアス・ロイポルト(ルディ)、ミヒャエル・シュペヒト(クラウス)、ラモナ・クンツェ=リプノウ(イリーナ)、ほか

1 2 3 4 5 20
TOP↑