インド映画一覧

インド映画のネタバレあらすじ一覧です。映画大国インドはボリウッドとも呼ばれ数多くの映画を製作していることで有名です。日本でも公開された有名作品から最新映画まで様々なジャンルからオススメのインド映画をラインナップしています。

「ダンガル きっと、つよくなる」のネタバレあらすじ結末

ダンガル きっと、つよくなるの紹介:2016年インド映画。実話を基に、レスリングの才能を開花させた二人の女性と、自らの果たせなかった夢を娘たちに託した元レスリング選手の父との絆を描いたインド発のヒューマンドラマです。歴代インド映画で世界興行収入No.1の大ヒットとなり、中国では『君の名は。』をも遥かに上回る大ヒットを記録した作品です。
監督:ニテーシュ・ティワーリー 出演者:アーミル・カーン(マハヴィル・シン・フォーガット)、ファーティマー・サナー・シャイク(ギータ・フォーガット)、サニャー・マルホートラ(バビータ・クマリ)、サークシー・タンワル(ダーヤ)、アパルシャクティ・クラーナー(オムカル)ほか

「恋する輪廻 オームシャンティオーム」のネタバレあらすじ結末

恋する輪廻 オーム・シャンティ・オームの紹介:2007年インド映画。冴えない脇役俳優・オームは大物俳優を夢見て日々を過ごしています。そんな彼が恋い焦がれるのはは人気女優・シャンティプリヤです。ある日、念願かなってシャンティと撮影を共にした日から、彼女との交流が始まりますが、彼女は世間にも秘密にしている事があったのでした。そのことがきっかけで、次々と事件が巻き起こります。
監督:ファラー・カーン 出演者:オーム・プラカーシュ/オーム・カプール(シャー・ルク・カーン)、シャンティ/サンディ(ディーピカー・パードゥーコーン)、パップー(シュレーヤス・タラプテー)、ムケーシュ(アルジュン・ラームパール)、ベラ(キラン・ケール)ほか

「バーフバリ 王の凱旋」のネタバレあらすじ結末

バーフバリ 王の凱旋の紹介:2017年インド映画。古代インドの叙事詩「マハーバーラタ」を元に製作され、インド映画史上最大のヒットを記録した超大作歴史スペクタクルドラマ二部作の後編です。古代インドを舞台に、父子二大に渡る王位継承を巡る権利争いそして圧政を敷く暴君との最後の決戦を圧倒的なスケールで描きます。
監督:S・S・ラージャマウリ 出演者:プラバース(シヴドゥ/マヘンドラ・バーフバリ、アマレンドラ・バーフバリ(二役))、ラーナー・ダッグバーティ(バラーラデーヴァ)、アヌシュカ・シェッティ(デーヴァセーナ)、タマンナー(アヴァンティカ)、サティヤラージ(カッタッパ)ほか

「バーフバリ 伝説誕生」のネタバレあらすじ結末

バーフバリ 伝説誕生の紹介:2017年インド映画。古代インドの叙事詩「マハーバーラタ」を元に製作され、インド映画史上最大のヒットを記録した超大作歴史ドラマ二部作の前編です。古代インドを舞台に、滝の下の世界で育った一人の若者が、数奇な運命に導かれるうちに自らの出生の秘密に辿り着くことになります。
監督:S・S・ラージャマウリ 出演者:プラバース(シヴドゥ/マヘンドラ・バーフバリ、アマレンドラ・バーフバリ(二役))、ラーナー・ダッグバーティ(バラーラデーヴァ)、アヌシュカ・シェッティ(デーヴァセーナ)、タマンナー(アヴァンティカ)、サティヤラージ(カッタッパ)ほか

「PK ピーケイ」のネタバレあらすじ結末

PK ピーケイの紹介:2014年インド映画。「インド映画の3大カーン」とも呼ばれているうちの一人、「アーミル・カーン」主演。ジャンルはSFコメディでありつつも、ラブストーリーあり、社会派な視点ありとテーマ盛りだくさんの映画。そして長編ながらも決して飽きさせないストーリー展開。観終わった後は「宗教とは何か?」と考えたくなる一本。
監督:ラージクマール・ヒラニ 出演:アーミル・カーン(PK)、アヌシュカ・シャルマ(ジャグー)、サンジャイ・ダット、ボーマン・イラニ、サウラブ・シュクラ、ほか

「スタンリーのお弁当箱」のネタバレあらすじ結末

スタンリーのお弁当箱の紹介:2011年インド映画。クラスの人気者スタンリー。けれど最近彼は昼休みのたびにどこかへ消えてしまう。その秘密を知ったクラスメイトたち彼のためにひとつ協力をする。
監督:アモール・グプテ 出演:パルソー(スタンリー)、ディヴィヤ・ダッタ(英語教師ロージー)、ラジェンドラナート・ズーチー(歴史教師ズーチー)、ディヴィヤ・ジャグダレ(科学教師アイヤル)、ラフール・シン(校長)、アモール・グプテ(国語教師ヴァルマー)、ほか

「あなたがいてこそ」のネタバレあらすじ結末

あなたがいてこその紹介:2010年インド映画。30年近く前の復讐を未だに果たそうとしている一族の屋敷の元へ、何も知らない敵の息子が訪れます。屋敷の敷居をまたいだら殺される運命となった主人公はなんとかして、屋敷からの脱出を試みますが…
監督:S.S.ラージャマウリ 出演者:ラーム(スニール)、アパルナ(サローニ)、ラミニドゥ(ナジニードゥ)、マッラスーリ(スプリート)、バイレッディ(ヴェーヌゴーパール)ほか

「ミルカ」のネタバレあらすじ結末

ミルカの紹介:2013年インド映画。インドの陸上のレジェンドであるミルカ・シンの一生を描いたインド映画です。時代に振り回され、悲しい過去を背負いながらも陸上を続けたミルカの物語は考えさせられます。
監督:ラケーシュ・オームプラカーシュ・メーラ 出演:ファルハーン・アクタル(ミルカ・シン)、ソーナム・カプール(ビーロー)、ディヴィヤ・ダッタ(イシュリ(ミルカの姉))、アート・マリク(ミルカの父)、ジャプテージ・シン(ミルカ(少年時代))、パヴァン・マルホトラ(グルデーウ・シン)、プラカーシュ・ラージ(ヴィーラバンディアン)、ヨグラージ・シン(ランヴィール・シン)、ほか

「ガンジー」のネタバレあらすじ結末

ガンジーの紹介:1982年イギリス,インド映画。弁護士だった青年が、やがてイギリスに植民地支配されていたインドを独立へと導く指導者になり、暗殺されるまでを描いた歴史超大作。アカデミー賞を8部門受賞し、その他多くの映画賞に輝いた本作は、出演したエキストラの人数が30万人を超え、一つの映画作品で動員したエキストラ数の最多記録としてギネス・ワールド・レコーズに認定された。
監督:リチャード・アッテンボロー 出演者:ベン・キングズレー(マハトマ・ガンジー)、ロシャン・セス(ジャワハルラール・ネルー)、アリク・パダムゼ(ムハンマド・アリー・ジーナ)、エドワード・フォックス(ダイヤー将軍)、ジョン・ミルズ(総督) ほか

「ムトゥ 踊るマハラジャ」のネタバレあらすじ結末

ムトゥ 踊るマハラジャの紹介:1995年インド映画。1998年に日本でも公開されるやたちまち大ヒットし、インド映画の一大ブームの立役者となった、歌って踊れるエンターテインメント巨編です。大地主の召使いで誰からも愛される人気者のムトゥの恋と騒動を描きます。
監督:K.S. ラヴィクマール 出演者:ラジニカーント(ムトゥ、ムトゥの父/聖者(二役))、ミーナ(ランガ)、サラットバーブ(ラージャ)、ラーダー・ラヴィ(アンバラッタール)、スバーシュリー(パドミニ)、センディル(テーナッパン)ほか

「マッキー」のネタバレあらすじ結末

マッキーの紹介:2012年インド映画。街一番の大富豪スディープはそのルックスからあらゆる女性を虜にしてきた。そしてまたある一人の女性をものにしようとしていた。しかし失敗をしらないスディープは一人の男により絶望を味わう。スディープが狙っていた女性ビンドゥはジャニという男に惹かれていた。その事実を知ったスディープはジャニを殺してしまう。しかしその時ジャニの身体に奇跡が起こった。インド発、ハエが主人公のアクションコメディ映画。
監督・S・S・ラージャマウリ 出演・スディープ(スディープ) ビンドゥ(サマンサ・ルス・プラブ) ジャニ(ナーニ)ほか

「チェイス!」のネタバレあらすじ結末

チェイス!の紹介:2013年インド映画。父を自殺に追いやった銀行への復讐をする主人公を描いたインド映画。バイクアクションシーンや、華麗なダンスシーンが見どころ。
監督:ヴィジャイ・クリシュナ・アーチャールヤ 出演: アーミル・カーン(サヒール)、カトリーナ・カイフ(アーリア)、アビシェーク・バッチャン(ジャイ)、ウダイ・チョープラ(アリ)ほか

「マダム・イン・ニューヨーク」のネタバレあらすじ結末

マダム・イン・ニューヨークの紹介:2012年インド映画。ニューヨークにやって来た、インドの美貌の主婦、シャシ。果たして英語は出来るようになるのか?NYビギナーの奮闘記。
監督:ガウリ・シンデー 俳優:シュリデビ、アディル・フセイン、ミルターブ・バッチャン、メディ・ネブー、プリヤ・アーナンド、スラバー・デーシュパーンデーほか

「きっと、うまくいく」のネタバレあらすじ結末

きっと、うまくいくの紹介:2009年インド映画。日本で2013年に公開。インドを代表する俳優であるアーミル・カーンが主演し、公開当時にインド映画の歴代興行収入が1位となったこの作品は、インドに蔓延る様々な社会問題を盛り込みながらもコメディ要素を随所にちりばめた部分などが評価され、国際インド映画アカデミー賞で16部門を受賞した。インド国内のみならず、アメリカや日本を含む世界中で高い評価を受けて話題になった。原作はChetan Bhagat「Five Point Someone」という小説。
監督:ラージクマール・ヒラーニ 出演:アーミル・カーン(ランチョー)、R・マドハヴァン(ファルハーン・クレイシー)、シャルマン・ジョシ(ラージュー・ラストーギー)、カリーナ・カプール(ピア・サハスラブッデー)、オミ・ヴァイディア(チャトゥル・ラーマリンガム) ほか

「今時の恋愛」のネタバレあらすじ結末

今時の恋愛の紹介:2009年インド映画。原題:LOVE AAJ KAL 英題: “Love These Days”
監督:Imtiaz Ali 出演:サイフ・アリ・カーン、ディーピカ・パドゥコン他

1 2
TOP↑