インド映画一覧

インド映画のネタバレあらすじ一覧です。映画大国インドはボリウッドとも呼ばれ数多くの映画を製作していることで有名です。日本でも公開された有名作品から最新映画まで様々なジャンルからオススメのインド映画をラインナップしています。

「KESARI/ケサリ」のネタバレあらすじ結末

KESARI/ケサリ 21人の勇者たちの紹介:2019年インド映画。1897年にイギリス軍とシーク教徒を中心とする反乱軍との間で行われたサラガリの戦いを描く歴史大作。10,000人の軍勢をたった21人の精鋭が迎え撃つという、ハリウッド映画の300<スリーハンドレッド>を彷彿とされるような設定のもと、壮大な戦争シーンの数々が描き出される。
監督:アヌラーグ・シン 出演:アクシャイ・クマール(イシャル・シン)、パリニーティ・チョープラー(ジーヴァニ・コウル)、ヴィヴェーク・サイニ(ジワン・シン)、ヴィクラム・コーチャル(グラブ・シン)、サヴィンダル・ヴィッキー(ラール・シン)、ヴァンシュ・バルドワジ(チャンダ・シン)、ラヴィンダル・パーワル(アッタル・シン)、サミート・シン・バスラ(ガルムク・シン)、アジット・シン・マヘラ(ナーンド・シン)ほか

「SANJU/サンジュ」のネタバレあらすじ結末

SANJU/サンジュの紹介:2018年インド映画。インド映画界の大スターであるサンジャイ・ダットの半生を描いた伝記的作品。父親との関係を主軸に、薬物中毒や冤罪逮捕、インド映画界の裏幕などインド社会の暗部が描き出される。インド本国では一日の興行成績で歴代最高記録を更新した。
監督:ラージクマール・ヒラーニ
出演者:ランビール・カプール(サンジャイ/サンジュ・ダット)、パレーシュ・ラーワル(スニール・ダット)、ヴィッキー・コウシャル(カムレーシュ)、マニーシャ・コイララ(ナルギス)、ディア・ミルザ(マニヤタ・ダット)、ソーナム・カプール(ルビー)、アヌシュカ・シャルマ(ウィニー・ディアス)、ジム・サルブ(ズビン・ミストリ)、カリシュマ・タンナ(ピンキー)、ほか

「バジュランギおじさんと、小さな迷子」のネタバレあらすじ結末

バジュランギおじさんと、小さな迷子の紹介:2015年インド映画。底抜けにお人好しなインド人青年と、声を失ったパキスタンからの迷子の少女が、彼女を家に戻すため、インドからパキスタンまでの700kmを往く二人旅を描いた人間ドラマです。国境や宗教を超えた人間愛のメッセージをも込め、インド映画としては歴代3位となる大ヒットを記録しました。
監督:カビール・カーン 出演者:サルマン・カーン(パワン・クマール・チャトラヴェーディー / バジュランギ)、ハルシャーリー・マルホートラ(シャヒーダー / ムンニー)、カリーナ・カプール(ラスィカー)、ナワーズッディーン・シッディーキー(チャーンド・ナワーブ)、シャーラト・サクセーナ(ダーヤナンド)、メヘル・ヴィジュ(シャヒーダーの母)、ミール・サルワール(ラウフ)、ムルサレーン・クレシ(ボー・アリ)、ラジェシュ・シャルマ(ハーミド・カーン)ほか

「君を探してた」のネタバレあらすじ結末

君を探してたの紹介:2003年インド映画。後に「Krrish3」まで制作されることになった一連の「Krrish」シリーズの第一作目に当たる作品である。本作ではE.T.やエイリアンなど先行するSF作品に影響を受けながらも、インド映画らしい独特の世界観が描かれている。第51回ナショナル・フィルム・アワードや第5回国際インド映画アカデミー賞などでいくつもの部門に入賞を果たした。
監督:ラケーシュ・ローシャン
出演者:レーカ(ソニア・メーラ )、リティク・ローシャン(ロヒット・メーラ)、プリーティ・ジンタ(ニーシャ)、プレーム・チョープラ(ハーバンス・サクセナ)、ラジャット・ベディ(ラージ・サクセナ)、ジョニー・レヴァー(チェララム)、ムケーシュ・リシ(クルシード・カーン警部)、ラケーシュ・ローシャン(サンジャイ・メーラ)、ベーナ・バナルジー(インドゥ)、ほか。

「盲目のメロディ インド式殺人狂騒曲」のネタバレあらすじ結末

盲目のメロディ~インド式殺人狂騒曲~の紹介:2018年インド映画。歌い踊るというイメージのインド映画、その定説を覆す踊らないインド映画の登場です。自らのインスピレーションを上げ芸術性を高めるために盲目を装ったピアニストが殺人事件を目撃していまい、騒動に巻き込まれるブラックコメディ作品です。
監督:シュリラーム・ラガヴァン 出演:タブー(シミー)、アーユシュマーン・クラーナー(アーカーシュ)、ラーディカー・アープテー(ソフィ)、アニル・ダワン、ほか

「シークレット・スーパースター」のネタバレあらすじ結末

シークレット・スーパースターの紹介:2017年インド映画。厳格な父親に歌うことを禁じられた14歳の少女が顔を隠して歌った動画がネットを通じて世間に広まっていくという話です。世界中の人たちを涙や笑いで包みこみ、苦難を乗り越えていく逞しさや、夢と希望を描くサクセスストーリーです。インド映画界のスーパースター、アーミル・カーンが製作と主演、アーミル・カーンの元マネージャーのアドベイト・チャンダンが監督を務めた作品。
監督:アドヴェイト・チャンダン 出演:ザイラー・ワシーム(インシア)、メヘル・ヴィジュ(母親)、アーミル・カーン(シャクティ・クマール)、ラージ・アルジュン、ティルト・シャルマ、カビール・サジード、ファルーク・ジャファル、ほか

「ロボット」のネタバレあらすじ結末

ロボットの紹介:2010年インド映画。「ムトゥ 踊るマハラジャ」で人気を博したラジニカーントが一人二役に挑んだ作品。インド映画ならではのVFX技術やド派手なアクション、ミュージカルシーンがこれでもかというくらいに盛り込まれた、如何にもインド映画らしい作品となっています。
監督:シャンカール 出演:ラジニカーント(バシー博士・チッティ)、アイシュワリヤー・ラーイ・バッチャン(サナ)、ダニー・デンゾンパ、ほか

「ロボット2.0」のネタバレあらすじ結末

ロボット2.0の紹介:2018年インド映画。前作『ロボット』での出来事から8年。今回バシー博士が戦う相手はなんとインド人が持つ数々のスマホ。突如街からスマホが次々と失踪し、全スマホが合体して巨大なロボットに姿を変えた。インド・チェンナイの街は崩壊の危機にさらされ、一度は解体されたロボット、チッティが復活。スーパーパワーを身に付けたチッティは人類の味方となるバージョン2.0として再起動。地球を救うため狂暴化したスマホロボと激しいバトルを繰り広げる。主演は前作に引き続きインドが誇るスーパースター、ラジニカーント御年68歳。インド映画ブームの歴史を作った『ムトゥ踊るマハラジャ』で世界を魅了した大ベテラン。今回も天才博士バシーと最強ロボ・チッティの一人二役をこなし、縦横無尽に暴れまわる。
監督:シャンカル 出演:ラジニカーント(バシーガラン博士/チッティ)、アクシャイ・クマール(パクシ・ラジャン)、エイミー・ジャクソン(ニラー)、ほか

「ガリーボーイ」のネタバレあらすじ結末

ガリーボーイの紹介:2018年インド映画。厳しい格差社会のインド。中でも大都市ムンバイのダラヴィ地区は最も規模が大きいスラム。ここに住むムラドは家庭問題や貧困、ドラッグなど鬱屈した気持ちを抱えながら生きていた。そんなムラドがラップと出会い自らの心を解放していく。この作品は実在するインドの若きラッパー、Neazy(ネィズィー)とDivine(ディヴァイン)の半生を基にした物語。彼らの楽曲『Mere Gully Mein(路地裏が俺の庭)』が使用され、心打つラップも見どころ。さらにUSヒップホップ界から、数々の名曲で知られるラッパーNAS(ナズ)がプロデューサーとして参加。2019年のインド映画世界興行収2位を収めた作品。
監督:ゾーヤー・アクタル 出演:ランヴィール・シン(ムラド)、アーリア・バット(サフィナ)、シッダーント・チャトゥルヴェーディー(MCシェール/シュリカント)、カルキ・ケクラン(スカイ)、ヴィジャイ・ラーズ(ムラドの父/シャキール)、ヴィジャイ・ヴァルマー(モイン)ほか

「チェンナイ・エクスプレス」のネタバレあらすじ結末

チェンナイ・エクスプレス ~愛と勇気のヒーロー参上~の紹介:2013年インド映画。亡くなった祖父の遺言で遺灰を撒きに行こうと列車に乗り込んだ男が1人の美しい女性に出会ったことで思わぬ騒動に巻き込まれる。歌って踊って爆走するアクションコメディ。
監督:ロヒット・シェッティ 出演:シャー・ルク・カーン(ラウール)、ディーピカー・パートゥコーン(ミーナ)、サティヤーラージ(ドゥルゲーシュワラ)、ニキティン・ディール(タンガバッリ)、ほか

「パドマーワト 女神の誕生」のネタバレあらすじ結末

パドマーワト 女神の誕生の紹介:2018年インド映画。16世紀に記された、インドにかつて存在していたメーワール王国の伝説を基に映画化した超大作歴史ドラマです。インド映画史上最大の製作費を投じ、伝説の王妃パドマーワティの愛と戦いの生涯を壮大なスケールと映像美で描きあげました。
監督:サンジャイ・リーラ・バンサーリー 出演者:ディーピカー・パードゥコーン(パドマーワティ)、シャーヒド・カプール(ラタン・シン)、ランビール・シン(アラーウッディーン・ハルジー)、アディティ・ラーオ・ハイダリー(メフルニサ)、ジム・サルブ(マリク・カーフール)、ラザー・ムラード(ジャラールッディーン・ハルジー)、アヌプリヤー・ゴーエンカー(ナグマティ)、アーヤム・メフタ(ラーガヴ・チェータン)、ヴィバーヴ・ロイ(イタート・カーン)ほか

「ホテル・ムンバイ」のネタバレあらすじ結末

ホテル・ムンバイの紹介:2018年オーストラリア,アメリカ,インド映画。パキスタンと領土問題をめぐり対立するインド、その最大都市ムンバイでパキスタン系のイスラム過激派によるテロが起きます。テロリストはムンバイのシンボルのタージマハル・ホテルに乱入、無慈悲にも殺戮を繰り返します。ホテルの料理長とその従業員は客を守りテロリストの乱入を防ぎます。『ホテル・ムンバイ』は2008年のムンバイで実際に起きたテロ事件を題材にホテル従業員の英雄的行動を描いた映画です。
監督:アンソニー・マラス 出演:デヴ・パテル(アルジュン)、アーミー・ハマー(デヴィッド)、ナザニン・ボニアディ(ザーラ)、アヌパム・カー(オベロイ)、ジェイソン・アイザックス(ワシリー)、ティルダ・コブハム・ハーヴェイ(サリー)ほか

「あなたの名前を呼べたなら」のネタバレあらすじ結末

あなたの名前を呼べたならの紹介:2018年インド,フランス映画。厳しい身分制度やしきたりが今なお残るインドを舞台に、メイドと雇い主が育くむ愛のドラマ。ムンバイ出身の女性監督ロヘナ・ゲラの長編デビュー作となります。監督自らが話すように本作のような身分を越えた恋物語はインド社会ではありえないそうで、敢えてタブーに挑戦したとのことです。そういった貧困や差別の厳しさも上手く表現できています。
監督:ロヘナ・ゲラ 出演:ティロタマ・ショーム(ラトナ)、ヴィヴェーク・ゴーンバル(アシュヴィン)、ギータンジャリ・クルカルニー、ラウル・ヴォラ、

「クローゼットに閉じこめられた僕の奇想天外な旅」のネタバレあらすじ結末

クローゼットに閉じこめられた僕の奇想天外な旅の紹介:2018年フランス,アメリカ,ベルギー,シンガポール,インド映画。世界30ヶ国で発売されたロマン・プエルトラスの小説『IKEAのタンスに閉じこめられたサドゥーの奇想天外な旅』を基に映画化したアドベンチャー・コメディ作品です。インドの貧しい家庭に育った青年がひょんなことから世界中を旅して回ることになり、様々な出会いを通じて自分の成すべきことに気付いていきます。
監督:ケン・スコット 出演者:ダヌーシュ(アジャ)、ベレニス・ベジョ(ネリー)、エリン・モリアーティ(マリー)、バーカッド・アブディ(ウィラージ)、ジェラール・ジュニョ(ギュスターヴ)、ベン・ミラー(スミス)、アベル・ジャフリ(フィク)、サラ=ジャンヌ・ラブロッス(ローズ)、ケイ・グライダヌス(ピーター)、アムルサ・サント(アジャの母)ほか

「大地のうた」のネタバレあらすじ結末

大地のうたの紹介:1955年インド映画。名匠サタジット・レイの処女作にして代表作。日本の初公開時にも絶賛され、キネマ旬報ベストテンの1位に輝いた。映画史上のオールタイム・ベストにもしばしば選ばれている。音楽は無名時代のラヴィ・シャンカールが担当。
監督:サタジット・レイ・出演:シュビル・バナージ(オプー)、ウマ・ダシュグプタ(ドガ)、コルナ・バナージ(サルバジャヤ)、チュニバラ・デビ(インダー)、カヌ・バナージ(ハリハール)、ほか

1 2 3

キーワードから探す

TOP↑