三浦友和映画一覧

三浦友和が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「炎の舞」のネタバレあらすじ結末

炎の舞の紹介:1978年日本映画。学校を終え、故郷に戻った拓冶は森の反対側に住むきよのという娘と仲良くなり結婚しました。しかし新婚生活は長く続かず、拓冶に召集令状が届きました・・・という内容の相思相愛で結婚した若い男女が、時の太平洋戦争の徴兵によって引き裂かれる哀しい運命を描いた、加茂菖子の小説『執炎』の映画化です。山口百恵、三浦友和コンビの9作目の作品で邦画配給収入ランキングの第8位の1本です。
監督:河崎義祐 出演:山口百恵(久坂きよの)、三浦友和(吉井拓治)、細川俊夫(久坂宗道)、木暮実千代(久坂玉乃)、能瀬慶子(久坂あやの)、有島一郎(小島)ほか

「唐人街探偵 東京MISSION」のネタバレあらすじ結末

唐人街探偵 東京MISSIONの紹介:2021年中国映画。中国の探偵コンビが世界を股にかけて難事件に挑む様を描くサスペンス・コメディ『唐人街探偵』シリーズの第3弾です。本作は日本・東京を舞台に、主人公2人が日本やタイの探偵たちと手を組んで難事件に挑んでいきます。
監督:チェン・スーチェン 出演者:ワン・バオチャン(タン・レン)、リウ・ハオラン(チン・フォン)、妻夫木聡(野田昊)、トニー・ジャー(ジャック・ジャー)、三浦友和(渡辺勝)、長澤まさみ(小林杏奈)、浅野忠信(田中直己)、染谷将太(村田昭)、シャン・ユーシエン(KIKO)、ロイ・チウ(リン・モウ)、シャオ・ヤン(ソン・イー)、鈴木保奈美(川村芳子/川村晴子(二役))、アンディ・ラウ(Q)ほか

「なごり雪」のネタバレあらすじ結末

なごり雪の紹介:2002年日本映画。大分県臼杵を舞台に、親友から「妻の雪子が事故で死にそうだ、帰って来てくれ」という電話を受け、28年ぶりに臼杵の帰った50歳になる祐作のほろ苦い思い出をつづったドラマです。伊勢正三の名曲「なごり雪」をモチーフにし、途中のセリフに歌詞が挿入されているという作品です。
監督:大林宣彦 出演者:三浦友和(梶村祐作)、須藤温子(雪子)、細山田隆人(祐作・過去)、反田孝幸(水田・過去)、長澤まさみ(水田夏帆)、田中幸太朗(杉田良一)、斉藤梨沙(新谷由梨絵)、日高真弓(槙弘美)、小形雄二(弘美の父)、左時枝(梶村道子)ほか

「絶唱(1975年)」のネタバレあらすじ結末

絶唱の紹介:1975年日本映画。大江賢次の同名作品で、1958年・1966年に続いて三度目の映画化となった純愛作品です。大地主の息子と山番の娘の身分違いの悲恋を山口百恵と三浦友和のダブル主演で描きます。キャッチフレーズは「許して下さい 今日までの私を…あなたに捧げた短い命 哀しい運命の山鳩は 遠く遥かな蒼空へ 涙も枯れて飛んでゆく……最高のコンビで綴る美しく哀しい文芸ロマン!」。
監督:西河克己 出演者:山口百恵(小雪)、三浦友和(園田順吉)、辰巳柳太郎(園田惣兵衛)、吉田義夫(源助)、菅井きん(セキ)、大坂志郎(正造)、初井言栄(サト)、花沢徳衛(為吉)、有崎由見子(ハマ)、中村伸郎(橋本)、木内みどり(橋本美保子)、大和田伸也(大谷賢一)、服部妙子(川田マサ)、川口厚(佐野一夫)、武岡淳一(笹本卓治)、大家博(田中敬)、藤江喜幸(吉原準平)、鈴木瑞穂(語り手)ほか

「風立ちぬ(1976年)」のネタバレあらすじ結末

風立ちぬの紹介:1976年日本映画。大戦中の国内で、徴兵にかられた学生と、余命あとわずかと宣告された女学生の純愛を、人気絶頂の山口百恵、三浦友和野コンビで描く青春ドラマです。山口百恵主演文芸作品第5弾で、1976年邦画配給収入ランキングの6位になった大ヒット作です。
監督:若杉光夫 出演者:山口百恵(水沢節子)、三浦友和(結城達郎)、芦田伸介(水沢欣吾)、河津清三郎(結城庸平)、小夜福子(三浦しの)、松平健(大浦茂春)、夏夕介(中山利夫)、笠井うらら(井上花子)、東恵美子(小森夫人)ほか

「潮騒(1975年 山口百恵・三浦友和主演)」のネタバレあらすじ結末

潮騒の紹介:1975年日本映画。三島由紀夫の同名小説で、何度も映画化された名作をホリプロダクション創立15周年記念作品として4度目の映画化をした青春ラブストーリーです。ダブル主演に数々の作品で名コンビを組む山口百恵と三浦友和を迎え、三重県鳥羽地方を舞台に若き海女と漁師が困難を乗り越えて愛を育んでいく様を描きます。
監督:西河克己 出演者:山口百恵(宮田初江)、三浦友和(久保新治)、初井言栄(久保とみ)、亀田秀紀(久保広)、中村竹弥(宮田照吉)、有島一郎(灯台長)、津島恵子(灯台長の妻)、中川三穂子(千代子)、花沢徳衛(大山十吉)、青木義朗(日の出丸船長)、中島久之(川本安夫)、川口厚(浜田竜二)、丹下キヨ子(お春婆)、高山千草(うめ)、田中春男(行商人)、森みどり(海女)、石坂浩二(ナレーション)ほか

「夢 追いかけて」のネタバレあらすじ結末

夢 追いかけての紹介:2003年日本映画。 3大会連続でパラリンピック競泳に出場した全盲の中学教諭・河合純一。彼の愛と勇気に満ちた半生を描いた作品。本人役で河合純一自身が出演し、全盲の苦しみに屈することなく、夢に向かって努力を重ねる姿が胸を打つ物語です。
監督:花堂純次 出演:三浦友和、河合純一、勝地涼、北見敏之、船越英一郎、江藤潤、田中好子、ほか

「風の電話」のネタバレあらすじ結末

風の電話の紹介:2020年日本映画。東日本大震災後に岩手県大槌町に実際に設置された、今は亡き大切な人と思いを繋ぐ電話「風の電話」をモチーフとしたヒューマンドラマです。震災から8年後、家族を失い、広島に移り住んだ少女が旅をしながら様々な人々と触れ合い、人生を再生していく姿を描きます。世界3大映画祭のひとつであるベルリン国際映画祭で特別表彰を受けています。
監督:諏訪敦彦 出演者:モトーラ世理奈(ハル)、西島秀俊(森尾)、西田敏行(今田)、三浦友和(公平)、渡辺真起子(広子)ほか

「海峡」のネタバレあらすじ結末

海峡の紹介:1982年日本映画。東宝創立50周年を記念し、北海道と本州を結ぶ「青函トンネル」の着工から完成までの壮絶なドラマを『八甲田山』でタッグを組んだ監督・森谷司郎と主演・高倉健により映画化したヒューマンドラマです。高倉健演じる国鉄の地質調査員の視点から、約30年近くにも及んだ壮大なプロジェクトとそれに関わる人々のドラマが描かれていきます。
監督:森谷司郎 出演者:高倉健(阿久津剛)、吉永小百合(牧村多恵)、三浦友和(成瀬仙太)、森繁久彌(岸田源助)、大谷直子(阿久津佳代子)、伊佐山ひろ子(おれん)、新田昌玄(江藤滝蔵)、大滝秀治(岡部)、山谷初男(石谷音太郎)、笠智衆(阿久津才次)、中川勝彦(阿久津修)、小林稔侍(金丸五郎)、阿藤海(古川亘)ほか

「おかえり、はやぶさ」のネタバレあらすじ結末

おかえり、はやぶさの紹介:2012年日本映画。世界初となる、地球から3億キロも離れた小惑星“イトカワ”の微粒子を採取して帰還した小惑星探査機はやぶさ。そのプロジェクトに携わった人々の感動のドラマを映画化した作品。監督は「ゲゲゲの鬼太郎」「鴨川ホルモー」などを手掛けた本木克英。
監督:本木克英 出演:藤原竜也(大橋健人)、杏(野村奈緒子)、三浦友和(大橋伊佐夫)、前田旺志郎(岩松風也)、森口瑤子(岩松多美)、田中直樹(岩松大吾)、カンニング竹山(天野克也)、豊原功補(山田幸一)、宮崎美子(大橋小夜子)、大杉漣(江本智彦)、中村梅雀(増沢公孝)、ほか

「AI崩壊」のネタバレあらすじ結末

AI崩壊の紹介:2020年日本映画。2030年の日本、AI(人工知能)は果たしてユートピア社会を実現するのか、あるいは不幸なディストピアが到来してしまうのか。資産家だけが富を得て、労働者は飢餓状態の超絶格差社会が誕生してしまうのか。わずか10年後の日本は半分近くが働けない老人と生活保護者になってしまい崩壊してしまうのだろうか。人々の生活を支えるために開発された医療AIが、思いもせぬ悪魔の選別マシンと化し、人々を殺戮していく。日本中がパニックとなり、やがて意外にも医療AI開発者に嫌疑がかけられ、警察庁のサイバー犯罪対策課が犯人を追い詰めていく。警察の捜査AI「百眼」対 医療AI「のぞみ」開発者の、凄まじいまでの攻防が繰り広げられるSFサスペンスアクション映画。
監督:入江悠 出演:大沢たかお(桐生浩介)、賀来賢人(西村悟)、広瀬アリス(奥瀬久未)、岩田剛典(桜庭誠)、高嶋政宏(望月剣)、芦名星(林原舞花)、玉城ティナ(飯田眞子)、余貴美子(田中英子)、田牧そら(桐生心)、松嶋菜々子(桐生望)、三浦友和(合田京一)、ほか

「226」のネタバレあらすじ結末

226の紹介:1989年日本映画。二・二六事件の経過を陸軍将校の視点から描いた大作映画。昭和11年2月26日、昭和維新を掲げた青年将校たちのクーデターは失敗に終わりました。この歴史上の事実を元に、豪華キャストで制作された作品です。全て実名で演じられ、成功したかに思われたクーデターの内部で何が行われていたのかが克明に描かれています。
監督:五社英雄 出演者:萩原健一(野中四郎大尉)、藤岡重慶(寺内寿一大将)、藤谷美和子(坂井孝子)、松方弘樹(伊集院兼信少佐)、三浦友和(安藤輝三大尉)、宅麻伸(丹生誠忠中尉)、竹中直人(磯部浅一)、田村高廣(湯浅倉平宮内大臣)、丹波哲郎(真崎甚三郎大将)、鶴見辰吾(高橋太郎少尉)、仲代達矢(杉山参謀本部次長)、長門裕之(木戸幸一内大臣秘書館長)、うじきつよし(中橋基明中尉)、梅宮辰夫(山王ホテル支配人)、大和田伸也(小野木伍長)ほか

「22才の別れ」のネタバレあらすじ結末

22才の別れ Lycoris 葉見ず花見ず物語の紹介:2006年日本映画。伊勢正三作詞・作曲の楽曲「22才の別れ」をモチーフにして、43歳の男性が母子2代にわたる恋の物語を、大林宣彦監督が撮った作品です。同級生で、その後死亡した恋人だった女性と22才で別れ、21年後、偶然21歳の娘に出会うという話で、全編に『22才の別れ』のメロディーが流れます。
監督:大林宣彦 出演者:筧利夫(川野俊郎)、鈴木聖奈(田口花鈴)、中村美玲(北島葉子)、窪塚俊介(浅野浩之)、寺尾由布樹(若き日の川野俊郎)、峰岸徹(松島専務)、村田雄浩(花鈴の父)、三浦友和(杉田部長)、長門裕之(やきとり屋甚平)、清水美砂(藤田有美)ほか

「救いたい」のネタバレあらすじ結末

救いたいの紹介:2014年日本映画。東北震災後、苦悩と葛藤を抱えながら生活する東北の人々。前に進もうと必死で生きる人々に寄り添う医師夫婦役に、鈴木京香と三浦友和が演じます。消えることのない心の傷とどう立ち向かうのか…。悲しみの先に、愛をつかもうと奮闘する人々を描いたヒューマンドラマ。
監督:神山征二郎 出演:鈴木京香(川島隆子)、三浦友和(川島貞一)、貫地谷しほり(鷹峰純子)、渡辺大(三崎大樹)、土田早苗(小柳倫子)、中越典子(吉田美菜)、藤村志保(吉田ふみ江)、津川雅彦(岸義行)、ほか

「マイ・バック・ページ」のネタバレあらすじ結末

マイ・バック・ページの紹介:2011年日本映画。妻夫木聡と松山ケンイチを主演に迎えて、1970年前後の学生運動が盛んだった頃を舞台にしたヒューマンドラマ。川本三郎の同名小説を元に映画化。理想を追う記者が左翼思考の学生と出会い、奇妙な絆で繋がっていく社会派映画。
監督:山下敦弘 出演:妻夫木聡(沢田雅巳)、松山ケンイチ(梅山 / 片桐優)、忽那汐里(倉田眞子)、石橋杏奈(安宅重子)、韓英恵(浅井七恵)、中村蒼(柴山洋)、中野英樹(津川 / 週刊東都記者)、山崎一(徳山健三 / 週刊東都デスク)、中村育二(島木武夫 / 週刊東都編集長)、菅原大吉(小林 / 東都ジャーナル編集長)、三浦友和(白石 / 東都新聞社社会部部長)、ほか

1 2 3

キーワードから探す

TOP↑