実話・ノンフィクション映画一覧

「それでも夜は明ける」のネタバレあらすじ結末

それでも夜は明けるの紹介:2013年イギリス映画。19世紀半ばのアメリカで奴隷として売られてしまった自由黒人ソロモン・ノーサップ著の体験記『Twelve Years a Slave』を基にした、12年間もの間奴隷として白人に虐げられながらも誇りを失わなかった男の実話を描いた衝撃の実録映画です。第86回アカデミー賞作品賞をはじめ、数々の賞に輝いています。
監督:スティーブ・マックイーン 出演:キウェテル・イジョフォー(ソロモン・ノーサップ/プラット)、マイケル・ファスベンダー(エドウィン・エップス)、ベネディクト・カンバーバッチ(ウィリアム・フォード)、ポール・ダノ(ジョン・ティビッツ)、ギャレット・ディラハント(アームスバイ)、ポール・ジアマッティ(セオフィラス・フリーマン)、スクート・マクネイリー(ブラウン)、ルピタ・ニョンゴ(パッツィー)、サラ・ポールソン(メアリー・エップス)、ブラッド・ピット(サミュエル・バス)、アルフレ・ウッダード(ハリエット・ショー夫人)、クリス・チョーク(クレメンズ・レイ)、タラン・キラム(ハミルトン)、クワベンジャネ・ウォレス(マーガレット・ノーサップ)ほか

「あなたを抱きしめる日まで」のネタバレあらすじ結末

あなたを抱きしめる日まで(原題: Philomena)の紹介:2013年イギリス作品。50年前に生き別れた息子を探す女性(フェロミナ)の物語。007シリーズのジュディ・デンチ主演の感動の実話ドラマです。アカデミー賞主要4部門ノミネート。
監督 :スティーヴン・フリアーズ 原作:マーティン・シックススミス(英語版)『The Lost Child of Philomena Lee』 出演者:ジュディ・デンチ、スティーヴ・クーガンほか

「それでもボクはやってない」のネタバレあらすじ結末

それでもボクはやってないの紹介:2007年日本映画。突然痴漢の疑いをかけられ、自らの濡れ衣を晴らそうと立ち向かっていく主人公の話です。実際にあった話を元にして「Shall we dance?」の周防監督が11年ぶりに作り上げた意欲作です。痴漢冤罪に対して鋭く切り込んだ社会派ドラマです。現代の刑事裁判における問題点に焦点を当て、痴漢の冤罪事件裁判に立ち向かう厳しい現実を非常にリアルに描いた作品となっています。
監督:周防正行 製作:亀山千広 出演:加瀬亮(金子徹平)、瀬戸朝香(須藤莉子)、山本耕史(斉藤達雄)、もたいまさこ(金子豊子)、田中哲司(浜田明)、光石研(佐田満)、尾美としのり(新崎孝三)、大森南朋(山田好二)、鈴木蘭々(土井陽子)、野間口徹(小倉繁)、山本浩司(北尾哲)、田山涼成(和田精二)、大和田伸也(広安敏夫)、田口浩正(月田一郎)、竹中直人(青木富夫)、小日向文世(室山省吾)、役所広司(荒川正義)、ほか

「ビッグ・アイズ」のネタバレあらすじ結末

ビッグ・アイズの紹介:アメリカ/2014年作品。60年代アメリカのポップアートを席巻したビッグ・アイズシリーズ、作者を名乗るウォルター・キーンはセレブ街道まっしぐら、しかし彼には秘密があった。
監督:ティム・バートン 出演者:エミリー・アダムス、クリストフ・ヴァルツ、クリステン・リッター、ジェイソン・シュワルツマン、ダニー、ヒューストンほか

「カストラート」のネタバレあらすじ結末

1994年フランス作品 監督:ジェラール・コルビオ 出演者:ステファノ・ディオニジ、エンリコ・ロ・ヴェルソ、エルザ・ジルベルスタインほか
映画カストラートの紹介:ボーイソプラノを維持するために去勢された歌手をカストラートという。男性の声変わりを阻止する為主に宮廷につかえるカストラート。カストラートの中でも名が知れたファリネッリをモデルにした残酷かつ甘美な映画作品。周りの豪華なセットにも目が離せません。

「フォレスト・ガンプ 一期一会」のネタバレあらすじ結末

フォレスト・ガンプ 一期一会の紹介:1994年アメリカ映画。ウィンストン・グルームの小説『フォレスト・ガンプ』を映画化したヒューマンドラマで、アカデミー賞作品賞やゴールデングローブ賞のドラマ部門作品賞などの栄冠に耀いた大ヒット作品です。知能指数は劣るも真っ直ぐな心と脚力を生かして時代を駆け抜けた主人公フォレスト・ガンプの半生を、アメリカの歴史を織り交ぜながら描きます。
監督:ロバート・ゼメキス 出演者:トム・ハンクス(フォレスト・ガンプ)、ロビン・ライト(ジェニー・カラン)、サリー・フィールド(ミセス・ガンプ)、ゲイリー・シニーズ(ダン・テイラー)、ミケルティ・ウィリアムソン(ベンジャミン・“バッバ”・ブルー)、ハーレイ・ジョエル・オスメント(フォレスト・ガンプ・Jr.)ほか

「ストックホルムでワルツを」のネタバレあらすじ結末

ストックホルムでワルツをの紹介:2013年スウェーデン映画。北欧はスウェーデンで、伝説の歌姫として名高いジャズ・シンガー、モニカ・ゼタールンド(1937~2005)の波乱に満ちたサクセスストーリーを描いた実話を映画化した感動作。スウェーデンの小さな町のシングルマザーモニカが、いくつもの苦難を乗り越え、一一筋縄ではいかない彼女の成功を掴むまでを描く。
監督:ペール・フライ 出演者:エッダ・マグナソン、スペリル・グドナソン、シェル・ベリィクヴィストほか

「アメリカンスナイパー」のネタバレあらすじ結末

アメリカン・スナイパー(原題: American Sniper)の紹介:2014年アメリカ作品。元アメリカ軍の伝説の狙撃手クリス・カイルの自伝『ネイビー・シールズ最強の狙撃手』をクリント・イーストウッド監督が映画化した伝記ドラマで、アメリカの戦争映画としては最大のヒットとなった作品です。イラク戦争に4度従軍したクリスの波乱の生涯を、過酷な戦場体験から発症したPTSDとの苦闘を交えて描きます。アメリカンスナイパーは2014年に全米公開され、戦争映画としては、『プライベート・ライアン』を超えた史上最高の興行収入となります。
監督:クリント・イーストウッド 脚本:ジェイソン・ホール 出演者:ブラッドリー・クーパー(クリス・カイル)、シエナ・ミラー(タヤ・カイル)、マックス・チャールズ(コルトン・カイル)、ルーク・グライムス(マーク・リー)、カイル・ガルナー(ゴート=ウィンストン)、ジェイク・マクドーマン(ライアン・“ビグルス”・ジョブ)ほか

「最強のふたり」のネタバレあらすじ結末

最強のふたり』(原題: Intouchables) は、2011年公開のフランス映画。パリを舞台に、大富豪の障害者フィリップが雇った世話役、スラム街出身のアフリカ系青年ドリスが介護する側、される側という関係を通して、男同士の友情を築いていく心温まるストーリー。実話に基づいており、ユーモアあふれる展開ながらも、貧困、麻薬、移民、病気、死別、養子、障害者のセクシュアリティ、その他さまざまな社会問題について考えさせてくれる秀逸な作品。第24回東京国際映画祭コンペティション部門で上映、最高賞の東京サクラグランプリを受賞。主演の2人は最優秀男優賞受賞。第37回セザール賞で作品・監督・撮影・脚本・編集・音響賞・主演男優・助演女優にノミネート、オマール・シーが主演男優賞を受賞。
監督:エリック・トレダノ、オリヴィエ・ナカシュ 出演:フランソワ・クリュゼ(フィリップ)、オマール・シー(ドリス)、アンヌ・ル・ニ(イヴォンヌ)、オドレイ・フルーロ(マガリー)、クロティルド・モレ(マルセル)、アルバ・ガイア・クラゲード・ベルージ(エリザ)、トマ・ソリヴェレ(バスティアン)、シリル・マンディ(アダマ)、ドロテ・ブリエール・メリット(エレノア)、サリマタ・カマテ、ほか

「春男の翔んだ空」のネタバレあらすじ結末

春男の翔んだ空の紹介:1977年日本作品。献身的に身障児とともに生き、飛行機の事故で志しなかばで倒れた特殊学級教師:野杉春男と教え子たちの生活を描いた伝記映画。脚本・演出は「はだしのゲン 涙の爆発」の山田典吾。
出演者:永六輔、佐藤オリエ、愛川欽也、原知佐子、山口崇ほか

「暁の7人」のネタバレあらすじ結末

暁の7人の紹介:1975年アメリカ映画。1942年、連合軍は起死回生を狙ってヒトラーに継ぐNo.2、ハイドリッヒ占領軍最高司令官の暗殺を計画。即刻、解放軍兵士の中から勇気ある3人をプラハに送り込んだ。
監督:ルイス・ギルバート 出演:ティモシー・ボトムズ(ヤン・クビシュ)、アンソニー・アンドリュース(ヨゼフ・ガブチック)、マーティン・ショー(カレル・チューダ)、ジョス・アクランド(ヤナク)、ニコラ・パジェット(アンナ)、アントン・ディフリング(ラインハルト・ハイドリッヒ)、シリル・シャップス(ペトレク)、ほか

「南極料理人」のネタバレあらすじ結末

南極料理人の紹介:2009年日本映画。南極観測隊に料理人として参加した西村淳原作のエッセー「面白南極料理人」を映画化した癒し系人間ドラマ。日常を忘れたい、非日常を感じれる極寒の南極で過ごす個性豊かな隊員とほんわか癒やしキャラ調理人西村さんの1年間の記録ドラマ。
監督・脚本: 沖田修一 原作: 西村淳 キャスト:堺雅人(西村淳 / 調理担当)、生瀬勝久(本さん / 雪氷学者)、きたろう(タイチョー / 気象学者)、高良健吾(兄やん / 雪氷サポート)、豊原功補(ドクター / 医療担当)、西田尚美(西村の妻・みゆき)、古舘寛治(主任 / 車両担当)、小浜正寛(平さん / 大気学者)、黒田大輔(盆 / 通信担当)、小野花梨(西村の娘・友花)、小出早織(KDDインマルサットオペレータの清水さん)、宇梶剛士(スズキ)、嶋田久作(船長)、ほか

「戦場でワルツを」のネタバレあらすじ結末

2008年イスラエル/フランス/ドイツ/アメリカ合作映画 監督・脚本・製作: アリ・フォルマン 「戦場でワルツを」は、2009年、アカデミー賞外国英語賞を受賞した戦争ドキュメンタリー映画で、イスラム人監督アリ・フォルマンが自ら、イスラエル国防軍歩兵としての戦争体験を題材としている。

「魚が出てきた日」のネタバレあらすじ結末

魚が出てきた日の紹介:1967年イギリス、ギリシャ 、西ドイツ映画。ギリシャ映画界の巨匠M・カコヤニスが手掛けた異色SF映画。1972年ギリシャの小さい島に2人のパイロットが不時着する。飛行機に積んでいた2個の原爆と1個のケースを彼らは落下させておくが、原爆は海中へ、ケースはその島のどこかに落ちた。当局に連絡を取ろうとするパイロットたちをよそに、山羊飼いの夫婦にケースが拾われた。しばらくして軍関係者が変装して島に上陸、遺跡を求めて考古学者たちも現れる。増え始める観光客たち。パイロットは依然さまよう、山羊飼い夫婦は遂にケースの蓋を開ける事に成功……。コメディタッチで展開させながら、金属ケースをめぐるスリルを演出、結末で一気に観客を突き放すというダイナミックな演出がある。
監督:マイケル・カコヤニス 出演:トム・コートネイ(ナビゲーター)、サム・ワナメイカー(エリアス)、キャンディス・バーゲン(エレクトラ・ブラウン)、コリン・ブレイクリー(パイロット)、ほか

「クイーン・オブ・ベルサイユ 大富豪の華麗なる転落」のネタバレあらすじ結末

クイーン・オブ・ベルサイユ 大富豪の華麗なる転落の紹介:2012年アメリカ,オランダ,イギリス,デンマーク映画。大富豪にのし上がった夫婦が、アメリカンドリームの頂点から転落していくまでの過程に迫るドキュメンタリー映画。サンダンス映画祭・USドキュメンタリー部門で監督賞受賞するなど各国の賞を授賞している。監督:ローレン・グリーンフィールド

1 54 55 56 57 58

キーワードから探す

TOP↑