実話・ノンフィクション映画一覧

ノンフィクション作品、実話に基づく映画のネタバレあらすじ一覧です。実際にあった事実を題材にして忠実に描いた映画から、歴史上の出来事や人物をモデルにして脚色された作品まで、ノンフィクション映画、実話映画のネタバレあらすじをラインナップしています。

「ペンギン夫婦の作りかた」のネタバレあらすじ結末

ペンギン夫婦の作りかたの紹介:2012年日本映画。石垣島ラー油を生み出した夫婦の実話を題材にした作品です。石垣島の美しい風景をバックに、二人三脚で夢を追いかける夫婦と彼らを見守る優しい島の人々の交流が描かれた心温まるヒューマンドラマです。
監督:平林克理 出演者:小池栄子(辺銀歩美)、ワン・チュアンイー(辺銀ギョウコウ)、深水元基(法務局担当者)、北村三郎(ひろしおじい)、吉田妙子(ふさおばあ)、ほか

「毒婦高橋お伝」のネタバレあらすじ結末

毒婦高橋お伝(どくふたかはしおでん)の紹介:1958年日本映画。実在し、1879年に斬首刑で処刑された高橋お伝の半生を描いた作品です。宝石を万引きをしては古物商に売り、ヤクザの仕事を引き受け女をさらってくる日々を繰り返し、その一方では、男を虜にする魔性の女の物語です。
監督:中川信夫 出演者:若杉嘉津子(高橋お伝)、明智十三郎(並河和馬)、松本朝夫(高橋浪之助)、丹波哲郎(大沢伊兵衛)、中村彰(古賀陣十郎)、大関啓子(ミツ子)、山田美奈子(倉田梢)、船橋元(倉田格之助)、芝田新(長虫の市三)ほか

「ダリダ~あまい囁き~」のネタバレあらすじ結末

ダリダ~あまい囁き~の紹介:2017年フランス映画。ダリダ、34歳。自殺未遂のニュースが世界を巡った。カイロからパリへ渡り、23歳で歌手デビューを果たしたダリダ。その年にゴールドディスクを受賞。社会現象となるほどの大ヒットを次々と飛ばし、ヨーロッパ各国はもちろん、アメリカ進出にも成功する。一方で私生活では数々の燃え上がるような恋をしては、身を切られるような別れを繰り返していた。ダリダと関係のあった男たちが、医師の治療に協力するために語るダリダとの過去を通じて、自らの手で運命を切り開き歌手としての栄光を掴んでいく強い意志を持ったダリダと、傷付き孤独なヨランダ(ダリダの本名)の2つの顔を見せていく。フランスの国民的スターで、アラン・ドロンとのデュエット曲「あまい囁き」が日本でも大ヒットした歌姫ダリダの実話に基づく物語。ダリダのプロデューサー兼マネージャーだった弟のブルーノの全面協力を得て、没後30年に完成させた作品。
監督:リサ・アズエロス 出演:スヴェヴァ・アルヴィティ(ダリダ)、リッカルド・スカマルチョ(ブルーノ)、 ジャン=ポール・ルーヴ(ルシアン・モリス)、ニコラ・デュヴォシェル(リシャール・シャンフレー)、アレッサンドロ・ボルギ(ルイジ・テンコ)、バレンティナ・カルリ(ロージー)、ブレンノ・プラシド(ルチオ)ほか

「ロンドン、人生はじめます」のネタバレあらすじ結末

ロンドン、人生はじめますの紹介:2017年イギリス映画。ロンドンでホームレスの男性が一夜にして資産家となって奇跡の実話を映画化したヒューマンドラマです。ロンドンの高級マンションで暮らしながらも満たされない想いを抱える未亡人と、自然に囲まれた手作り小屋で自由気ままに暮らすホームレスの男との出会いから始まる奇跡を描きます。
監督:ジョエル・ホプキンス 出演者:ダイアン・キートン(エミリー・ウォルターズ)、ブレンダン・グリーソン(ドナルド・ホーナー)、レスリー・マンヴィル(フィオナ)、ジェイソン・ワトキンス(ジェームズ・スマイス)、ジェームス・ノートン(フィリップ)、アリステア・ペトリー(スティーヴ・クローリー)、フィル・ディヴィス(ファイフ)ほか

「ホース・ソルジャー」のネタバレあらすじ結末

ホース・ソルジャーの紹介:2017年アメリカ映画。2011年9月11日の直後、米陸軍特殊部隊のミッチ・ネルソン大尉は最も危険な対テロ戦争の最前線に志願し、特殊作戦の隊長に任命された。アフガニスタンへ乗り込んだのは、わずか12人。反タリバンの地元勢力を率いるドスタム将軍を支援し、テロ集団の拠点マザリシャリフを制圧するのだ。ドスタム将軍の兵200人に対して敵の数は5万人。さらに、険しい山岳地帯での戦いのため渡されたのは、ほとんど誰も乗ったことのない馬。全世界を震撼させたアメリカ同時多発テロから17年。最高機密として長年封印全貌を描く。
監督:ニコライ・フルシー 出演:クリス・ヘムズワース(ミッチ・ネルソン大尉)、マイケル・シャノン(ハル・スペンサー准尉)、マイケル・ペーニャ(サム・ディラー)、ナヴィド・ネガーバン(ドスタム将軍)、トレヴァンテ・ローズ(ベン・マイロ)、ジェフ・スタルツ(ショーン・コファーズ)、サッド・ラッキンビル(バーン・マイケルズ)、ロブ・リグル(パワーズ中佐)、ウィリアム・フィクトナー(マルホランド大佐)、エルサ・パタキ(ジーン・ネルソン)、ほか

「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」のネタバレあらすじ結末

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブの紹介:1999年ドイツ,アメリカ,フランス,キューバ映画。ライ・クーダーがプロデュースした同名のアルバム『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』とキューバ国外でほとんど無名だった老ミュージシャンの来歴やキューバの風景を織り交ぜたドキュメンタリー。第53回エディンバラ国際映画祭観客賞作品。
監督:ヴィム・ヴェンダース 出演者:ライ・クーダー、イブライム・フェレール、ルベーン・ゴンザレス、オマーラ・ポルトゥオンド、コンパイ・セグンドほか

「ボストンストロング~ダメな僕だから英雄になれた~」のネタバレあらすじ結末

ボストン ストロング~ダメな僕だから英雄になれた~の紹介:2017年アメリカ映画。2013年に起きたボストンマラソンテロ事件は全米に大きな衝撃を与えました。一人の平凡な男性がテロの被害から生還しますが、両足を失います。突然英雄となった男性はその境遇と自らの障害に悩みますが、周囲の支えにより障害を克服、他人にも勇気を与えるようになります。『ボストン・ストロング』は、その男性と家族、恋人の愛と葛藤を描いたストーリーです。タイトルの「ボストンストロング」(ボストン強く)とは、テロに負けるな、というメッセージの込められた言葉で当時の流行語になりました。
監督:デヴィッド・ゴードン・グリーン 出演:ジェイク・ギレンホール(ジェフ・ボーマン)、タチアナ・マズラニー(エリン・ハーリー)、ミランダ・リチャードソン(パティ・ボーマン)、クランシー・ブラウン(ビッグ・ジェフ)、ほか

「モリーズ・ゲーム」のネタバレあらすじ結末

モリーズ・ゲームの紹介:2017年アメリカ映画。世界中だれもが知るハリウッドスターや映画監督、一流スポーツ選手、ミュージシャン、そして大物実業家までもが顧客リストに並ぶ、秘密のポーカールームが実在した。オーナーはなんの後ろ盾もない26歳の独身女性、モリー・ブルーム。しかし、栄華を極めた末、違法なゲームを主催した容疑でFBIより逮捕されることとなる。そのモリー・ブルームが2014年に刊行したベストセラー回顧録をベースに、これまで自伝で語られることのなかった父親との複雑な関係などを織り交ぜ、セレブたちを虜にしたスリリングな駆け引きの舞台と裏側を描く。
監督:アーロン・ソーキン 出演:ジェシカ・チャステイン(モリー・ブルーム)、イドリス・エルバ(チャーリー・ジャフィー)、 ケヴィン・コスナー(モリーの父)、マイケル・セラ(プレイヤーX)、ジェレミー・ストロング(ディーン・ギース)、クリス・オダウド(ダグラス・ダウニー)、ビル・キャンプ(ハーラン)、ブライアン・ダーシー・ジェームズ(ブラッド)ほか

「オープン・ウォーター」のネタバレあらすじ結末

オープン・ウォーターの紹介:2004年アメリカ映画。1998年にオーストラリアのグレート・バリア・リーフで実際に起こった事件をモチーフに低予算で制作されたサスペンス・スリラーで、後に続編が製作されました。スキューバダイビング中に手違いから海に取り残され、サメの恐怖に怯える夫婦を描いています。
監督:クリス・ケンティス 出演者:ブランチャード・ライアン(スーザン・ワトキンス)、ダニエル・トラヴィス(ダニエル・キントナー)、ソール・スタイン(セス)、エステル・ラウ(エステル)、マイケル・E・ウィリアムソン(デイヴィス)ほか

「レッズ」のネタバレあらすじ結末

レッズの紹介:1981年アメリカ映画。20世紀初頭のロシア革命の激動期を舞台に、革命の熱気と狂気を克明に記した『世界をゆるがした十日間』の著者ジョン・リードと女性解放運動の先駆者ルイーズ・ブライアントの恋を描いた伝記ドラマです。ジョン・リード役のウォーレン・ベイティは監督・共同脚本・製作と4役を兼ねており、アカデミー賞で3部門(監督賞・助演女優賞・撮影賞)を獲得しています。
監督:ウォーレン・ベイティ 出演:ウォーレン・ベイティ(ジョン・“ジャック”・サイラス・リード)、ダイアン・キートン(ルイーズ・ブライアント)、ジャック・ニコルソン(ユージン・オニール)、ポール・ソルヴィノ(ルイス・フレイナ)、モーリン・ステイプルトン(エマ・ゴールドマン)、ジーン・ハックマン(ピート・ヴァン・ウェリー)ほか

「ワッフル・ストリート」のネタバレあらすじ結末

ワッフル・ストリートの紹介:2015年アメリカ映画。エリート街道まっしぐらの金融マンがいきなりクビになり、ワッフルのチェーン店で働くことになった実話を元にした物語。ネルムス兄弟が監督を務めています。
監督:エショム・ネルムス、イアン・ネルムス 出演:ジェームズ・ラファティ(ジミー・アダムス)、ダニー・グローヴァー(エドワード・コリンズ)、ジュリー・ゴンザロ(ベッキー・アダムス)、デイル・ディッキー(キャシー)、マーシャル・ベル(ドレーク)、シラ・アガベイル(マヌエル)、アダム・ジョンソン(マシュー)、ほか

「こころに剣士を」のネタバレあらすじ結末

こころに剣士をの紹介:2015年フィンランド,エストニア,ドイツ映画。元フェンシング選手と教え子達の絆を描くヒューマン・ドラマ。第二次世界大戦後、ソ連支配下のエストニア。元フェンシング選手のエンデルはソ連の秘密警察から追われていた。小さな町に身を潜めた彼は、圧政の下で希望も無く生きる子ども達と出会う。新しく創設したフェンシング部で次第に心を通わせるエンデルと子ども達。しかし秘密警察の手は確実にエンデルに迫っていた。伝説のフェンシング選手エンデル・ネリスの実話を基にした感動作。
監督:クラウス・ハロ 出演者:マルト・アヴァンディ(エンデル)、ウルスラ・ラタセップ(カドリ)、レンビット・ウルフサク(ヤーンの祖父)、リーサ・コッペル(マルタ)、ヨーナス・コッフ(ヤーン)ほか

「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」のネタバレあらすじ結末

アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダルの紹介:2017年アメリカ映画。1994年の冬季オリンピックを前にアメリカ代表金メダル有力候補のナンシー・ケリガンが襲撃されます。ライバルでアメリカ代表のトーニャ・ハーディングの元夫とボディガードが逮捕され、トーニャもその関与を疑われます。五輪を前に起こったスキャンダラスな事件は当時全米の話題になります。『アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル』はこの実話を元にした映画、2018年の冬季五輪を前に公開され批評家から好意的に受け取られ、興行的にも成功した映画です。トーニャの母を演じたアリソン・ジャネィはアカデミー助演女優賞を受賞しました。
監督:クレイグ・ギレスピー 出演: マーゴット・ロビー(トーニャ・ハーディング)、セバスチャン・スタン(ジェフ・ギルーリー)、ジュリアンヌ・ニコルソン(ダイアン・ローリンソン)、ボビー・カナヴェイル(マーティン・マドックス)、アリソン・ジャネイ(ラヴォナ・ハーディング)、ほか

「苦い銭」のネタバレあらすじ結末

苦い銭の紹介:2016年フランス,香港映画。多数の衣類加工工場が集まる中国浙江省湖州市織里。そこにある小さな縫製工場で「苦い銭」を求めて長時間労働に耐える出稼ぎ労働者たちを2014年から2016年にかけて撮影。『無言歌』、『収容病棟』等のワン・ビン監督のカメラの存在を消したかのようなスタイルで捉えられた「世界の工場」を支える人たちの日常。第73回ヴェネツィア国際映画祭オリゾンティ部門でドキュメンタリー映画なのに脚本賞を受賞。
監督:ワン・ビン 出演:シャオミン[小敏]、ユェンチェン[元珍]、シャオスン[小孫]、リンリン[凌凌]、アルツ[二子]、ラオイエ[老葉]、ホアン・レイ[黄磊]、ファン・ビン[方兵]、他

「ジェイン・ジェイコブズ」のネタバレあらすじ結末

ジェイン・ジェイコブズ:ニューヨーク都市計画革命の紹介:2016年アメリカ映画。20世紀に入り大発展を遂げたニューヨーク、その都市計画を考えるにあたり2つの異なる考えがありました。一つはロバート・モーゼスに代表される高層ビルと高速道路を中心とした開発、もう一つはジェイン・ジェイコブスに代表される人間の生活を中心とした開発でした。ロバート・モーゼスはニューヨーク市の大きな権力を持つ役人、ジェインは市民活動家、強引な開発をすすめるモーゼスに対しジェインはそれに反対する市民活動を展開します。『ジェイン・ジェイコブスーニューヨーク都市革命』はジェイン・ジェイコブスのモーゼスとニューヨーク市の都市開発に反対する市民活動を描いたドキュメンタリー映画です。
監督:マット・ティルナー 出演:ジェイン・ジェイコブズ(本人・アメリカとカナダでの市民活動家、作家) ロバート・モーゼス(本人・ニューヨーク市役人) 他

1 2 3 4 5 32
TOP↑