Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

実話・ノンフィクション映画一覧

ノンフィクション作品、実話に基づく映画のネタバレあらすじ一覧です。実際にあった事実を題材にして忠実に描いた映画から、歴史上の出来事や人物をモデルにして脚色された作品まで、ノンフィクション映画、実話映画のネタバレあらすじをラインナップしています。

「今日も嫌がらせ弁当」のネタバレあらすじ結末

今日も嫌がらせ弁当の紹介:2018年日本映画。反抗期の高校生の娘をもつ母親が負けじと卒業まで作り続けた風変わりな弁当を紹介したブログを基にしたエッセイを映画化した作品です。反抗期の娘に向けたメッセージとも言える弁当が良くも悪くも胸に響いてきます。
監督:塚本連平 出演:篠原涼子(持丸かおり)、芳根京子(持丸双葉)、松井玲奈(持丸若葉)、佐藤寛太(山下達雄)、岡田義徳(持丸島次郎)、村上知子(浩実)、佐藤隆太(岡野信介)、ほか

「ハリウッド1969 シャロンテートの亡霊」のネタバレあらすじ結末

ハリウッド1969 シャロン・テートの亡霊の紹介:2019年アメリカ映画。数々の作品で映画化されているシャロン・テート事件。ロマン・ポランスキー監督婦人で当時妊娠8ヵ月だったシャロンが、チャールズ・マンソン率いるカルト集団に惨殺されたという有名な事件をシャロン・テート側の視点で描いたのが本作になります。
監督:ダニエル・ファランズ 出演:ヒラリー・ダフ(シャロン・テート)、ジョナサン・ベネット(ジェイ・セブリング)、リディア・ハースト(アビゲイル・フォルガー)、タイラー・ジョンソン(テックス・ワトソン)、パヴェウ・シャイダ(ヴォイテック・フライコウスキー)、ライアン・カーギル(スティーヴン・ペアレント)、イエロー(フィヴェル・スチュワート)、ベラ・ポパ(スーザン・アトキンス)、ベン・メリッシュ(チャールズ・マンソン)、ほか

「Girl/ガール」のネタバレあらすじ結末

Girl/ガールの紹介:2018年ベルギー映画。実在するバレリーナ、ノラ・モンスクールをモデルにしたヒューマンドラマ。トランスジェンダーの女性が苦難にまみれながらバレリーナを目指していくという話です。本作はカンヌ国際映画祭で最優秀演技賞等のさまざまな賞を受賞した作品です。
監督:ルーカス・ドン 出演:ヴィクトール・ポルスター(ララ)、アリエ・ワルトアルテ(マティアス)、オリヴィエ・ボダール(ミロ)、タイメン・ホーファーツ(ルイス)、カテライネ・ダーメン(ナート先生)、ヴァレンタイン・ダーネンス(パスカル先生)、マガリ・エラリ(クリスティーヌ)、アリス・ドゥ・ブロックヴィール(ロイス)、アラン・オノレ(アラン)、アンジェロ・タイセンス(ヘンドリックス)、マリー=ルイーズ・ヴィルデライクス(マリー・ルイーズ)、ヴィルジニア・ヘンドリクセン(アランの助手)、ほか

「ナチスの愛したフェルメール」のネタバレあらすじ結末

ナチスの愛したフェルメールの紹介:2016年オランダ,ベルギー,ルクセンブルク映画。オランダに実在した、フェルメールの贋作家として名高い画家H・ファン・メーヘレン。自身の才能を認めようとしない批評家への復讐から贋作に手を染めた彼の「限りなく真実に近い」とされる生涯を描いた歴史ドラマ。
監督:ルドルフ・ヴァン・デン・ベルフ 出演:ユルン・スピッツエンベルハー(ハン・ファン・メーヘレン)、リゼ・フェリン(ヨーランカ)、ルーラント・フェルンハウト(テオ)、ほか

「エンテベ空港の7日間」のネタバレあらすじ結末

エンテベ空港の7日間の紹介:2018年イギリス,アメリカ,フランス,マルタ映画。今も続くイスラエルとパレスチナの紛争、1976年6月から7月にかけて、ドイツ人とパレスチナ人テロリストによるエールフランス機のハイジャックが起きました。テロリストたちは獄中のパレスチナ人の釈放をイスラエル政府に要求、航空機をアフリカのウガンダのエンテベ空港に着陸させ独裁者アミンを後ろ盾に交渉を始めました。『エンテベ空港の7日間』は外交交渉を考えるイスラエルのラビン首相と軍事作戦を主張するペレス国防大臣の葛藤とテロリスト達の揺れる心境を描いた映画です。この事件は1970年代にハリウッドで映画化されていますが、本作ではロザムンド・パイクが女性テロリストを熱演しています。
監督:ジョゼ・パヂーリャ 出演:ニエル・ブリュール(ヴィルフリード・ボーゼ)ロザムンド・パイク(ブリギッテ・クールマン)エディ・マーサン(シモン・ペレス)リオル・アシュケナージ (イツハク・ラビン)ベン・シュネッツアー(シーヴ・ヒルシュ)ドゥニ・メノーシェ(ジャック・ルモワーヌ)ほか

「生きてみたいもう一度 新宿バス放火事件」のネタバレあらすじ結末

生きてみたいもう一度 新宿バス放火事件の紹介:1985年日本映画。1980年に起きた新宿バス放火事件の被害者、石井美津子の手記を映画化した作品。放火に巻き込まれ、全身に重い熱傷を負った主人公が、過酷な運命に立ち向かっていく様を描いた社会派人間ドラマです。石井美津子役を演じた桃井かおりの迫真の演技が光ります。
監督:恩地日出夫 出演者:桃井かおり(石井美津子)、石橋蓮司(杉原荘六)、柄本明(丸山博文)、 初井言榮(石井なお子)、 岸部一徳(石井義治)、 原田大二郎(斉藤宏保)、 佐藤慶(中島研郎医師)、ほか

「ミルピエ パリ・オペラ座に挑んだ男」のネタバレあらすじ結末

ミルピエ ~パリ・オペラ座に挑んだ男~の紹介:2015年フランス映画。パリ・オペラ座の芸術監督に就任したミルピエ。来るシーズンへの新作づくりと、彼の求めるバレエ団の改革に迫る。フランスの歌劇場、パリ・オペラ座が公式にプロデュースしたドキュメンタリー作品。
監督:ティエリー・デメジエー、アルバン・トゥルレー 出演:バンジャマン・ミルピエ、レオノール・ボラック、ジェルマン・ルーヴェ、ユーゴ・マルシャン、アクセル・イーボ、エレオノール・ゲリノー、レティツィア・ガローニ、マリオン・バルボー、オーレリー・デュポン

「仁義の墓場」のネタバレあらすじ結末

仁義の墓場の紹介:1975年日本映画。少年時代に組の門を叩いた石川力夫は、成長するにつれ、兄貴分や親分の言う事を聞かなくなり、最後には親分に対して刃物で切り付けてしまい、10年間の関東所払いになりました。しかし1年足らずで東京に戻ってきた石川はヤク中になり、さらに狂暴になっていました…という、実在したヤクザ『石川力夫』の、義理も仁義も無視した半生を描いた実録物です。
監督:深作欣二 出演者:渡哲也(石川力夫)、梅宮辰夫(今井幸三郎)、多岐川裕美(石川地恵子)、芹明香(大阪の娼婦)、池玲子(今井照子)、山城新伍(田村卓司)、室田日出男(吉岡安夫)、成田三樹夫(梶木昇)、田中邦衛(小崎勝次)、ハナ肇(河田徹)、安藤昇(野津喜三郎)ほか

「モロ・ノ・ブラジル」のネタバレあらすじ結末

モロ・ノ・ブラジルの紹介:2002年ドイツ,フィンランド,ブラジル映画。フィンランドの映画監督ミカ・カウリスマキが、4000Kmの旅でブラジル音楽のルーツを辿った音楽ドキュメンタリー。監督自身がガイド役としてカメラを取り、各地に根付いた多種多様な音楽とそこに生きる人々の姿を記録している。30年前、ブラジル音楽に魅了されたミカ・カウリスマキは、ついにフィンランドを飛び出して憧れの地ブラジルに足を踏み入れた。ミカは音楽の歴史や進化を撮影しながら、貧困と犯罪に脅かされながらも生きる喜びを忘れない人々の演奏をカメラに収めていく。
監督:ミカ・カウリスマキ 出演者:セウ・ジョルジ、ミカ・カウリスマキ、マルガリッチ・メネーゼス、ヴェーヤ・グアルダ・ダ・マンゲイラ、ワウテル・マウファイアッチ、ほか

「ハミングバード・プロジェクト」のネタバレあらすじ結末

ハミングバード・プロジェクト 0.001秒の男たちの紹介:2018年カナダ,ベルギー映画。スピードが勝負のアメリカ投資の世界、アメリカ人の男は投資にかかる時間短縮のため、カンザス州からニューヨークまで地下ケーブルを敷く大プロジェクトを、親戚のコンピューターエンジニアと共に始めます。多くの投資家から金を集めますが、彼らに辞められたことに怒る元勤務先の上司との競争が始まりますが、勝つのはどちらでしょうか?『ハミングバード・プロジェクト 0.001秒の男たち』はリーマン・ショック後の2011年から2012年、ますます発達するコンピュータ技術と投資の世界を描いた映画で、現代文明のあり方を考えさせられる映画です。
監督:キム・グエン 出演:ジェシー・アイゼンバーグ(ヴィンセント)、アレキサンダー・スカルスガルド(アントン)、サルマ・ハエック(エヴァ)、マイケル・マンド(マーク)、ほか

「アルツハイマーと僕」のネタバレあらすじ結末

アルツハイマーと僕~グレン・キャンベル音楽の奇跡~の紹介:2014年アメリカ映画。グレン・キャンベル(1936-2017没)はカントリーミュージックの大スターで、1960年代以降、多くの曲をヒットさせ、グラミー章も受賞。1976年には日本公演も行っています。そんな彼も年をとり、アルツハイマー病になります。家族に支えられ、病魔にも負けず歌い続ける彼は全米公演を行います。『アルツハイマーと僕~グレン・キャンベル音楽の奇跡~』は2011年にアルツハイマーと診断された彼が家族とともに全米公演を行った時のドキュメンタリー映画。クリントン元大統領やブルース・スプリングスティーンなども彼について語ります。超高齢化社会の日本でも、彼のポジティブな生き方は多くの人に勇気を与えてくれると思います。
監督:ジェームズ・キーチ 出演:グレン・キャンベル、ブルース・スプリングスティーン、ジ・エッジ、ポール・マッカートニー、ブレイク・シェルトン、シェリル・クロウ、キース・アーバン、ブラッド・ペイズリー、テイラー・スウィフト、スティーヴ・マーティン、チャド・スミス、ビル・クリントン、ほか

「禁断の女子刑務所」のネタバレあらすじ結末

禁断の女子刑務所の紹介:2010年日本映画。実在する女性をモデルに描かれた作品。惚れた男性をかばい、自ら刑務所に入った女性・清美。出所した彼女を待っていたのは、恋人の裏切りでした。塀の中で起こるいじめや派閥など、衝撃的なストーリーです。
監督:旭正嗣 出演者:くまきりあさ美 、大江朝美、 花悠子、 遠野舞子、 小春ちゃちゃ、 仁科仁美、 影野臣直、 田村耕一 、虎牙光揮、 村野武範、ほか

「ホテル・ムンバイ」のネタバレあらすじ結末

ホテル・ムンバイの紹介:2018年オーストラリア,アメリカ,インド映画。パキスタンと領土問題をめぐり対立するインド、その最大都市ムンバイでパキスタン系のイスラム過激派によるテロが起きます。テロリストはムンバイのシンボルのタージマハル・ホテルに乱入、無慈悲にも殺戮を繰り返します。ホテルの料理長とその従業員は客を守りテロリストの乱入を防ぎます。『ホテル・ムンバイ』は2008年のムンバイで実際に起きたテロ事件を題材にホテル従業員の英雄的行動を描いた映画です。
監督:アンソニー・マラス 出演:デヴ・パテル(アルジュン)、アーミー・ハマー(デヴィッド)、ナザニン・ボニアディ(ザーラ)、アヌパム・カー(オベロイ)、ジェイソン・アイザックス(ワシリー)、ティルダ・コブハム・ハーヴェイ(サリー)ほか

「マウトハウゼンの写真家」のネタバレあらすじ結末

マウトハウゼンの写真家の紹介:2018年スペイン映画。第二次世界大戦のときにナチスによって収容されていた7000人のスペイン人。そのうちのカメラマンの助手が、自分たちの収容所での経験を伝えるために、写真のネガを命がけで守り抜いた実話の映画です。
監督:マル・タルガローラ 出演:マリオ・カサス(フランセスク・ボシュ)、リシャルト・ファン・ヴァイデン(パウル・リッケン)、アラン・ヘルナンデス(バルブエナ)、アドリア・サラザール(アンセルモ)、ほか

「僕たちは希望という名の列車に乗った」のネタバレあらすじ結末

僕たちは希望という名の列車に乗ったの紹介:2018年ドイツ映画。1956年、ベルリンの壁の建設の5年前に旧東ドイツで起こった実話を、元教員ディートリッヒ・ガルスカの手記『沈黙する教室』を基に『アイヒマンを追え!ナチスがもっとも畏れた男』のラース・クラウメ監督が映画化したヒューマンドラマです。東ドイツのごく普通の高校生たちが取った“たった2分間の黙祷”が国家から問題視され、高校生たちは友情をとるのか、密告してエリートへの道を進むのか選択を迫られることになります。
監督:ラース・クラウメ 出演者:レオナルド・シャイヒャー(テオ・レムケ)、トム・グラメンツ(クルト・ヴェヒター)、レナ・クレンク(レナ)、ヨナス・ダスラー(エリック・バビンスキー)、イザイア・ミカルスキ(パウル)、ロナルト・ツェアフェルト(ヘルマン・レムケ)、ブルクハルト・クラウスナー(ランゲ国民教育大臣)ほか

1 2 3 4 5 51
TOP↑