Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

実話・ノンフィクション映画一覧

ノンフィクション作品、実話に基づく映画のネタバレあらすじ一覧です。実際にあった事実を題材にして忠実に描いた映画から、歴史上の出来事や人物をモデルにして脚色された作品まで、ノンフィクション映画、実話映画のネタバレあらすじをラインナップしています。

「インポッシブル」のネタバレあらすじ結末

インポッシブルの紹介:2012年スペイン,アメリカ映画。2004年12月26日に東南アジアを襲ったスマトラ島沖地震による津波。休暇で東南アジアのリゾート地を訪れていた家族5人の実話を元に描かれたパニックヒューマン映画です。突然の災害によって家族は離散してしまうものの、諦めることなく生き抜いた一家の絆を描きます。
監督:J・A・バヨナ 出演:ユアン・マクレガー(ヘンリー)、ナオミ・ワッツ(マリア)、トム・ホランド(ルーカス)、サミュエル・ジョスリン(トマス)、オークリー・ペンダーガスト(サイモン)、ほか

「ある少年の告白」のネタバレあらすじ結末

ある少年の告白の紹介:2018年アメリカ映画。アメリカに今もあるという性的指向の矯正施設。この映画には、原作者ガラルド・コンリーが告発本を出版するに至った、ある施設での体験とそれによって生まれた人間ドラマが描かれている。主人公ジャレッドを演じるのは、20歳のときにアカデミー賞助演男優賞にノミネートされたこともあるルーカス・ヘッジズ。その両親に、ともにアカデミー賞主演男優賞・女優賞をとったラッセル・クロウとニコール・キッドマン。豪華キャスト陣の繊細かつ大胆な演技が見る者を圧倒する衝撃の実話だ。
監督:ジョエル・エドガートン 出演:ルーカス・ヘッジズ(ジャレッド・イーモンズ)、ニコール・キッドマン(母 ナンシー・イーモンズ)、ラッセル・クロウ(父 マーシャル・イーモンズ)、ジョエル・エドガートン(ヴィクター・サイクス)、ジョー・アルウィン(ヘンリー)、グザヴィエ・ドラン(ジョン)、トロイ・シヴァン(ゲイリー)、テオドール・ペルラン(ゼイヴィア)、フリー[レッド・ホット・チリペッパーズ ベーシスト](ブランドン)、ほか

「潜伏 senpuku」のネタバレあらすじ結末

潜伏 senpukuの紹介:2013年日本映画。オウム真理教の元信者・菊地直子の17年間にわたる逃亡生活をモデルにした作品。指名手配犯として逃亡し続ける新興宗教団体の女性と、彼女を愛しかくまい続けた男性との出会いと別れを描いた人間ドラマ。
監督:保坂延彦 出演:土屋貴子(波子)、なだぎ武(山路)、東野克、真由子、宮下雄也、ほんこん、下條アトム、ほか

「アンディフィーテッド 栄光の勝利」のネタバレあらすじ結末

アンディフィーテッド 栄光の勝利の紹介:2011年アメリカ映画。アメリカテネシー州のメンフィスはとても治安の悪い地域です。そこにマナサスタイガースというアメフトのチームがありました。西エリアはアメフトがとても弱く、マナサスが相手なら練習はいらないとまで言われていました。そこへビル・コートニーというコーチがボランティアでやってきて、無敗のチームへ成り上がっていくドキュメンタルストーリー。
監督:ダニエル・リンゼイ/TJ・マーティン 出演:モントレイル・マネー・ブラウン、OC・ブラウン、ビル・コートニー、チェイヴィス・ダニエル

「マチルダ 禁断の恋」のネタバレあらすじ結末

マチルダ 禁断の恋の紹介:2017年ロシア映画。19世紀末、革命直前のロシアを舞台に、帝政ロシア最後の皇帝ニコライ2世と美しき世界的バレリーナとの身分違いの禁断の恋を、実話を基に描いた衝撃の歴史ドラマです。本国ロシアでは上映妨害まで起こるなど賛否両論を巻き起こしました。
監督:アレクセイ・ウチーチェリ 出演:ラース・アイディンガー(ニコライ2世)、ミハリナ・オルシャンスカ(マチルダ・クシェシンスカヤ)、ダニーラ・コズロフスキー(ヴォロンツォフ)、ルイーゼ・ボルフラム(ヘッセン大公女アリックス)、トーマス・オスターマイアー(フィシェル医師)、インゲボルガ・ダプクナイテ(ロシア皇后マリア・フョードロヴナ)、ほか

「アイリス・アプフェル!」のネタバレあらすじ結末

アイリス・アプフェル!94歳のニューヨーカーの紹介:2015年アメリカ映画。NYのファッション界に突如現れた新人アイリス・アプフェル。彼女独自のスタイルの裏側には何があるのか、その秘密に迫る。
監督:アルバート・メイズルス 出演:アイリス・アプフェル、カール・アプフェル、マーガレット・ラッセル、カニエ・ウェスト、ブルース・ウェバー、ハロルド・コーダ、ドリス・ヴァン・ノッテン、リンダ・ファーゴ、ビル・カニンガム、ローリー・ジェヴィス、ジェナ・ライオンズ、アレキサンダー・ワン、タヴィ・ジェヴィンソン、ミッキー・ボードマン、ナイーム・カーン

「地球に優しくする方法」のネタバレあらすじ結末

地球に優しくする方法の紹介:2016年アメリカ映画。イリノイ州で有機農法を手掛けるマーティー・トラヴィスの農場の1年が映画全体のベースとなっており、冬春夏秋に分けて紹介していく。その傍らで、米国の食のシステムの様々な問題点にもスポットライトを当てつつ、私たちがどのような食べ方をするのが地球を持続可能(原題は持続可能を意味する「SUSTAINABLE」)にするのかを、複数の専門家たちの意見を交えながら、視聴者に訴えていく。
監督:マット・ウェクスラー 出演:マーティ・トラヴィス、ウィル・トラヴィス、リック・ベイレス、ほか

「ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。」のネタバレあらすじ結末

ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。の紹介:2016年日本,台湾映画。Facebookを通じて知り合い、国際結婚をした台湾人女性と日本人男性カップルの実話をもとにした作品。台湾の人気女優ジエン・マンシューと個性派俳優中野裕太共演による国境を越えたピュアな恋愛映画です。
監督:谷内田彰久 原作:モギサン & モギ奥サン 出演者:ジエン・マンシュー(リンちゃん)、中野裕太(モギさん)、ワン・サイファー(リンちゃんママ)、リン・メイシウ(アケミちゃん)、蛭子能収(モギさんパパ)、大谷主水(ショウ)、岡本孝(コージ )、与座重理久(モギサン同僚 浅野 )、ほか

「音のない世界で」のネタバレあらすじ結末

音のない世界での紹介:1992年フランス映画。フランスのとあるコミュニティを通して描かれる、ろう者たちの生活。手話を交えそれぞれの過去や未来を展望するドキュメンタリー映画。1994年のボンベイ国際映画祭でグランプリに輝いている。
監督:ニコラ・フィリベール 出演:ジャン=クロード・プーラン、アブゥ、アン・トゥアン、フローラン、ほか

「イヴ・サンローラン(2010年)」のネタバレあらすじ結末

イヴ・サンローランの紹介:2010年フランス映画。2002年引退、2008年没の世界的デザイナー、イヴ・サン=ローランと、イヴ・サンローランのパートナー、ピエール・ベルジェ。最期を看取ったピエールの語りに、天才デザイナーの孤独と苦難の日々そして幸福を垣間見る。ファッション界での大きな実績や、カトリーヌ・ドヌーヴなどセレブリティとの華麗な交際の陰には、半世紀もの歳月を共にしたパートナーのみが知る一面があった。そんなイヴ・サン=ローランの素顔やキャリアを貴重な映像資料と共にひも解いていくドキュメンタリー映画。
監督:ピエール・トレトン 出演:イヴ・サン=ローラン(アーカイヴ映像・写真)、ピエール・ベルジェ、ほか

「ビューティフル・ボーイ」のネタバレあらすじ結末

ビューティフル・ボーイの紹介:2018年アメリカ映画。優等生でスポーツ万能、そんな才能豊かなニック。常に家族からの愛情に包まれた"いい息子・いい兄"だったが、つい手を出してしまったドラッグにより次第に堕ちていくこととなる。罪悪感と恐怖感に襲われるニックを、大きな愛と献身的なサポートで包む父デヴィッド。痛ましくも美しい父の愛と絶望の中に見えてくる確かな希望のひかりを描く。タイトルはジョン・レノンとオノ・ヨーコの最後のアルバムの収録曲『ビューティフル・ボーイ』から。なお、ジョン・レノンの生前最期のロングインタビューを行ったのは、当時音楽ライターだったデヴィッドだった。
監督:フェリックス・ヴァン・ヒュルーニンゲン 出演:スティーヴ・カレル(デヴィッド・シェフ)、ティモシー・シャラメ(ニック・シェフ)、モーラ・ティアニー(カレン・バーバー)、エイミー・ライアン(ヴィッキー・シェフ)、ケイトリン・デヴァー(ローレン)ほか

「娼婦ベロニカ」のネタバレあらすじ結末

娼婦ベロニカの紹介:1998年アメリカ映画。女性が男性の所有物とされていた1580年代のベネチアで、高級娼婦として自由に生きる道を選んだ実在の女流詩人ベロニカの波乱に富んだ半生を映画化。
監督:マーシャル・ハースコヴィッツ 出演:キャサリン・マコーマック、ルーファス・シーウェル、オリヴァー・プラット、モイラ・ケリー、ジャクリーン・ビセット、ナオミ・ワッツ、フレッド・ウォード、ジェローン・クラッベ、ほか

「プラスチック・オーシャン」のネタバレあらすじ結末

プラスチック・オーシャンの紹介:2016年イギリス, 香港映画。このドキュメンタリーは、幼いころからシロナガスクジラに魅せられ、その後、ジャーナリスト、フィルム・メーカー、冒険家、となったクレイグ・リーソン氏のチームがシロナガスクジラの撮影をする中で、海に浮かぶ大量のプラスチックごみを目にしたことを発端に、制作されている。様々な海洋学者や海洋生物学者たちの研究や見解が紹介され、海がどれだけプラスチックで汚染されているか、海の生き物たちがどれだけ苦しんでいるかを教えてくれる。エグゼクティブ・プロデューサーはレオナルド・ディカプリオ。ユネスコが後援している作品。
監督: クレイグ・リーソン 出演:クレイグ・リーソン、タニヤ・ストリーター、リンジー・ポーター、ダグ・アラン、マイク・ディグリー、ジェニファー・レイバース、ほか

「キミの腕に愛を書く レネーの物語」のネタバレあらすじ結末

キミの腕に愛を書く レネーの物語の紹介:2015年アメリカ映画。激しい躁状態が起こる双極性障害を「双極Ⅰ型障害」のレネーがレイプを受けドラックに走り、自傷を繰り返しながら更生しようと、友人や様々な人達から力をもらいながら更生していく様を描いた作品です。そして力になってくれたジェイミーにより“君の腕に愛を書く”は作品化され、社会的ムーブメントが起こり、マッケイの発案で映画化されたものです。
監督:ネイサン・フランコウスキー 出演:カット・デニングス(レネー)、チャド・マイケル・マーレイ(ジェイミー)、ルパート・フレンド(David)、マーク・ソウル(ディラン)、ジュリアナ・ハーカヴィ(ジョシュ)、コービン・ブルー(マッケイ) 、ほか

「ビッチ・ホリデイ」のネタバレあらすじ結末

ビッチ・ホリデイの紹介:2018年デンマーク,オランダ,スウェーデン映画。ギャングファミリーのボス・マイケルと愛人サーシャは、ファミリーとともにリゾート地でバカンスを過ごす。贅沢なヴィラに豪華なパーティ。サーシャには高価なプレゼントまで用意されたが、セレブレティな日々と引き換えに、マイケルから身体を弄ばれ、まるでモノのような扱いを受けている。拝金主義と暴力に支配されても人が羨むような贅沢な生活はやめられない。そこへふとしたきっかけで知り合った好青年トーマス。サーシャは次第に好意を抱くようになりマイケルとの関係に変化が出てくる。脚本家ヨハネス・オルグレンの実体験をもとにした物語。性と暴力に支配された拝金主義的な女性の行く末を描く。2018年サンダンス映画祭審査員大賞ドラマ部門にノミネートを果たした。
監督:イザベラ・エクロフ 出演:ヴィクトリア・カルメン・ソンネ(サーシャ)、ライ・イェダ(マイケル)、タイス・ローマー(トーマス)、ほか

1 2 3 4 5 44
TOP↑