実話・ノンフィクション映画一覧

実話に基づく映画のネタバレあらすじ一覧です。実際にあった事実や出来事を題材にして忠実に描いた映画から、歴史上の出来事や実在した人物をモデルにして脚色された作品まで、ノンフィクション映画、実話映画、ドキュメンタリー映画のネタバレあらすじをラインナップしています。

「ハウス・オブ・グッチ」のネタバレあらすじ結末

ハウス・オブ・グッチの紹介:2021年アメリカ映画。イタリア、フィレンツェで創業され、現代のファッションブランドの元祖と呼ばれるGUCCI。その富と名声に翻弄され、一族崩壊となった衝撃の実話。裏で画策していたのは、創業者グッチオ・グッチの孫にあたる3代目社長マウリツィオ・グッチの妻パトリツィア・レッジャーニ。1970年から始まった一族の30年にわたる愛、裏切り、退廃、復讐、そして殺人に至るまでをパトリツィアの視点で見つめる。
監督:リドリー・スコット 出演:レディー・ガガ(パトリツィア・レッジャーニ)、アダム・ドライバー(マウリツィオ・グッチ)、アル・パチーノ(アルド・グッチ)、ジェレミー・アイアンズ(ロドルフォ・グッチ)、ジャレッド・レト(パオロ・グッチ)、ジャック・ヒューストン(ドメニコ・デ・ドーレ)、サルマ・ハエック(ピーナ・アウリエンマ)、カミーユ・コッタン(パオラ・フランキ)ほか

「ラム・ダイアリー」のネタバレあらすじ結末

ラム・ダイアリーの紹介:2011年アメリカ映画。1960年、ニューヨークからプエルトリコに移り住んだジャーナリストのケンプが、地元の落ち目の新聞社で記事を書きながら、リゾート開発詐欺師の口車に乗りながらも恋をしたり、警察に捕まりながらも成長していく姿を描いた内容で、米国のジャーナリストであるハンター・S・トンプソンの同名自伝小説を題材にした作品です。
監督:ブルース・ロビンソン 出演者:ジョニー・デップ(ポール・ケンプ)、アンバー・ハード(シュノー)、アーロン・エッカート(ハル・サンダーソン)、リチャード・ジェンキンス(ロッターマン)、マイケル・リスポリ(ボブ・サーラ)ほか

「ボストン市庁舎」のネタバレあらすじ結末

ボストン市庁舎の紹介:2020年アメリカ映画。警察、消防、ゴミ収集、高齢者支援、結婚…。多様な人種と文化が共存する大都市ボストンの市役所はありとあらゆるサービスを提供する。マーティン・ウォルシュ市長(2021年3月23日よりアメリカ合衆国労働長官に就任)と市職員の仕事をドキュメンタリー映画の巨匠が記録した。ワイズマン監督のこれまでの作品と同様に、ナレーション無し、字幕・テロップ無し、追加音楽無し、インタビュー無しをつらぬきながらも、監督が市長と共有している撮影当時のトランプ政権への危機感がこの作品に、過去のワイズマン作品以上にメッセージ性をにじませています。
監督:フレデリック・ワイズマン 出演者:マーティン・ウォルシュ市長、ウィリアム・G・グロス警察長官、ケネス・グリーン警察署長、ほか

「バリー」のネタバレあらすじ結末

バリーの紹介:2016年アメリカ映画。大学生時代バリーとの愛称で親しまれていた、第44代アメリカ合衆国大統領のバラク・オバマ氏のコロンビア大学時代の実話を元に描かれた作品です。ケニア人の父親とアメリカ人の母親から生まれ、主にハワイで育ったバリーは、自分の居場所がないことに葛藤し、人種について深く考えます。
監督:ビクラム・ガンジー 出演:デヴォン・テレル(バリー)、アニャ・テイラー=ジョイ(シャーロット)、アビ・ナッシュ(サリーム)、ジェイソン・ミッチェル(PJ)、ほか

「ブラス!」のネタバレあらすじ結末

ブラス!の紹介:1996年イギリス映画。実在のバンド「グライムソープ・コリアリー・バンド」をモデルに、仲間と共に音楽を奏でる炭坑労働者達の姿を描いた青春&音楽作品。炭坑町グリムリーでは、労働者達が「グリムリー・コリアリー・バンド」を結成して練習を行っていた。特にリーダーで指揮者のダニーは、ブラスバンドの全英大会に出場するという目標に燃えている。しかしイギリス全土で炭坑の閉鎖騒ぎが勃発しており、メンバーは練習どころではなかった。そんな中、町の出身者グロリアが久しぶりに帰郷する。彼女が加入したことでバンドは活気を取り戻すが、実はグロリアは炭坑を閉鎖しようとする会社側の人間だった。
監督:マーク・ハーマン 出演者:ピート・ポスルスウェイト(ダニー)、ユアン・マクレガー(アンディ)、タラ・フィッツジェラルド(グロリア)、スティーヴン・トンプキンソン(フィル)、ジム・カーター(ハリー)ほか

「君といた108日」のネタバレあらすじ結末

君といた108日の紹介:2020年アメリカ映画。ジェレミーはカルフォルニアの大学に入学。歌手志望の彼は大学で出会ったメリッサと恋に落ち結婚します。しかしメリッサはがんに冒されており余命わずか。ジェレミーは神に祈り、彼女を愛する歌を歌います。本作は、アメリカの人気クリスチャンシンガー、ジェレミー・キャンプの実体験をベースにしたラブストーリーです。夫婦の愛情、信仰の大切さ、音楽の素晴らしさを称える映画です。
監督:アンドリュー・アーウィン、ジョン・アーウィン 出演:KJ・アパ(ジェレミー・キャンプ)、ブリット・ロバートソン(メリッサ)、シャナイア・トゥエイン(テリー・キャンプ)、ゲイリー・シニーズ(トム・キャンプ)、ネイサン・パーソンズ(ジャン・リュック)、ほか

「1941 モスクワ攻防戦80年目の真実」のネタバレあらすじ結末

1941 モスクワ攻防戦80年目の真実の紹介:2020年ロシア映画。第二次世界大戦時の1941年、ナチスドイツがソ連・モスクワに侵攻した際に勃発したモスクワ攻防戦と、それに参加した若き士官候補生たちの知られざるエピソードを描いた戦争アクション映画です。ドイツ軍に対して兵力で劣るソ連軍は訓練中の学生兵を戦場に送ることを決断、彼らの。
監督:バディム・シメリェフ 出演者:アルチョム・グビン(サシュカ・ラヴロフ)、リュボフ・コンスタンチノワ(マーシャ・グリゴリエワ)、イゴール・ユージン(ディミトリ・シェミャーキン)、アレクセイ・バルデュコフ(アリョスキン中尉)、グラム・バブリシヴィリ(ミュゼリドツ中尉)、セルゲイ・ボンダルチュク(ディメンティヴ大佐)ほか

「ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男」のネタバレあらすじ結末

ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男の紹介:2019年アメリカ映画。1998年、オハイオ州。名門法律事務所の企業弁護士ロブ・ビロットは、突然やってきた祖母の知人だというウィルバー・テナントから調査依頼を受ける。 大手化学メーカー、デュポン社の工場から出された廃棄物によって190頭もの牛を病死させられたというのだ。最初乗り気ではなかったロブも事態の深刻さに気付き始める。そして調査の結果、デュポン社は有害物質の危険性を40年間も隠蔽し、大気中や土壌へ垂れ流してきた。ロブは7万人を原告団とし集団訴訟に踏み切った。原作はニューヨークタイムズ・マガジン紙に掲載された記事。自らも環境保護活動に取り組むマーク・ラファロが記事を読み、ロバート・ビロット氏本人に連絡し映画化が実現した。
監督:トッド・ヘインズ 出演:マーク・ラファロ(ロブ・ビロット)、アン・ハサウェイ(サラ・バーレイジ・ビロット)、ティム・ロビンス(トム・タープ)、ビル・キャンプ(ウィルバー・テナント)、ヴィクター・ガーバー(フィル・ドネリー)、メア・ウィニンガム(ダーリーン・カイガー)、ウィリアム・ジャクソン・ハーバー(ジェームス・ロス)、ルイーザ・クラウゼ(カルラ・ファイファー)、ビル・プルマン(ハリー・ディーツラー)ほか

「セザンヌと過ごした時間」のネタバレあらすじ結末

セザンヌと過ごした時間の紹介:2016年フランス映画。光の溢れる美しい南仏を舞台に、「近代画家の父」と称される画家ポール・セザンヌと小説家エミール・ゾラの幼い日の出会いから、その友情と確執を描いた伝記映画。
監督:ダニエル・トンプソン 出演:ギヨーム・カネ(エミール・ゾラ)、ギヨーム・ガリエンヌ(ポール・セザンヌ)、アリス・ポル(アレクサンドリーヌ・ゾラ)、デボラ・フランソワ(オルタンス・セザンヌ)、サビーヌ・アゼマ(アンヌ=エリザベート・セザンヌ)、ジェラール・メラン(ルイ=オーギュスト・セザンヌ)、イザベル・カンドリエ(エミリー・ゾラ)、フレイア・メイヴァー(ジャンヌ)、ロラン・ストケル(アンブロワーズ・ヴォラール)、ほか

「オール・マイ・ライフ」のネタバレあらすじ結末

オール・マイ・ライフの紹介:2020年アメリカ映画。婚約したばかりで幸せいっぱいのカップルに突如起こった不幸…。婚約者が末期がんと診断されたカップルが、周囲の協力の中で前向きに限られた日々をおくる様子を綴った、実話に基づくラブ・ストーリー。
監督:マーク・マイヤーズ 出演:ジェシカ・ロース(ジェニファー・カーター / ジェン)、ハリー・シャム・Jr(ソロモン・チャウ / ソル)、カイル・アレン(カイル・キャンベル)、クリッシー・フィット(アマンダ・フレッチャー)、ジェイ・フェイロー(デイヴ・バーガー)、マリエル・スコット(ミーガン・デンホフ)、キアラ・セトル(ヴィヴ・ローレンス)、ほか

「パンケーキを毒見する」のネタバレあらすじ結末

パンケーキを毒見するの紹介:2021年日本映画。新型コロナウイルス禍真っただ中の2020年に就任し、2021年までの約1年間政権の座に就いていた第99代内閣総理大臣・菅義偉の素顔を、ブラックユーモアや風刺アニメを交えたシニカルな視点で描いたドキュメンタリー作品です。日本アカデミー賞で最優秀作品賞など主要部門を総なめした『新聞記者』のプロデューサー・河村光庸が企画・製作・エグゼクティブプロデューサーを務めています。
監督:内山雄人 出演者:菅義偉、石破茂、江田憲司、村上誠一郎、古賀茂明、前川喜平、森功、鮫島浩ほか ナレーション:古舘寛治

「リスペクト」のネタバレあらすじ結末

リスペクトの紹介:2021年アメリカ映画。ソウルミュージックの女王と呼ばれ、アメリカ音楽界に多大な影響をあたえたアレサ・フランクリン。彼女は1960年代の黒人差別撤廃を目指す公民権運動でも活動しました。そんな彼女にも、少女時代の性的虐待、父との対立、夫との離婚、酒びたりの生活などの悩みがありました。彼女はその悩みを乗り越え、アメイジング・グレイスの大ヒットを実現しました。『リスペクト』は、アレサ・フランクリンの少女時代から1970年代初頭までの活躍を描いた伝記映画。ジェニファー・ハドソンがすばらしい演技と歌唱力を披露してくれます。
監督:リーズル・トミー 出演:ジェニファー・ハドソン(アレサ・フランクリン)、フォレスト・ウィテカー(C.L.フランクリン師)、マーロン・ウェイアンズ(テッド・ホワイト)、メアリー・J・ブライジ(ダイナ・ワシントン)、オードラ・マクドナルド(バーバラ・フランクリン)、タイタス・バージェス(ジェームズ・クリーヴランド師)、マーク・マロン(ジェリー・ウェクスラー)、スカイ・ダコタ・ターナー(幼少期のアレサ)、ヘイリー・キルゴア(キャロリン・フランクリン)、セイコン・セングロー(アーマ・フランクリン)、ヘザー・ヘッドリー(クララ・ウォード)、ほか

「ミーシャと狼」のネタバレあらすじ結末

ミーシャと狼の紹介:2021年ベルギー, イギリス映画。ユダヤ人でホロコーストの生存者であるミーシャは、あるイベントで体験談を話したことにより、一躍有名人となります。ミーシャの両親はナチスに逮捕されドイツへと連行されてしまい、離れ離れになってしまいます。両親と会うために、当時7歳のミーシャは1人で森を彷徨い、ベルギーからドイツへと渡ります。その途中でミーシャは一匹の狼と出会い…。この体験談は書籍化され、多くの人に発信されるはずでしたが、あるトラブルが発生します。
監督: サム・ホブキンソン 出演:ミーシャ・デフォンスカ、ジェーン・ダニエル、イブリン・ヘンデル、ほか

「きみが死んだあとで」のネタバレあらすじ結末

きみが死んだあとでの紹介:2021年日本映画。三派全学連を主体とする1967年10月8日の第一次羽田闘争は、その後過激化する学生運動の端緒となったが、機動隊と激突した学生の一人、18歳の山﨑博昭が犠牲となった。彼の高校の同窓生を中心とする14人の悔恨をこめた証言を通じて熱い時代を語り継ごうとする、上巻・下巻合わせて3時間20分のドキュメンタリー映画。『現認報告書 羽田闘争の記録』(1967年)等のドキュメンタリー作品の抜粋を含んでいる。監督は三里塚闘争の当事者に取材した『三里塚に生きる』、『三里塚のイカロス』の代島治彦。音楽は大友良英。

「最後の決闘裁判」のネタバレあらすじ結末

最後の決闘裁判の紹介:2021年アメリカ映画。14世紀末、フランス。戦地から帰還した騎士ジャン・ド・カルージュは、妻から強姦されたことを聞かされる。しかも犯人は従騎士のジャック・ル・グリ。カルージュはル・グリを処刑することを望むが、ル・グリは無罪を主張し、目撃者もいない。そこでカルージュは、国王シャルル6世に決闘での決着を直訴。カルージュとル・グリはどちらかが倒れるまで闘うことになる。実話をもとに歴史を変えた世紀のスキャンダルを描く。
監督:リドリー・スコット 出演:マット・デイモン(ジャン・ド・カルージュ)、アダム・ドライバー(ジャック・ル・グリ)、ジョディ・カマー(マグリット・ド・カルージュ)、マートン・チョーカシュ(クレスピン)、マイケル・マケルハットン(バーナード・ラトゥール)、クライヴ・ラッセル(王の伯父)、ベン・アフレック(アランソン伯ピエール2世)ほか

1 2 3 4 5 71

キーワードから探す

TOP↑