実話・ノンフィクション映画一覧

実話に基づく映画のネタバレあらすじ一覧です。実際にあった事実や出来事を題材にして忠実に描いた映画から、歴史上の出来事や実在した人物をモデルにして脚色された作品まで、ノンフィクション映画、実話映画、ドキュメンタリー映画のネタバレあらすじをラインナップしています。

「復讐者たち」のネタバレあらすじ結末

復讐者たちの紹介:2020年ドイツ,イスラエル映画。第二次世界大戦時のナチスによるホロコーストを生き延びたユダヤ人たちが戦後に企てた復讐計画の行方を、史実を基に描いたサスペンスドラマです。ナチスによって妻子を殺されたひとりのユダヤ人男性の視点から計画の顛末を描いていきます。
監督:ドロン・パズ、ヨアブ・パズ 出演者:アウグスト・ディール(マックス)、シルビア・フークス(アンナ)、マイケル・アローニ(ミハイル)、イーシャイ・ゴーラン(アッバ・コヴナー)、ニコライ・キンスキー、ミルトン・ウェルシュ、オズ・ゼハビ、ヨエル・ローゼンキアーほか

「背徳の王宮」のネタバレあらすじ結末

背徳の王宮の紹介:2015年韓国映画。朝鮮王朝史上最悪の暴君として知られる第10代国王ヨンサングン(1476~1506)の実話を基にした歴史ドラマです。王の信頼を得ようと国中から1万人もの美女を集め、裏で王を操ろうと目論む重心、王に家族を殺され復讐を誓った女、王の寵妃に利用される野心的な芸妓などが織りなす激しい権力闘争と愛憎劇が描かれます。
監督:ミン・ギュドン 出演者:チュ・ジフン(イム・スンジェ)、キム・ガンウ(ヨンサングン)、イム・ジヨン(ダニ/ジョンファ)、チャ・ジヨン(チャン・ノクス)、イ・ユヨン(ソル・チュンメ)、チョン・ホジン (イム・サホン)、ソン・ヨンチャン(ユ・ジャグァン)ほか

「THE CAVE (ザ・ケイブ) サッカー少年救出までの18日間」のネタバレあらすじ結末

THE CAVE(ザ・ケイブ) サッカー少年救出までの18日間の紹介:2019年タイ,アメリカ映画。2018年6月、いまだ記憶に新しい事件がタイで起こりました。誕生日を祝うために洞窟に向かったサッカーチームの少年たちとコーチが、水位が上がり始めたために洞窟の奥深くから帰れなくなってしまいます。彼らを助けるために命懸けで救助にあたったダイバーとレスキュー隊の様子を描いたドラマ映画です。
監督 トム・ウォーラー 出演:ジム・ウォーニー(ジム)、エクワット・ニラトヴォラパンヤー(コーチ)、ジュンパー・センプロム(ボア)、ノパドン・ニヨムカ(プーヤイ)、エリク・ブラウン(エリック)、タン・シャオロン(タン)、マギー=アーパー・パーウィライ(救急看護師)、ほか

「バルーン 奇蹟の脱出飛行」のネタバレあらすじ結末

バルーン 奇蹟の脱出飛行の紹介:2018年ドイツ映画。東西冷戦下の1979年の東ドイツで、手作りの熱気球で西ドイツに亡命した2組の家族。1982年にディズニーが『気球の8人』として映画化した実話を『小さなバイキング ビッケ』のミヒャエル・ブリー・ヘルビヒ監督がメガホンを取り、当事者である家族の協力を得て再映画化した作品です。
監督:ミヒャエル・ブリー・ヘルビヒ 出演者:フリードリヒ・ミュッケ(ペーター・シュトレルツィク)、カロリーヌ・シュッヘ(ドリス・シュトレルツィク)、ダフィット・クロス(ギュンター・ヴェッツェル)、アリシア・フォン・リットベルク(ペトラ・ヴェッツェル)、トーマス・クレッチマン(ザイデル中佐)、ヨナス・ホルデンリーダー(フランク・シュトレルツィク)、ティルマン・ドブラー(フィッシャー・シュトレルツィク)、ティル・パッツ(ピーターチェン・ヴェッツェル)、ベン・タイシュマン(アンドレアス・ヴェッツェル)ほか

「マイ・バッハ 不屈のピアニスト」のネタバレあらすじ結末

マイ・バッハ 不屈のピアニストの紹介:2017年ブラジル映画。両手にハンディキャップを抱えながらも、それに負けずに人々に感動を与える楽曲を提供し続け、20世紀最高のバッハ演奏家と評されたジョアン・カルロス・マルティンスの壮絶なる人生を映像化した作品。本作で使用されている楽曲は全てジョアン本人ものとなっています。
監督:マウロ・リマ 出演:アレシャンドリ・ネロ(ジョアン)、ダヴィ・カンポロンゴ(ジョアン / 少年時代)、ホドリゴ・パンドルフォ(ジョアン / 青年時代)、カコ・シオークレフ、フェルナンダ・ノーブリ、アリンニ・モラエス、ほか

「リンドグレーン」のネタバレあらすじ結末

リンドグレーンの紹介:2018年スウェーデン,デンマーク映画。「ロッタちゃん」シリーズ、「長くつ下のピッピ」を手掛けたスウェーデンの作家アストリッド・リンドグレーンの人生を描いた作品。彼女が経験した作家として輝いていく前に経験した激動の人生を中心に話は語られていきます。
監督:ペアニル・フィシャー・クリステンセン 出演:アルバ・アウグスト(アストリッド)、マリア・ボネヴィー(ハンナ)、トリーヌ・ディルホム(マリー)、マグヌス・クレッペル
(サムエル)、ヘンリク・ラファエルソン(ブロムベルイ)、ほか

「ハチとパルマの物語」のネタバレあらすじ結末

ハチとパルマの物語の紹介:2021年日本,ロシア映画。1974年から1976年にかけて、モスクワ国際空港で飼い主を待ち続けた忠犬パルマの実話をモチーフにした日本・ロシア共同製作によるヒューマンドラマです。母を亡くしたことで心を閉ざした主人公の少年がパルマを元の飼い主のに戻すべく奮闘する姿を描きます。日本公開バージョンの現代パートではフィギュアスケーターのアリーナ・ザギトワも本人役で出演、主人公の現代の姿を演じたアレクサンドル・ドモガロフの息子アレクサンドル・ドモガロフ・ジュニアがメガホンを執っています。
監督:アレクサンドル・ドモガロフ・ジュニア 出演:レオニド・バーソフ(ニコライ・コーリャ・ラザレフ)、ヴィクトル・ドブロヌラヴォフ(ヴャチェスラフ・スラーヴァ・ラザレフ)、ヴァレリア・フョドロビチ(ニーナ)、ヴィクトル・イリン(チホノフ)、アレクサンドル・ドモガロフ(ニコライ・コーリャ・ラザレフ(現代))、リリヤ(パルマ/アルマ)、渡辺裕之(豊田武)、藤田朋子(豊田ゆめ)、アナスタシア(アナスタシア・ラザレフ)、壇蜜(秋田犬の里館長)、山本修夢(ジャーナリスト)、高松潤(秋田犬会館館長)、阿部純子(秋田犬会館スタッフ)、堂珍嘉邦(秋田犬会館事務局長)、アリーナ・ザギトワ(本人)ほか

「ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~」のネタバレあらすじ結末

ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~の紹介:2020年日本映画。1998年の長野冬季オリンピック、スキージャンプ・ラージヒル団体で金メダルを獲得した日本代表。本作はその裏側で人知れず代表選手を支えた25人のテストジャンパーにスポットを当て、実話を基に映画化。田中圭が扮するスキージャンプ選手でテストジャンパーの西方仁也の視点から知られざるエピソードを描いていきます。
監督:飯塚健 出演者:田中圭(西方仁也)、土屋太鳳(西方幸枝)、山田裕貴(高橋竜二)、眞栄田郷敦(南川崇)、小坂菜緒(小林賀子)、落合モトキ(葛西紀明)、濱津隆之(原田雅彦)、古田新太(神崎幸一)、大友律(岡部孝信)、狩野健斗(船木和喜)、山田英彦(斉藤浩哉)、加藤斗真(西方慎護)、大河内浩(西方弘)ほか

「トゥルー・ヒストリー・オブ・ザ・ケリー・ギャング」のネタバレあらすじ結末

トゥルー・ヒストリー・オブ・ザ・ケリー・ギャングの紹介:2019年オーストラリア,イギリス,フランス映画。アイルランド移民の貧しい家庭で育ったネッド・ケリーは幼い頃から父に代わって家族を支えていたが、父の死後、生活のため山賊に売られてしまう。10代で投獄され、出所後は家族の元に戻るも幸せは続かない。警察は難癖をつけては彼や家族を投獄しようする。貧困者への横暴や家族や仲間への理不尽な扱いに耐えられなくなったネッドは、自らの正義、家族と仲間への愛から、弟や仲間たちと共にギャンググループ『ケリー・ギャング』を結成し、国家権力に立ち向かう反逆者となっていく。
監督:ジャスティン・カーゼル 出演:ジョージ・マッケイ(ネッド・ケリー)、エシー・デイヴィス(エレン・ケリー)、ニコラス・ホルト(フィッツパトリック)、オーランド・シュワート(ネッド・ケリー少年時代)、トーマシン・マッケンジー(メアリー・ハーン)、ショーン・キーナン(ジョー・バーン)、チャーリー・ハナム(オニール巡査)、ラッセル・クロウ(ハリー・パワー)、ほか

「失われた航海」のネタバレあらすじ結末

失われた航海(原題:S.O.S. TITANIC)の紹介:1979年イギリス映画。1912年、全世界の注目を浴びて処女航海に繰り出した豪華客船タイタニック号。そして後に誰もが知ることとなる海難事故が起きる。そこに至るまでの話を数千人もの乗客達の話を交えたドキュメンタリータッチで描いた作品。
監督:ビリー・ヘイル 出演:デヴィッド・ジャンセン(ジョン)、クロリス・リーチマン(モリー)、ハリー・アンドリュース(スミス)、イアン・ホルム(ブルース)、スーザン・セント・ジェームズ(リー)、デヴィッド・ワーナー、ヘレン・ミレン、アンナ・クエイル、エド・ビショップ、ジェラルド・マクソーリー、ロバート・ピュー、ほか

「野良人間 獣に育てられた子どもたち」のネタバレあらすじ結末

野良人間 獣に育てられた子どもたちの紹介:2018年メキシコ映画。メキシコに伝わる禁断の実話をモチーフに、獣のように野生化した子供たちの姿をドキュメンタリータッチで描いたホラー映画です。1987年にメキシコの山奥にある小屋が全焼する事件が発生、焼け跡からは1本のビデオテープが発見されました。2017年、テレビ番組のクルーは事件を再検証すべく、入手した映像の検証を始めたのですが…。
監督:アンドレス・カイザー 出演者:エクトル・イリャネス(フアン・フェリペ・デ・ヘスス・ゴンザレス)、ファリド・エスカランテ(クリストバル)、カリ・ロム(アントニア)、ガストン・メロ(ドン・アルヌフロ)、エモエ・デ・ラ・パラ(プシコロガ)、ヒルデベルト・マヤ(エンリケ・アルバレス)、アドリアーナ・ブルゴス(ジョセフィーナ)ほか

「ザ・テキサス・レンジャーズ」のネタバレあらすじ結末

ザ・テキサス・レンジャーズの紹介:2019年アメリカ映画。 1930年代、世界恐慌の影響で失業率が下がり続け、不景気だったアメリカ。そんなときに銀行強盗や殺人を繰り返したボニーとクライドは民衆から人気を得ます。そんな2人を捕らえるために、現役を退いていたテキサス・レンジャーズが奮闘する、実話を元にした映画です。
監督: ジョン・リー・ハンコック 出演: ケビン・コスナー(フランク)、ウディ・ハレルソン(メイニー)、トーマス・マン(テッド)、キャシー・ベイツ(テキサス州知事)、ジョン・キャロル・リンチ(リー)、ほか

「トラフィック」のネタバレあらすじ結末

トラフィックの紹介:2000年アメリカ映画。1989年にイギリスで放映されたテレビシリーズ『Traffik』をハリウッドでリメイクした犯罪群像劇です。本作は実際に起こった事件や実在の人物をモデルに取り入れており、アメリカとメキシコを舞台に麻薬密輸を行う者、それと戦う者、薬物依存の恐怖といったいくつものストーリーが折り重なる様を描いています。本作は第73回アカデミー賞で監督賞・助演男優賞(ベニチオ・デル・トロ)・脚色賞・編集賞の4冠を受賞、ゴールデングローブ賞でも脚本賞と助演男優賞、ベルリン国際映画祭での男優賞など様々な賞に輝いています。
監督:スティーブン・ソダーバーグ 出演者:マイケル・ダグラス(ロバート・ウェークフィールド)、ベニチオ・デル・トロ(ハビエール・ロドリゲス=ロドリゲス)、ドン・チードル(モンテル・ゴードン)、ルイス・ガスマン(レイ・カストロ)、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ(ヘレーナ・アヤラ)、エイミー・アーヴィング(バーバラ・ウェークフィールド)、エリカ・クリステンセン(キャロライン・ウェークフィールド)、ジェイコブ・バルガス(マノーロ・サンチェス)、スティーヴン・バウアー(カール・アヤラ)、ミゲル・フェラー(エデュアルド・ルイス)、トーマス・ミリアン(アルトゥーロ・サラザール将軍)、デニス・クエイド(アーニー・メッツガー)、クリフトン・コリンズ・Jr(フランシスコ・フローレス)、ジェームズ・ブローリン(ラルフ・ランドリー将軍)、ベンジャミン・ブラット(ジュアン・オブレゴン)、アルバート・フィニー(大統領首席補佐係長)、トファー・グレイス(セス・エイブラハムズ)、コーリー・スピアズ(ボーマン)、アレック・ロバーツ(デビッド)、マジャンドラ・デルフィノ(バネッサ)、マリソル・パディラ・サンチェス(アナ・サンチェス)、サルマ・ハエック(ロザリオ)ほか

「オクトパスの神秘:海の賢者は語る」のネタバレあらすじ結末

オクトパスの神秘:海の賢者は語るの紹介:2020年南アフリカ映画。映像作家として長年働いていたクレイグは心に余裕を無くし、精神を病んでしまいます。そんなときに南アフリカの海で、ある「タコ」と出会います。興味深い生態を持ったそのタコとクレイグとの1年の交流を描いたドキュメンタリー映画。タコとの時間を過ごすことによって、クレイグは自分の人生を見つめ直していきます。第93回アカデミー長編ドキュメンタリー賞を受賞した話題作。
監督: ピッパ・エアリック、ジェームズ・リード 出演:クレイグ・フォスター、トム・フォスター、ほか

「愛情物語」のネタバレあらすじ結末

愛情物語の紹介:1956年アメリカ映画。1930年代から1940年代にかけて活動した実在のピアニスト、エディ・デューチンの生涯を基にしたフィクション映画です。若くして成功を収めた日々、最愛の人との出逢いと別れ、息子との確執と和解などが描かれます。
監督:ジョージ・シドニー 出演者:タイロン・パワー(エディ・デューチン)、キム・ノヴァク(マージョリー・オルリックス)、ヴィクトリア・ショウ(チキータ・ウィン)、ジェームズ・ホイットモア(ルー・シャーウッド)、レックス・トンプスン(ピーター・デューチン)、シェパード・ストラドウィック(シャーマン・ワズワース)、フリーダ・イネスコート(エディス・ワズワース)、ラリー・キーティング(レオ・ライスマン)、ジャック・アルバートソン(ピアノ調律師)ほか

1 2 3 4 5 70

キーワードから探す

TOP↑