オブ・ザ・デッド映画一覧

「バタリアン リターンズ」のネタバレあらすじ結末

バタリアン リターンズの紹介:1993年アメリカ映画。バタリアンシリーズ3作目です。大切な恋人を死なせてしまったカートは父親の勤務する軍の施設で開発された死体蘇生用薬品を使って彼女を蘇生します。しかし蘇生した彼女は人を見ると食いたくなるゾンビになってしまいました。ゾンビになった彼女との悲しい恋の逃避行をする物語です。2作目までのコメディ路線っとうって変わり、シリアスな内容となっています。
監督:ブライアン・ユズナ 出演者:J・トレヴァー・エドモンド(カート・レイノルズ)、ミンディ・クラーク(ジュリー・ウォーカー)、ケント・マッコード(ジョン・レイノルズ)、
サラ・ダグラス(シンクレア)、ジェームズ・T・キャラハン(ペック)、アビゲイル・レンツ(ミンディ)、サル・ロペス(フィリップ)ほか

「死霊のえじき」のネタバレあらすじ結末

死霊のえじきの紹介:1985年アメリカ映画。ジョージ・A・ロメロが『ゾンビ』の続編として撮った作品です。生き残った人間たちは廃墟を柵囲いアジトとして生活していました。中では力関係が生まれ人間関係が崩れていきます。一方外ではゾンビ達が押し寄せています。前作とは違った展開で作られた傑作です。この映画も数々のゾンビ作品に影響を与えています。
監督:ジョージ・A・ロメロ 出演者:ロリー・カーディル(サラ)、リチャード・リバティー(ローガン博士)、テリー・アレクサンダー(ジョン)、ジャーラス・コンロイ(ビル)、ジョセフ・ピラトー(ローズ大尉)、アントン・ディレオ(ミゲル)、ハワード・シャーマン(バブ)ほか

「魔性のしたたり 屍ガールズ」のネタバレあらすじ結末

魔性のしたたり 屍ガールズの紹介:1986年フランス映画。化学工場のあるフランスの田舎町で3人の女性がミルクを飲んで倒れ死んでしまいます。彼女らが埋葬された墓地に廃液を不法投棄すると彼女たちはゾンビとして蘇ります。蘇ったゾンビ達は工場関係者ばかりを襲うのです。そしてこのゾンビ事件を陰で操っていたのは社長秘書の女でした・・という話です。話自体はゾンビ物ですがサスペンスエロティックホラー映画です。
監督:ピエール・B・ラインハルト 出演者:キャスリン・チャーリー、アンテア・ワイラー 、ヴェロニク・カタンザロ、ほか

「ゴール・オブ・ザ・デッド」のネタバレあらすじ結末

ゴール・オブ・ザ・デッドの紹介:2014年フランス映画。サッカーとゾンビが一緒になったという、異色のホラー映画。今では落ち目のサッカー選手ロリが、故郷の田舎町で行われる試合へと向かう。ロリのライバルだったジャンがある事件でゾンビ化し、スタジアムで大暴れしたことから小さな町は大混乱に。そんな最悪の状況下、ロリの前に、彼の娘だと名乗る少女が現れる。
監督:バンジャマン・ロシェ 出演者:アルバン・レノア(サム・ロリ)、パトリック・リガルデ(クベール)、ティファニー・ダビオ(クレオ)、シャーリー・ブランオー(ソレーヌ)、アーメド・シラ(イドリス・ディアゴ)、セバスチャン・ヴァンデンべ(ジャノ)、ベノワ・モレ(ミシェル)、フィリップ・デュ・ジェネラン(ベルボー)ほか

「バタリアン4」のネタバレあらすじ結末

バタリアン4の紹介:2005年アメリカ映画。バタリアンシリーズ第4弾。ジュリアンの友人が事故で気絶し病院に搬送されるも亡くなったと聞かされる。しかし友人はハイブラテック社に送られ生物兵器の実験台になっていた。
監督:エロリー・エルカイェム 出演:ピーター・コヨーテ(チャールズ・ギャリソン)、エイミー=リン・チャドウィック(ベッキー)、ジャナ・クレイマー(ケイティー)、ジョン・キーフ(ジュリアン)、コリー・ハードリクト(コーディー)、ほか

「バタリアン」のネタバレあらすじ結末

バタリアンの紹介:1985年アメリカ映画。「エイリアン」の脚本家として知られるダン・オバノンが自らのオリジナル脚本を映画化した監督処女作。ジョージ・A・ロメロ監督のモダンゾンビ映画の元祖「ナイト・オブ・ザ・リビングデッド」のパロディ的な内容になっている。
監督:ダン・オバノン 出演:クルー・ギャラガー(バート)、ジェームズ・カレン(フランク)、ドン・カルファ(アーニー)、トム・マシューズ(フレディ)

「世にも怪奇な物語」のネタバレあらすじ結末

世にも怪奇な物語の紹介:1967年フランス,イタリア映画。世にも怪奇な物語の紹介:1967年フランス、イタリア映画。エドガー・アラン・ポーの短編小説を原作としたオムニバス作品。高慢な女の歪んだ愛と破滅を描く「黒馬の哭く館」、ドッペルゲンガーの怪奇譚「影を殺した男」、悪魔に魅入られた男の狂気を描く「悪魔の首飾り」の三部構成となっている。
監督:ロジェ・ヴァディム、ルイ・マル、フェデリコ・フェリーニ 出演:ジェーン・フォンダ(フレデリック・メッシェンゲルシュタイン)、アラン・ドロン(ウィリアム・ウィルソン)、テレンス・スタンプ(トビー・ダミット)ほか

「ハーモニー・オブ・ザ・デッド」のネタバレあらすじ結末

ハーモニー・オブ・ザ・デッドの紹介:2015年スペイン,ハンガリー映画。滅亡寸前の地球で男2人と、少女がなんとか感染者から逃れようと、サバイバルをしようとするストーリーが展開されるホラー映画となっています。
監督:ミゲル・アンヘル・ビバス 出演:マシュー・フォックス、ジェフリー・ドノヴァン、クィン・マッコルガン、クララ・ラゴ、ほか

「スウィング・オブ・ザ・デッド」のネタバレあらすじ結末

スウィング・オブ・ザ・デッドの紹介:2012年アメリカ映画。ほとんどの人間がゾンビと化した終末世界で、旅をする男性2人の友情と戦いを描いたゾンビホラー&ロードムービー。あてもなく旅を続けていた2人は、ある日偶然他の生存者がいることを知る。何とかコンタクトを取ろうとするが、彼らは何故か頑なに合流を拒むのだった。
監督:ジェレミー・ガードナー 出演者:ジェレミー・ガードナー(ベン)、アダム・クロンハイム(ミッキー)、アラナ・オブライエン(アニー)、ラリー・フェセンデン(フランク)ほか

「ゾンビ・ハイスクール」のネタバレあらすじ結末

ゾンビ・ハイスクールの紹介:2012年アメリカ映画。突如どこからともなくゾンビが発生したリンカーン高校。エディはたまたま居残り授業に飛び出されており難を逃れたがその教室にもゾンビに噛まれた生徒がいた。エディは同じく教室に呼び出された他の生徒数人とその場から逃げ出す、しかし学校中がゾンビでパニックに陥っていた。高校を舞台に数人の生徒がゾンビだらけの学校から生き残る術を探すゾンビパニックコメディー。
監督:アレックス・クレイグ・マン 出演:エディ(ヤコブ・ザッカー)、ウィロー(アレクサ・ニコラス)、ブラッド(ジェイソン・ブレア)、ジャネット(クリスタ・B・アレン)、アッシュ(ジャスティン・チョン)ほか

「ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド」のネタバレあらすじ結末

ナイト・オブ・ザ・リビング・デッドの紹介:1968年アメリカ映画。ゾンビ作品を大量に作成するジョージ・A・ロメロ監督が作成した記念碑的な作品であり、当時のアメリカの世相も入れたストーリーは各方面から賛否両論が起こりますが、その後はアメリカの文化財産的な映画となりました。
監督 :ジョージ・A・ロメロ 出演:ジュディス・オディア(バーバラ)、デュアン・ジョーンズ(ベン)、カール・ハードマン(ハリー・クーパー)、キース・ウェイン(トム)、ジュディス・リドリー(ジュディ)、マリリン・イーストマン(ヘレン・クーパー)ほか

「ショーン・オブ・ザ・デッド」のネタバレあらすじ結末

ショーン・オブ・ザ・デッドの紹介:2004年イギリス映画。いつもやる気のないショーンの前にゾンビが現れた。気付いた頃には街はゾンビで溢れかえっており慌てて母親と前日にフラれた元カノを助けに行く。そしてあそこなら安全だと行きつけのパブへ向かうことにした。しかしそこも既にゾンビで溢れかえっていた。日本公開は2019年3月で制作から15年越しの劇場公開となる。
監督:エドガー・ライト 出演:サイモン・ペッグ(ショーン)、ケイト・アシュフィールド(リズ)、ニック・フロスト(エド)、ディラン・モーラン(デヴィッド)、ルーシー・デイヴィス(ダイアン)ほか

「ゾンビ」のネタバレあらすじ結末

ゾンビの紹介:1978年アメリカ,イタリア映画。ゾンビ映画の代名詞ともいうべき映画ゾンビにより、無名だったジョージ・A・ロメロ監督を一躍有名にし、彼は今日のゾンビブームを作り上げた人物として語られています。なお、今作は多くの編集版があることでも有名です。
監督:ジョージ・A・ロメロ 出演:デヴィッド・エムゲ(スティーヴン)、ケン・フォリー(ピーター)、スコット・H・ライニガー(ロジャー)、ゲイラン・ロス(フランシーン(フラニー))ほか

「ドーン・オブ・ザ・デッド」のネタバレあらすじ結末

ドーン・オブ・ザ・デッドの紹介:2004年アメリカ映画。1978年製作のアメリカ映画『ゾンビ』のリメイク。今までのゆっくりと動くゾンビと違い、ゾンビが全速力で追いかけてくる様はドキドキハラハラである。看護師のアナが夫と二人で寝室に寝ていると、そこへ近所に住む少女が酷い怪我を追い寝室のドアの前に立っていた。介抱しようと夫が近づくが、それはゾンビと化した人ではないものだった。
監督:ザック・スナイダー 出演:サラ・ポーリー、ヴィング・レイムス、ジェイク・ウェバー、メキ・ファイファー、インナ・コロブキナほか

1 2

キーワードから探す

TOP↑