Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

パニック映画一覧

おすすめパニック映画のネタバレあらすじ一覧です。パニック映画のシチュエーションには様々あり、ディザスター(災害)パニック、モンスターパニック、動物パニック、サメパニック、ヘビパニック、恐竜パニック、感染パニック、終末パニック、宇宙パニック、乗り物パニックなど、日本のパニック映画から海外作品まで、おすすめパニック映画から最新パニック映画までご紹介しています。

「ハロウィンインベーダー 火星人襲来!?」のネタバレあらすじ結末

ハロウィン・インベーダー 火星人襲来!?の紹介:1989年アメリカ映画。ハロウィンの夜、田舎町ビック・ビーンでは『オーオン・ウエルズの火星人襲来』の再放送をラジオで流していました。この電波をたまたま傍受した火星人たちが、援護の為にビック・ビーンに降り立ったことから、町は大騒動になってしまう・・というSFコメディ映画です。
監督:パトリック・リード・ジョンソン 出演:ダグラス・バー(サム)、ロイヤル・ダノ(レンチミュラー)、アリアナ・リチャーズ(キャシー)、J・J・アンダーソン(ブライアン)、グレッグ・バーガー(クレンベッカー)、ケヴィン・トンプソン(ブラズニー)、ジミー・ブリスコー(ビプト大尉)、トニー・コックス(ペズ)ほか

「101日」のネタバレあらすじ結末

101日の紹介:2010年クロアチア映画。6か月間一室に閉じ込められた12人の男女の様子を中継するクロアチアの人気番組『ハウスド』の進行中に、クロアチアはヨーロッパ諸国に宣戦布告をし、遂には核ミサイルを撃ち込まれるという内容のクロアチア映画です。
監督:ネビオ・マラソビッツ 出演者:スベン・メドベセク(フィリップ)、ナターシャ・ドルチッチ(ヘレナ)、イバナ・ロスチ(ターニア)、マリンコ・ニコリッツ(ボゾ)、スティエパン・ペリッツ(ジャン)ほか

「エリア407 絶滅大陸」のネタバレあらすじ結末

エリア407 絶滅大陸の紹介:2012年アメリカ映画。12月31日ロサンゼルスへ向かって飛び立った飛行機が墜落し、生存者が残したビデオが発見されます。再生された映像を見ると驚愕の事実が隠されていました…という内容の、POV手法のフェイクドキュメンタリーホラー映画です。カメラブレに弱い人は注意が必要です。
監督:デイル・ファブリガー 出演者:アビゲイル・シュレイダー(トリッシュ)、サマンサ・レスター(ジェシー)、ジェームズ・ライオンズ(ジミー)、メラニー・ライオンズ(ローラ)、ブレンダン・パトリック・コナー(チャーリー)ほか

「サイレント・ワールド」のネタバレあらすじ結末

サイレント・ワールドの紹介:2004年アメリカ映画。彗星衝突により雪と氷の世界と化した地球で、人類が最後の戦いに挑む。ジャンルはSFパニック作品。CGが多数使用されている作品でもある。日本劇場未公開作。
監督:クリストフ・シュラーエ 出演:ディーン・ケイン、ベティーナ・ツィママン、ナイジェル・ベネット、ジョアンナ・テイラー、ジョン・キーオ、ハンス・ズィシュラー、ほか

「コロニー5」のネタバレあらすじ結末

コロニー5の紹介:2013年カナダ映画。氷河期に入った地球で、生き残った人たちは地下に作ったコロニーで自足自給の生活をしていました。その時コロニー5からSOSが入り、調査に行ったメンバーたちが見たものは、人食いとなって共食いをする人々でした。必死で逃げ出すも、背後には大勢の人食いが追って来ていました・・という内容の、SFサバイバル映画です。
監督:ジェフ・レンフロー 出演者:ローレンス・フィッシュバーン(ブリッグス)、ケヴィン・ゼガーズ(サム)、ビル・パクストン(メイソン)、シャーロット・サリヴァン(カイ)、アッティカス・ミッチェル(グレイドン)、ジョン・テンチ(ヴィクター)ほか

「リバイアサン」のネタバレあらすじ結末

リバイアサンの紹介:1989年アメリカ,イタリア映画。海底で貴金属を発掘していた作業員が、ソ連の沈没船『リバイアサン』から持ち帰った酒を飲んでしまったことにより、ソ連が遺伝子操作で開発した化け物が復活し、乗組員を殺し、自分の体に同化させながら、襲いかかるという、深海モンスターパニック映画です。内容的には『エイリアン』の深海版と行っていいくらい酷似しています。
監督:ジョージ・P・コスマトス 出演:ピーター・ウェラー(ベック)、リチャード・クレンナ(トンプソン博士)、アマンダ・ペイズ(ウイリー)、ダニエル・スターン(シックスパック)、
マイケル・カーマイン(デジーザス)、リサ・アイルバッハー(ボーマン)、ヘクター・エリゾンド(コッブ)、メグ・フォスター(マーティン)ほか

「そのネズミ、凶暴につき」のネタバレあらすじ結末

そのネズミ、凶暴につきの紹介:2013年カナダ映画。コールと息子のリアム、そして後妻のサラが、新しい生活を始めるため、田舎の別荘にやってきました。サラに馴染まないリアムに手を焼いていた二人でしたが、夜、リアムがネズミのかぶり物をした人たちにさらわれてから、恐怖のどん底に突き落とされる・・・というスラッシャー映画です。変な邦題が付けられていますが、内容はシリアスです。
監督:ジョーダン・バーカー 出演者: キャサリン・イザベル(サラ)、ロビン・ダン(コーリー)、ピーター・ダクーニャ(リアム)、スティーヴン・マクハティ(ホーキング)ほか

「ディープ・インフェルノ」のネタバレあらすじ結末

ディープ・インフェルノの紹介:2014年アメリカ映画。「世界には196の国がある。どの国にも恐ろしい怪物の伝説があり、世界人口の半数30億人は伝説を真実だと信じている」という冒頭から始まるモンスターパニック映画。パナマに観光でやって来た若者グループは、現地の言い伝えを無視しジャングルに足を踏み入れます。忍び寄る森の奥で、UMA(未確認動物)に仲間たちが次々と襲われていきます。生き残った者たちは、現代の必需品であるスマホでこの惨劇を乗り切ろうとします。
監督:アラスター・オア 出演者:ザカリー・ソエテンガ(スコット)、リンジー・マッケオン(ステフ)、ソフィア・パーナス(エレナ)、ピアソン・フォーデ(トレヴァー)、ジェイミー・アンダーソン(チャーリー)ほか

「ソウル・ステーション/パンデミック」のネタバレあらすじ結末

ソウル・ステーション/パンデミックの紹介:2016年韓国映画。世界中の映画祭で絶賛されたゾンビホラー映画「新感染 ファイナル・エクスプレス」のヨン・サンホ監督による前日譚を描いたアニメ映画。社会派アニメーション作家であるヨン・サンホが描く、同作品のアニメ前日譚も見応えのある作りとなっています。ハラハラドキドキのゾンビホラー映画ですが、社会に押しつぶされ人生に行き詰った人間の内面に切り込んでいます。ブリュッセル・ファンタスティック国際映画祭でシルバークロウ賞、アジア太平洋映画賞で最優秀アニメーション映画賞を受賞しています。
監督:ヨン・サンホ 声の出演:シム・ウンギョン(ヘスン)、リュ・スンリョン(ヘスンの父親ソッキュ)、イ・ジュン(キウン)ほか

「インパクト・アース」のネタバレあらすじ結末

インパクト・アースの紹介:2015年アメリカ映画。地球に小惑星が衝突すると発表し、誤報としてNASAから追放されたティムが、5年後、有能な助手のジュリアが小惑星の衝突を予測し、再びティムも加わり小惑星の衝突の計算を行い…という、ディザスターパニック映画です。
監督:レックス・ピアノ 出演者:トム・ベレンジャー(ハーバート)、バーナード・カリー(ティム)、リュー・テンプル(サム)、ブルック・ラングトン(ステラ)、ケイトリン・カーヴァー(ジュリア)ほか

「ザ・クレイジーズ」のネタバレあらすじ結末

ザ・クレイジーズ(細菌兵器の恐怖)の紹介:1973年アメリカ映画。『ゾンビ』の監督ジョージ・A・ロメロが撮った、細菌兵器の拡散による、軍と住民との戦いを描いたパニック映画です。古い作品ながら、設定と展開の良さが光る秀作です。『ゾンビ』とは違った恐怖を演出しています。
監督:ジョージ・A・ロメロ 出演者: W・G・マクミラン(デヴィッド)、レイン・キャロル(ジュディ)、ハロルド・ウェイン・ジョーンズ(クランク)、リチャード・リバティー(アーティ・ボルマン)、リン・ローリー(キャシー・ボルマン)、ハリー・スピルマン(ライダー少佐)ほか

「スケルトンライダー」のネタバレあらすじ結末

スケルトンライダーの紹介:2007年アメリカ映画。古い部族のカトナ族の墓のあった土地をリゾート開発のため掘り起こしたため、邪悪な魂を持つ人骨の化け物『ボーンイーター』が復活し、工事現場の人間はもとより、カトナ族まで殺し始めると言う、オカルトモンスターホラー映画です。
監督:ジム・ウィノースキー 出演者:ブルース・ボックスライトナー(エバンス)、クララ・ブライアント(ケリー)、 マイケル・ホース(ストーム)ほか

「アクアノイド」のネタバレあらすじ結末

アクアノイドの紹介:2003年アメリカ映画。過去に半魚人アクアノイドによって17人が死亡した海沿いの町で、16年後、海で襲われる事件がありました。バネッサによる調査の結果アクアノイドがいると分かりましたが、町長らは、町の観光に影響が出るといって相手にしませんでした。やがて被害者が増え続け…という海洋モンスターホラー映画です。作品としては『ジョーズ』のパターンで、低予算のマイナー作品です。
監督:ラインハルト・ペシュケ 出演者:ローラ・ナティーヴォ(バネッサ)、ローダ・ジョーダン(クリスティナ)、エドウィン・クレイグ(フランク・ウォルシュ)、アイク・ギングリッチ(クリント・ジャクソン)、ヒュー・ローレンス・ホッブス(ジャクソン)、スーザン・スパン(コートニー)ほか

「暴動・オブ・ザ・デッド」のネタバレあらすじ結末

暴動・オブ・ザ・デッドの紹介:2012年アイルランド映画。アイルランドの工場で感染してゾンビになった青年を自宅でかくまう一家を撮影するために訪れた撮影隊とその家族の物語です。前半は撮影風景主体、後半になるとゾンビ映画らしくなる珍しいタイプのアイルランドのゾンビ映画です。
監督:ビング・べイリー 出演者:パトリック・マーフィー(ビリー)、ジェラルディン・マカリンデン(リジー)、ローリー・ミュレン(ダニー)ほか

「人類SOS!」のネタバレあらすじ結末

人類SOS!(別題:トリフィドの日~人類SOS!~)の紹介:1962年イギリス映画。ジョン・ウィンダムのSF小説の古典「トリフィド時代」に基づく最初の映画化作品。それまでのパニックホラーは「単体の怪物が人々を襲う」という形式を取っていたが、この映画ではそれが集団となり、さらに恐怖を高めている。
監督:スティーヴ・セクリー 出演:ハワード・キール(ビル・メイセン)、ニコール・モーレイ(クリスティーン・デュラント)、キーロン・ムーア(トム・グッドウィン)、ジャネット・スコット(カレン・グッドウィン)、マーヴィン・ジョーンズ(コーカー氏)、ユアン・ロバーツ(ソームズ博士)、アリソン・レガット(コーカー夫人)、ほか

1 2 3 4 5 16
TOP↑