リメイク映画一覧

「ハムナプトラ 失われた砂漠の都」のネタバレあらすじ結末

ハムナプトラ 失われた砂漠の都の紹介:1999年アメリカ映画。カイロ博物館で働くエヴリンに放浪癖のある兄ジョナサンが会いにきた。彼はある物を見つけたとしエジプトの歴史に詳しいエヴリンに調査を頼んだのだ。それは伝説のハムナプトラへの地図。兄はそれをある男からもらったという。その男に詳しい話を聞こうとしたがあろうことか彼は死刑寸前だった。リックという名のその男を死刑から救い出したエヴリンは兄とその謎の男と共にハムナプトラへと向かった。しかしそこは伝説の地であり呪われた地でもあった。1959年に製作された「ミイラの幽霊」の二度目のリメイク作。
監督:スティーブン・ソマーズ 出演者:リック・オコーネル(ブレンダン・フレーザー)、エヴリン・カナハン(レイチェル・ワイズ)、ジョナサン・カナハン(ジョン・ハナー)、アーデス・ベイ(オデッド・フェール)、イムホテップ(アーノルド・ヴォスルー)、アナクスナムン(パトリシア・ヴェラスケス)、ベニー(ケヴィン・J・オコナー)ほか

「イコライザー」のネタバレあらすじ結末

イコライザーの紹介:2014年アメリカ映画。1980年代のテレビドラマ「ザ・シークレット・ハンター」のリメイク版で、元CIA工作員で今はホームセンターで働く無敵の殺しのプロが法で裁けない巨悪に立ち向かう、ハリウッド版「必殺仕事人」ともいうべきアクション映画です。
監督:アントワーン・フークア 出演者:デンゼル・ワシントン(ロバート・マッコール)、マートン・ソーカス(テディ・レンセン)、クロエ・グレース・モレッツ(テリー)、デヴィッド・ハーバー(マスターズ)、ヘイリー・ベネット(マンディ)ほか

「スター・トレック イントゥ・ダークネス」のネタバレあらすじ結末

スタートレック イントゥダークネスの紹介:2013年アメリカ映画。スタートレックシリーズ12作目でリブート版2作目。SF映画ファンには欠かせない映画スタートレックのリブート版第2弾で、今作ではあの伝説の悪役、カーンが物語に帰ってくることとなります。
監督:J・J・エイブラムス 出演:クリス・パイン(ジェームス・T・カーク)、ザカリー・クイント(スポック)、ゾーイ・サルダナ(ウフーラ)、ベネディクト・カンバーバッチ(ジョン・ハリソン)、ジョン・チョー(ヒカル・スールー)、サイモン・ペッグ(モンゴメリー・“スコッティ”・スコット)、カール・アーバン(レナード・“ボーンズ”・マッコイ)、ピーター・ウェラー(マーカス提督)、アリス・イヴ(キャロル・マーカス)ほか

「ロボコップ(2014)」のネタバレあらすじ結末

ロボコップ(2014)の紹介:2014年アメリカ映画。1987年に制作された伝説の映画、ロボコップをリメイクした本作は、現代のVFXを使い、壮大なアクションのもと復活を果たしました。
監督:ジョゼ・パジーリャ 出演:ジョエル・キナマン、ゲイリー・オールドマン、マイケル・キートン、パトリック・ガロウほか

「プレデターズ」のネタバレあらすじ結末

プレデターズの紹介:2010年アメリカ映画。SFアクションスリラー『プレデター』(アーノルド・シュワルツェネッガー主演)のスピンオフやコラボレーション作を除く純粋なシリーズ第3作目です。今回は舞台を地球から謎の惑星に移し、この惑星に連れてこられた殺しのプロフェッショナルたちが地球外生命体“プレデター”と死闘を繰り広げる様を描きます。
監督:ニムロッド・アーントル 出演者:エイドリアン・ブロディ(ロイス)、アリシー・ブラガ(イザベル)、トファー・グレイス(エドウィン)、ダニー・トレホ(クッチーロ)、オレッグ・タクタロフ(ニコライ)、ルイ・オザワ(ハンゾー)、ウォルトン・ゴギンズ(スタンズ)、マハーシャラルハズバズ・アリ(モンバサ)、ローレンス・フィッシュバーン(ノーランド)ほか

「オールド・ボーイ(2013年アメリカ)」のネタバレあらすじ結末

オールド・ボーイ(2013年アメリカ)の紹介:2013年アメリカ映画。韓国で大ヒットを記録した映画オールド・ボーイを、ハリウッドがリメイクした本作では、日本のオリジナルの原作から逸脱しないよう作り上げ、1級のスリラーが誕生しました。
監督:スパイク・リー 出演:ジョシュ・ブローリン、エリザベス・オルセン、シャールト・コプリー、サミュエル・L・ジャクソンほか

「私の頭の中の消しゴム」のネタバレあらすじ結末

私の頭の中の消しゴムの紹介:2004年韓国映画。日本のテレビドラマ『Pure Soul〜君が僕を忘れても〜』をリメイクした作品であり、韓国で歴代1位、さらに日本での韓国映画の興行成績を塗り替えた作品として知られています。
監督:イ・ジェハン 出演:チョン・ウソン、ソン・イェジン、ペク・チョンハク、イ・ソンジンほか

「ドーン・オブ・ザ・デッド」のネタバレあらすじ結末

ドーン・オブ・ザ・デッドの紹介:2004年アメリカ映画。1978年製作のアメリカ映画『ゾンビ』のリメイク。今までのゆっくりと動くゾンビと違い、ゾンビが全速力で追いかけてくる様はドキドキハラハラである。看護師のアナが夫と二人で寝室に寝ていると、そこへ近所に住む少女が酷い怪我を追い寝室のドアの前に立っていた。介抱しようと夫が近づくが、それはゾンビと化した人ではないものだった。
監督:ザック・スナイダー 出演:サラ・ポーリー、ヴィング・レイムス、ジェイク・ウェバー、メキ・ファイファー、インナ・コロブキナほか

「イルマーレ」のネタバレあらすじ結末

イルマーレの紹介:2006年アメリカ・オーストラリア映画。2006年にアメリカで作られた「The Lake House」(イルマーレ)は、2000年に韓国で作られた映画のリメイク版。湖に浮かぶ家に住んでいたケイトは引っ越しの際、次に来る住民の為に手紙をポストに残します。そこから、ケイトとアレックスの不思議な物語が始まるのです。
監督:アレハンドロ・アグレスティ 出演:キアヌ・リーブス、サンドラ・ブロック、クリストファー・プラマー、エボン・モス=バクラック、ヴィレケ・ファン・アロメーイ、ディラン・ウォルシュほか

「13ゴースト(2001年)」のネタバレあらすじ結末

13ゴーストの紹介:2001年アメリカ/カナダ映画。1960年に制作された「13ゴースト」のリメイク版。愛妻を火事で亡くしたアーサーは、家を失い狭いアパートで娘のキャシーと息子のボビー、そして家政婦のマギーと暮らしていた。そこへ、叔父の遺産の豪邸を相続する話が舞い込む。早速、屋敷を見に家族と家政婦、案内役の不動産会社ベンと共に訪れる。その豪邸には世にも恐ろしい恐怖が待っていた。
監督:スティーヴ・ベック 出演:トニー・シャルーブ、エンベス・デイヴィッツ、マシュー・リラード、シャノン・エリザベス、F・マーリー・エイブラハムほか

「日本のいちばん長い日(2015年)」のネタバレあらすじ結末

日本のいちばん長い日(2015年)の紹介:2015年日本映画。2015年、半藤一利の『日本のいちばん長い日 決定版』を原作として原田眞人監督により1967年の映画をリメイク。1945年8月15日終戦、70年前のあのとき、一体何が起きていたのか。原爆を落とされ、日本中が瀕死になっていても、なお戦争継続を叫ぶ人と、戦争を終わらせるべきと叫ぶ人がいました。終戦から70年を迎えた2015年、改めて70年前の大きな決断に迫る作品です。
監督:原田眞人 原作:半藤一利 出演:役所広司、本木雅弘、松坂桃李、堤真一、山崎努ほか

「キングコング(2005年)」のネタバレあらすじ結末

映画 キング・コングの紹介:2005年アメリカ・ニュージーランド映画。1933年製作の映画史に残る伝説的作品『キング・コング』をロード・オブ・ザ・リングシリーズのピーター・ジャクソン監督が忠実にリメイクしたアクション・アドベンチャー。映画撮影のために地図には乗らない伝説の島へと向かった撮影クルーたち。しかしそこはキングコングの住処である髑髏島だった。
監督:ピーター・ジャクソン 出演者:ナオミ・ワッツ(アン・ダロウ)、ジャック・ブラック(カール・デナム)、エイドリアン・ブロディ(ジャック・ドリスコル)、コリン・ハンクス(プレストン)、カイル・チャンドラー(ブルース・バクスター)、ジェイミー・ベル(ジミー)ほか

「ANNIE/アニー」のネタバレあらすじ結末

映画ANNIE/アニーの紹介:2014年アメリカ作品。ブロードウェイミュージカルの映画化作品。両親が迎えに来てくれることを信じて待つアニーと、施設から彼女を引き取った携帯電話会社CEOでニューヨーク市長候補であるスタックスとの物語。
監督:ウィル・グラック 出演:ジェイミー・フォックス(スタックス)、クワベンジャネ・ウォレス(アニー)、ローズ・バーン(グレース)、キャメロン・ディアス(ハニガン)、ビー・カナベイル(ガイ)ほか

「猿の惑星 新世紀 ライジング」のネタバレあらすじ結末

猿の惑星:新世紀 ライジング(Dawn of the Planet of the Apes)の紹介:2014年アメリカ映画。2011年公開の『猿の惑星: 創世記』の続編である「猿の惑星:新世紀 ライジング」は、 前作から10年後の世界を描いている。人類は自ら生み出したウィルスによってほぼ死滅し、エイプたちは驚異的な進化を遂げていた。
監督:マット・リーヴス 出演:アンディ・サーキス、ゲイリー・オールドマン、ジェイソン・クラーク、ケリー・ラッセル

1 11 12 13 14 15

キーワードから探す

TOP↑